128,570 views

はじめての方へ

古代マヤの人たちが使っていたカレンダーは17~19種類あり
天体観測に優れ、自然と調和し非常に精密な暦を持っていたそうです。

そのうちの神聖暦(ツォルキン)をピックアップしたのが当サイトです。
神聖暦(ツォルキン)は、13×20=260日を1サイクルとしたカレンダーで、
宗教的、儀礼的な役割を果たしていたそうです。

神聖暦(ツォルキン)は、
自然のリズムと共鳴し、心のリズムを整える

そんな素敵なカレンダーなのです。

古代マヤの人たちは、お互いを知り、
自分の役割や能力を知ることで、認めあい、繁栄をしてきました。
それが、現在も色あせずマヤ暦が伝わっている証拠なのです。

では早速、マヤ暦ライフをはじめてみましょう♪

sponsordLink

マヤ暦を日々の生活に取り入れる

すると…
こんな嬉しいことがおこりはじめます



sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事