4,819 views

タレント・清水ミチコの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 清水ミチコ

記事公開日:2018年12月26日
最終更新日:2024年03月22日

清水ミチコ
→ 画像検索はこちら

清水ミチコ(しみず ミチコ)は、日本のタレント、ナレーター、女優。

「ものまねの女王」と称えられバラエティー番組で頻繁に披露。
実写版ドラマ「ちびまる子ちゃん」では、まる子の母役で出演。

このページでは、清水ミチコ(しみず ミチコ)の生年月日から求めた占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

清水ミチコ(しみず ミチコ)の基本情報

生年月日:1960年1月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin139です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 青い猿 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin122
絶対反対kin kin9

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin139の誕生日占いは、不思議な色気のあるタイプです。こだわりがブレーキになります。転機が新しいものを生み出す力。

広告

清水ミチコ(しみず ミチコ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

岐阜県高山市で生まれ育ちます。出生名は清水美智子。

ラジオ番組

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.1.27~ 18 209 1 赤い月 赤い月
1979.1.27~ 19 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
1983.1.27~ 23 214 6 白い魔法使い 赤い月
地元の高校を卒業後に神奈川県の短大に進学。短大に入ってからラジオへの投稿を開始。
ラジオで読まれ自信をつけるようになったそうです。
その後、親からの帰郷命令をごまかしアルバイト。放送作家を募集を見つけたのをきっかけに1983年10月にラジオ番組『クニ河内のラジオギャグシャッフル』の構成兼出演者になります。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年からラジオへの投稿を開始。自信をつけていきます。
赤色の半ばにラジオ番組『クニ河内のラジオギャグシャッフル』の構成兼出演者になります。

テレビデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.1.27~ 26 9 9 赤い月 赤い竜
1987.1.27~ 27 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
1986年よりライブを行うようになり1987年にテレビデビュー。この際にテレビ関係者の目に留まり1987年より「笑っていいとも」に出演します。
また、同年にテレビディレクターの坂田幸臣と結婚し坂田美智子となった。

ウェブスペルの色が赤色の後半よりライブを行い、翌年にテレビデビュー。同年、「笑っていいとも」に出演、結婚もします。

「笑っていいとも」を卒業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.1.27~ 28 219 11 青い嵐 赤い月
1991.1.27~ 31 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
1992.1.27~ 32 119 2 青い嵐 白い鏡
1988年に長女を出産。これに伴い半年程産休のために「笑っていいとも」は欠席。
その「笑っていいとも」へ1992年まで出演し全国区の知名度を得ます。

ウェブスペルの色が白色の始めころに「笑っていいとも」を卒業。全国的な知名度を得ます。

清水ミチコのモノマネは声帯模写が中心で時々毒を含んでいます。
そのため松任谷由実に突っ込まれたこともあります。
また、特技のピアノをつかったものも多数あります。
モノマネをきっかけに森山良子平野レミ、矢野顕子らなどと親交を深めます。

三谷幸喜作品

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.1.27~ 41 24 11 黄色の種 白い魔法使い
2002.1.27~ 42 129 12 赤い月 白い鏡
1988年よりテレビドラマを中心に女優としてして活躍。

2001年に三谷幸喜監督の「みんなのいえ」に出演。
三谷幸喜作品には複数出演し公私ともに付き合いがあります。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に三谷幸喜監督の「みんなのいえ」に出演。三谷幸喜作品には複数出演します。

ちびまる子ちゃん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.1.27~ 46 29 3 赤い月 青い手
2007.1.27~ 47 134 4 白い魔法使い 青い猿
1991年にはアニメ「ちびまる子ちゃん」で山口百恵役で出演。
2006年に実写版「ちびまる子ちゃん」では、まる子の母の「さくらすみれ」役で出演。ちびまる子ちゃんとは縁が深いです。

ウェブスペルの色が青色の前半に実写版「ちびまる子ちゃん」でまる子の母役を担当。ちびまる子ちゃんとは縁が深いです。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.1.27~ 63 254 7 白い魔法使い 黄色い星
2024.1.27~ 64 99 8 青い嵐 黄色い人
2025.1.27~ 65 204 9 黄色の種 黄色い戦士
清水ミチコの現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
64才の時はKin99。やるきになったら大きな力を発揮できる年です。理解者がいないと孤立します。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。

即断即決。あらゆるものを加速させる。

清水ミチコ(しみず ミチコ)のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

赤色の始めの年からラジオへの投稿を開始。自信をつけていきます。
赤色の半ばにラジオ番組『クニ河内のラジオギャグシャッフル』の構成兼出演者になります。
赤色の後半よりライブを行い、翌年にテレビデビュー。同年、「笑っていいとも」に出演、結婚もします。
白色の始めころに「笑っていいとも」を卒業。これまでに全国的な知名度を得ます。
白色の最後付近に三谷幸喜監督の「みんなのいえ」に出演。三谷幸喜作品には複数出演します。
青色の前半に実写版「ちびまる子ちゃん」でまる子の母役を担当。ちびまる子ちゃんとは縁が深いです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

池脇千鶴
池脇千鶴の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。池脇千鶴(いけわき ちづる)は、日本の女優。第8代リハウスガールに選出され芸能界デビュー。2001年に朝の連続テレビ小説『ほんまもん』でヒロインに選出。30代になってからは生活感のある母親の役を演じることが増えます。

続きを読む


小西博之
小西博之(こにし ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。愛称はコニタン。『欽ちゃんの週刊欽曜日』のレギュラーとして抜擢。「欽ちゃんファミリー」の一員として人気を博します。『ザ・ベストテン』の2代目男性司会者。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin139)

カール・ルイス
カール・ルイスは、アメリカの男子元陸上競技選手。1983年から1987年の世界陸上までは圧倒的な力で勝ち続けていました。個人でオリンピック4連覇を成し遂げます。競技を引退後は俳優に転身しました。

続きを読む


豊川悦司
豊川悦司(とよかわ えつし)は、日本の俳優。舞台俳優を経て映画、テレビドラマなどの映像作品に出演。ドラマ『愛していると言ってくれ』で常盤貴子とW主演。最高視聴率28.1%を記録。

続きを読む


山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


大竹まこと
大竹まこと(おおたけ まこと)は、日本のお笑いタレント。3人でシティボーイズを結成。眼鏡とヒゲが特徴的。ピンで活動することが多くなり、若かりし頃は暴走キャラクターを芸風としていました。

続きを読む


蓮舫
蓮舫(れんほう)は、日本の政治家、元タレント。『スーパージョッキー』や『サッポロ黒ラベル』CMで知名度を上げます。報道・情報番組に主軸を移し、その後政界入り。民主党が与党時代に事業仕分けで話題。

続きを読む


関連記事 (タレント)

假屋崎省吾
假屋崎省吾(かりやざき しょうご)は、日本のフラワーアーティスト。要人や式典で花の総合プロデュース。花の教室を主宰、個展開催、タレント、本の出版など多岐にわたり活躍しています。

続きを読む


間寛平
間寛平(はざま かんぺい)は、日本のお笑いタレント、歌手。吉本新喜劇のスターとして関西を中心に絶大な人気を得ます。「アヘアヘアヘアヘ…」「アーメマ!」「かいーの」などのギャグで有名。

続きを読む


山本寛斎
山本寛斎(やまもと かんさい)は、日本のファッションデザイナー、イベントプロデューサー。世界的なファッションデザイナー。世界各地の主要都市に「ブティック寛斎」を出店。

続きを読む


藤原紀香
藤原紀香(ふじわら のりか)は、女優、モデル、タレント。第24回ミス日本グランプリ受賞。夫は歌舞伎俳優・片岡愛之助。前の夫は陣内智則。

続きを読む


LiLiCo
LiLiCo(リリコ)は、日本のタレント。夫は俳優の小田井涼平。スウェーデン出身。来日してから下済み生活を続けます。『王様のブランチ』にレギュラー出演して以降マルチタレントとして幅広く活躍。DDTプロレスリングでプロレスラーとして活動したこともあります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ