6,672 views

貴乃花光司の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 貴乃花光司

記事公開日:2018年01月29日
最終更新日:2021年03月22日

貴乃花
出典:wikipedia.org

貴乃花光司(たかのはな こうじ)は元大相撲力士、第65代横綱。

現役時代は「平成の大横綱」と呼ばれ通算22回目優勝します。
引退後は貴乃花部屋を構え、その後日本相撲協会の理事になりますが、日馬富士の暴行事件での日本相撲協会からの聴取への協力を複数回にわたり拒否。日本相撲協会理事を解任。
2018年9月25日、日本相撲協会を退職することを表明。10月1日に受理され貴乃花は角界を去り、貴乃花部屋は消滅、所属力士は移動となった。

このページでは、貴乃花光司(たかのはな こうじ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

貴乃花光司の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1972年8月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin36です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 青い手 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin225
絶対反対kin kin166

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin36の誕生日占いは、責任ある立場に立って本領を発揮できるタイプです。着実に進もう。

広告

貴乃花光司の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都杉並区生まれ、中野区で育ちます。
父は元大関の貴ノ花利彰、母は女優の藤田紀子。兄は第66代横綱・三代目若乃花。

少年相撲

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.8.12~ 9 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1982.8.12~ 10 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1983.8.12~ 11 151 8 青い猿 黄色の種
1981年に父の貴ノ花利彰が相撲から現役引退。これを機に将来相撲の世界で父の果たせなかった夢を実現しようと相撲に身を入れ始めます。
小学5年生の時、わんぱく相撲の全国大会に優勝。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに父が現役引退し自身は相撲に身を入れ始めます。

入門・新入幕

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.8.12~ 15 51 12 青い猿 黄色い太陽
1988.8.12~ 16 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1989.8.12~ 17 1 1 赤い竜 赤い竜
1988年に兄の若花田と共に入門。入門当時からその優れた素質が話題になります。
1990年に新入幕

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に新入幕します。

若貴フィーバー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.8.12~ 19 211 3 青い猿 赤い月
1992.8.12~ 20 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1993.8.12~ 21 161 5 赤い竜 赤い地球
1991年に前頭筆頭だった貴乃花と横綱・千代の富士が対戦。貴乃花が勝利し千代の富士は現役引退。
兄の若花田も入幕し「若貴フィーバー」と呼ばれ、平成初期の一大相撲ブームとなった。
1992年に女優の宮沢りえと婚約したがわずか2カ月で婚約解消
1993年に大関に昇進。

ウェブスペルの色が赤色の前半に兄の若花田とともに「若貴フィーバー」を起こし平成初期の一大相撲ブームとなった。

横綱時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.8.12~ 22 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1995.8.12~ 23 111 7 青い猿 赤い蛇
1998.8.12~ 26 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
2001.8.12~ 29 221 13 赤い竜 赤い月
2002.8.12~ 30 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2003.8.12~ 31 171 2 青い猿 白い犬
1995年に横綱に昇進。
同年、元フジテレビアナウンサーの河野景子と、できちゃった婚。

横綱時代も含め、同期の横綱・曙と名勝負を繰り返します。

1998年に整体師による洗脳騒動。兄とは絶縁まで宣言した。
貴乃花は1999年に大崩れ。2001年に最後の優勝。

2001年5月場所の14日目に右膝半月板を損傷する大けがを負った。しかし優勝決定戦で武蔵丸を破り優勝。当時の小泉純一郎首相は表彰式で「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!!おめでとう!!!」と貴乃花を賞賛した。

2003年に現役を引退。優勝22回は歴代6位の記録で「平成の大横綱」と称されている。
以来2017年に稀勢の里が横綱に昇進するまで日本人の横綱はいなかった。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに横綱に昇進。数々の名勝負を行います。
白色の始めの年に相撲を現役引退します。

現役引退以降

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.8.12~ 32 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
2005.8.12~ 33 121 4 赤い竜 白い鏡
2009.8.12~ 37 21 8 赤い竜 白い魔法使い
2010.8.12~ 38 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
2004年に二子山部屋を継承。名前も貴乃花部屋に変更。
2005年に父の貴ノ花利彰(二子山親方)が死去。兄は遺産を放棄し貴乃花が引き継いだ。
2010年に日本相撲協会理事に当選。以降、再選を繰り返します。

ウェブスペルの色が白色の始めころに二子山部屋を継承、貴乃花部屋に変更。
白色の後半に日本相撲協会の理事になります。

転落

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.8.12~ 43 131 1 青い猿 青い猿
2016.8.12~ 44 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2017.8.12~ 45 81 3 赤い竜 青い嵐
2018.8.12~ 46 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2016年に日本相撲協会理事に4選。理事長選は八角に敗れ巡業部長となった。

2017年11月場所中に日馬富士の貴ノ岩に対する暴行が発覚。貴乃花は日本相撲協会からの聴取への協力を複数回にわたり拒否。横綱・日馬富士は引退。
2018年1月4日に日本相撲協会理事を解任。日本相撲協会の役員待遇委員・指導普及部副部長に降格。
2018年2月に理事候補選挙に立候補するが落選。
2018年3月に弟子の貴公俊の暴行事件が発覚し平年寄へ降格。
2018年9月25日に相撲協会退職を表明。同年、離婚。
2020年3月に神奈川歯科大学の特任教授に就任。

ウェブスペルの色が青色の前半に相撲協会退職を表明

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.8.12~ 48 136 6 黄色い戦士 青い猿
2021.8.12~ 49 241 7 赤い竜 青い鷲
2022.8.12~ 50 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
貴乃花光司の現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
48才の時はKin136。自分の意見をはっきり言う年です。何事にも疑問を持ち、問いを発する人です。

  • 音6は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないです。束縛されることを嫌います。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

責任ある立場に立つと本領発揮。

貴乃花光司のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに父が現役引退し自身は相撲に身を入れ始めます。
赤色の始めの年に新入幕します。
赤色の前半に兄の若花田とともに「若貴フィーバー」を起こし平成初期の一大相撲ブームになります。
赤色の半ばに横綱に昇進。数々の名勝負を行います。
白色の始めの年に相撲を現役引退、二子山部屋を継承、貴乃花部屋に変更。
白色の後半に日本相撲協会の理事になります。
青色の前半に相撲協会退職を表明。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

スザンヌ
福岡を中心にローカルタレントとして活動後に上京。クイズ番組 『クイズ!ヘキサゴンII』に出演し珍解答を連発。「おバカタレント」の代表格としてバラエティ番組への出演が急増。

続きを読む


佐藤二朗
佐藤二朗(さとう じろう)は、日本の俳優、脚本家、映画監督。演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし脚本、出演を担当。映像作品では個性豊かなトリッキーな役どころで活躍。

続きを読む


土屋アンナ
土屋アンナ(つちや アンナ)は、日本のモデル、歌手、女優。タレントとしてテレビ等に出演するほか、モデル、女優、歌手としても活動。映画『下妻物語』では深田恭子とW主演し8つの映画賞を受賞。

続きを読む


つるの剛士
つるの剛士(つるの たけし)は、日本のタレント、歌手、俳優。『クイズ!ヘキサゴンII』でおバカタレントとしてブレイク。羞恥心のリーダーとして活躍。また、積極的に育児に関わる男性「イクメン」の代表的ひとりとして数えられます。

続きを読む


布川敏和
布川敏和(ふかわ としかず)は、日本の俳優、タレント。愛称はふっくん。ドラマ『2年B組仙八先生』で俳優デビュー。シブガキ隊として活動。シブガキ隊解散後は俳優として活動。元妻は女優のつちやかおり。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin036)

李嘉誠
李嘉誠(り かせい)は、中国の実業家。香港最大の企業集団・長江実業グループ創設者兼会長です。2013年度世界長者番付によれば、その資産は310億米ドルとされ、世界8位の富豪です。

続きを読む


ユリ・ゲラー
ユリ・ゲラーは、テルアビブ生まれの超能力者を名乗る人物。「スプーン曲げ」や「超念力」で日本での超能力ブームの火付け役となります。

続きを読む


正代直也
正代直也(しょうだい なおや)は、熊本県宇土市出身の大相撲力士。2020年9月場所に幕内初優勝。1年6場所に定着してから熊本県出身で初の幕内優勝力士。

続きを読む


菊池桃子
菊池桃子(きくち ももこ)は女優、歌手、タレント、大学教員、ナレーター。1980年代のアイドル。アイドル歌手の後、俳優にシフトチェンジ、ナレーターとしても活躍。大学院で修士号取得後は母校で教鞭をとります。

続きを読む


関連記事 (大相撲力士)

稀勢の里
稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)は、元大相撲力士。第72代横綱。貴乃花以来、14年間途絶えていた日本出身横綱でしたが2017年に稀勢の里が横綱に昇進。2019年1月に引退。

続きを読む


朝乃山
朝乃山英樹(あさのやま ひでき)は、富山県出身の大相撲力士。2019年5月場所に平幕ながら幕内初優勝。最高位は大関(2020年3月場所後に昇進)。

続きを読む


大鵬幸喜
大鵬幸喜(たいほう こうき)さんは、第48代横綱。現役時代に当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語に取り上げられるほど人気がありました。

続きを読む


北の富士勝昭
北の富士勝昭(きたのふじ かつあき)は、大相撲力士。第52代横綱。現在はNHKの相撲中継の解説者として有名。現役引退後は親方として千代の富士や北勝海を横綱に育て上げ九重部屋の黄金期を築いた。

続きを読む


北の湖
北の湖 敏満(きたのうみ としみつ)さんは、第55代横綱。横綱昇進の最年少記録などを持ち、現役時代は「憎らしいほど強い」といわれた横綱です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ