3,827 views

ジャスティス!・サンシャイン池崎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → サンシャイン池崎

記事公開日:2022年04月22日
最終更新日:2023年09月06日

サンシャイン池崎
出典:wikipedia.org 2016年

サンシャイン池崎(サンシャインいけざき)は、日本のお笑いタレント。

お笑いコンビ『ソニックブラザーズ』解散後、ピン芸人として活動。
「イエ~!」「OK~!」「ジャスティス!」など絶叫しテンション高めに様々な体を張ったギャグを連発。

このページでは、サンシャイン池崎(サンシャインいけざき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

サンシャイン池崎(サンシャインいけざき)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1981年10月9日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin259です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 黄色い星 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin2
絶対反対kin kin129

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin259の誕生日占いは、どんな変化も受け入れる事ができ、受け入れることにより大きな飛躍をするタイプです。先を争わず控えめに。道は開かれる。

広告

サンシャイン池崎(サンシャインいけざき)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

鹿児島県鹿屋市出身。本名は池崎慧(いけざき さとる)。
実家はタバコの栽培・製造業。

ソニックブラザーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.10.9~ 23 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
2005.10.9~ 24 179 10 青い嵐 白い犬
2006.10.9~ 25 24 11 黄色の種 白い魔法使い
大分大学を卒業。卒業後は就職せず、当時付き合っていた彼女の勧めで2005年にワタナベコメディスクールに2期生として入学。
2006年に卒業。大学時代の知り合いで一緒に上京した友人とコンビ『ソニックブラザーズ』を結成。しかし2007年に解散。以降ピン芸人として活動。

ウェブスペルの色が白色の後半に上京。コンビ『ソニックブラザーズ』で活動後、ピン芸人として活動。

始めてテレビに出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.10.9~ 26 129 12 赤い月 白い鏡
2008.10.9~ 27 234 13 白い魔法使い 白い風
2009.10.9~ 28 79 1 青い嵐 青い嵐
2008年に『R-1ぐらんぷり』で二回戦進出。
同年、『エンタの神様』で始めてテレビに出演。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に始めてテレビに出演。

変わり目

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.10.9~ 32 239 5 青い嵐 青い鷲
2014.10.9~ 33 84 6 黄色の種 青い嵐
2015.10.9~ 34 189 7 赤い月 青い夜
2013年ころに今の芸風を確立。
2014年に『R-1ぐらんぷり』で準決勝に進出。
2015年に『ワタナベエンターテインメント最笑王座決定戦』で優勝。以降、忙しさは数十倍になった。
2016年に『R-1ぐらんぷり』で決勝に進出。

2016年にバイク川崎バイクと即席コンビ「シャウト!!」を結成し『M-1グランプリ』に出場したが3回戦で敗退。

ウェブスペルの色が青色の半ばから頻繁にテレビで見られる存在となった。

『R-1ぐらんぷり』で準優勝

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.10.9~ 35 34 8 白い魔法使い 青い手
2017.10.9~ 36 139 9 青い嵐 青い猿
2018.10.9~ 37 244 10 黄色の種 青い鷲
2016年の大みそかの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の特番で俳優の斎藤工と共演。大きな反響を得ます。
2017年にフリップ芸人王座決定戦で優勝。
同年、『R-1ぐらんぷり』で準優勝。紅白歌合戦に応援で登場。

ウェブスペルの色が青色の後半に『R-1ぐらんぷり』で準優勝。紅白歌合戦に応援で登場。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.10.9~ 40 39 13 青い嵐 青い手
2022.10.9~ 41 144 1 黄色の種 黄色の種
2023.10.9~ 42 249 2 赤い月 黄色い星
サンシャイン池崎の現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
42才の時はKin249。事実を直視し、静かに成り行きを見守る年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

サンシャイン池崎(サンシャインいけざき)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に上京。コンビ『ソニックブラザーズ』で結成、解散後、ピン芸人として活動。
白色の最後付近に『エンタの神様』で始めてテレビに出演。
青色の半ばから頻繁にテレビで見られる存在となった。
青色の後半に『R-1ぐらんぷり』で準優勝。紅白歌合戦に応援で登場。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


ペ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュンは、韓国の俳優、実業家。妻は女優のパク・スジン。韓流ブームのきっかけとなった俳優。ドラマ『冬のソナタ』で主演。日本では「ヨン様」と多くの世代の女性に親しまれます。韓国で芸能事務所「KEYEAST」を創設。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin259)

藤波辰爾
藤波辰爾(ふじなみ たつみ)は、日本のプロレスラー。ニックネームは「ドラゴン」。新日本プロレスで活躍。躍動感溢れる戦いで老若男女問わず人気を得ます。2015年にはWWE殿堂入りを果たしました。

続きを読む


徳光和夫
徳光和夫(とくみつ かずお)は、フリーアナウンサー、タレント、司会者。1979年より日本テレビ『ズームイン!!朝!』の初代キャスターになり名物アナウンサーとなります。

続きを読む


かまやつひろし
かまやつひろしは、日本のミュージシャン、俳優。「ザ・スパイダース」の元メンバー。ミュージシャンとしては「ムッシュかまやつ」が正式な活動名。通称は「ムッシュ」。

続きを読む


安田顕
安田顕(やすだ けん)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。「水曜どうでしょう」の準レギュラー・onちゃんの中の人。2004年以降は俳優として全国区で本格的に活動。

続きを読む


宮澤エマ
宮澤エマ(みやざわ エマ)は、日本のタレント、女優。母方の祖父は第78代内閣総理大臣の宮澤喜一。アメリカの大学を卒業後に芸能界入り。『おちょやん』『鎌倉殿の13人』『らんまん』などテレビドラマに出演。

続きを読む


関連記事 (タレント)

梅宮アンナ
梅宮アンナ(うめみや アンナ)、日本のモデル、タレント。スカウトされモデルデビュー。『ねるとん紅鯨団』に出演し知られる存在になります。タレントの羽賀研二との交際では父の梅宮辰夫が公然と反対。マスコミに取り上げられ騒動となった。

続きを読む


乙武洋匡
乙武洋匡(おとたけ ひろただ)は、日本の作家、タレント。早稲田大学在学中に出版した『五体不満足』が大ヒット。その後スポーツライターとして活躍。小学校教諭二種免許状を取得し3年間公立小学校勤務。保育園の経営にも携わります。

続きを読む


島田洋七
島田洋七(しまだ ようしち)は、日本の漫才師、タレント、作家。漫才コンビB&Bのひとり。1980年代に漫才ブームのトップに君臨した一人。月収1億円の時代から人気急降下。2000年代はベストセラー作家。

続きを読む


羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


ケンドーコバヤシ
ケンドーコバヤシは日本のお笑いタレント、俳優。数回のコンビ結成・解散を経てピン芸人に転身。『アメトーク』で自らプレゼンした「越中詩郎大好き芸人」で一躍売れっ子芸人の仲間入りを果たします。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ