270 views

映画『きょうのキラ君』でヒロイン役・飯豊まりえの誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 飯豊まりえ

飯豊まりえ
出典:wikipedia.org 2021年

飯豊まりえ(いいとよ まりえ)は、日本の女優、モデル。

『ニコ☆プチ』のオーディションでグランプリを受賞。モデルとして活動。
その後、女優としてもデビュー。映画『きょうのキラ君』でヒロイン・岡村ニノン役。

このページでは、飯豊まりえ(いいとよ まりえ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

飯豊まりえ(いいとよ まりえ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1998年1月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin207です。

太陽の紋章(健在意識)ウェブスペル(潜在意識)銀河の音
青い手黄色い戦士音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin青い嵐
互いに学びあう 反対kin赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分kin54
絶対反対kinkin77

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

ひとことでいえばKin207の誕生日占いは、人に癒しをもたらすことができるタイプです。お先真っ暗でも時が解決する。

広告

飯豊まりえ(いいとよ まりえ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

千葉県千葉市出身。一人っ子。本名は飯豊万理江(いいとよ まりえ)。

ニコ☆プチ

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2008.1.5~102179赤い地球赤い月
2009.1.5~116210白い風赤い空歩く人
2010.1.5~1216711青い手赤い地球
2008年に『ニコ☆プチ』のオーディションで約800人の中からグランプリを受賞。
『ニコ☆プチ』を卒業するまで当時最多となる6回表紙を飾ります。

ウェブスペルの色が赤色の後半に『ニコ☆プチ』のオーディションでグランプリを受賞。

女優デビュー

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2011.1.5~131212黄色い人赤い竜
2012.1.5~1411713赤い地球赤い蛇
2013.1.5~152221白い風白い風
芸名を飯豊まりえに改名。2011年に『ニコ☆プチ』を卒業し姉妹雑誌『nicola』に移籍。
2012年に女優デビュー。2013年に『獣電戦隊キョウリュウジャー』にキョウリュウバイオレット役で出演。

ウェブスペルの色が白色になり女優デビュー。

「月9」枠

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2014.1.5~16672青い手白い世界の橋渡し
2015.1.5~171723黄色い人白い犬
2016.1.5~18174赤い地球白い魔法使い
『nicola』を卒業するまで表紙掲載回数は12回。
2014年に『nocora』を卒業し『Seventeen』の専属モデルとなった。同年『週刊ヤングジャンプ』でグラビアアイドルとしても活動。
2016年にドラマ『好きな人がいること』で「月9」枠に初めて出演。

ウェブスペルの色が白色の前半にドラマ『好きな人がいること』で「月9」枠に初めて出演。

映画、連続ドラマで主演

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2017.1.5~191225白い風白い鏡
2018.1.5~202276青い手白い風
2019.1.5~21727黄色い人白い世界の橋渡し
2017年に映画『暗黒女子』で清水富美加とW主演。連続ドラマ『マジで航海してます。』で武田玲奈とW主演。
映画『きょうのキラ君』でヒロイン役。

2018年に『Seventeen』を卒業し『Oggi』の専属モデルとなった。

ウェブスペルの色が白色の半ばに映画、連続ドラマでW主演。

ちむどんどん

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2020.1.5~221778赤い地球白い犬
2021.1.5~23229白い風白い魔法使い
2022.1.5~2412710青い手白い鏡
2020年に映画『シライサン』で初の映画単独主演。
2022年に朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』で大野愛役。

ウェブスペルの色が白色の後半に朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』で大野愛役で出演。

そして現在

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2022.1.5~2412710青い手白い鏡
2023.1.5~2523211黄色い人白い風
2024.1.5~267712赤い地球白い世界の橋渡し
飯豊まりえの現在は、ウェブスペルの色が白色の後半に当たります。
24才の時はKin127。知らないことを知るために意欲を燃やす年です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

依存からの一人立ちへ。

飯豊まりえ(いいとよ まりえ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の後半に『ニコ☆プチ』のオーディションでグランプリを受賞。
白色になり女優デビュー。
白色の前半にドラマ『好きな人がいること』で「月9」枠に初めて出演。
白色の半ばに映画、連続ドラマでW主演。
白色の後半に朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』で大野愛役で出演。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

Ado(アド)
Ado(アド)は、日本の女性歌手。「うっせぇわ」でメジャーデビュー。「うっせぇわ」は「新語・流行語大賞」の年間トップテンに選出。映画『ONE PIECE FILM RED』でウタの歌唱キャストを担当。

続きを読む


藤原さくら
藤原さくら(ふじわら さくら)は、日本のシンガーソングライター、俳優。父の影響からギターを始めます。スカウトされ芸能事務所アミューズと育成契約。その後、メジャーデビュー、女優デビュー、自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。

続きを読む


西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む


滝沢沙織
滝沢沙織(たきざわ さおり)は、日本の女優。ユニチカ水着キャンペーンガールに選出されデビュー。モデルとして活動後女優に転身。連続テレビドラマに23クール連続でレギュラー出演した記録を持ちます。

続きを読む


マリ・キュリー
マリ・キュリーは、ポーランド出身の物理学者・化学者。キュリー夫人の名で有名。ラジウム、ポロニウムの発見および放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞と2度ノーベル賞を受賞。ノーベル賞を2度受賞した人物はマリ・キュリーが初。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin207)

白鵬翔
白鵬翔(はくほう しょう)は、元大相撲力士、第69代横綱。モンゴル国ウランバートル市出身、宮城野部屋所属。

続きを読む


加藤茶
加藤茶(かとう ちゃ)は日本のコメディアン、歌手、俳優、ドラマー。ザ・ドリフターズのメンバー。『8時だョ!全員集合』で様々な一発芸をヒットさせ、1970年代前半に小学生の間でカリスマ的存在になります。

続きを読む


早見優
早見優(はやみ ゆう)は、日本の歌手、女優、タレント。14歳の時にハワイでスカウトされ歌手としてデビュー。花の82年組と呼ばれデビュー後に3度紅白歌合戦に出場します。

続きを読む


笠原健治
笠原健治(かさはら けんじ)は、日本の実業家。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS) を運営するmixi(ミクシィ)の創業者であり、現在は会長。

続きを読む


佐々木蔵之介
佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)は、日本の俳優。学生時代から関西の小劇団『惑星ピスタチオ』の看板俳優として活躍。上京し俳優となった。朝の連続テレビ小説『オードリー』に出演し脚光を浴びます。

続きを読む


関連記事 (女優)

永作博美
永作博美(ながさく ひろみ)は女優。父が美少女コンテストに応募したのが芸能界入りのきっかけ。オーディションに合格しアイドルグループribbonでデビュー。その後、女優として活動します。

続きを読む


芳根京子
芳根京子(よしね きょうこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。2018年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

続きを読む


松下由樹
松下由樹(まつした ゆき)は、日本の女優。映画『アイコ十六歳』のオーディションに合格し女優デビュー。ドラマ『ナースのお仕事』で準主演。バラエティ『ココリコミラクルタイプ』にレギュラー出演。

続きを読む


小泉今日子
小泉今日子(こいずみ きょうこ)は、日本の女性歌手・女優。キョンキョンの愛称で知られます。1980年代前半にアイドル歌手として、花の82年組と言われ、歌手に俳優CMに活躍します。

続きを読む


浅丘ルリ子
日本映画全盛期の日活アクション映画における代表的なヒロイン。数多くの映画に出演し人気を博した。現在までの映画出演本数は150本以上。前夫は石坂浩二。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ