29,703 views

スケート選手「羽生結弦」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 羽生結弦

記事公開日:2016年11月03日
最終更新日:2023年11月18日

羽生結弦
出典:wikipedia.org

羽生結弦(はにゅう ゆづる)は仙台市出身のフィギュアスケート選手。

主な戦績として2018年のピョンチャンオリンピック男子シングル優勝。2014年ソチオリンピック男子シングル優勝。2014年世界選手権優勝。
グランプリファイナル4連覇(2013年-2016年)。全日本選手権4連覇(2012年-2015年)。
史上初めてショートプログラムで100点、フリースケーティングで200点、トータルスコアで300点超えを達成した男子選手です。
2018年7月に国民栄誉賞を授与。23歳での受賞は個人最年少。
2022年7月にアマチュアから引退しプロへ転向。

このページでは、羽生結弦(はにゅう ゆづる)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

羽生結弦(はにゅう ゆづる)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1994年12月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin123です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 白い鏡 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin138
絶対反対kin kin253

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin123の誕生日占いは、マイペース、鉄の意志、信念の強さを持っているタイプです。見極めがつかないことはこれから伸びる可能性あり。

広告

羽生結弦(はにゅう ゆづる)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

2歳の頃から喘息(ぜんそく)の持病があった。スケートを始めた目的のひとつは、喘息を克服することだった。
移動時や練習時にマスクを着用することで心肺機能を上げるなどの対策を続け、改善されつつある。
羽生結弦選手が愛用しているPM2.5対策マスク「ピッタリッチ」が大人気のようです。
1998年の長野五輪フィギュアスケート競技では、日本代表7人中4人が長久保裕コーチの教え子だった。
長久保裕はこのころ仙台市の「泉DLLアカデミー」のコーチだった。仙台ではフィギュアスケートブームが起った。

天才スケート少年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.12.7~ 4 23 10 青い夜 白い魔法使い
1999.12.7~ 5 128 11 黄色い星 白い鏡
2006.12.7~ 12 83 5 青い夜 青い嵐
2007.12.7~ 13 188 6 黄色い星 青い夜

1998年 4歳の時にスケートを始める。
2006年 11歳の時に地元のテレビで「天才スケート少年」として羽生の特集が組まれる。
2007年 中学1年ながら全日本ジュニア選手権で3位。

ウェブスペルの色が白色の最後付近からスケートを開始します。
青色の半ばには「天才スケート少年」として注目を集めます。

東日本大震災

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.12.7~ 14 33 7 赤い空歩く人 青い手
2009.12.7~ 15 138 8 白い鏡 青い猿
2010.12.7~ 16 243 9 青い夜 青い鷲

2008年 全日本ジュニア選手権で初優勝。全日本選手権で8位。世界ジュニア選手権で12位。
2009年 全日本ジュニア選手権で2連覇。全日本選手権で6位。世界ジュニア選手権で優勝。
2010年 全日本選手権で4位。四大陸選手権で初出場で2位。

2011年3月11日。東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生。
地震発生時には仙台市のアイスリンク仙台で競技の練習中だった。アイスリンク仙台は被災し営業停止。
自宅も大きな被害を受けたため避難所で4日間過ごした。
その後、復興支援の目的としアイスショーへ多数出演した。
2011年7月にアイスリンク仙台が営業再開し羽生は拠点を仙台に戻した。

ウェブスペルの色が青色の後半に四大陸選手権で初出場で2位。次の年に東日本大震災で被災。復興支援の目的としアイスショーへ多数出演した。

ソチオリンピックで金メダル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.12.7~ 17 88 10 黄色い星 青い嵐
2012.12.7~ 18 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2013.12.7~ 19 38 12 白い鏡 青い手

2011年 全日本選手権で3位。世界選手権で3位。
2012年 全日本選手権で初優勝。世界選手権で4位。GPファイナルで2位。早稲田大学に進学。
2013年 全日本選手権で2連覇。GPファイナルで歴代最高得点を更新し優勝。
2014年 2月。ソチオリンピックで金メダル。日本選手で過去冬季五輪の金メダリストは記念すべき10人目となった。

表彰式のインタビューで東日本大震災についての質問を受け、「金メダルをとったからといって、復興に直接つながるわけではない。自分には何もできていないんだという無力感がある。でも、金メダリストになれたからこそ、これをスタートとして、復興のためにできることがあるんじゃないかと今は思っています。」と回答し、故郷への感謝を述べた。

2014年 3月。世界選手権で初優勝

ウェブスペルの色が青色の最期付近にソチオリンピックで金メダルを獲ります。

前人未到のスコア

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.12.7~ 20 143 13 青い夜 青い猿
2015.12.7~ 21 248 1 黄色い星 黄色い星

2014年 全日本選手権で3連覇。GPファイナルで2連覇。

練習中に中国選手と衝突事故が起き、包帯を施したままの状態で演技に臨んだ。
最下位でGPファイナルへと進むが2種類の4回転を成功させ自己ベストを更新。
事故を乗り越えてのGPファイナルで2連覇となった。

2015年 全日本選手権で4連覇。GPファイナルで3連覇。

NHK杯でトータルスコアが322.40点を記録。
それまでパトリック・チャンが保持していた295.27点の世界歴代最高得点。
これを大幅に塗り替える前人未到のスコアで優勝を果たした。
全日本選手権で4連覇は男子史上29年ぶりの記録となる

ウェブスペルの色が青色の最後の年に衝突事故を乗り越えGPファイナルで2連覇達成。
黄色の始めの年に前人未到のスコア322.40点を記録します。

平昌オリンピック金メダル・国民栄誉賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.12.7~ 22 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
2017.12.7~ 23 198 3 白い鏡 黄色い戦士
2018.12.7~ 24 43 4 青い夜 黄色い太陽
2018年2月の平昌オリンピックで金メダル獲得。オリンピック2連覇を果たした。
2018年7月に国民栄誉賞を授与。

ウェブスペルの色が黄色の前半にオリンピック2連覇。国民栄誉賞を授与。

プロへ転向

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.12.7~ 27 98 7 白い鏡 黄色い人
2022.12.7~ 28 203 8 青い夜 黄色い戦士
2022年2月に北京オリンピックに出場。結果は総合4位。
7月にプロへ転向。
2023年8月に結婚したが11月に離婚を発表。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにプロへの転向を発表。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.12.7~ 27 98 7 白い鏡 黄色い人
2022.12.7~ 28 203 8 青い夜 黄色い戦士
2023.12.7~ 29 48 9 黄色い星 黄色い太陽
羽生結弦の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
29才の時はKin48。表現力豊かで明るく忍耐強い年です。おしゃれな面もあります。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

十分に力を蓄えよ。家庭的に苦労しやすい。

羽生結弦(はにゅう ゆづる)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近からスケートを始めます。
青色の半ばには「天才スケート少年」として注目を集めます。
青色の後半に四大陸選手権で初出場で2位。次の年に東日本大震災で被災。復興支援の目的としアイスショーへ多数出演した。
青色の最期付近にソチオリンピックで金メダルを獲ります。
青色の最後の年に衝突事故を乗り越えGPファイナルで2連覇達成
黄色の始めの年に前人未到のスコア322.40点を記録します。
黄色の前半に平昌オリンピックで金メダル。国民栄誉賞を授与。
黄色の半ばにプロへの転向を発表。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

竹島宏
竹島宏(たけしま ひろし)は、日本の演歌、ムード歌謡の歌手。作詞家の久仁京介よりスカウトされデビュー。北川大介、山内惠介とともにイケメン演歌歌手トリオ「イケメン3」を結成。26thのシングルは最高順位が初の10位以内となる5位を獲得。

続きを読む


山下美月
山下美月(やました みづき)は、日本のアイドル、女優。乃木坂46の3期生オーディションに合格しデビュー。アイドル活動はもとよりモデル、女優としても活動。朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』にレギュラー出演。2024年に乃木坂46を卒業。

続きを読む


つのだじろう
つのだじろうは日本の漫画家・心霊研究家。『空手バカ一代』の作画で大ヒット。『うしろの百太郎』『恐怖新聞』など怪奇漫画で大ブームを起こしオカルト漫画の第一人者となった。

続きを読む


千堂あきほ
千堂あきほ(せんどう あきほ)は、日本の女優、タレント、元歌手。『オールナイトフジ』の司会を担当し人気に火がつきます。歌手として活動後は女優・タレントに専念。バブル時代を象徴する女性として活躍。

続きを読む


藤圭子
藤圭子(ふじ けいこ)は、日本の演歌歌手、俳優。石坂まさをと組んでヒットを連発。オリコンチャートで2つのアルバムは計37週連続1位。代表曲に「女のブルース」「圭子の夢は夜ひらく」など。長女は宇多田ヒカル。最後の夫は宇多田照實。前の夫は前川清。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin123)

倉木麻衣
倉木麻衣(くらき まい)は、日本の女性歌手。デビューシングルはプロモーションのTV出演もなく、タイアップもないにも関わらずの大ヒット。1stアルバムは売上350万枚となる快挙。トータルCDセールスは2000万枚以上。

続きを読む


飯島勲
飯島勲(いいじま いさお)は、日本の元衆議院議員公設秘書。衆議院議員小泉純一郎の初当選時から議員秘書、小泉の内閣総理大臣在任中は内閣総理大臣秘書官。第2次安倍内閣から内閣官房参与(特命担当)を務めます。

続きを読む


岩崎良美
岩崎良美(いわさき よしみ)は、日本の歌手、女優。歌手の岩崎宏美は実姉。「タッチ」は自身最大のヒット曲。『日本レコード大賞』金賞など多数の賞を受賞。女優として舞台やドラマでも活動。

続きを読む


仲本工事
仲本工事(なかもと こうじ)は、日本のコメディアン、ミュージシャン。ザ・ドリフターズのメンバー。黒ぶちのメガネがトレードマーク。『8時だョ!全員集合』終了後は俳優としても活動。加藤茶、高木ブーと「こぶ茶バンド」のメンバー。

続きを読む


梶裕貴
梶裕貴(かじ ゆうき)は、日本の声優、俳優。妻は声優の竹達彩奈。代表作に『進撃の巨人』のエレン・イェーガー、『七つの大罪』のメリオダスなど。2013年と2014年に声優アワード主演男優賞受賞。2年連続での受賞は史上初。

続きを読む


関連記事 (アスリート)

設楽悠太
設楽悠太(したら ゆうた)は、日本の陸上競技選手です。双子のランナーで有名で共に東洋大学より出場し黄金時代を築き、その後Hondaに所属。2018年2月25日に東京マラソン2018で日本記録を更新

続きを読む


藤波辰爾
藤波辰爾(ふじなみ たつみ)は、日本のプロレスラー。ニックネームは「ドラゴン」。新日本プロレスで活躍。躍動感溢れる戦いで老若男女問わず人気を得ます。2015年にはWWE殿堂入りを果たしました。

続きを読む


ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、ドイツの元F1ドライバー。最多優勝91回、チャンピオン獲得7度などF1の主な記録を更新。全盛期時代は「皇帝」と呼ばれました。

続きを読む


川内優輝
川内優輝(かわうち ゆうき)は、埼玉県の元地方公務員、陸上競技選手。公務員かつ非実業団の「市民ランナー」としての活躍で注目を集めます。2019年3月限りで埼玉県庁を退職しプロランナーとなります。

続きを読む


井上尚弥
井上尚弥(いのうえ なおや)は、日本のプロボクサー。圧倒的実力と完璧なボクシングスタイルから『日本ボクシング史上最高傑作』と呼ばれます。史上9人目、アジア人初の主要4団体統一王者。4階級制覇は日本人では井岡一翔につぎ2人目。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ