4,374 views

ガッテン・立川志の輔の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 立川志の輔

記事公開日:2019年02月12日
最終更新日:2023年08月12日

立川志の輔
出典:wikipedia.org

立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。

立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。
テレビタレントとして安定した活躍をつづけ、落語を聴かない人々にも知られる存在になる一方、落語を続け平成を代表する落語家として君臨。「もっともチケットの取れない落語家」として知られます。
『ためしてガッテン』の司会で有名。

このページでは立川志の輔(たてかわ しのすけ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

立川志の輔(たてかわ しのすけ)の誕生日占い

生年月日:1954年2月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin48です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 黄色い太陽 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin213
絶対反対kin kin178

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin48の誕生日占いは、表現力豊かで明るく忍耐強いタイプです。おしゃれな面もあります。十分に力を蓄えよ。家庭的に苦労しやすい。

忍耐強くおしゃれって立川志の輔にピッタリですね。

広告

立川志の輔(たてかわ しのすけ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

富山県で生まれます。
幼いころに両親は離婚。5歳の時に母が亡くなり、母方の祖父母と母の兄家族と暮らします。
高校時代は軟式テニスでインターハイに出場したこともあります。
祖父が落語好きでしたが、自身は高校卒業するまで落語に興味がなかったそうです。

大学時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.2.15~ 18 118 1 白い鏡 白い鏡
1973.2.15~ 19 223 2 青い夜 白い風
1974.2.15~ 20 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
大学は明治大学に進学。落語研究会に所属。2年先輩の三宅祐司の影響もあり演劇にも興味を示します。
明治大学の落研で伝統ある高座名を三宅祐司から受け継ぎ活動、その後、2年後輩の渡辺正行に譲ります。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に明治大学に進学し落語研究会に所属。

入門

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.2.15~ 28 128 11 黄色い星 白い鏡
1983.2.15~ 29 233 12 赤い空歩く人 白い風
大学を卒業後はアルバイトをしながら劇団の養成所に所属し演劇の勉強をします。
その後、広告代理店に就職。4年ほど勤めた28歳の時に退社。この頃に結婚、半年あまり考えた末に29歳の時に立川談志に入門。「志の輔」の前座名で立川流の落語家となります。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に談志に入門。立川志の輔となります。

売れっ子に

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.2.15~ 30 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
1985.2.15~ 31 183 1 青い夜 青い夜
1986.2.15~ 32 28 2 黄色い星 青い手
入門して数か月後に立川談志一門が落語協会を脱退。
1984年に「二つ目」に昇進。この頃より落語会を開催。
1985年に『朝のホットライン』レポーターに抜擢。その後、他の放送局からの仕事が増え一気に売れっ子となります。

ウェブスペルの色が青色の始めの年にレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。

真打昇進

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.2.15~ 36 188 6 黄色い星 青い夜
1991.2.15~ 37 33 7 赤い空歩く人 青い手
1992.2.15~ 38 138 8 白い鏡 青い猿
1990年に真打昇進。この時はすでに有名人になっていました。入門から真打昇進まで7年は異例の速さ。通常は10年以上かかります。

ウェブスペルの色が青色の半ばに真打に昇進。

ガッテン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.2.15~ 41 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1996.2.15~ 42 38 12 白い鏡 青い手
1997.2.15~ 43 143 13 青い夜 青い猿
1995年よりNHK『ためしてガッテン』の司会を担当。2016年にリニューアルし『ガッテン!』となったが司会を続投。2022年2月に番組終了。

ウェブスペルの色が青色の最期付近より『ためしてガッテン』の司会を担当。

テレビタレントとして安定した活躍をつづけ、落語を聴かない人々にも知られる存在になります。
立川志の輔はただのタレント落語家ではなく、平成を代表する落語家であり「もっともチケットの取れない落語家」として知られます。

歓喜の歌

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.2.15~ 50 98 7 白い鏡 黄色い人
2008.2.15~ 54 258 11 白い鏡 黄色い星
2015.2.15~ 61 213 5 赤い空歩く人 赤い月
2004年に初披露した新作落語『歓喜の歌』は2008年に映画化、テレビドラマ化。テレビドラマの主演は大泉洋
2008年に志の輔の故郷の富山県にて演芸ホール『てるてる亭』の「席亭のような、館長のような、番頭のような者」に就任。
2015年に紫綬褒章を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『歓喜の歌』が映画化。テレビドラマ化。

ガッテン終了

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.2.15~ 68 168 12 黄色い星 赤い地球
2022年2月にガッテン!が終了。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にガッテン!が終了。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.2.15~ 67 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2022.2.15~ 68 168 12 黄色い星 赤い地球
2023.2.15~ 69 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
立川志の輔の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
69才の時はKin13。冒険心にあふれている年です。没頭すると怖いものなしです。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

自分自身が輝け、時を得て満足すること。

立川志の輔(たてかわ しのすけ)のまとめ

ウェブスペルの流れでまとめてみますと

白色の始めの年に明治大学に進学し落語研究会に所属。
白色の最後付近に立川談志に入門。立川志の輔となります。
青色の始めの年にレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。
青色の半ばに真打に昇進。
青色の最期付近より『ためしてガッテン』の司会を担当。
黄色の最後付近に『歓喜の歌』が映画化。テレビドラマ化。
赤色の最後付近にガッテン!が終了。

立川志の輔は立川談志の実質的な1番弟子。立川流は談春、志らく、談笑といった俊才を輩出していますが彼らにとっての偉大な兄弟子です。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


岩崎宏美
岩崎宏美(いわさき ひろみ)は、日本の歌手。『スター誕生!』で最優秀賞に輝きデビュー。『ロマンス』『聖母たちのララバイ』は売上80万枚を超える大ヒット。さだまさしを「生き神様」と敬うほどのファン。

続きを読む


楠見薫
楠見薫(くすみ かおる)は、日本の女優。劇団・遊気舎の看板女優として活動。退団後はテレビ番組・映画など幅広く活躍。朝ドラには『ブギウギ』で10作品に出演。「隠れ朝ドラ女王」の1人とされます。

続きを読む


椎名桔平
椎名桔平(しいな きっぺい)は、日本の俳優。元妻は女優の山本未來。映画『ヌードの夜』に同性愛者役で出演し注目を集めます。1990年代半ばよりテレビドラマに出演し知られる存在となった。

続きを読む


常田富士男
常田富士男(ときた ふじお)は、日本の俳優、声優。個性派の怪優として知られました。「まんが日本昔ばなし」の声優を市原悦子と2人で20年担当。歌手としてビートルズを題材としたレコードを発売。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin048)

相武紗季
相武紗季(あいぶ さき)は、日本の女優。スカウトされ芸能界デビュー。テレビ、映画、舞台、声優など幅広く活躍。『ミスタードーナツ』など多数のCMに出演し、CM女王としても有名。

続きを読む


内田裕也
内田裕也(うちだ ゆうや)は、日本のミュージシャン、俳優。1991年の東京都知事選に出馬。政見放送で視聴者に強烈な印象を残します。口癖は「ロケンロール」。妻は俳優の樹木希林。本木雅弘は娘婿。

続きを読む


油屋熊八
油屋熊八(あぶらや くまはち)は、日本の実業家。明治から昭和初期の別府温泉で活躍し由布院を開発。その行動力と独創力に敬意をこめ別府観光の父・別府の恩人と呼ばれます。

続きを読む


関連記事 (タレント)

島田洋七
島田洋七(しまだ ようしち)は、日本の漫才師、タレント、作家。漫才コンビB&Bのひとり。1980年代に漫才ブームのトップに君臨した一人。月収1億円の時代から人気急降下。2000年代はベストセラー作家。

続きを読む


マギー司郎
マギー司郎(マギーしろう)は、日本の手品師、タレント。メガネに口ヒゲ・黄色い燕尾服の風貌。インチキ手品を行いつつ、トークでつなぎ、最後は正統派マジックを行い高座を閉める。

続きを読む


岡部まり
岡部まり(おかべ まり)は、日本のタレント・エッセイスト。『探偵!ナイトスクープ』の秘書役を21年間務めた人物。2010年の参院選に大阪府選挙区で民主党から立候補のため番組から降板。参院選は落選。

続きを読む


関連記事 (落語家)

春風亭昇太
春風亭昇太(しゅんぷうてい しょうた)は、日本の落語家、タレント、俳優。前座時代より『演芸ひろば』司会など、テレビに多数出演。桂歌丸の後継となる『笑点』の6代目司会者に抜擢。

続きを読む


林家木久扇
林家木久扇(はやしや きくおう)は日本の落語家、漫画家、画家。旧名は初代林家木久蔵。『笑点』の最古参・最年長の大喜利メンバー。「木久ちゃん」の愛称で知られます。日本で初めてラーメンについての単行本を出し全国ラーメン党を結成し会長に就任。

続きを読む


立川談志
立川談志(たてかわ だんし)は落語家。落語立川流家元。「笑点」の初代司会者。その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ