424 views

女優・倉科カナの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 倉科カナ

倉科カナ
→ 画像検索はこちら

倉科カナ(くらしな かな)は、日本の女優、タレント。

『ミスマガジン2006』でグランプリを獲得。
2009年後期の朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』でヒロインの浜本(山田)波美役。

このページでは、倉科カナ(くらしな かな)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

倉科カナの誕生日占い

生年月日:1987年12月23日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin184(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い種 青い夜 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い戦士
互いに学びあう 反対kin 白い魔法使い
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い地球
以てるもの同士の類似kin 青い鷲
鏡の向こうのもう一人の自分 kin77
絶対反対kin kin54

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin184の誕生日占いは、表面的にははっきりしているけど、内面は迷いのタイプです。進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

広告

倉科カナの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

熊本県熊本市出身。5人兄弟の長女。倉科カナは本名。3歳下の妹はグラビアアイドルで女優の橘のぞみ。
実家はかつてブリーダーをしており小さいころの夢は動物看護師でした。

ミスマガジン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.12.23~ 17 149 6 赤い月 黄色の種
2005.12.23~ 18 254 7 白い魔法使い 黄色い星
2006.12.23~ 19 99 8 青い嵐 黄色い人
熊本の高校に進学。高校3年の時に好奇心から「SMAティーンズオーディション2005」に応募しグランプリを受賞。
当時は学業を優先しており高校卒業を待って上京、タレント活動を開始します。
2006年に『ミスマガジン2006』でグランプリに選ばれ、グラビア活動を開始。一方、女優業も始めます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『SMAティーンズオーディション2005』でグランプリ、『ミスマガジン2006』でグランプリを受賞。

ウェルかめ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.12.23~ 20 204 9 黄色の種 黄色い戦士
2008.12.23~ 21 49 10 赤い月 黄色い太陽
2009.12.23~ 22 154 11 白い魔法使い 黄色の種
2008年4月から12月まで、NHK総合『土曜スタジオパーク』のレギュラー。
2009年後期の朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』で1775人の中から選ばれ主演の浜本(山田)波美役を務めます。
朝の連続テレビ小説のオーディションには2007年前期の『どんど晴れ』から受け続け、これが5回目の挑戦でした。
ミスマガジン出身者が朝の連続テレビ小説のヒロインを務めるの『はな駒』の斉藤由貴以来23年ぶり。
グラビアの仕事はこのころに終え女優一本で活動していきます。

ウェブスペルの色が黄色の後半にの朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』でヒロイン役を行い注目を集めます。

代表作

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.12.23~ 23 259 12 青い嵐 黄色い星
2011.12.23~ 24 104 13 黄色の種 黄色い人
2012.12.23~ 25 209 1 赤い月 赤い月
2010年のドラマ『Mother』、2011年のドラマ『名前をなくした女神』『私が恋愛できない理由』などに出演し代表作となった。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『Mother』『名前をなくした女神』などに出演し代表作となった。

交際報道

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.12.23~ 26 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
2014.12.23~ 27 159 3 青い嵐 赤い地球
2015.12.23~ 28 4 4 黄色の種 赤い竜
2014年10月に俳優の竹野内豊と交際が報道されます。
その後、竹野内豊の所属事務所を通して交際宣言が行われます。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに俳優の竹野内豊と交際。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.12.23~ 32 164 8 黄色の種 赤い地球
2020.12.23~ 33 9 9 赤い月 赤い竜
2021.12.23~ 34 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
倉科カナの現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
32才の時はKin164。人それぞれの考え方や調和を重んじる年です。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

外に向かうより内側を安定。

倉科カナのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに『SMAティーンズオーディション2005』でグランプリ、『ミスマガジン2006』でグランプリを受賞。
黄色の後半にの朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』でヒロイン役を行い注目を集めます。
黄色の最後付近に『Mother』『名前をなくした女神』などに出演し代表作となった。
赤色の始めころに俳優の竹野内豊との交際報道。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

秋吉久美子
秋吉久美子(あきよし くみこ)は、日本の女優。映画『赤ちょうちん』に出演し名前が知られるようになります。『異人たちとの夏』『男はつらいよ 寅次郎物語』『深い河』などが代表作。

続きを読む


伊沢拓司
伊沢拓司(いざわ たくし)、日本のクイズプレイヤー、YouTuber、起業家、タレント。クイズ番組で数々の好成績を収めます。クイズ番組『東大王』の第1シーズンでは東大王チームの大将を務めます。

続きを読む


ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin184)

小柴昌俊
小柴昌俊(こしば まさとし)は、日本の物理学者・天文学者。史上初めて自然に発生したニュートリノの観測に成功。2002年にノーベル物理学賞を受賞。

続きを読む


コロッケ
コロッケは、日本のお笑いタレント、ものまねタレント、歌手。1980年代後半にものまね四天王の一人としてブレイク。ものまねレパートリーは300種類以上。エンターテイナーとして新境地を開拓します。

続きを読む


ロドリゴ・ドゥテルテ
ロドリゴ・ドゥテルテは、フィリピンの政治家。現在、第16代フィリピン大統領。ダバオ市長を7期務めた。過激な発言で知られており「フィリピンのトランプ」と揶揄される。

続きを読む


風吹ジュン
風吹ジュン(ふぶき ジュン)は日本の女優。初代ユニチカマスコットガールに選ばれ芸能界入り。その後、歌手、女優としてデビュー。2018年の上半期朝の連続ドラマ『半分、青い。』ではナレーターを務めます。

続きを読む


渡辺満里奈
渡辺満里奈(わたなべ まりな)はタレント、司会者、歌手。夫はお笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤。「おニャン子クラブ」の会員番号36番。その後、バラエティに進出。趣味・経験の本を多数出版。

続きを読む


関連記事 (女優)

はいだしょうこ
はいだしょうこは、日本の歌手、女優、タレント、声優。元宝塚歌劇団出身。旧芸名は、千琴ひめか。その後、『おかあさんといっしょ』第19代目うたのおねえさんを担当。

続きを読む


和久井映見
和久井映見(わくい えみ)は、日本の女優、元歌手。元夫は俳優の萩原聖人。スカウトを受け芸能界入り。1990年代前半は数々の映画の賞を受賞。1990年代後半は数々のドラマで主演し高視聴率を獲得。

続きを読む


大原麗子
大原麗子(おおはら れいこ)は日本の女優。大河ドラマ『春日局』で主演。大河ドラマ歴代3位となる平均視聴率32.4%を記録。サントリーのCM「すこし愛して なが~く愛して」のセリフは流行語となった。

続きを読む


高橋由美子
高橋由美子(たかはし ゆみこ)は、日本の女優、歌手。ドラマ『南くんの恋人』で武田真治とW主演。『20世紀最後の正統派アイドル』と評された。その後、個性派女優への転身。舞台を中心に活動。

続きを読む


浅丘ルリ子
日本映画全盛期の日活アクション映画における代表的なヒロイン。数多くの映画に出演し人気を博した。現在までの映画出演本数は150本以上。前夫は石坂浩二。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ