297 views

女優・志田未来の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 志田未来

志田未来
→ 画像検索はこちら

志田未来(しだ みらい)は、日本の女優。

ドラマ『女王の教室』に出演し一躍話題の若手女優の一人になります。ドラマ『14才の母』で初主演し第15回橋田賞新人賞を受賞。
『借りぐらしのアリエッティ』で声優初挑戦。2018年に一般男性と結婚。

このページでは、志田未来(しだ みらい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

志田未来の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1993年5月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin67です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い手 白い世界の橋渡し 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin 白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin 黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin194
絶対反対kin kin197

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

ひとことでいえばKin67の誕生日占いは、過去の経験を役に立てるのが上手なタイプです。下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

広告

志田未来の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県出身。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.5.10~ 5 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
1999.5.10~ 6 177 8 赤い地球 白い犬
2000.5.10~ 7 22 9 白い風 白い魔法使い
1999年にセントラル子供劇団に入団し芸能界入りします。
2000年に『永遠の1/2』第3話でドラマ初出演。
2002年に『借王ファイナル』で映画初出演。

ウェブスペルの色が白色の半ばにセントラル子供劇団に入団し芸能界入り。

女王の教室

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.5.10~ 12 27 1 青い手 青い手
2006.5.10~ 13 132 2 黄色い人 青い猿
2007.5.10~ 14 237 3 赤い地球 青い鷲
2005年に『女王の教室』で民放連続ドラマ初レギュラー出演。一躍話題の若手女優の一人になります。
2006年に研音に移籍。同年、『14才の母』で連続ドラマ初主演。この作品で第15回橋田賞・新人賞を受賞。上戸彩の最年少記録17歳を大幅に更新。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に『女王の教室』で民放連続ドラマ初レギュラー出演。翌年『14才の母』で連続ドラマ初主演。

声優初挑戦

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.5.10~ 15 82 4 白い風 青い嵐
2009.5.10~ 16 187 5 青い手 青い夜
2010.5.10~ 17 32 6 黄色い人 青い手
2008年にドラマ『正義の味方』で山田優とダブル主演。
2009年に『誰も守ってくれない』で映画初主演。同年『小公女セイラ』で2度目の連続ドラマ主演。
2010年にアニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』で声優初挑戦にして映画主演。

ウェブスペルの色が青色の半ばにアニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』で主演。声優初挑戦。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.5.10~ 22 37 11 赤い地球 青い手
2017.5.10~ 24 247 13 青い手 青い鷲
2018.5.10~ 25 92 1 黄色い人 黄色い人
2015年に『オレアナ』で舞台初出演。
2017年に『ウツボカズラの夢』で7年ぶりの連続ドラマ主演。
2018年9月に一般男性と結婚。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に一般男性と結婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.5.10~ 27 42 3 白い風 黄色い太陽
2021.5.10~ 28 147 4 青い手 黄色の種
2022.5.10~ 29 252 5 黄色い人 黄色い星
志田未来の現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
27才の時はKin42。伝達者・メッセンジャーが役割の年です。コミュニケーションが上手です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。

志田未来のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

白色の半ばにセントラル子供劇団に入団し芸能界入り。
青色の始めの年に『女王の教室』で民放連続ドラマ初レギュラー出演。翌年『14才の母』で連続ドラマ初主演。
青色の半ばにアニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』で主演。声優初挑戦。
黄色の始めの年に一般男性と結婚。

参考文献

志田未来(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


ダレノガレ明美
ダレノガレ明美(ダレノガレ あけみ)、ブラジル生まれの日本の女性ファッションモデル、タレント。『JJ』でモデルデビュー。すぐにキャラが話題になり、様々なバラエティ番組などに引っ張りだこ。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin067)

金子直吉
金子直吉は、かつて存在した鈴木商店を財閥の一角まで育て上げた人物です。大正時代は三井、三菱、住友をしのぐ規模の企業グループに拡大させます。

続きを読む


渋沢栄一
渋沢栄一(しぶさわ えいいち)は、日本の実業家。第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、「日本資本主義の父」ともいわれます。

続きを読む


梨元勝
梨元勝(なしもと まさる)は、日本の芸能リポーター、タレント。昭和後半から平成にかけ芸能評論家として民放テレビ・ラジオ各局に幅広く出演。「恐縮です!」のフレーズで有名でした。

続きを読む


関連記事 (女優)

川口春奈
川口春奈(かわぐち はるな)は、日本の女優、YouTuber。『ニコラ』のオーディションでグランプリを獲得し芸能界入り。その後、女優としてデビュー。『桜蘭高校ホスト部』で連続ドラマに初主演。

続きを読む


中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む


山村紅葉
山村紅葉(やまむら もみじ)は、日本の女優、タレント、元国家公務員。母は推理作家の山村美紗。母の作品が原作のドラマを中心に2016年時点で500本以上出演し、2時間ドラマの裏女王と言われる。

続きを読む


榮倉奈々
榮倉奈々(えいくら なな)は、日本の女優、タレント。連続テレビ小説「瞳」で1608人の中から選ばれ主演。俳優の賀来賢人と結婚し第一子を出産。女優の賀来千香子は義理の叔母。

続きを読む


寺島しのぶ
寺島しのぶ(てらじま しのぶ)は、日本の女優。2010年に映画『キャタピラー』でベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。父は七代目尾上菊五郎。弟は五代目尾上菊之助。歌舞伎役者一家。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ