1,557 views

歌手・MISIAの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → MISIA

記事公開日:2019年03月06日
最終更新日:2020年05月15日

MISIA
→ 画像検索はこちら

MISIA(ミーシャ)は、日本の女性歌手。

5オクターブの音域を持つ、日本のみならずアジアを代表する歌手。
日本における女性R&Bブームの火つけ役的存在で、本格派R&Bのメイン・ストリーム化に大いに貢献。

このページではMISIA(ミーシャ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

MISIAの誕生日占い

生年月日:1978年7月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin110(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い犬 赤い蛇 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い太陽
互いに秘かれあう 神秘kin 青い猿
以てるもの同士の類似kin 赤い月
鏡の向こうのもう一人の自分 kin151
絶対反対kin kin240

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin110の誕生日占いは、相手の気持ちを大切に出来るタイプです。浮き沈みが激しい面もあります。失うことは与えること。マイナスをプラスに。

広告

MISIA(ミーシャ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

長崎県対馬市で生まれます。
家族全員が医者家系。「離島に新しい医療を届けたいという」という父の意向で対馬に移住。自然豊かな環境でのびのびと育ちます。
幼少期から教会でゴスペルに触れ音楽に親しみます。

デビュー前

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.7.7~ 15 125 8 赤い蛇 白い鏡
1994.7.7~ 16 230 9 白い犬 白い風
1995.7.7~ 17 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
福岡県の高校に進学。黒人のボイストレーナーを師事。その後、歌手になるためにオーディションに応募したりレコード会社に書類を送ったりします。

ウェブスペルの色が白色の後半に福岡の高校に進学。歌手になるために色々なことを行います。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.7.7~ 19 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1998.7.7~ 20 130 13 白い犬 白い鏡
1999.7.7~ 21 235 1 青い鷲 青い鷲
1998年にシングル「つつみ込むように…」でデビュー。先行して売られた5000枚のレコードは即完売。
デビューアルバム「Mother Father Brother Sister」は250万枚を売る大ヒット。

1999年に初のホール&アリーナ・ツアー「THE TOUR OF MISIA」を開催

ウェブスペルの色が白色の最後付近にデビュー。あっという間にトップアーティストの仲間入りを果たします。

Everything

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.7.7~ 22 80 2 黄色い太陽 青い嵐
2001.7.7~ 23 185 3 赤い蛇 青い夜
2002.7.7~ 24 30 4 白い犬 青い手
2000年にドラマ『やまとなでしこ』主題歌の「Everything」は200万枚を売る大ヒット。MISIAの代表曲となります。
2001年に初のセルフプロデュース・アルバム『MARVELOUS』を発売。

ウェブスペルの色が青色の始めころに「Everything」が大ヒット。MISIAの代表曲となります。

5大ドームツアー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.7.7~ 25 135 5 青い鷲 青い猿
2004.7.7~ 26 240 6 黄色い太陽 青い鷲
2005.7.7~ 27 85 7 赤い蛇 青い嵐
2004年に女性ソロ・アーティストとして日本初の5大ドームツアー完全制覇を達成

ウェブスペルの色が青色の半ばに女性初の5大ドームツアー完全制覇を達成

ロングツアー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.7.7~ 31 245 11 赤い蛇 青い鷲
2009年から2010年にかけてロングツアー「星空のライヴV Just Ballade」を開催。デビューからの累計で250万人以上の観客動員を記録。

ウェブスペルの色が青色の最期付近にデビューからの累計で250万人以上の観客動員を記録。

紅白歌合戦

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.7.7~ 34 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
2013.7.7~ 35 145 2 赤い蛇 黄色の種
2015.7.7~ 37 95 4 青い鷲 黄色い人
2012年に紅白歌合戦に初出場。
2013年に外務省より第5回アフリカ開発会議(TICAD V)名誉大使に任命。
2015年に紅白歌合戦に2度目の出場。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に紅白歌合戦に初出場。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.7.7~ 40 150 7 白い犬 黄色の種
2019.7.7~ 41 255 8 青い鷲 黄色い星
2020.7.7~ 42 100 9 黄色い太陽 黄色い人
MISIAの現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
42才の時はKin100。何もないところから道を切り開いていける年です。組織の責任者が多いです。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。

即断即決。あらゆるものを加速させる。

MISIA(ミーシャ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみると

白色の後半に福岡の高校に進学。歌手になるために色々なことを行います。
白色の最後付近にデビュー。あっという間にトップアーティストの仲間入りを果たします。
青色の始めころに「Everything」が大ヒット。MISIAの代表曲となります。
青色の半ばに女性初の5大ドームツアー完全制覇を達成
青色の最期付近にデビューからの累計で250万人以上の観客動員を記録。
黄色の始めの年に紅白歌合戦に初出場。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

坂下千里子
坂下千里子(さかした ちりこ)は、日本のタレント、女優。愛称は千里ちゃん。アルペンのオーディションでグランプリを獲得し芸能界デビュー。『王様のブランチ』に出演し注目を集めます。

続きを読む


安めぐみ
安めぐみ(やす めぐみ)は、日本のタレント。夫はタレントの東貴博。少年誌主催のオーディションで準グランプリを受賞しデビュー。結婚したい女性タレントランキングで1位を獲得。その後、映画、連続ドラマで初主演。

続きを読む


ゆりやんレトリィバァ
ゆりやんレトリィバァは、日本のお笑いタレント(ピン芸人)。NHK上方漫才コンテストで女性ピン芸人初の優勝、女芸人No.1決定戦 THE Wで優勝。吉本坂46のメンバーでもあります。

続きを読む


山本美月
山本美月(やまもと みづき)は、日本の女優、ファッションモデル。夫は俳優の瀬戸康史。第1回「東京スーパーモデルコンテスト」でグランプリを獲得しモデルとしてデビュー。その後、女優としても本格的に活動。

続きを読む


吉田正
吉田正(よしだ ただし)は、日本の作曲家。亡くなった後に国民栄誉賞を受賞。生涯作曲数は2400曲を超え、戦後の日本歌謡史を代表する作曲家の一人。また、多くの歌手を育て上げた人物。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin110)

榎本武揚
榎本武揚さんは江戸時代から明治にかけて活躍した武士、外交官、政治家。オランダへ留学し帰国後、幕府海軍の指揮官、戊辰戦争では蝦夷地を占領、出獄後に内閣の大臣を歴任しました。

続きを読む


関連記事 (歌手)

都はるみ
都はるみ(みやこ はるみ)は、女性演歌歌手。昭和40年代から50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、名実ともに日本を代表する演歌歌手です。代表曲は「アンコ椿は恋の花」「北の宿から」など。

続きを読む


夏木マリ
夏木マリ(なつき マリ)は日本の女優、歌手。60才を超えてなお歌手、俳優、演出家などマルチな分野で精力的に活動。

続きを読む


沢田研二
沢田研二(さわだ けんじ)は、日本の歌手、俳優。愛称はジュリー。ザ・タイガースのリードボーカルとして活躍後、ソロで活躍。1960年代から1980年代の歌謡界を席巻し数多くのファンを熱狂させました。

続きを読む


仁支川峰子
仁支川峰子(にしかわ みねこ)は、日本の演歌歌手、女優。旧芸名は西川峰子。『あなたにあげる』で歌手デビュー。大ヒットとなり一躍人気歌手。その後、女優に転身。映画『吉原炎上』に出演し自身の代表作となった。

続きを読む


天童よしみ
天童よしみ(てんどうよしみ)は日本の演歌歌手。1993年より『NHK紅白歌合戦』に出場。ノーベル製菓「VC-3000のど飴」のCMキャラクターに起用され「なめたらあかんー」のキャッチコピーで知られます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ