334 views

タレント「伊東四朗」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 伊東四朗

伊東四朗

伊東四朗(いとう しろう)は、コメディアン、俳優、タレント、司会者。

てんぷくトリオとして人気を得ます。その後、小松政夫との共演でブームを起こします
『おしん』の父親役が大ヒット。俳優としての活動が多くなります。
1990年代後半から司会者の仕事を務めることが多くなります。

このページでは伊東四朗の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

伊東四朗(いとう しろう)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1937年6月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin203 (黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 黄色い戦士 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin58
絶対反対kin kin73

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin203の誕生日占いは、現実の生活を理想に近づけようと努力するタイプです。機運にのり、機運に従う。時に従う。

広告

伊東四朗(いとう しろう)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都台東区台東で服地商の子として生まれる。
1958年に伊東は早稲田大学生協職員に採用された。そんな中、時間が出来ると観劇に様々な場所へ赴いた。
俳優の石井均は劇団「笑う仲間」を旗揚げ。伊東は足繁く通っていたため顔を覚えられ、石井に誘われ石井一座に参加。

てんぷくトリオ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1961.6.15~ 24 123 6 青い夜 白い鏡
1962.6.15~ 25 228 7 黄色い星 白い風
1971.6.15~ 34 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1972.6.15~ 35 238 4 白い鏡 青い鷲
1973.6.15~ 36 83 5 青い夜 青い嵐

1962年 てんぷくトリオ(三波伸介、戸塚睦夫、伊東四朗)を結成
演芸ブームの一つである「トリオブーム」において中心的存在を担った。

三波のギャグ「びっくりしたなぁ、もぅ」が大当たりして、茶の間の人気お笑いグループとしての地位を確立した。
てんぷくトリオは1973年に戸塚睦夫が42歳の若さで逝去。その後実質的に休止状態になる

ウェブスペルの色が白色の半ばにてんぷくトリオに参加し大人気
青色の前半にてんぷくトリオは実質的に休止状態

電線音頭

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.6.15~ 37 188 6 黄色い星 青い夜
1975.6.15~ 38 33 7 赤い空歩く人 青い手
1979.6.15~ 42 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1980.6.15~ 43 38 12 白い鏡 青い手
1981.6.15~ 44 143 13 青い夜 青い猿

1975年 小松政夫との共演が話題になる
『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』の電線音頭。
『笑って笑って60分』の「小松の親分さん」などのネタで人気に火がついた

「ずん」や「ニン」、「どーかひとつ」といったギャグも有名になった
1979年 クイズ番組『ザ・チャンス!』の二代目司会者に抜擢

ウェブスペルの色が青色の半ばから最後付近まで小松政夫との共演でブームを起こします

俳優業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.6.15~ 45 248 1 黄色い星 黄色い星
1983.6.15~ 46 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
1984.6.15~ 47 198 3 白い鏡 黄色い戦士
1993.6.15~ 56 103 12 青い夜 黄色い人
1994.6.15~ 57 208 13 黄色い星 黄色い戦士

1982年 三波伸介が死去
1983年 『おしん』の父親役に抜擢され、ドラマは大ヒット。
以降、活動の中心は俳優業になっていきます。
1993年 ドラマ『十津川警部シリーズ』亀井定雄役

ウェブスペルの色が黄色に変わり俳優業が活動の中心になっていきます。

司会者

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.6.15~ 59 158 2 白い鏡 赤い地球
1997.6.15~ 60 3 3 青い夜 赤い竜
2003.6.15~ 66 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
2004.6.15~ 67 218 10 白い鏡 赤い月

1997年 教養バラエティ『伊東家の食卓』2007年まで
2004年 クイズバラエティ『脳内エステ IQサプリ』2009年まで

ウェブスペルの色が赤色に変わり司会者の仕事が多くなります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.6.15~ 79 178 9 白い鏡 白い犬
2017.6.15~ 80 23 10 青い夜 白い魔法使い
2018.6.15~ 81 128 11 黄色い星 白い鏡
現在は、ウェブスペルの色が白色の後半に当たります。
79才の時はKin178。多くの可能性、才能を持っている年です。秩序、礼節を大切に。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。

体裁を整える前に中身を充実すること。

伊東四朗(いとう しろう)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばにてんぷくトリオに参加し大人気
青色の前半にてんぷくトリオは実質的に休止状態
青色の半ばから最後付近まで小松政夫との共演でブームを起こします
黄色に変わり俳優業が活動の中心になっていきます。
赤色に変わり司会者の仕事が多くなります。

『相棒』では完成した役柄として毎回紅茶を飲んでいるが、ティーポットのお茶を肩の高さから手元のカップに注ぐ優雅な仕草は、実際の撮影ではしばしば飛び散る紅茶による火傷を我慢しているという。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

高杉晋作
高杉晋作(たかすぎ しんさく)は長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍しました。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に向けました。吉田松陰の弟子でもあります。

続きを読む


永守重信
永守重信(ながもり しげのぶ)は、実業家。日本電産の創業者。社長を含めて四人で日本電産を創業し、モーター事業において世界首位の実績を誇る企業に育て上げます。

続きを読む


稲盛和夫
稲盛和夫(いなもり かずお)は、実業家。京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者。公益財団法人 稲盛財団理事長。日本航空名誉会長。その独特な経営管理手法は「アメーバ経営」と呼ばれます。

続きを読む


勝海舟
勝海舟(かつ かいしゅう)は江戸時代末期から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。坂本龍馬の師匠であり、鳥羽伏見の戦いで江戸城への総攻撃を西郷隆盛と会談し江戸無血開城した立役者です。

続きを読む


大村益次郎
大村益次郎(おおむら ますじろう)は長州藩の医師、西洋学者、兵学者。長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮した勝利の立役者です。司馬遼太郎氏著『花神(上中下3巻)』の主人公です。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (タレント)

山田邦子
山田邦子(やまだ くにこ)は、お笑いタレント、女優、司会者、小説家。1980年代から2000年頃にかけて活躍した人で、ゴールデンタイムで冠番組を持った女性ピン芸人は今のところ山田邦子だけ。

続きを読む


matome
AKB総選挙で第1回(2009年)から第7回(2015年)まで7位以内に入っているメンバーのうちAKBを卒業または見込みの方。前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、高橋みなみ,小嶋陽菜の6名で行っています。

続きを読む


研ナオコ
研ナオコ(けん ナオコ)は、歌手、タレント、女優、コメディエンヌ。歌手として活動するだけではなく、数多くのCMやバラエティ番組にも出演するテレビ・タレントとしても活躍しました。

続きを読む


田中祐二と山口もえ
田中祐二と山口もえは2015年10月に結婚した夫婦です。田中祐二は一般女性と2000年に結婚、2009年に離婚。山口もえは実業家の尾関茂雄と2005年に結婚、2011年に離婚。

続きを読む


笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は落語家(6代目笑福亭松鶴門下)、タレント、俳優、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ。『笑っていいとも!』や『鶴瓶の家族に乾杯』で誰もが知る存在となりました。

続きを読む


関連記事 (司会者)

筑紫哲也
筑紫哲也(ちくし てつや)は、ジャーナリスト、ニュースキャスター。朝日新聞社記者、朝日ジャーナル編集長、TBSテレビ『筑紫哲也 NEWS23』メインキャスター。2008年にガンのため亡くなった。

続きを読む


大橋巨泉
大橋巨泉(おおはし きょせん)は、タレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)など多方面で活躍した人物です。1960年から1980年にかけて11PM・クイズダービーなど司会者で活躍します。

続きを読む


林修
林 修(はやし おさむ)は、東進予備校の講師。担当は現代文。「いつやるか? 今でしょ!」は2013年に「新語・流行語大賞」の年間大賞と2013年度ネット流行語大賞金賞を受賞した。

続きを読む


古舘伊知郎
古舘伊知郎(ふるたち いちろう)は、フリーアナウンサー、タレント、司会者。アナウンサーとしてテレビ朝日に入社し『ワールドプロレスリング』を担当。退社後にフリーアナウンサーとして活躍。

続きを読む


みのもんた
みのもんたは、テレビ番組の司会者や実業家など多方面で活躍している人物です。愛称は、みのさん、みのちゃんなど。本名は御法川法男(みのりかわ のりお)。

続きを読む




sponsordLink




コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事