3,008 views

コメンテーター女優・中江有里の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中江有里

記事公開日:2023年07月14日
最終更新日:2024年02月15日

中江有里
→ 画像検索はこちら

中江有里(なかえ ゆり)は、日本の女優、脚本家、文筆家、歌手。

美少女コンテストで優勝し芸能界入り。
その後、ラジオドラマ脚本が入選。以降、脚本家としても活動。
近年は、女優業よりも文筆家やテレビ番組のコメンテーターとして活動。有識者として複数の審議会の委員等も務めている。

このページでは、中江有里(なかえ ゆり)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

中江有里(なかえ ゆり)の誕生日占い

生年月日:1973年12月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin17です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 白い魔法使い 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin244
絶対反対kin kin147

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin17の誕生日占いは、他人との共感をきっかけに行動することで運が開けるタイプです。一旦重荷をおろして再スタートすること。

広告

中江有里(なかえ ゆり)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

大阪市出身。

美少女コンテスト

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.12.26~ 15 32 6 黄色い人 青い手
1989.12.26~ 16 137 7 赤い地球 青い猿
1989年に美少女コンテストで優勝したことをきっかけに、高校1年生だった15歳で大阪から上京し芸能界入り。
グラビアアイドルを務める一方で、女優・タレント・歌手としての活動も増えます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに美少女コンテストで優勝。上京し芸能界入り。

歌手デビュー、ドラマで主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.12.26~ 17 242 8 白い風 青い鷲
1991.12.26~ 18 87 9 青い手 青い嵐
1993.12.26~ 20 37 11 赤い地球 青い手
1991年にシングル『花をください』で歌手デビュー。1993年まで5枚のシングルを出します。
1992年にドラマ『綺麗になりたい』で主演。映画『奇跡の山 さよなら、名犬平治』に出演し「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞。

芸能活動が忙しくなり4つの高校を転々とし1994年3月に高校を卒業。
1997年から1年半『サンデーモーニング』のキャスターを務めた。

ウェブスペルの色が青色の後半に歌手デビュー、ドラマで主演。

脚本家

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.12.26~ 28 97 6 赤い地球 黄色い人
2002.12.26~ 29 202 7 白い風 黄色い戦士
2005.12.26~ 32 257 10 赤い地球 黄色い星
2002年にラジオドラマ脚本が入選。以降、脚本家としても活動。同年、テレビ番組製作会社勤務の男性と結婚。
2006年に初の小説『結婚写真』を出版。

ウェブスペルの色が黄色の半ばより脚本家としても活動。

離婚、大学を卒業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.12.26~ 36 157 1 赤い地球 赤い地球
2011.12.26~ 38 107 3 青い手 赤い蛇
2012.12.26~ 39 212 4 黄色い人 赤い月
2010年に離婚。
2013年に法政大学通信教育部文学部日本文学科を卒業。
同年、児玉清の助言を得て2作目の小説『ティンホイッスル』を執筆。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に離婚。
赤色の前半に法政大学を卒業。

審議会の委員

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.12.26~ 41 162 6 白い風 赤い地球
2017.12.26~ 44 217 9 赤い地球 赤い月
2018.12.26~ 45 62 10 白い風 赤い空歩く人
2022.12.26~ 49 222 1 白い風 白い風
2015年からはTBSテレビ番組審議会委員。
2018年から文化審議会委員(第18期より)、同国語分科会委員。
2019年に歌手活動を再開。
2021年に「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議メンバー。
近年は、女優業よりも文筆家やテレビ番組のコメンテーターとして活動。有識者として複数の審議会の委員等も務めている。
2023年に写真家の初沢亜利氏と再婚。

ウェブスペルの色が赤色の後半より有識者として複数の審議会の委員。歌手活動を再開。
白色の初めの年に写真家の初沢亜利氏と再婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.12.26~ 49 222 1 白い風 白い風
2023.12.26~ 50 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
2024.12.26~ 51 172 3 黄色い人 白い犬
中江有里の現在は、ウェブスペルの色が白色の始まり付近に当たります。
50才の時はKin67。過去の経験を役に立てるのが上手な年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

中江有里(なかえ ゆり)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばに美少女コンテストで優勝。上京し芸能界入り。
青色の後半に歌手デビュー、ドラマで主演。
黄色の半ばより脚本家としても活動。
赤色の前半に法政大学を卒業。
赤色の後半より有識者として複数の審議会の委員。歌手活動を再開。
白色の初めの年に写真家の初沢亜利氏と再婚。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

段田安則
段田安則(だんた やすのり)は、日本の俳優。野田秀樹主宰の「夢の遊眠社」では解散まで主力俳優として活動。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの父・野田光一役を好演。以降も名バイプレイヤーとして活躍。

続きを読む


栗田貫一
栗田貫一(くりた かんいち)は、日本のタレント。ものまねタレントとして「ものまね四天王」の一人として活躍。1995年より山田康雄の後任の「ルパン三世」の声優を担当。

続きを読む


高橋洋子
高橋洋子(たかはし ようこ)は、日本の歌手。エヴァのOP曲「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」が大ヒット。エヴァ放映終了後も高い人気と知名度を保ちます。

続きを読む


見上愛
見上愛(みかみ あい)は、日本の女優。学生時代に舞台にはまりワタナベエンターテイメントのスクールに通ったことがきっかけで女優デビュー。2024年の映画『不死身ラヴァーズ』で映画単独初主演。

続きを読む


木戸大聖
木戸大聖(きど たいせい)は、日本の俳優、タレント。子供向け教育番組『おとうさんといっしょ』にレギュラー出演し卒業。『世界・ふしぎ発見!』の企画でテレビ史上初めて北極点へ到達。『僕たちの校内放送』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin017)

JUJU
JUJU(ジュジュ)は、日本の歌手。単身渡米しニューヨークで様々な音楽を吸収し独自性を確立。3rdシングル「奇跡を望むなら・・・」がUSEN総合チャートに22週連続チャートインというロングヒットを記録。

続きを読む


江守徹
江守徹(えもり とおる)は、日本の俳優、タレント。文学座代表。大河ドラマに2021年現在19作に出演。歴代最多を誇ります。1990年代からはバラエティ番組に出演が多くなり中尾彬とのコンビで有名になった。

続きを読む


福嶋康博
福嶋康博(ふくしま やすひろ)は、日本の実業家。スクウェア・エニックスの前身の一つである株式会社エニックスの創設者。大々的にアマチュア向けにゲームプログラムコンテストを行い人材を発掘。ドラゴンクエストIII は社会現象とも呼ばれるほどのヒットを記録。

続きを読む


知念里奈
知念里奈(ちねん りな)は、日本の歌手、女優。夫は俳優・井上芳雄。幼少の頃から沖縄アクターズスクールでレッスンを受けます。その後、女優、歌手としてデビュー。Wingは自身最大のヒット曲。歌手活動が減ってから舞台を中心に活動。

続きを読む


ルー・ゲーリッグ
ルー・ゲーリッグは、アメリカのメジャーリーグで活躍した野球選手。1925年から1939年の14年間に渡り、当時の世界記録となる2130試合連続出場。鉄の馬(Iron Horse)と呼ばれた。

続きを読む


関連記事 (女優)

福本莉子
福本莉子(ふくもと りこ)は、日本の女優。第8回東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞し芸能界入り。2017年より本格的に芸能活動を開始。

続きを読む


中田喜子
中田喜子(なかだ よしこ)は、日本の女優。『連想ゲーム』で紅組5代目キャプテンとして長く親しまれます。石井ふく子・橋田壽賀子両氏の作品には多く出演。『渡る世間は鬼ばかり』では三女・文子役を20数年に渡って演じました。

続きを読む


飯島直子
飯島直子は日本のタレント、女優です。愛称は「なおちゃん」「直子姉さん」。缶コーヒー「ジョージア」のCMでブレイク。「癒し系女優」として人気が上昇し数多くのドラマに出演しました。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


倉科カナ
倉科カナ(くらしな かな)は、日本の女優、タレント。『ミスマガジン2006』でグランプリを獲得。2009年後期の朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』でヒロインの浜本(山田)波美役。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ