4,525 views

タメになったねー・もう中学生の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → もう中学生

記事公開日:2021年08月25日
最終更新日:2023年09月18日

もう中学生
→ 画像検索はこちら

もう中学生(もうちゅうがくせい)は、日本のお笑いピン芸人。略称は「もう中」。

2000年代後半にブレイク。段ボールに書いた自作の道具を使い雑学を交え「タメになったねー」で閉めるほのぼのネタ。
一時はテレビへの出演から遠のいたが2020年に再ブレイク。

このページでは、もう中学生(もうちゅうがくせい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

もう中学生の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1983年2月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin232です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 白い風 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin29
絶対反対kin kin102

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin232の誕生日占いは、独自の道を歩きオリジナリティを大事にするタイプです。心を引き締め足元に注意しスタートすること。

広告

もう中学生の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

長野県長野市出身。本名は丸田典幸(まるた のりゆき)。
父はイラストレーター。2歳年上の兄がいます。
小学校時代よりお笑い芸人になるのが夢でした。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.2.14~ 18 42 3 白い風 黄色い太陽
2002.2.14~ 19 147 4 青い手 黄色の種
2003.2.14~ 20 252 5 黄色い人 黄色い星
地元の高校を卒業し東京NSCに7期生として入学。
2001年10月に初舞台を踏みます。『商業』という4人組のメンバーでした。その後解散。

ウェブスペルの色が黄色の前半に初舞台を踏んでデビュー。

芸名の「もう中学生」は小学校の卒業文集の作文タイトルからつけられています。
「期待と不安でいっぱいだった当時の思いを忘れないように」という意味だそうです。

爆笑レッドカーペット

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.2.14~ 26 102 11 白い風 黄色い人
2010.2.14~ 27 207 12 青い手 黄色い戦士
2011.2.14~ 28 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2007年より単独ライブを開始。
2009年から2010年頃にかけ『爆笑レッドカーペット』などで活躍。同番組の視聴率の最高を記録。
コントで使う自作の大道具・小道具は都内に3階建ての一軒家を借り保管しているそうです。

ウェブスペルの色が黄色の最期付近に『爆笑レッドカーペット』などで活躍。

ともだち100人できるかな

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.2.14~ 30 2 2 白い風 赤い竜
2014.2.14~ 31 107 3 青い手 赤い蛇
2015.2.14~ 32 212 4 黄色い人 赤い月
その後、テレビへの出演が落ち着きます。
2013年より日本海テレビ『エブリワン』の「ともだち100人できるかな」コーナー担当。2015年まで。

ウェブスペルの色が赤色の前半に『エブリワン』の「ともだち100人できるかな」コーナー担当。

再ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.2.14~ 36 112 8 黄色い人 赤い蛇
2020.2.14~ 37 217 9 赤い地球 赤い月
2021.2.14~ 38 62 10 白い風 赤い空歩く人
2020年にラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』にゲスト出演。高評価を受け『有吉の壁』などに出演し、再ブレイク。
2021年4月よりTBS音楽バラエティ『オトラクション』でナレーションを担当。

ウェブスペルの色が赤色の後半に『有吉の壁』などに出演し再ブレイク。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.2.14~ 40 12 12 黄色い人 赤い竜
2024.2.14~ 41 117 13 赤い地球 赤い蛇
2025.2.14~ 42 222 1 白い風 白い風
もう中学生の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後付近に当たります。
40才の時はKin12。相手の気持ちを尊重すると自分の能力が磨かれる年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

偶然の出会いを生かすことで日常が新鮮になります。

もう中学生のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の前半に初舞台を踏んでデビュー。
黄色の最期付近に『爆笑レッドカーペット』などで活躍。
赤色の前半に『エブリワン』の「ともだち100人できるかな」コーナー担当。
赤色の後半に『有吉の壁』などに出演し再ブレイク。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


ペ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュンは、韓国の俳優、実業家。妻は女優のパク・スジン。韓流ブームのきっかけとなった俳優。ドラマ『冬のソナタ』で主演。日本では「ヨン様」と多くの世代の女性に親しまれます。韓国で芸能事務所「KEYEAST」を創設。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin232)

大村崑
大村崑(おおむら こん)は、日本のコメディアン、俳優、タレント。昭和30年代テレビ黎明期の軽演劇で爆発的な人気を得て「崑ちゃん」の愛称で広く親しまれます。昭和40年代に街中に設置されたオロナミンCのホーロー看板のインパクトは抜群で全世代に知られる存在となった。

続きを読む


サン=テグジュペリ
サン=テグジュペリは、フランスの作家、操縦士。著書『星の王子さま』は自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品。世界で1億5000万部を突破。

続きを読む


加賀まりこ
加賀まりこ(かが まりこ)は日本の女優、司会者。長く女優として活躍。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ「小悪魔」などと呼ばれます。芸能界屈指の雀士としても知られます。

続きを読む


菅義偉
菅義偉(すが よしひで)は、日本の政治家。2007年の第2次安倍内閣から約7.5年官房長官を務めた人物です。2019年に新年号の『令和』を発表し「令和おじさん」の愛称でも知られます。

続きを読む


財前直見
財前直見(ざいぜん なおみ)は、日本の女優。東亜国内航空のキャンペーンガールで芸能界デビュー。1990年代以降は主演・レギュラーを離れたことがなく、所属事務所の研音の評価を高めた人物。

続きを読む


関連記事 (タレント)

山田五郎
山田五郎(やまだ ごろう)は、日本の評論家、編集者。上智大学を卒業し講談社に就職。雑誌編集を担当。知り合いの構成作家からテレビへの出演を依頼され以降、バラエティ番組を中心に出演。講談社を退社し独立。フリーの編集者、評論家、タレント、コラムニストとして活動。

続きを読む


東国原英夫
東国原英夫は政治評論家、タレント、元政治家。ビートたけしの一番弟子。2007年に第17回宮崎県知事選挙に当選。2011年に第46回衆議院議員総選挙で近畿ブロック比例1位で当選。しかし1年で辞職します。

続きを読む


ベッキー
ベッキーは日本のタレント、女優、歌手。その明るいキャラクターを前面に押し出して、一気にお茶の間の人気者になります。しかし川谷絵音との不倫で芸能活動は一時休止。

続きを読む


辺見えみり
辺見えみり(へんみ えみり)は、日本のタレント、女優、元歌手。父は俳優の西郷輝彦。母は歌手の辺見マリ。『スーパーJOCKEY』にて毒舌キャラでブレイク。バラドルとして人気を得ます。

続きを読む


濱田マリ
濱田マリ(はまだ マリ)、日本の歌手、女優、ナレーター、タレント。モダンチョキチョキズのボーカルとして活動後、テレビ朝日『あしたまにあーな』で早口でまくしたてるナレーターを担当。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ