8,109 views

ジャッキー・チェンの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → ジャッキー・チェン

記事公開日:2017年02月25日
最終更新日:2024年02月22日

ジャッキー・チェン
出典:wikimedia.org

ジャッキー・チェンは香港出身の映画俳優。

恵まれた身体能力を活かして、暗い復讐劇が多かったカンフー・アクション映画の世界に、コメディ映画の要素を取り入れた。

代表作は『プロジェクトA』など多数ある。

このページでは、ジャッキー・チェンの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 燃えよドラゴン「ブルースリー」の人生を見てみる
→ ウッチャンナンチャンの誕生日占いと相性占いを診断

ジャッキー・チェンの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1954年4月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin99です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 黄色い人 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin162
絶対反対kin kin229

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin99の誕生日占いは、やるきになったら大きな力を発揮できるタイプです。理解者がいないと孤立します。即断即決。あらゆるものを加速させる。

広告

ジャッキー・チェンの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

香港で生まれる。父は国共内戦を避け、中国大陸から香港に逃れた。

7歳から約10年間、中国戯劇学院にて京劇や中国武術を学び、学院の閉鎖後、映画のエキストラやスタントマンを務めた。

無名時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.4.7~ 18 169 13 赤い月 赤い地球
1973.4.7~ 19 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
1974.4.7~ 20 119 2 青い嵐 白い鏡
1975.4.7~ 21 224 3 黄色の種 白い風
1976.4.7~ 22 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
ジャッキー・チェンがまだ無名だったころの1972年にブルースリーの映画「ドラゴン怒りの鉄拳」にエキストラで出演。
1973年に映画「燃えよドラゴン」にエキストラで出演。
1973年7月20日にブルースリーが突然死去します。

ジャッキー・チェンはオーストラリアの両親の元に戻り俳優業から離れ、左官やコックなどの職に就いた。

1976年に香港へ戻り映画「レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳」で主演し再デビューを果たした。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年からブルースリーの映画にエキストラで出演
白色の前半に映画「レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳」で主演を務めます

初期のジャッキー・チェン作品

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.4.7~ 24 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1979.4.7~ 25 124 7 黄色の種 白い鏡
1980.4.7~ 26 229 8 赤い月 白い風
1970年代後半、ブルースリーの後継者として期待されるが成功に至らなかった。

ジャッキーチェンは製作側に注文し、ストーリーやアクションにコミカルさを加え、自身を生かした作品を作ることを目指す。

これが『スネーキーモンキー 蛇拳』(1978年)、『ドランクモンキー 酔拳』(1978年)といったヒット作の誕生につながった。

『クレージーモンキー 笑拳』(1979年)では監督業にも進出した。
監督・主演作の『ヤングマスター 師弟出馬』(1980年)がヒット。

ウェブスペルの色が白色の半ばから製作側に注文。コミカル要素を追加し映画のヒットにつながった。

アジアのトップスターに

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.4.7~ 30 129 12 赤い月 白い鏡
1985.4.7~ 31 234 13 白い魔法使い 白い風
1986.4.7~ 32 79 1 青い嵐 青い嵐
1980年代に入ると、命がけのスタントをこなす監督・主演作品が増え始める。

『プロジェクトA』(1984年)や『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(1985年)が大ヒット。

そんな華々しい活躍の中で『サンダーアーム/龍兄虎弟』(1986年)の撮影中に大怪我を負ってしまい、その後遺症で左耳がほとんど聞こえなくなってしまっている。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に彼の代表作である『プロジェクトA』『ポリス・ストーリー/香港国際警察』が大ヒット。アジアのトップスターになった。

ハリウッド進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.4.7~ 41 244 10 黄色の種 青い鷲
1998.4.7~ 44 39 13 青い嵐 青い手
2001.4.7~ 47 94 3 白い魔法使い 黄色い人
ハリウッド進出への意欲は強く1980年代からアメリカ作品に出演していたが評判はイマイチだった。

しかし、1995年の香港作品『レッド・ブロンクス』が全米興行収入初登場1位というアジア映画初の快挙を果たした

1998年の『ラッシュアワー』の大ヒットで、ハリウッドスターとしての地位を築き、続編『ラッシュアワー2』(2001年)は全世界興行成績で大ヒットを記録した。

ジャッキー・チェンはアメリカを中心に世界各国での知名度が上がり東洋人を代表するハリウッドスターとなった

ウェブスペルの色が青色の後半に『レッド・ブロンクス』が全米興行収入初登場1位
青色の最後の年から『ラッシュアワー』シリーズが大ヒット。東洋人を代表するハリウッドスターとなった

脱スタント・アクション

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.4.7~ 53 204 9 黄色の種 黄色い戦士
2010.4.7~ 56 259 12 青い嵐 黄色い星
2012.4.7~ 58 209 1 赤い月 赤い月
2015.4.7~ 61 4 4 黄色の種 赤い竜
2007年には真田広之も出演した『ラッシュアワー3』が大ヒット
2010年に『ベスト・キッド』で師匠役で出演。2000年代に入ってからの出演作では最大のヒット作となった。

2012年の『ライジング・ドラゴン』で「体を張った本格アクションからは今作限りで引退」と宣言した。
2015年に『ドラゴン・ブレイド』が大ヒットを記録し、2010年代最大の成功作となった。

高額俳優ランキング(2014年6月1日~2015年6月1日)で5000万ドルを記録し、ロバート・ダウニーJr.に次ぐ世界2位となった。

ウェブスペルの色が黄色の時もヒット作に恵まれます。
赤色の始めの年に「体を張った本格アクションから引退」を宣言します

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.4.7~ 68 219 11 青い嵐 赤い月
2023.4.7~ 69 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
2024.4.7~ 70 169 13 赤い月 赤い地球
ジャッキー・チェンの現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
70才の時はKin169。誰もが行く道でなく、自分の道を行きたがる年です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

現状を維持することは大きな苦闘をともなう。

ジャッキー・チェンのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の最後の年からブルースリーの映画にエキストラで出演

白色の前半に映画「レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳」で主演を務めます
白色の半ばから製作側に注文。コミカル要素を追加し映画のヒットにつながった。
白色の最後付近に彼の代表作である『プロジェクトA』『ポリス・ストーリー/香港国際警察』が大ヒット。アジアのトップスターになった

青色の後半に『レッド・ブロンクス』が全米興行収入初登場1位
青色の最後の年から『ラッシュアワー』シリーズが大ヒット。東洋人を代表するハリウッドスターとなった

黄色の時もヒット作に恵まれます。
2度目の赤色の始めの年に「体を張った本格アクションから引退」を宣言します

1980年代の日本でのジャッキーフィーバーは凄まじく、当時の少年たちのスーパーアイドルであった。
『ロードショー』誌の「好きな俳優」投票では6年間連続1位を獲得。

ウッチャンナンチャンの内村光良とは親交が深いそうだ

2011年4月に総資産260億円は家族に残さずその全てを不幸な人の為に使う事を公言しました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

松丸亮吾
松丸亮吾(まつまる りょうご)は、日本の作家、タレント、謎解きクリエイター。母の病気をきっかけに猛勉強を行い東京大学に進学。謎解き制作のサークルAnotherVisionの2代目代表。『今夜はナゾトレ』の問題やレギュラー出演し全国の幅広い世代から認知されます。

続きを読む


高橋文哉
高橋文哉(たかはし ふみや)は、日本の俳優、モデル。『男子高生ミスターコン2017』でグランプリを獲得し芸能界入り。『仮面ライダーゼロワン』で主演。主演ライダーとして初の21世紀生まれ。『フェルマーの料理』でGP帯連続ドラマ初主演。

続きを読む


田口浩正
田口浩正(たぐち ひろまさ)は、日本の俳優、声優。小浦一優(芋洗坂係長)とお笑いコンビ「テンション」として活動後に俳優専業となった。『こちら本池上署』『警視庁捜査一課9係』など多数の人気ドラマに出演。

続きを読む


田澤廉
田澤廉(たざわ れん)は、日本の陸上競技選手。専門種目は長距離走。駒澤大学の学生時代に大学三大駅伝では区間賞、区間新記録を連発。大学を卒業しトヨタ自動車陸上長距離部に所属。

続きを読む


ココ・シャネル
ココ・シャネルは、フランスのファッションデザイナー、企業家。20世紀初頭からファッションデザイナーとして活躍。創設したシャネルブランドは世界有数のファッションブランドに成長。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin099)

堺正章
堺正章はお笑いタレント、歌手、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ。ザ・スパイダースで人気を博し、解散後に俳優としても世に知られます。司会者として20年を超える長寿番組を持つ売れっ子です。

続きを読む


石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


間宮祥太朗
間宮祥太朗(まみや しょうたろう)は、日本のタレント、俳優。ハナチューの読者モデルとして活躍。その後俳優デビュー。『半分、青い。』で朝ドラ初出演。大河ドラマ『麒麟がくる』で明智左馬助役。

続きを読む


松田洋治
松田洋治(まつだ ようじ)は、日本の俳優。小学1年生の時にドラマ『母の鈴』で子役デビュー。ドラマ『家族ゲーム』で沼田茂之役を行い注目を集めます。『もののけ姫』で主人公であるアシタカや『タイタニック』でディカプリオの吹き替えを担当。

続きを読む


井上順
井上順(いのうえ じゅん)は、日本のタレント、歌手、俳優。元ザ・スパイダースのメンバー。堺正章とはザ・スパイダース時代からのお付き合い。長年、芳村真理と『夜のヒットスタジオ』で司会を勤めたのでも有名。

続きを読む


関連記事 (俳優)

市原隼人
市原隼人(いちはら はやと)は、日本の俳優。愛称はイッチー。妻はモデルの向山志穂。主な代表作は『ウォーターボーイズ2』『ROOKIES』など。2009年に隼人名義で歌手デビュー。

続きを読む


寺田心
寺田心(てらだ こころ)は、日本の子役、タレント。3才から芸能活動を開始。TOTO『ネオレスト』のCMに出演し話題となり以降、多数のCMやバラエティ番組に出演。大河ドラマ『おんな城主 直虎』で虎松の少年期役、朝の連続テレビ小説『らんまん』に山元虎鉄役。

続きを読む


とと姉ちゃん
とと姉ちゃんは2016年度上半期放送のNHK「連続テレビ小説」です。小橋常子とその家族と雑誌編集長の花山伊佐次。俳優メンバーでは、高畑充希、木村多江、相楽樹、杉咲花、唐沢寿明の5名を対象にしています。

続きを読む


藤竜也
藤竜也(ふじ たつや)は、日本の俳優。スカウトを受け日活に入社しデビュー。映画『愛のコリーダ』で『第1回報知映画賞』主演男優賞を受賞。その後もアクションや現代劇を中心にテレビドラマ・映画で活躍。

続きを読む


森山未來
森山未來(もりやま みらい)は、日本の俳優、ダンサー。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で主演の高校時代を演じ注目を集めます。映画・ドラマ『モテキ』で主演を行い知られる存在になります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ