85 views

『特命刑事 カクホの女』シリーズ・麻生祐未の誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 麻生祐未

麻生祐未
→ 画像検索はこちら

麻生祐未(あそう ゆみ)は、日本の女優。

『オールナイトフジ』の司会を経てカネボウ水着キャンペーンガールに選出。
1980年代から1990年代にかけてトレンディドラマで活躍。
『特命刑事 カクホの女』シリーズで名取裕子とW主演。

このページでは、麻生祐未(あそう ゆみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

麻生祐未(あそう ゆみ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1963年8月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin134です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 青い猿 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い種
互いに秘かれあう 神秘kin 青い手
以てるもの同士の類似kin 赤い蛇
鏡の向こうのもう一人の自分 kin127
絶対反対kin kin4

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

ひとことでいえばKin134の誕生日占いは、いい加減なままを許せないタイプです。責任ある立場に立つと本領発揮。

広告

麻生祐未(あそう ゆみ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪生まれ長崎育ち。本名は奥村由美。
叔母は歌手の奥村チヨ。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.8.15~ 20 154 11 白い魔法使い 黄色の種
1984.8.15~ 21 259 12 青い嵐 黄色い星
1985.8.15~ 22 104 13 黄色の種 黄色い人
長崎の高校を卒業し上京。青山学院大学に進学。
大学在学中の1983年に映画『あいつとララバイ』に樹由美子名義でデビュー。
1984年に麻生祐未名義でグラビアデビュー。『オールナイトフジ』の司会を担当。
1985年にカネボウ水着キャンペーンガールに選ばれ人気。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近にカネボウ水着キャンペーンガールに選ばれ人気となった。

トレンディドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.8.15~ 23 209 1 赤い月 赤い月
1987.8.15~ 24 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
1988.8.15~ 25 159 3 青い嵐 赤い地球
1986年にドラマ『武蔵坊弁慶』に出演。
1987年にドラマ『男女7人秋物語』に出演。
1988年にドラマ『君が嘘をついた』でヒロイン。
1980年代から1990年代にかけてトレンディドラマで活躍。

ウェブスペルの色が赤色になりトレンディドラマで活躍。

米国留学

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.8.15~ 27 109 5 赤い月 赤い蛇
1991.8.15~ 28 214 6 白い魔法使い 赤い月
1992.8.15~ 29 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
人気絶頂だった20代終盤に米国留学を思い立って芸能能活動を休止。
大学に1年間留学してサイエンス&テクノロジーを専攻。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに芸能能活動を休止し米国の大学へ留学。

結婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.8.15~ 38 224 3 黄色の種 白い風
2003.8.15~ 40 174 5 白い魔法使い 白い犬
2008.8.15~ 45 179 10 青い嵐 白い犬
2001年に朝の連続テレビ小説『ほんまもん』に出演。共演した永澤俊矢と交際。
2004年に結婚。同年男児を出産。高齢出産と話題となった。
2008年に離婚。親権は麻生が持った。

ウェブスペルの色が白色の半ばに俳優の永澤俊矢と結婚。一児に恵まれますが白色の後半に離婚。

特命刑事 カクホの女

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.8.15~ 49 79 1 青い嵐 青い嵐
2018.8.15~ 55 189 7 赤い月 青い夜
2019.8.15~ 56 34 8 白い魔法使い 青い手
2012年に泉佐野市の観光大使に就任。
2018年に『特命刑事 カクホの女』で名取裕子とW主演。
シリーズ化され2019年に『特命刑事 カクホの女2』で主演。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『特命刑事 カクホの女』シリーズで主演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.8.15~ 59 89 11 赤い月 青い嵐
2023.8.15~ 60 194 12 白い魔法使い 青い夜
2024.8.15~ 61 39 13 青い嵐 青い手
麻生祐未の現在は、ウェブスペルの色が青色の最後付近に当たります。
59才の時はKin89。結果を出すことにより新たに成長する年です。こだわりを捨てましょう。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

今必要な準備をこつこつ行うこと。

麻生祐未(あそう ゆみ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近にカネボウ水着キャンペーンガールに選ばれ人気となった。
赤色になりトレンディドラマで活躍。
赤色の半ばに芸能能活動を休止し米国の大学へ留学。
白色の半ばに俳優の永澤俊矢と結婚。一児に恵まれますが白色の後半に離婚。
青色の半ばに『特命刑事 カクホの女』シリーズで主演。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

阿炎
阿炎 政虎(あび まさとら)は、埼玉県出身の大相撲力士。不祥事で3場所で出場停止され西幕下56枚目まで落ちますがあっという間に幕内に復帰。2022年11月場所に平幕ながら初の幕内優勝。

続きを読む


横山裕
横山裕(よこやま ゆう)は、日本の歌手、俳優。関ジャニ∞では主にパーカッション、トランペット、ギターを担当。2021年に『コタローは1人暮らし』で連続ドラマ初主演。2022年の朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』でヒロインの兄役で出演。

続きを読む


北村匠海
北村匠海(きたむら たくみ)は、日本の俳優、歌手、モデル。スカウトされ9才の時にCMデビュー。ダンスロックバンド・DISH//(ディッシュ)のリーダー兼メインボーカルとギターを担当。映画『君の膵臓をたべたい』で浜辺美波とW主演し数々の映画の新人賞を受賞。

続きを読む


工藤阿須加
工藤阿須加(くどう あすか)は、日本の俳優、タレント、キャスター。ドラマ『ルーズベルト・ゲーム』では約100名の中からオーディションを勝ち抜き、父と同じピッチャーを演じます。初の冠番組『工藤阿須加が行く 農業始めちゃいました』がスタート。

続きを読む


坂東彌十郎
坂東彌十郎(ばんどう やじゅうろう)は、日本の歌舞伎役者。屋号は大和屋。2001年に重要無形文化財(総合認定)に認定。俳優としても活動。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では北条時政役で出演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin134)

中村吉右衛門
二代目 中村吉右衛門(にだいめ なかむら きちえもん)は、日本の歌舞伎役者。テレビ時代劇『鬼平犯科帳』で主役の鬼平こと長谷川平蔵役でお茶の間でもお馴染みの顔となった。

続きを読む


木の実ナナ
木の実ナナ(きのみ ナナ)は、日本の女優、歌手。歌手デビューしますが鳴かず飛ばず。心機一転しアメリカで本場のショー・ビジネスを学びます。細川俊之と二人芝居の舞台『ショーガール』を行い大ヒット。

続きを読む


井上陽水
井上陽水(いのうえ ようすい)は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。1970年代にデビューし吉田拓郎と並び日本の音楽界に大きな影響を与えます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


岸井ゆきの
岸井ゆきの(きしい ゆきの)は日本の女優。スカウトされデビュー後、ドラマ、舞台、映画などで活躍。大河ドラマ『真田丸』、朝の連続テレビ小説『まんぷく』に出演。ドラマ『アトムの童』ではヒロイン・富永海役で出演。

続きを読む


関連記事 (女優)

斉藤由貴
斉藤由貴(さいとう ゆき)は、女優、歌手。1984年に芸能界入りし、CM、歌手、ドラマと次々に成功していきます。1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台など幅広く活躍します。

続きを読む


浅丘ルリ子
日本映画全盛期の日活アクション映画における代表的なヒロイン。数多くの映画に出演し人気を博した。現在までの映画出演本数は150本以上。前夫は石坂浩二。

続きを読む


萬田久子
萬田久子(まんだ ひさこ)は、日本の女優。元ミス・ユニバース日本代表。朝の連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』で女優デビュー。テレビドラマを舞台に長く人気を維持。

続きを読む


富田靖子
富田靖子(とみた やすこ)は、日本の女優。中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、ヒロインに選ばれデビュー。最近では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として活躍。

続きを読む


大場久美子
大場久美子(おおば くみこ)は日本の女優、歌手。1970年代アイドル。「コメットさん」で主演を演じ全国に知られる存在になります。アイドルを卒業し女優として活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ