10,440 views

PRIDE「今井美樹」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 今井美樹

記事公開日:2016年09月28日
最終更新日:2019年08月15日

今井美樹
→ 画像検索はこちら

今井美樹(いまい みき)は、歌手、女優。

1990年代に女優してドラマで主演として出演します。1996年にシングル『PRIDE』が自身最大のヒット曲。
夫は布袋寅泰。2012年8月より家族でロンドン在住。現在では、歌手活動に重心を置いています。

このページでは今井美樹の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ ユーミン「松任谷由実」の人生を見てみる
→ BOΦWYの誕生日占いと相性占いを診断
→ コブクロの誕生日占いと相性占いを診断

今井美樹の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1963年4月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin11です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 赤い竜 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin250
絶対反対kin kin141

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

ひとことでいえばKin11の誕生日占いは、開放的なタイプです。個性を素直に出せば喜びや感動を伝えることができます。偶然の出会いを生かすことで日常が新鮮になります。

広告

今井美樹の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

宮崎県でオーディオ専門店の一人娘として生まれる。ジャズ好きの父親の影響を受ける。
中学時代は松任谷由実に熱中する。
インターハイに100mハードルとリレーメンバーとして出場。高校を卒業後、スチュワーデスを目指し上京。

芸能界入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.4.14~ 20 31 5 青い猿 青い手
1984.4.14~ 21 136 6 黄色い戦士 青い猿
1985.4.14~ 22 241 7 赤い竜 青い鷲

1983年 ファッション系女性情報誌のモデルとしてデビュー。
1984年 山田太一脚本のTVドラマ『輝きたいの』の女子レスラー役で女優をスタート。

ウェブスペルの色が青色の半ばから芸能界入りし女優活動を開始します。

歌手デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.4.14~ 23 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1987.4.14~ 24 191 9 青い猿 青い夜
1988.4.14~ 25 36 10 黄色い戦士 青い手

1986年 映画『犬死にせしもの』(井筒和幸監督)に出演、唯一のヌードシーンがある。
1986年 『黄昏のモノローグ』で歌手デビュー。
1988年 資生堂秋のキャンペーンソングになった4枚目のシングル『彼女とTIP ON DUO』のヒットでブレイク。

ウェブスペルの色が青色の後半に歌手デビューします。

主演女優として

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.4.14~ 27 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1991.4.14~ 28 91 13 青い猿 青い嵐
1992.4.14~ 29 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1993.4.14~ 30 41 2 赤い竜 黄色い太陽

1990年 ドラマ『想い出にかわるまで』の主演。
1991年 ドラマ『あしたがあるから』の主演。主題歌『PIECE OF MY WISH』が自身初のミリオンセラーとなる。
1993年 シングル『Bluebird』発売。布袋作曲による初めてのシングル。

ウェブスペルの色が青色の最期付近からドラマに主演が多くなります。

自身最大のヒット曲そして入籍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.4.14~ 33 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1997.4.14~ 34 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1998.4.14~ 35 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1999.4.14~ 36 151 8 青い猿 黄色の種

1996年 シングル『PRIDE』が自身最大のヒット。シングル『flowers』、アルバム『未来』を発表。
1999年 『蘇える金狼』に出演、番組の主題歌『SLEEP MY DEAR』を発売。
1999年 6月6日に布袋寅泰と入籍。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに自身最大のヒット曲の『PRIDE』を発売します。
黄色の後半に布袋寅泰と入籍します。
どちらの年も黒Kinが表れています。

長女誕生

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.4.14~ 37 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2002.4.14~ 39 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
2004.4.14~ 41 156 13 黄色い戦士 黄色の種
2005.4.14~ 42 1 1 赤い竜 赤い竜

2000年 約9年ぶりのドラマ『ブランド』で主演し、自ら歌った主題歌『Goodbye Yesterday』がヒット。
2002年 アルバム『Pearl』を制作。長女を出産。
2004年 4年ぶりの全国ツアーで布袋と共演。シングル『おもいでに捧ぐ』。
2005年 シングル『愛の詩』。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に長女誕生。

2006年以降

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.4.14~ 43 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2007.4.14~ 44 211 3 青い猿 赤い月
2008.4.14~ 45 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
2010.4.14~ 47 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
2011.4.14~ 48 111 7 青い猿 赤い蛇
2015.4.14~ 52 11 11 青い猿 赤い竜

2006年 NHK紅白歌合戦に初出場し『PRIDE』を歌う。布袋もギターで参加・共演した。
2007年 映画『象の背中』に、役所広司演じる主人公の妻役として主演。
2008年 セルフ・カバーアルバム『I love a piano』。
2010年 歌手デビュー25周年を記念してコンサート。宮崎口蹄疫被害者救援ソング『太陽のメロディー』をリリース。
2011年 『冬のサクラ』で11年ぶりの連ドラ出演。第4回ベストマザー賞音楽部門を受賞。
2015年 NHK紅白歌合戦へ9年ぶり2回目の出場となり『PIECE OF MY WISH』を歌う。

ウェブスペルの色が赤色の始め頃にNHK紅白歌合戦に初出場
赤色の後半に『冬のサクラ』で11年ぶりの連ドラ出演。
赤色の最後付近に2度目となるNHK紅白歌合戦に出場

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.4.14~ 55 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2019.4.14~ 56 171 2 青い猿 白い犬
2020.4.14~ 57 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
今井美樹の現在は、ウェブスペルの色が白色の始まり付近に当たります。
56才の時はKin171。目のつけどころがユニークで優れている年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。

現状を維持することは大きな苦闘をともなう。

今井美樹のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばから芸能界入りし女優活動を開始します。
青色の後半に歌手デビューします。
青色の最期付近からドラマに主演が多くなります。
黄色の半ばに自身最大のヒット曲の『PRIDE』を発売します。
黄色の後半に布袋寅泰と入籍します。
黄色の最後付近に長女誕生。
赤色の始め頃にNHK紅白歌合戦に初出場
赤色の後半に『冬のサクラ』で11年ぶりの連ドラ出演。
赤色の最後付近に2度目となるNHK紅白歌合戦に出場

夫の布袋寅泰は1985年に山下久美子と結婚。1997年に離婚。2人の間には子はいませんでした。

2015年の紅白のリハーサルでは布袋が客席から観戦していたそうです。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


松野明美
松野明美(まつの あけみ)は、元陸上競技長距離走選手、タレント、政治家。ソウルオリンピックに10000mで出場。現役引退後、タレントなどマルチに活躍。マシンガントークを連発。その後、政界に進出。

続きを読む


室井滋
室井滋(むろい しげる)は、日本の女優、ナレーター、エッセイスト。『やっぱり猫が好き』がヒットし一躍人気者となった。映画『居酒屋ゆうれい』『のど自慢』など代表作。

続きを読む


福士加代子
福士加代子(ふくし かよこ)は、女性陸上競技(長距離走・マラソン)選手。通称、みちのくの爆走娘。オリンピックに、アテネ、北京、ロンドン、リオと4度出場。

続きを読む


陣内孝則(じんない たかのり)は日本の俳優、歌手、タレント、映画監督。元ザ・ロッカーズのボーカル。その後、俳優に転身。トレンディドラマに出演し顔が知られるようになります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin011)

三波春夫
三波春夫(みなみ はるお)は、日本の浪曲師、演歌歌手。昭和を代表する歌手。特に、東京オリンピックの「東京五輪音頭」、大阪万博の「世界の国からこんにちは」は代表曲として知られます。

続きを読む


天童よしみ
天童よしみ(てんどうよしみ)は日本の演歌歌手。1993年より『NHK紅白歌合戦』に出場。ノーベル製菓「VC-3000のど飴」のCMキャラクターに起用され「なめたらあかんー」のキャッチコピーで知られます。

続きを読む


出光佐三
出光佐三(いでみつ さぞう)は、日本の実業家。石油元売会社・出光興産の創業者。日中戦争の拡大と共に事業を拡大。日本の敗戦ですべてを失いますが、一人もクビにせず雇い続けます。宗像市に在る宗像大社の再建に貢献。

続きを読む


関連記事 (歌手)

杉良太郎
杉良太郎(すぎ りょうたろう)は、日本の俳優、歌手。テレビドラマ「遠山の金さん」などに主演した時代劇のスター。舞台での活動を続け中年女性を魅了。100万枚を超えるヒット曲「すきま風」の歌手でもあります。

続きを読む


安室奈美恵
安室奈美恵(あむろ なみえ)は日本の女性歌手、ダンサー。1996年から彼女のファッションスタイルに憧れる若い女性たちが「アムラー・ブーム」を起こし社会現象となった。2018年9月に引退。

続きを読む


美輪明宏
美輪明宏(みわ あきひろ)はシンガーソングライター、俳優、演出家、タレント。テレビ番組『オーラの泉』で「愛の伝道師」として出演していました。

続きを読む


都はるみ
都はるみ(みやこ はるみ)は、女性演歌歌手。昭和40年代から50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、名実ともに日本を代表する演歌歌手です。代表曲は「アンコ椿は恋の花」「北の宿から」など。

続きを読む


郷ひろみ
郷ひろみ(ごう ひろみ)は、日本の歌手、俳優。西城秀樹、野口五郎と共に『新・御三家』と並び称される昭和を代表するスターの一人です。長く第一線での活躍を続け、母娘の親子2代でファンというケースもあるほど。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事