5,729 views

タレント・島崎和歌子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 島崎和歌子

記事公開日:2018年03月20日
最終更新日:2023年08月21日

島崎和歌子
出典:wikipedia.org 高知よさこい祭りのパレード

島崎和歌子(しまざき わかこ)は、日本の歌手、タレント、女優、司会者。90年代のアイドル。

『オールスター感謝祭』の司会で有名です。

このページでは、島崎和歌子(しまざき わかこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

島崎和歌子(しまざき わかこ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1973年3月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin238です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 青い鷲 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin23
絶対反対kin kin108

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin238の誕生日占いは、変わらないことに憧れを見出すことのできるタイプです。動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

広告

島崎和歌子(しまざき わかこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

高知県南国市で生まれます。名は父が女優の酒井和歌子にちなんで名付けます。
自然豊かな環境で育ちます。実家は兼業農家で、母親が喫茶店経営。
小・中学生時期は大人しく、むしろ人見知りをする性格だったそうです。

芸能界入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.3.2~ 14 148 5 黄色い星 黄色の種
1988.3.2~ 15 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1987年夏に「ロッテ CMアイドルはキミだ!」に応募。
中山美穂の50/50を歌い準優勝。スカウトされます。
父は芸能界入りを猛反対、これを振り切って芸能界入りします。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに芸能界入りします。

ちゅうかないぱねま!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.3.2~ 16 98 7 白い鏡 黄色い人
1990.3.2~ 17 203 8 青い夜 黄色い戦士
1991.3.2~ 18 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1989年にアイドル歌手としてデビュー。しかしさっぱり売れません。
1989年に『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』の主演・小沢なつきが突如降板。急遽製作されることになった『魔法少女ちゅうかないぱねま!』の主役に抜擢されます。「いぱねま」役で幼年層の人気を得ます。
1991年に『オールスター感謝祭』および『クイズ!当たって25%』の司会に抜擢
以降、アイドルからバラエティに仕事をシフトしていきます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにアイドル歌手として売り出しますが売れません。そんな時に「いぱねま」役で幼年層の人気を得ます。
黄色の後半に司会に抜擢、以降アイドルから仕事をバラエティにシフトしていきます。

オールスター感謝祭の司会になったいきさつは、1990年に深夜バラエティ番組『青春!島田学校』にレギュラーで出演。
18才ながらその進行力が評価され、島田紳助と番組プロデューサの意向で抜擢されたそうです。
オールスター感謝祭は春と秋の土曜日に年2回生放送され島崎和歌子は1回目から司会を務めます。

歌手活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.3.2~ 21 103 12 青い夜 黄色い人
歌手活動も続けてきた島崎ですが、売り上げの不振で1994年のアルバム「ブルージィ・バケーション」を最後に一旦区切りをつけます。
このあと島崎和歌子名義でシングルが発売されるのは2009年、区切りをつけてから15年後になりました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に歌手活動は一旦休止します。

その後、年2回の『オールスター感謝祭』の司会をしつつ、バラエティ番組、女優、ラジオなどで活動します。

近年の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.3.2~ 34 168 12 黄色い星 赤い地球
2009.3.2~ 36 118 1 白い鏡 白い鏡
2012.3.2~ 39 173 4 赤い空歩く人 白い犬
2006年よりTBSの通販コーナーに出演。
2007年より『秘密のケンミンSHOW』で順レギュラー。
2009年より『ホンマでっか!?TV』で順レギュラー。
2009年に15年ぶりに島崎和歌子名義のシングル発売。
2012年よりBSフジ『BOAT RACEライブ 勝利へのターン』の司会。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に15年ぶりに島崎和歌子名義のシングル発売されました。

らんまん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.3.2~ 49 183 1 青い夜 青い夜
2023.3.2~ 50 28 2 黄色い星 青い手
2023年の朝の連続テレビ小説『らんまん』では出身地・高知の女性で自由民権運動を支援している女性。通称「民権ばあさん」楠野喜江役で出演。
主演は神木隆之介。島崎にとって朝の連続テレビ小説への出演は1999年の『すずらん』に次ぎ2度目。

ウェブスペルの色が青色の初めころに朝の連続テレビ小説『らんまん』に出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.3.2~ 49 183 1 青い夜 青い夜
2023.3.2~ 50 28 2 黄色い星 青い手
2024.3.2~ 51 133 3 赤い空歩く人 青い猿
島崎和歌子の現在は、ウェブスペルの色が青色の始まり付近に当たります。
50才の時はKin28。大胆さと臆病さを持っている年です。仕事のプロが多いです。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

全ての準備が整い、調和のとれた形で方向が定まる。

島崎和歌子(しまざき わかこ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばにアイドル歌手として売り出しますが売れません。そんな時に「いぱねま」役で幼年層の人気を得ます。
黄色の後半に司会に抜擢、以降アイドルから仕事をバラエティにシフトしていきます。
黄色の最後付近に歌手活動は一旦休止します。
白色の始めの年に15年ぶりに島崎和歌子名義のシングル発売されました。
青色の初めころに朝の連続テレビ小説『らんまん』に出演。

その美貌から美容関係の仕事が増えている。男のうわさはなくマツコデラックスから無駄に綺麗と言われてしまう。
酒豪で酒癖が悪いことでも有名。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

五輪真弓
五輪真弓(いつわ まゆみ)は、日本のシンガーソングライター。1972年に「少女」でデビュー。1980年に「恋人よ」が大ヒット。第22回日本レコード大賞金賞を受賞。2022年にデビュー50周年を迎えました。

続きを読む


河合奈保子
河合奈保子(かわい なおこ)は、日本の元アイドル歌手。西城秀樹の妹募集と銘打たれたオーディションで優勝しアイドル歌手としてデビュー。代表曲は『エスカレーション』『スマイル・フォー・ミー』。結婚、出産を機に芸能活動を停止。

続きを読む


柏原芳恵
柏原芳恵(かしわばら よしえ)は、日本の歌手、女優。『スター誕生!』でグランドチャンピオンを獲得しデビュー。7枚目のシングル「ハロー・グッバイ」は彼女をトップアイドルへと押し上げた。代表曲に「春なのに」「最愛」など。

続きを読む


岩崎良美
岩崎良美(いわさき よしみ)は、日本の歌手、女優。歌手の岩崎宏美は実姉。「タッチ」は自身最大のヒット曲。『日本レコード大賞』金賞など多数の賞を受賞。女優として舞台やドラマでも活動。

続きを読む


山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin238)

徳川慶喜
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)は、江戸幕府の最後の将軍であり最後の征夷大将軍です。大政奉還や新政府軍への江戸開城を行ないました。

続きを読む


新納慎也
新納慎也(にいろ しんや)は、日本の俳優。その個性的な存在感に「ミュージカル界の異端児」と称されます。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では源頼朝の弟で僧侶の阿野全成役で出演。

続きを読む


松たか子
月9ドラマで木村拓哉と数回も共演。高い視聴率を獲ります。紅白歌合戦の紅組司会に史上最年少で抜擢。近年は映画『アナと雪の女王』日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』がブレイクします。

続きを読む


関連記事 (タレント)

IMALU
IMALU(イマル)は、日本のモデル、タレント、歌手。明石家さんまと大竹しのぶの長女。カナダへ語学留学後に芸能界デビュー。活躍が期待される2世有名人と話題になりました。

続きを読む


ラサール石井
ラサール石井(ラサール いしい)は、日本のお笑いタレント。コント赤信号で活躍。その後、インテリ芸能人として知られます。アニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主人公・両津勘吉の声を担当。

続きを読む


劇団ひとり
劇団ひとり(げきだん ひとり)は、日本のお笑い芸人、司会者。妻はタレントの大沢あかね。お笑いコンビ「スープレックス」で活動後、ピン芸人「劇団ひとり」として活動。お笑いのみならず、小説、MC、映画監督などマルチな才能を発揮。

続きを読む


関連記事 (司会者)

有働由美子
有働由美子(うどう ゆみこ)は日本のフリーアナウンサー、ジャーナリスト。元NHKアナウンサー。2010年から2018年3月までNHKの『あさイチ』の司会をV6の井ノ原快彦と務めます。

続きを読む


大橋巨泉
大橋巨泉(おおはし きょせん)は、タレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)など多方面で活躍した人物です。1960年から1980年にかけて11PM・クイズダービーなど司会者で活躍します。

続きを読む


児玉清
児玉清(こだま きよし)は、日本の俳優、タレント、司会者、作家。俳優として活動後に「パネルクイズ アタック25」の初代司会者として有名。2011年5月16日に胃癌でなくなります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ