5,173 views

ちゅらさん・国仲涼子の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 国仲涼子

記事公開日:2019年07月07日
最終更新日:2024年02月20日

国仲涼子
→ 画像検索はこちら

国仲涼子(くになか りょうこ)は、日本の女優、歌手。夫は俳優の向井理。

朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』でヒロイン・恵里役を演じ知られる存在になります。

このページでは、国仲涼子(くになか りょうこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 向井理と国仲涼子の誕生日占いと相性占いを診断

国仲涼子(くになか りょうこ)の誕生日占い

生年月日:1979年6月9日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin187です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い手 青い夜 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin 白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin 黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin74
絶対反対kin kin57

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

ひとことでいえばKin187の誕生日占いは、物事をいい加減にできないタイプです。他のために尽くすことを考えましょう。先が見えないときは気持ちにゆとりをもって。

広告

国仲涼子(くになか りょうこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

沖縄県那覇市で生まれ育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.6.9~ 18 257 10 赤い地球 黄色い星
1998.6.9~ 19 102 11 白い風 黄色い人
1999.6.9~ 20 207 12 青い手 黄色い戦士
那覇市でアルバイト中にスカウトを受けます。高校を卒業し上京。
1998年にバラエティ番組にレギュラー出演した後、1999年に『L×I×V×E』で女優デビュー。
同年、深夜ドラマ『悪いオンナ「プレイヤー」』で初主演。

ウェブスペルの色が黄色の後半にスカウトを受け上京。
黄色の最後付近に女優デビュー。

ちゅらさん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.6.9~ 21 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2001.6.9~ 22 157 1 赤い地球 赤い地球
2002.6.9~ 23 2 2 白い風 赤い竜
2084人の応募者の中から『ちゅらさん』のヒロイン・恵里に選ばれ、2001年に『ちゅらさん』に出演。
シリーズ化され、続編にあたるパート2、3、4も制作されます。
同年、『五瓣の椿』で時代劇に初挑戦。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に『ちゅらさん』でヒロイン・恵里を演じ知られる存在になります。

歌手デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.6.9~ 24 107 3 青い手 赤い蛇
2004.6.9~ 25 212 4 黄色い人 赤い月
2005.6.9~ 26 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
2003年に『ちゅらさん2』のテーマソング『琉球ムーン』で歌手デビュー。
同年、『ミラーを拭く男』で映画デビュー。
2005年にドラマ『みんな昔は子供だった』でゴールデンタイム・民放連続ドラマで初主演。

ウェブスペルの色が赤色の前半に歌手デビュー、映画デビュー。

結婚・母になる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.6.9~ 35 222 1 白い風 白い風
2015.6.9~ 36 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
2016.6.9~ 37 172 3 黄色い人 白い犬
2017.6.9~ 38 17 4 赤い地球 白い魔法使い
2014年にドラマ『ハングリー』で共演した俳優の向井理と結婚。
2015年に第1子、2017年に第2子を出産。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に俳優の向井理と結婚。その後2児に恵まれます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.6.9~ 43 22 9 白い風 白い魔法使い
2023.6.9~ 44 127 10 青い手 白い鏡
2024.6.9~ 45 232 11 黄色い人 白い風
国仲涼子の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後付近に当たります。
45才の時はKin232。独自の道を歩きオリジナリティを大事にする年です。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

心を引き締め足元に注意しスタートすること。

国仲涼子(くになか りょうこ)のまとめ

ウェブスペルの色で流れを見てみると

黄色の後半にスカウトを受け上京。
黄色の最後付近に女優デビュー。
赤色の始めの年に『ちゅらさん』でヒロイン・恵里を演じ知られる存在になります。
赤色の前半に歌手デビュー、映画デビュー。
白色の始めの年に俳優の向井理と結婚。その後2児に恵まれます。

2010年に「心に残る朝ドラヒロイン」アンケート結果で、国仲は第3位。
第1位の樫山文枝(『おはなはん(1966)』)、第2位の田中裕子(『おしん(1983)』)に次ぐ結果です。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


ペ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュンは、韓国の俳優、実業家。妻は女優のパク・スジン。韓流ブームのきっかけとなった俳優。ドラマ『冬のソナタ』で主演。日本では「ヨン様」と多くの世代の女性に親しまれます。韓国で芸能事務所「KEYEAST」を創設。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin187)

満島真之介
満島真之介(みつしま しんのすけ)は、日本の俳優。姉は女優の満島ひかり。姉に触発され俳優の道に進みます。朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』に医学生・山倉真一役で出演し知名度UP。

続きを読む


三木谷浩史
三木谷浩史(みきたに ひろし)は、実業家、資本家。楽天株式会社の創業者であり、代表取締役会長兼社長。

続きを読む


野々村真
野々村真(ののむら まこと)は、日本の俳優、タレント。初代“いいとも青年隊”でデビュー。『世界・ふしぎ発見!』のレギュラー解答者として珍回答を頻繁に出し会場を笑わすボケ役で有名。

続きを読む


西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む


山田隆夫
山田隆夫(やまだ たかお)は、日本のタレント、俳優、ミュージシャン。「ずうとるび」を結成しレコードデビュー。高い人気を誇り紅白歌合戦に出場。脱退後は俳優に主軸を置いて活動。その後、『笑点』の「座布団運び」にとして長く担当。

続きを読む


関連記事 (女優)

満島ひかり
満島ひかり(みつしま ひかり)は、日本の女優、タレント。沖縄アクターズスクール主催のオーディションで優勝。『Folder』に参加しデビュー。その後、女優業に転向。映画『愛のむきだし』への出演が転機となり、多くの映画・ドラマに出演。

続きを読む


ミヤコ蝶々
ミヤコ蝶々(ミヤコ ちょうちょう)は、日本の女優、漫才師。戦後、上方漫才・喜劇界をリードした関西を代表するコメディアン。

続きを読む


秋吉久美子
秋吉久美子(あきよし くみこ)は、日本の女優。映画『赤ちょうちん』に出演し名前が知られるようになります。『異人たちとの夏』『男はつらいよ 寅次郎物語』『深い河』などが代表作。

続きを読む


松本若菜
松本若菜(まつもと わかな)は、日本の女優。『仮面ライダー電王』で女優デビュー。映画『愚行録』でヨコハマ映画祭助演女優賞を受賞。『復讐の未亡人』で連続テレビドラマ初主演。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ