今日のエッセイ的な何か 09月05日(Kin260) 飽きる。飽きない。

 TOP管理人のつぶやき → 2016年9月5日(Kin260)

さっくん(仮)(3歳4ヶ月)の身長は、95㎝。つまりはワタシの身長の2/3以下。

そしてそれは、おそらくワタシの見えるすべての世界が倍以上の大きさに見えている。ハズ。

そういう観点で子どもを見ていると、スゴイなと思うわけで、おもいっきりつきあってあげたい。そして公園にある滑り台は子どもの身長の3倍以上はあるわけなのですが、ワタシと一緒だからなのかもしれない壮大な安心感の元だから躊躇なく滑べっていくさっくん(仮)は好奇心の塊でしかないと思うのです。

帰ろうよ。の言葉もまったく聞かず、ワタシのやる気のダダ下がりにはまったく気にせず、自分の感情の優先順位だけを持って、またすべりに行く。

彼の脳内での生化学反応に一定の「意欲・希望・自信」の習慣付けが出来ている為と言い換える事が出来きる。とかっこよく書いてみたけど、やっぱりどうにかならないのかな。と思うのであります。

そうすると、こんな文章を見つけました。

3歳までに刻み込まれた思考パターンは、ポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ、それを変えるには、その後10年かけても足りないと言われています。それほど、真っ白な心に刻み込まれる「思考パターン」「価値観」はとても強いのです。

ということは、どこで切り上げればいいのだろうか?さっくん(仮)(3歳4ヶ月)が「飽きる」まで待てばいいのだろうか。その「飽きる」の正体がわからないし、もしかするとずっと「飽きない」のかもしれない。さっくん(仮)(3歳4ヶ月)はかわいいし、面倒をみたくないわけでもない。つまんなくなったから・・というわけでもないのだけど、そろそろ帰りたい。というのが本音のわけです。

グルグルと何度も滑り台をすべり、炎天下の8月の沖縄の真昼間の公園で、「ママ見てー」「さっくん(仮)かっこいい?」をテープレコーダのように何回も言われると、なかなか根気のいる作業であることには間違いないのです。

受け取る側(ワタシ)と発信する側(さっくん(仮))の情報の鮮度が減ってきているからだから、こちらも「飽きてくる」。「情報の鮮度」をあげれればいいのだろうけど、どうやってあげたらいいのかがなかなかわからないダメなお母さんなのです。そんなことを考えながら、30分つきあったけど、なかなか「飽きてくれない」ので、「最後の5回、一緒にすべろう!」と言うと更にテンションが上がる!

最初から一緒にやれるほど体力はなくてきっとグズグズになちゃいますが、一緒に見ている情報を増やすことで接点が増え会話が増えるのは、子どもも大人も変わらないことを学んだのでした。

飽きずに何度も滑り台

飽きずに何度も滑り台

なんにせよ、どこで何をしていても生きぬくという体力はつけてあげたい。

2016年9月5日(月) Kin260 (黒kin) 黄色い太陽 – 黄色い星 音13



今日のエッセイ的な何か 08月25日(Kin249) 子どもを肯定的に見ているということ

 TOP管理人のつぶやき → 2016年08月25日(Kin249)

ワタシたちは、保育園や小学校で「おゆうぎ」を習った。なにが「おもしろい」のかわからないままに手をたたいたり、回ったりしていた。

次に、盆踊り。東京に居たころは、地元の夏祭りに行って恥ずかしながらに浴衣きて踊ってた。

他にディスコとかクラブなんて踊り場もあるのだろうけど、その辺にはほとんど近づかないで生きてきたので、どうも得意分野ではない。

沖縄に居ると、踊る場所は結構あるのだけどどちらかというと、傍観者になってる。

そこからすると、さっくん(仮)(3歳3ヵ月)は、踊りを楽しんでいるようでうらやましく感じるのです。

彼のお気に入りは、「アンパンマン体操」。あきずにずっと同じことをやれるってことはすごいわけで、よく飽きないなー。と思うわけであります。

幼児の集中力はすごいのです。

いや、もしかすると、幼児のココロをワシ掴みにする
やなせたかし氏がすごい。とも置き換えられるのかもしれません。

69才のときにテレビアニメ「それいけ!アンパンマン」の放映が開始されるまで世の中に日の目をみるまでやり続けられるってことがすごい。

何回も飽きずにやれる。そういう時に、人の能力とか才能とか、ぱーっと開花するもののような気がするのです。

何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回もビデオを巻き戻すワタシ

VS

自分が踊っている姿を見てくれてるか、チラ見して確認してくるさっくん(仮)。

なかなか面倒な構図ではありますが、何回くらい踊れるのだろうか?どこであきるのだろうか?前回よりどのくらい上手に踊れるのだろうか?

なんてことを考えながら見ていると、それはそれで面白いわけです。

チラ見して確認してくるさっくん(仮)が、「わかってくれる、見てくれてると思っているときの、ドヤ顔。自由でのびのびした表現」

これが、とても大事なんだろうなぁと、この頃あらためて、思うのです。

よく、親バカっていうけれど、きっと親っていうのは、子どもを肯定的に見ているから、「親の前では子供は自由でのびのびしている」からなんでしょう。

だから、他人よりもその子どものことを、よく思う機会が増えることになるのです。

・「踊る」って言葉はいいね。

・踊るマハラジャ
・踊る大捜査線
・踊るポンポコリン
・踊る!さんま御殿

あえて言うならば、来月、さっくん(仮)の運動会では親子でエイサーを踊るようで、ワタシが楽しめる側面を探しているだけなのかもしれない。。。

やなせたかし
Kin4(黄色い種 – 赤い竜 音4)
1919年2月6日生まれ

2016年8月25日 Kin249 (赤い月 – 黄色い星 音10)



今日のエッセイ的な何か 08月20日(Kin244) 「おもしろい」とは何か?

 TOP管理人のつぶやき → 2016年08月20日(Kin244)

おもしろい、とは何か?

・くだらないけど、実は非常に難解

哲学的なことからの回答をすると答えはでないのだろうと思う。

だけど、モノを書いたりするとある種の答えを見つけて行かなければいけない。これがかなり難解なのです。

例えば、経済のことについて考えてみたとする。それは専門家が直接論議し、その時々の国内外の情勢を見て判断することで、ある程度の答えは出せる。

それが結果的がでようがでていなかどうがとかじゃなくてある程度の答えは出せる。

おもしろいとはわずか5文字なのだけど、その意味は人類の数だけ意見は食い違うし答えは枝分かれするのだと思うのです。

・おもしろい=ためになる
知識を増やせることをおもしろいという人もいるかもしれない。

・おもしろい=爆笑できる
笑うタイミングは違えどドストライクで考えると、状況は違えど単純に人を笑わせるモノを見たいときにでてくる感じなのかもしれない。

・おもしろい=興味深い
読み解くと意外な方向にいくからおもしろいのかもしれない。

自分にとっておもしろいものと、人にとっておもしろいものって違うのはわかっているのだけど、それでも、どっちも共存できないのかなんて思うわけです。

市場が求めているものだけを追っていけば、それはそれで認知される。

あの宮崎駿さんも、「自分の作りたいものを作ってるわけじゃないんだよ。楽しんでもらえたら、自分の存在が認められる」と言ってました。

庵野秀明さんは、「”見てよかった”みたいなのをお客さんに返す仕事だと思うんですね。少なくとも、サービス業である以上、お客さんに何かしらそういう”良かった感”みたいなモノをあげなきゃいけない。」と言ってます。

世の中の人に認知されるように、監督の想いやマーケティングをして「売る」ってことを徹底的にやった結果なのだと思うのです。

「おもしろい」ってことは、運営者の書きたいことと、遊びにきてくれる人が読みたいこと」の両立がある程度できてることなんじゃないかな。

当サイトを立ち上げて5年。

宮崎さんみたく、鹿野さんみたく遊びにきてくれるみんなが食べたいと思うメインディッシュは手を抜かず、自分が伝えたと思う副菜は、見ても見なくてもいい「サービス」であるけど、副菜によって、満足度は変わる。的な。また食べたい(遊びに来たい)と思ってもらえる中毒性。

そんな中毒性のある居場所つくりに邁進してます。

2016年8月20日 Kin244 (黄色の種 – 青い鷲 音10)



今日のエッセイ的な何か 07月25日(Kin218) 「失敗も成功も」あるに決まっている

 TOP管理人のつぶやき → 2016年07月25日(Kin218)

つくづく思う事のひとつに、ものごとを大きく動かすのは「最初のひとり」が大事なんだと思います。

「最初のひとり」の情熱だったりとか、独自のコンテンツだったりとか、輝きだったりとか、面白さだったりとか、やさしさだったりとか、そういうプランがないプランはダメなんだと思います。

当サイトもなんとなく、いま思うとそこがスタートだったような気がしています。

この5年間、みんなが集まってくれることで、ちょこっとだけだけど見に来てくれるみんなに、「何か」をお伝えできることができたのだと思ってます。

じょうずに伝えられたこともあるでしょうし、じょうずじゃなかったこともあります。失敗も成功もあるに決まってますが、面白くやさしいサイトでありたいということは、わかってきたのではないかと思っています。

みんなが集まってくれるから続けられています。「みんな」と言う言葉が適切かどうかはわかりませんが、いろんな「みんな」が当サイトを楽しんでくれ、中心をつくっています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

だからと言ってはなんなんですが、これも欲しいよ。あれがいいよ。なんてあったら是非おしえてください。

今日も当サイトを見に来てくれてありがとうございます。今日も面白くおかしく、やさしい時間を過ごします。

2016年7月25日 Kin218 黒Kin(白い鏡-赤い月 音10)



広告掲載について

2016年10月3日(kin28):更新しました。

この記事は、
当サイト「マヤ暦 神聖暦ツォルキン」へのご依頼主様のサービス・商品に関する広告掲載の詳細になります。

当ブログ概要

「マヤ暦 神聖暦ツォルキン」は2011年2月のスタート以来、
マヤ暦ツォルキン表を使用し、自分を知り他人との相性を知ることができる
マヤ暦のサイトです。閲覧はすべて無料です。
一切の有料広告宣伝を行わず、口コミのみで今日のサイト規模まで成長いたしました♪

皆様にココロより感謝を申し上げます。

PV

2016年10月 101万PV になってます。 

2016年10月_ユーザーサマリー

2016年10月_ユーザーサマリー

男女比率・年齢比率

男女比、年齢比はこのようになっています。
F3・M3層もっうちょっと増やしたいです。

2016年10月_男女比率年齢比率

2016年10月_男女比率年齢比率

デバイスカテゴリ

2015年12月にレスポンシブに対応したので、モバイルユーザーがとっても増えてます。
それだけが原因じゃないかもしれないですけど。

2016年10月_デバイスカテゴリ

2016年10月_デバイスカテゴリ


掲載までの流れ

1、こちらに直接ご連絡ください ⇒ info@mayareki.biz

2、依頼内容のすり合わせ

3、問題無ければ代金をお支払い頂く(先払いでお願い致します。「それだと困る!」と言う場合はご相談ください)

4、依頼主様による確認

5、修正点等あれば修正

6、ご希望の日時で公開

という流れになります。

バナー広告掲載

正直どれだけ広告主様に効果があるかわからないので、
バナーの掲載場所やサイズ、掲載スケジュール等は
ご相談させていただきながらやっていければと思ってます。

※クリック率等変動がでるので、バナー画像はご依頼主様でご用意をお願い致します。
でも、作って。って方はご相談ください。

※あまりにも趣旨に反するモノ、運営に影響を与えるモノ、規約違反に該当するモノは
お断りすることがございます。予めご了承ください。

お問合せ・お気軽にご相談ください

お金をいただく以上、ある程度形式ばった数字が必要になると思い、このような記事をかかせていただきましたが、当サイトは、個人で運営しているサイトですので、かなり融通を利かせることが出来ます。

もし、当記事を見て、
「何かを宣伝したいけど、どうしたらいいのかわからない」
と思われましたら、どんな簡単な内容でも構いませんので、
一度お気軽にご相談・お問合せください。ご一緒に考えます!

もちろん相談は無料ですし、話を聞いてピンと来なければ遠慮なく「やっぱりやめとくね」と言ってください。

それではお問合せ・ご相談をお待ちしてます。