6,618 views

タレント・壇蜜の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 壇蜜

記事公開日:2019年03月30日
最終更新日:2024年02月08日

壇蜜
出典:wikipedia.org

壇蜜(だん みつ)は日本のタレント、女優、グラビアモデル。夫は漫画家の清野とおる。

様々な経歴の後にグラビアとしてデビュー。
妖艶な雰囲気で注目され、映画、テレビに多数出演。

このページでは、壇蜜(だん みつ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

壇蜜(だん みつ)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1980年12月3日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin209(絶対拡張Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い月 赤い月 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い月
互いに学びあう 反対kin 青い嵐
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い人
以てるもの同士の類似kin 白い犬
鏡の向こうのもう一人の自分 kin52
絶対反対kin kin79

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

絶対拡張Kinですので世の中に物事を広めやすいです。

ひとことでいえばKin209の誕生日占いは、粘り強くがんばれるタイプです。その分野の第一人者になりやすいです。初心忘れず誠意と努力で最後までやり遂げる。

広告

壇蜜(だん みつ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

ツアーコンダクターの父と保育士の母の子として秋田県横手市で生まれます。本名は齋藤支靜加(さいとう しずか)。
幼少期に東京に移住。昭和女子大学附属昭和小学校に入学。以後、内部進学で中学、高校、昭和女子大学に進学。
中学の頃にはその大人びた様相から同級生から愛人と呼ばれます。

デビュー前

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.12.3~ 22 179 10 青い嵐 白い犬
2003.12.3~ 23 24 11 黄色の種 白い魔法使い
2004.12.3~ 24 129 12 赤い月 白い鏡
昭和女子大学で英語科の教員免許を取得。大学在学中にアメリカに遊学経験あり。
その後、専門学校で調理師免許を取得。和菓子工場勤務、銀座のクラブでホステスも経験。
知人の死をきっかけに冠婚葬祭の専門学校へ進学。葬儀場でも働きます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に大学を卒業し様々な経歴を経験します。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.12.3~ 28 29 3 赤い月 青い手
2009.12.3~ 29 134 4 白い魔法使い 青い猿
2010.12.3~ 30 239 5 青い嵐 青い鷲
2009年、専門学校在籍中の28歳にゲームのオーディションを受け『龍が如く4』に出演。
2010年に『週刊SPA!』の一般公募型グラビア企画に応募。グラビアデビュー。
デビュー当初は本名を使っていましたが「壇蜜」に芸名を変更。グラビアアイドルとして活躍します。

ウェブスペルの色が青色の前半にグラビアデビュー。

壇蜜の芸名は、『壇』は仏壇、『蜜』はお供え物を意味しており自身でつけたそうです。

多数のテレビに出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.12.3~ 31 84 6 黄色の種 青い嵐
2012.12.3~ 32 189 7 赤い月 青い夜
2013.12.3~ 33 34 8 白い魔法使い 青い手
2014.12.3~ 34 139 9 青い嵐 青い猿
2015.12.3~ 35 244 10 黄色の種 青い鷲
2012年に映画『私の奴隷になりなさい』で主演の香奈役。出世作となった。以降、多数の映画やテレビに出演。エロチシズムを感じさせるトークや姿で認知度が増します。
2013年にテレビドラマ『お天気お姉さん』で連続ドラマ初出演
2014年に朝の連続ドラマ『花子とアン』に出演

ウェブスペルの色が青色の半ばから多数の映画やテレビに出演。認知度が増します。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.12.3~ 36 89 11 赤い月 青い嵐
2017.12.3~ 37 194 12 白い魔法使い 青い夜
2018.12.3~ 38 39 13 青い嵐 青い手
2019年11月に漫画家の清野とおると結婚。
清野とは2017年3月に『櫻井・有吉 THE夜会』の共演がきっかけで交際を開始したそうです。

ウェブスペルの色が青色の最後の年に漫画家の清野とおると結婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.12.3~ 41 94 3 白い魔法使い 黄色い人
2022.12.3~ 42 199 4 青い嵐 黄色い戦士
2023.12.3~ 43 44 5 黄色の種 黄色い太陽
壇蜜の現在は、ウェブスペルの色が黄色の前半に当たります。
42才の時はKin199。合理的な思考の持ち主なのに神秘的なものも信じている年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

中身が充実していれば謙虚になれる。言葉より行動を。

壇蜜(だん みつ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近に大学を卒業し様々な経歴を経験します。
青色の前半にグラビアデビュー。
青色の半ばから多数の映画やテレビに出演。認知度が増します。
青色の最後の年に漫画家の清野とおると結婚。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


ペ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュンは、韓国の俳優、実業家。妻は女優のパク・スジン。韓流ブームのきっかけとなった俳優。ドラマ『冬のソナタ』で主演。日本では「ヨン様」と多くの世代の女性に親しまれます。韓国で芸能事務所「KEYEAST」を創設。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin209)

村上茉愛
村上茉愛(むらかみ まい)は、日本の体操競技選手。2021年東京オリンピック体操競技で種目別床運動で銅メダルを獲得。女子個人種目では日本初のメダリストとなった。

続きを読む


宮部みゆき
宮部みゆき(みやべ みゆき)は、日本の小説家。「我らが隣人の犯罪」でデビュー。推理・ミステリー・SF・時代小説など多彩な分野の作品を執筆。直木賞を始め数々の文学賞を受賞。

続きを読む


山下泰裕
山下泰裕(やました やすひろ)は、日本の柔道家(八段)。1984年ロサンゼルス五輪・無差別級で金メダル。1985年に引退。国民栄誉賞を受賞。引退するまで203連勝(引き分け含む)という大記録を打ち立てた。

続きを読む


関連記事 (タレント)

中村アン
中村アンは、日本のモデル、タレント、女優。モデルとして活躍する一方、毒舌&不潔「キャラ」でタレントとしてブレーク。健康的なボディは「美ボディ」として注目を集めます。女優としても本格的に活動。

続きを読む


藤井隆
藤井隆(ふじい たかし)は、日本のタレント。妻はタレントの乙葉。オカマキャラを演じ全国区でブレイク。全盛期は「西の江頭」と称されるほどの過激なキャラクターでした。「ナンダカンダ」で歌手デビュー。紅白歌合戦に初出場。

続きを読む


渡辺正行
渡辺正行(わたなべ まさゆき)は、日本のお笑いタレント。愛称はリーダー。コント赤信号を結成し活躍。その後多くの番組でサブ司会者として抜擢。「芸能界のスーパーサブ」の異名をとります。

続きを読む


関連記事 (女優)

余貴美子
余貴美子(よ きみこ)は、日本の女優。高校を卒業してから劇団に入団。その後、東京壱組を結成。東京壱組は解散後は活躍の場をTVや映画に移します。代表作に『おくりびと』『ディア・ドクター』などあります。

続きを読む


瀧本美織
瀧本美織(たきもと みおり)は、日本の女優、歌手。エイベックス主催のオーディションを受け芸能界入り。ダンス&ボーカルユニット『SweetS』のメンバーとなった。解散後にスターダストプロモーションに移籍。朝の連続テレビ小説『てっぱん』でヒロイン役に抜擢。

続きを読む


藤田朋子
藤田朋子(ふじた ともこ)は、日本の女優、歌手。朝の連続テレビ小説『ノンちゃんの夢』でオーディションに合格しヒロイン役に抜擢。知名度を上げます。その後、『渡る世間は鬼ばかり』に岡倉大吉の五女・長子役で長年にわたりレギュラー出演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ