4,970 views

どんだけ~・IKKOの誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → IKKO

記事公開日:2019年02月20日
最終更新日:2023年08月25日

IKKO
→ 画像検索はこちら

IKKO(イッコウ)は、日本のヘアメイクアーティスト、ビューティーディレクション、タレント、書家。

「どんだけ~」のフレーズで知られています。

雅冬炎(みやび とうえん)の名前で書家としても活動。

このページでは、IKKO(イッコウ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

IKKO(イッコウ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1962年1月20日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin82です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 青い嵐 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin179
絶対反対kin kin212

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin82の誕生日占いは、ある分野の情報を詳しく知ることのできるタイプです。情報は自分で動き回って入ってきます。困ったときは自分の欠点を見直すチャンスになる。

広告

IKKO(イッコウ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

福岡県生まれ。姉2人の下に長男として誕生。本名は豊田一幸(とよだ かずゆき)。母は美容師。

美容師

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.1.20~ 20 102 11 白い風 黄色い人
1983.1.20~ 21 207 12 青い手 黄色い戦士
1984.1.20~ 22 52 13 黄色い人 黄色い太陽
高校卒業を経て北九州美容専門学院を卒業。
横浜の高級美容室「髪結処 サワイイ」で美容師として住み込みで働き始めます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に横浜で美容師として働き始めます。

独立

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.1.20~ 30 112 8 黄色い人 赤い蛇
1993.1.20~ 31 217 9 赤い地球 赤い月
1994.1.20~ 32 62 10 白い風 赤い空歩く人
修行中に芸能人のヘアメイクやメイクアップ担当などを行います。
1992年に独立。「アトリエIKKO」を設立・主宰しテレビCM、舞台等でヘアメイクとして活動。特に和装ヘアメイクを通じ女性に大きな支持を受けます。
アナウンサーの逸見政孝の専属ヘアメイクを務め1993年に亡くなった時の死化粧も行います。

ウェブスペルの色が赤色の後半に独立。女性に大きな支持を受けます。

どんだけ~!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.1.20~ 43 177 8 赤い地球 白い犬
2006.1.20~ 44 22 9 白い風 白い魔法使い
2007.1.20~ 45 127 10 青い手 白い鏡
2005年に、IKKOプロデュースの振袖ブランドを展開、販売が開始。
2006年に地元福岡で初の「IKKO WORLD」を開催。同年、初のエッセイ本「超オンナ磨き」を出版。「新・美のカリスマ」と呼ばれます。同年より「おネエ★MANS」でメイクのカリスマで出演。
2007年に流行語大賞に「どんだけ~!」がノミネート。同年『どんだけ~の法則』で歌手デビュー。自身が紹介したBBクリーム、コロコロローラーが人気を博します。

ウェブスペルの色が白色の後半に「どんだけ~!」が流行語大賞にノミネート。歌手デビューも果たします。

韓国コスメ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.1.20~ 47 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
2010.1.20~ 48 182 13 白い風 白い犬
2011.1.20~ 49 27 1 青い手 青い手
2012.1.20~ 50 132 2 黄色い人 青い猿
2009年に全国30か所でツアーを行います。「メイクの部」と、「語り、エンターテイメントの歌、踊りの部」の構成でその模様はテレビでも取り上げられます。
同年、ガイドブック『IKKOのキレイを磨くin韓国』が販売15ヶ月で6万部を突破。これはガイドブックとして異例。韓国コスメを日本に広め、日韓交流の橋渡しをしたとして韓国観光名誉広報大使に任命、ソウル観光大賞受賞。
また、『IKKO女の法則』『IKKOキレイの魔法』が併せて30万部を突破しBEST HIT賞を受賞。
50才の時に書家の金敷駸房を師事。現在では数々の書道展で賞を受賞する顔も見せます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に韓国コスメを日本に広めたとしてその活動が認められます。
青色の始めころに書家の金敷駸房を師事。その後、書家としての顔も見せます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.1.20~ 61 247 13 青い手 青い鷲
2024.1.20~ 62 92 1 黄色い人 黄色い人
2025.1.20~ 63 197 2 赤い地球 黄色い戦士
IKKOの現在は、ウェブスペルの色が青色の最後の年に当たります。
61才の時はKin247。一つのことに労力を惜しまず、やった分だけ得ることができる年です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

賑わいの中で発展する。競争は避けられない。

IKKO(イッコウ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近に横浜で美容師として働き始めます。
赤色の後半に独立。和装ヘアメイクを通じ多くの女性に支持を受けます。
白色の後半に「どんだけ~!」が流行語大賞にノミネート。歌手デビューも果たします。
白色の最後付近に韓国コスメを日本に広めたとしてその活動が認められます。
青色の始めころに書家の金敷駸房を師事。その後、書家としての顔も見せます。

よくIKKOの使う「どんだけ~」は、もともとゲイバーのママ、ヤス子の口ぐせ。これをFUJIWARAの藤本敏史が面白がって使い始め、IKKOも使い徐々に拡大していきます。今ではIKKOといえば「どんだけ~」ってくらいの代名詞となります。
毎日のウォーキングは日課で1日2回、1回あたり7.5Km程でトータル15Km程。超多めです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


岩崎宏美
岩崎宏美(いわさき ひろみ)は、日本の歌手。『スター誕生!』で最優秀賞に輝きデビュー。『ロマンス』『聖母たちのララバイ』は売上80万枚を超える大ヒット。さだまさしを「生き神様」と敬うほどのファン。

続きを読む


楠見薫
楠見薫(くすみ かおる)は、日本の女優。劇団・遊気舎の看板女優として活動。退団後はテレビ番組・映画など幅広く活躍。朝ドラには『ブギウギ』で10作品に出演。「隠れ朝ドラ女王」の1人とされます。

続きを読む


椎名桔平
椎名桔平(しいな きっぺい)は、日本の俳優。元妻は女優の山本未來。映画『ヌードの夜』に同性愛者役で出演し注目を集めます。1990年代半ばよりテレビドラマに出演し知られる存在となった。

続きを読む


常田富士男
常田富士男(ときた ふじお)は、日本の俳優、声優。個性派の怪優として知られました。「まんが日本昔ばなし」の声優を市原悦子と2人で20年担当。歌手としてビートルズを題材としたレコードを発売。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin082)

鮎川義介
鮎川義介(あゆかわ よしすけ)は、、日本の実業家、政治家。日産自動車、日立製作所など日産コンツェルン創始者。

続きを読む


坂東彌十郎
坂東彌十郎(ばんどう やじゅうろう)は、日本の歌舞伎役者。屋号は大和屋。2001年に重要無形文化財(総合認定)に認定。俳優としても活動。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では北条時政役で出演。

続きを読む


伊藤英明
伊藤英明(いとう ひであき)は、日本の俳優。代表作に『海猿』シリーズで主演の仙崎大輔役。映画『悪の教典』で主演を機に役者の幅を広げます。

続きを読む


宇治原史規
宇治原史規(うじはら ふみのり)は、日本のタレント。お笑いコンピ・ロザンのツッコミ担当。京都大学卒。その学力と知識を生かしクイズ番組にも出演する機会が多い。MENSAの入会テストで、知能指数 (IQ) が158以上で合格。

続きを読む


なすび
なすびは、日本のタレント。福島県を拠点に活躍。『進ぬ!電波少年』の「電波少年的懸賞生活」を行い一躍有名になった。その後、出身地の福島でロ-カルタレントとして活動。東日本大震災で被災した福島の復興を祈願しエベレスト登山に挑戦。4度目にして達成。

続きを読む


関連記事 (タレント)

笑福亭笑瓶
笑福亭笑瓶(しょうふくてい しょうへい)は、日本の落語家、お笑いタレント。笑福亭鶴瓶の一番弟子。黄色のメガネフレームがトレードマーク。『突然ガバチョ!』のレギュラーに抜擢され大阪で人気に火がつき、その後東京へ進出。

続きを読む


福地桃子
福地桃子(ふくち ももこ)は、日本の女優。父は哀川翔、母は青地公美。父とのドラマでの共演を機に哀川の次女であることを公表。本格的に芸能活動を開始。朝の連続テレビ小説『なつぞら』、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演。

続きを読む


戸田恵子
戸田恵子(とだ けいこ)は、女優、声優、ナレーター、歌手、タレント。声優として『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役として有名です。女優として三谷幸喜の作品に多く出演します。

続きを読む


又吉直樹
又吉直樹(またよし なおき)は、日本のお笑いタレント、小説家、俳優。お笑いコンビ・線香花火で活動、解散後にお笑いコンビ・ピースのボケ担当。2015年に小説『火花』で芥川賞を受賞。

続きを読む


いとうまい子
いとうまい子(いとう まいこ)は、日本の女優、タレント、元アイドル歌手。ミスマガジンコンテストで初代グランプリを受賞。ドラマ『不良少女とよばれて』でヒロイン・曽我笙子役を演じ高視聴率を記録。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ