4,285 views

TOKIO・国分太一の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 国分太一

記事公開日:2016年03月27日
最終更新日:2021年05月04日

国分太一
→ 画像検索はこちら

国分太一(こくぶん たいち)は、タレント、俳優、ミュージシャン、司会者、キャスターであり、バンドTOKIOのメンバーです。

年間TV出演本数で2014年から3年連続で1位を獲得。私生活では2015年に元TBS社員と結婚。

このページでは、国分太一(こくぶん たいち)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 「TOKIO(トキオ)」メンバーの誕生日占いと相性占いを診断

国分太一の誕生日占い

生年月日:1974年9月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin7です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い手 赤い竜 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin 白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin 黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin254
絶対反対kin kin137

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

ひとことでいえばKin7の誕生日占いは、感動しやすくノリのよいタイプです。素直さがとりえです。一歩退いて周囲を見ましょう。

広告

国分太一の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都東久留米市の出身。
中学生時代、BOOWYの松井常松に憧れてベースを始めたのが楽器との出会い。
ジャニーズに所属しTOKIOを結成する前はSMAPのサポートメンバーとして活動していた。

TOKIO結成

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.9.2~ 14 177 8 赤い地球 白い犬
1989.9.2~ 15 22 9 白い風 白い魔法使い
1994.9.2~ 20 27 1 青い手 青い手
1988年10月にドラマ『あぶない少年III』で俳優デビュー

1990年4月に城島茂がリーダーを務めるバンド「TOKIO」の結成に参加

TOKIOは国分が参加した年は、城島茂、松岡、国分、山口、小島の5名。1992年に長瀬が加入。1994年にCDデビューを目前に控えた時期に、小島が突然脱退してTOKIOは現在の5名となった。

1994年9月にTOKIOは「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。10月にはドラマ『八神くんの家庭の事情』でドラマ初主演

ウェブスペルの色が白色の後半にTOKIOに参加
青色の始めの年にTOKIOはCDデビューを果たします。ドラマで初主演したのもこの頃でした。

ザ!鉄腕!DASH!!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.9.2~ 21 132 2 黄色い人 青い猿
1996.9.2~ 22 237 3 赤い地球 青い鷲
1997.9.2~ 23 82 4 白い風 青い嵐
1998.9.2~ 24 187 5 青い手 青い夜
1995年10月より『ぐるぐるナインティナイン』にレギュラー出演
1995年11月より『ザ!鉄腕!DASH!!』の放送開始。以降、TOKIOを代表する看板番組となった。

1997年にドラマ「せいぎのみかた」で主演の坂本淳平役。
1998年8月『24時間テレビ 「愛は地球を救う」 いま、始めよう 』でTOKIOが初のパーソナリティ

ウェブスペルの色が青色の始め頃に『ザ!鉄腕!DASH!!』の放送開始されTOKIOを代表する看板番組となった。

司会者・国分太一

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.9.2~ 26 137 7 赤い地球 青い猿
2001.9.2~ 27 242 8 白い風 青い鷲
2002.9.2~ 28 87 9 青い手 青い嵐
2003.9.2~ 29 192 10 黄色い人 青い夜
2004.9.2~ 30 37 11 赤い地球 青い手
2005.9.2~ 31 142 12 白い風 青い猿
2006.9.2~ 32 247 13 青い手 青い鷲
2007.9.2~ 33 92 1 黄色い人 黄色い人
2001年シングル「どいつもこいつも c/w ボクの未来」でTOKIOはデビュー7年目にして初のオリコン1位を獲得

2001年4月から『USO!?ジャパン』の司会。2003年9月まで
2003年10月から『探険! ホムンクルス 脳と体のミステリー』の司会。2004年9月まで
2004年10月からトーク番組『R30』の司会をV6の井ノ原快彦と務めた。2008年9月まで
2005年4月から『オーラの泉』の司会者に抜擢。美輪明宏がレギュラーでしたね。2009年3月まで。

2006年8月に「宙船(そらふね)/do! do! do!」をリリース。TOKIOを代表する曲となった。
宙船(そらふね) の作詞・作曲は、中島みゆきです。

2008年4月から『太一×ケンタロウ 男子ごはん』の司会。番組名は『男子ごはん』に変わり現在も続いています。

ウェブスペルの色が青色の半ばから司会の仕事が増え始めます。

年間TV出演本数1位

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.9.2~ 39 202 7 白い風 黄色い戦士
2014.9.2~ 40 47 8 青い手 黄色い太陽
2015.9.2~ 41 152 9 黄色い人 黄色の種
2016.9.2~ 42 257 10 赤い地球 黄色い星
2014年3月より「いっぷく!」の司会。その後『白熱ライブ ビビット』の司会を務め、朝の顔となります。
裏番組となるNHKの「あさイチ」はV6の井ノ原快彦が務めています。

国分は年間TV出演本数で2014年,2015年,2016年,2017年と4年連続で1位を獲得します。

2015年9月に元TBS社員の一般女性との結婚を発表。2016年10月に第1子女児、2018年9月に第2子女児が誕生します。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに「いっぷく!」の司会に抜擢され朝の顔となります。
黄色の後半には結婚し、翌年第一子女児に恵まれました。

ビビット終了

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.9.2~ 44 207 12 青い手 黄色い戦士
2019.9.2~ 45 52 13 黄色い人 黄色い太陽
『白熱ライブ ビビット』は2019年9月27日に終了。
朝の顔として「いっぷく!」を含め5年半務めた帯番組のレギュラーが終了しました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『白熱ライブ ビビット』は終了。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.9.2~ 46 157 1 赤い地球 赤い地球
2021.9.2~ 47 2 2 白い風 赤い竜
2022.9.2~ 48 107 3 青い手 赤い蛇
国分太一の現在は、ウェブスペルの色が赤色の変わったタイミングに当たります。
46才の時はKin157。その場しのぎであとはついていけなくなることの多い年です。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

前進したほうが良い。

国分太一のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

白色の後半にTOKIOに参加
青色の始めの年にTOKIOはCDデビューを果たします。ドラマで初主演したのもこの頃でした。
青色の始め頃に『ザ!鉄腕!DASH!!』の放送開始されTOKIOを代表する看板番組となります。
青色の半ばから司会の仕事が増え始めます。
黄色の半ばに「いっぷく!」の司会に抜擢、その後『白熱ライブ ビビット』の司会を務め、朝の顔となります。この頃から年間TV出演本数で1位となります。
黄色の後半に結婚し、その後2人の子に恵まれます。
黄色の最後付近に『白熱ライブ ビビット』が終了。

2016年にTOKIOの山口が離婚しTOKIOで唯一の既婚者になりました。
1995年からレギュラー出演している『ぐるぐるナインティナイン』の企画『ゴチになります!』では2度ピタリ賞獲得しています。

参考文献

国分太一(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小川直也
小川直也(おがわ なおや)は、日本の柔道家、総合格闘家、平成期のプロレスラー。バルセロナオリンピックの95kg超級銀メダリスト。全日本選手権で優勝7回。フリー格闘家に転向。「ハッスル!」という掛け声とポーズでも有名。

続きを読む


松田翔太
松田翔太(まつだ しょうた)は、日本の俳優。父は俳優の松田優作、母は女優の松田美由紀、兄は俳優の松田龍平、妹は歌手の松田ゆう姫。妻はモデルの秋元梢。ドラマ『LIAR GAME』で連続ドラマで初主演し注目を集めます。

続きを読む


朝日奈央
朝日奈央(あさひ なお)は、日本の女性マルチタレント。 2008年よりアイドルグループ・アイドリング!!!の15号として活動。卒業後はソロで活動。2017年の年末年始の番組への出演で高い評価を得て以降バラエティ番組に多く出演。

続きを読む


中丸雄一
中丸雄一(なかまる ゆういち)は日本の歌手、タレント、俳優。KAT-TUNのメンバー。愛称は「ゆめっち」。俳優、司会業でも活躍。芸能活動を行いながら早稲田大学人間科学部の通信課程を卒業。

続きを読む


キートン山田
キートン山田(キートン やまだ)は、日本の声優、俳優、ナレーター。『ちびまる子ちゃん』のナレーションを約30年務めた人物。独特な口調は「キートン節」と呼ばれます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin007)

アウンサンスーチー
アウンサンスーチーは、ミャンマーにおける非暴力民主化運動の指導者、政治家。現在は国民民主連盟党首。1991年にノーベル平和賞を受賞しました。

続きを読む


野村克也
野村克也(のむら かつや)は、日本の元プロ野球監督、元プロ野球選手。愛称は「ノムさん」。往年の名捕手にして球界屈指の名将。戦後初の三冠王。南海 、ヤクルト、阪神、東北楽天の監督を歴任。

続きを読む


夏目漱石さんは日本の小説家。大学時代に正岡子規と出会い俳句を学ぶ。大学卒業後に教師、留学、そのあと朝日新聞社で職業作家として新聞で連載作品を執筆しました。

続きを読む


関連記事 (タレント)

井森美幸
井森美幸(いもり みゆき)は、日本のバラエティーアイドル、歌手、女優。80年代アイドル。ホリプロよりアイドルとしてデビューするが芽が出ず、バラエティアイドルに転向しブレイク。

続きを読む


とにかく明るい安村
とにかく明るい安村(とにかくあかるいやすむら)は、日本のお笑いタレント。元アームストロングのメンバー。「安心してください、はいてますよ」でブレイク。ユーキャン新語・流行語大賞のトップ10受賞。しかし不倫報道で一転。

続きを読む


間寛平
間寛平(はざま かんぺい)は、日本のお笑いタレント、歌手。吉本新喜劇のスターとして関西を中心に絶大な人気を得ます。「アヘアヘアヘアヘ…」「アーメマ!」「かいーの」などのギャグで有名。

続きを読む


関連記事 (司会者)

石原良純
石原良純(いしはら よしずみ)は、日本の俳優、タレント、司会者、気象予報士。愛称は「まゆ毛」「よっちゃん」「ずみさん」。父は元東京都知事の石原慎太郎。叔父は石原裕次郎。

続きを読む


黒柳徹子
黒柳徹子(くろやなぎ てつこ)は、日本でのテレビ誕生と同時に生まれたテレビタレントの先駆けとして、長年に亘り第一線で活躍している人物です。現在、同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者として、記録更新中です。

続きを読む


笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は落語家(6代目笑福亭松鶴門下)、タレント、俳優、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ。『笑っていいとも!』や『鶴瓶の家族に乾杯』で誰もが知る存在となりました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ