509 views

落語家・初代 林家三平の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 林家正蔵

記事公開日:2021年08月03日
最終更新日:2022年02月25日

初代林家三平
出典:wikipedia.org 1960年

初代 林家三平(はやしや さんぺい)は、落語家。

テレビが生んだ最初のお笑いブーム「(第一次)演芸ブーム」の火付け役かつ中心的存在。

このページでは、初代 林家三平(はやしや さんぺい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

初代 林家三平の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1925年11月30日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin151(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 黄色い種 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin110
絶対反対kin kin21

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin151の誕生日占いは、律儀なタイプです。感銘を受けたことに律儀に対応すると道が開けます。勘を大切にすることで自然にまとまるようになる。

広告

初代 林家三平の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京根岸出身。本名は海老名榮三郎(えびな えいざぶろう)。
父は落語家の7代目柳家小三治(後の7代目林家正蔵)。

林家三平

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1944.11.30~ 19 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1945.11.30~ 20 171 2 青い猿 白い犬
1946.11.30~ 21 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1945年に本土決戦部隊として陸軍に徴兵。土木作業への従事を経て肉弾特攻を命じられます。
1946年に父に入門。芸名を林家三平と名づけられます。1947年に二つ目に昇進。

ウェブスペルの色が白色の始めころに父に入門。林家三平と名づけられます。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1948.11.30~ 23 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1949.11.30~ 24 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1952.11.30~ 27 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1949年に父が亡くなり、父の弟子だった4代目月の家圓鏡(後の7代目橘家圓蔵)門下に移ります。
前座からやり直し1951年に二つ目に昇進。
1952年に香葉子と結婚。この頃、父から相続した土地の半分を手放すほど経済的に追い込まれます。
1953年に第一子・美どりが誕生。後の夫は俳優の峰竜太

ウェブスペルの色が白色の後半に香葉子と結婚。

三平大ブーム

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.11.30~ 29 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1955.11.30~ 30 181 12 赤い竜 白い犬
1956.11.30~ 31 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1954年にラジオ『浪曲学校』の司会を担当。
1955年にTBS『新人落語会』(後に『今日の演芸』と番組名変更)の司会を担当し三平大ブームが巻き起こります。一気にテレビ界の寵児になり、亡くなるまで大スターであり続けます。
売れ始めた当初は家にほとんど金を入れず遊びに呆け、妻の香葉子は内職に追われていたそうです。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に『新人落語会』の司会を担当し一気にテレビ界の寵児となります。

真打昇進

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.11.30~ 32 131 1 青い猿 青い猿
1958.11.30~ 33 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1959.11.30~ 34 81 3 赤い竜 青い嵐
二つ目ながら熱意に押され「林家こん平」が入門。
1958年に真打に昇進。真打披露興行はKRテレビで生中継された。
1961年に第2子・泰葉、1962年に第3子・泰孝(後の9代目林家正蔵)が誕生。
同世代に活躍した石原裕次郎とは家族ぐるみでのお付き合いをしたそうです。

ウェブスペルの色が青色の始めころに真打に昇進。

落語協会理事

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.11.30~ 42 141 11 赤い竜 青い猿
1968.11.30~ 43 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1969.11.30~ 44 91 13 青い猿 青い嵐
1967年に「笑点」に不定期に出演。
1968年に落語協会(6代目三遊亭圓生会長)理事就任。
1970年に第四子・泰助(後の2代目三平)が誕生。
1971年に7代目立川談志が参議院選挙に立候補の際、応援演説に駆けつけます。選挙では「林家三平」と書かれた無効票が24票あったそうです。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に落語協会の理事に就任。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.11.30~ 53 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1979.11.30~ 54 101 10 赤い竜 黄色い人
1979年に脳梗塞で入院。言語障害になったがリハビリを重ねて奇跡の復活。
1980年9月18日に肝臓癌で入院し家族・親族、一門弟子が見守る中、9月20日に死去。

ウェブスペルの色が黄色の後半に肝臓癌で亡くなります。

初代 林家三平のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の始めころに父に入門。林家三平と名づけられます。
白色の後半に香葉子と結婚。
白色の最後付近に『新人落語会』の司会を担当し一気にテレビ界の寵児となります。
青色の始めころに真打に昇進。
青色の最期付近に落語協会の理事に就任。
黄色の後半に肝臓癌で亡くなります。

落語界では師匠が亡くなると一門は解散するのを通例としています。
しかし林家三平が亡くなった後、林家こん平を中心人物に「三平一門」一派を成していきます。
一門の結束の固さ現在もなお知られています。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

河村たかし
河村たかし(かわむら たかし)は、日本の政治家。衆議院議員を5期務めたあと、名古屋市長に転身。市議会リコールの不成立を受け引責辞任。翌年、名古屋市長に復活。東京オリンピック金メダルかじりを巡る騒動など話題が多い人物。

続きを読む


RIKACO
RIKACO(りかこ)は、日本のタレント。元夫は俳優の渡部篤郎。モデルとしてデビュー後に女優・タレントに転身。『浅草橋ヤング洋品店』にレギュラー出演し若者のファッションリーダーとして注目を集めます。

続きを読む


DJ-KOO
DJ KOO(ディージェイ・コー)は、日本のDJ、タレント。TRFのメンバーでDJ担当のリーダー。日本のダンスミュージックを黎明期から知る人物。年間1000個以上食べるパン好きとしても有名。自称パンDJ。

続きを読む


福嶋康博
福嶋康博(ふくしま やすひろ)は、日本の実業家。スクウェア・エニックスの前身の一つである株式会社エニックスの創設者。大々的にアマチュア向けにゲームプログラムコンテストを行い人材を発掘。ドラゴンクエストIII は社会現象とも呼ばれるほどのヒットを記録。

続きを読む


尚泰王
尚泰王(しょう たいおう)は最後の琉球国王。後に日本の華族として琉球藩王、侯爵。わずか4才で父から王位を継ぎ、琉球王国末期の激動に遭遇。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin151)

矢野顕子
矢野顕子(やの あきこ)は、日本のシンガーソングライター。愛称はアッコちゃん。シングル『春咲小紅(はるさきこべに)』がヒット。山下達郎いわく「歌詞に最も食べ物がよく出てくる作詞家」。ニューヨークに拠点を移し日米で共演を重ねます。

続きを読む


横山光輝
横山光輝(よこやま みつてる)は、日本の漫画家です。長年にわたり幅広いジャンルで活躍し、手塚治虫、石ノ森章太郎などと並び称された漫画界の巨匠の一人です。

続きを読む


川内優輝
川内優輝(かわうち ゆうき)は、埼玉県の元地方公務員、陸上競技選手。公務員かつ非実業団の「市民ランナー」としての活躍で注目を集めます。2019年3月限りで埼玉県庁を退職しプロランナーとなります。

続きを読む


大林宣彦
大林宣彦(おおばやし のぶひこ)は、日本の映画監督。自身のふるさとを舞台にした『転校生』、『時をかける少女』、『さびしんぼう』は尾道三部作として多くの熱狂的な支持を集めます。

続きを読む


エンツォ・フェラーリ
エンツォ・フェラーリはイタリアの自動車メーカーフェラーリの創設者。モータースポーツの費用を稼ぐために高級スポーツカーの販売を開始。フェラーリはセレブ御用達のブランドとして成長します。

続きを読む


関連記事 (落語家)

春風亭昇太
春風亭昇太(しゅんぷうてい しょうた)は、日本の落語家、タレント、俳優。前座時代より『演芸ひろば』司会など、テレビに多数出演。桂歌丸の後継となる『笑点』の6代目司会者に抜擢。

続きを読む


桂小枝
桂小枝(かつら こえだ)は日本の落語家、タレント、スタイリスト。25年間探偵ナイトスクープの探偵を務め、小ネタ集、パラダイス紹介などで人気を獲得。

続きを読む


立川志らく
立川志らく(たてかわ しらく)は、日本の落語家、映画評論家。師匠は7代目立川談志。『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢、2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。

続きを読む


林家こん平
林家こん平(はやしや こんぺい)は、落語家。演芸番組『笑点』で放送開始当初から長らく大喜利メンバー。登場時に「チャラーン」と挨拶。初代林家三平が亡くなった後は一門を統率。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ