3,442 views

チョメチョメ・山城新伍の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 山城新伍

記事公開日:2021年08月10日
最終更新日:2023年08月31日

山城新伍
出典:wikipedia.org 1960年

山城新伍(やましろ しんご)は、日本の俳優、司会者、タレント。

東映ニューフェイスとなりデビュー。テレビ時代劇『白馬童子』で主演し人気を博します。
その後、バラエティにも進出。「チョメチョメ」は流行語となった。
テレビ番組の司会やパネリストとしても活躍。

このページでは、山城新伍(やましろ しんご)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

山城新伍(やましろ しんご)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1938年11月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin196です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 黄色い戦士 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い戦士
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin65
絶対反対kin kin66

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin196の誕生日占いは、自分の疑問には自分の行動で答えるタイプです。自分のままに生きることが自分らしく生きること。

広告

山城新伍(やましろ しんご)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都市出身。本名は渡辺安治(わたなべ やすじ)。
父は開業医、母は看護婦。弟も医者です。

東映ニューフェイス

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1956.11.10~ 18 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1957.11.10~ 19 111 7 青い猿 赤い蛇
1958.11.10~ 20 216 8 黄色い戦士 赤い月
京都府立山城高等学校を卒業。浜村淳は高校の先輩、釜本邦茂は後輩。
医者の道を目指したが医大への受験に失敗。医師の道を諦め、時代劇スターに憧れ、エキストラをやった後、東映ニューフェイス第4期に応募して1957年に東映へ入社。
1958年に映画『台風』でデビュー。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに東映ニューフェイス第4期となり入社。

白馬童子

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.11.10~ 21 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1960.11.10~ 22 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
1961.11.10~ 23 11 11 青い猿 赤い竜
1960年にテレビ時代劇『白馬童子』で主演。人気を博します。
子供向け時代劇だったが大人からも人気となった。

ウェブスペルの色が赤色の後半にテレビ時代劇『白馬童子』で主演。人気を博します。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.11.10~ 27 171 2 青い猿 白い犬
1966.11.10~ 28 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1967.11.10~ 29 121 4 赤い竜 白い鏡
1966年に東映に同期入社の女優の花園ひろみと結婚。
山城から猛アタックの末の結婚でした。元女優の南夕花は2人の子。

ウェブスペルの色が白色の始めころに女優の花園ひろみと結婚。

バラエティ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.11.10~ 36 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1975.11.10~ 37 181 12 赤い竜 白い犬
1976.11.10~ 38 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1975年に『独占!男の時間』でバラエティに進出。
1976年に日清食品『どん兵衛』のCMに出演。これから14年続いたロングセラーCMとなった。

同年、東映を退社しフリーとなった。

1970年代に入り、活躍の場をテレビにシフト。2時間ドラマでは主演作を多く持つ傍ら、バラエティ番組でも個性を発揮し、司会やパネリストとして活躍。

ウェブスペルの色が白色の最後付近にバラエティにも進出。活躍の場を広げます。

映画監督

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.11.10~ 41 81 3 赤い竜 青い嵐
1980.11.10~ 42 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1981.11.10~ 43 31 5 青い猿 青い手
映画への思いが強くあり映画評論、映画監督もこなします。
1980年『ミスターどん兵衛』で初の映画監督。
1981年に「アイ・アイゲーム」で伏字を「チョメチョメ」と表現し流行語となった。
1983年に日活ロマンポルノの映画『女猫』(めねこ)で監督を務めヒットとなった。

ウェブスペルの色が青色の前半に『ミスターどん兵衛』で初の映画監督。また「チョメチョメ」が流行語になった。

司会やパネラーとして活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.11.10~ 50 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1989.11.10~ 51 91 13 青い猿 青い嵐
1990.11.10~ 52 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1985年に花園ひろみと離婚したが1991年に花園ひろみと再婚。しかし1999年に2度目の離婚。
1990年代まではテレビ番組の司会やクイズ番組のパネラーとして活躍。
1988年より『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』で共演した逸見政孝と親友となった。
1990年より『新伍&紳助のあぶない話』で島田紳助と共に司会を担当。

ウェブスペルの色が青色の最期付近はテレビ番組の司会やパネラーとして活躍。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.11.10~ 63 51 12 青い猿 黄色い太陽
2005.11.10~ 67 211 3 青い猿 赤い月
2008.11.10~ 70 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
花園ひろみとは離婚後も同居していたが2001年以降は一人暮らしとなった。
2005年に糖尿病で入院。以降はメディアに出演せず事実上の引退。
2009年8月12日に誤嚥性肺炎が原因で亡くなります。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに亡くなりました。

山城新伍(やましろ しんご)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに東映ニューフェイス第4期となり入社。
赤色の後半にテレビ時代劇『白馬童子』で主演。人気を博します。
白色の始めころに女優の花園ひろみと結婚。
白色の最後付近にバラエティにも進出。活躍の場を広げます。
青色の前半に『ミスターどん兵衛』で初の映画監督。また「チョメチョメ」が流行語になった。
青色の最期付近はテレビ番組の司会やパネラーとして活躍。
2度目の赤色の半ばに亡くなりました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


岩崎宏美
岩崎宏美(いわさき ひろみ)は、日本の歌手。『スター誕生!』で最優秀賞に輝きデビュー。『ロマンス』『聖母たちのララバイ』は売上80万枚を超える大ヒット。さだまさしを「生き神様」と敬うほどのファン。

続きを読む


楠見薫
楠見薫(くすみ かおる)は、日本の女優。劇団・遊気舎の看板女優として活動。退団後はテレビ番組・映画など幅広く活躍。朝ドラには『ブギウギ』で10作品に出演。「隠れ朝ドラ女王」の1人とされます。

続きを読む


椎名桔平
椎名桔平(しいな きっぺい)は、日本の俳優。元妻は女優の山本未來。映画『ヌードの夜』に同性愛者役で出演し注目を集めます。1990年代半ばよりテレビドラマに出演し知られる存在となった。

続きを読む


常田富士男
常田富士男(ときた ふじお)は、日本の俳優、声優。個性派の怪優として知られました。「まんが日本昔ばなし」の声優を市原悦子と2人で20年担当。歌手としてビートルズを題材としたレコードを発売。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin196)

マリア・シャラポワ
マリア・シャラポワは、ロシア出身の女子プロテニス選手。史上10人目のキャリアグランドスラム達成者。ロンドン五輪銀メダリスト。2020年2月に現役を引退。

続きを読む


佐藤浩市
佐藤浩市(さとう こういち)は俳優。大学在学中に俳優としてデビューします。演技力の高さから舞台への進出も期待されているが一貫して映像作品への出演を貫いています。

続きを読む


山田花子
山田花子(やまだ はなこ)は、日本のお笑いタレント、コメディアン。中学時代からタレントとして活動。「笑っていいとも!」などにレギュラー出演し全国区で活動。結婚後、大阪に拠点を戻し吉本新喜劇の座員として復帰。

続きを読む


関連記事 (タレント)

うつみ宮土理
うつみ宮土理(うつみ みどり)は、日本のタレント、女優、作家。愛称はケロンパ。子供番組「ロンパールーム」の2代目お姉さんでテレビデビュー。以降、バラエティ番組、ドラマで活躍。夫はタレントの愛川欽也。

続きを読む


橋本志穂
橋本志穂(はしもと しほ)は、日本のタレント、フリーアナウンサー。夫はたけし軍団のガダルカナル・タカ。福岡放送に報道記者として入社。その後、アナウンサーに転身。結婚して退社し上京。以後はフリーアナウンサー、タレントとして活動。

続きを読む


辰巳琢郎
辰巳琢郎(たつみ たくろう)は、日本の俳優、タレント。知的で端正な二枚目ぶりの俳優として個性を発揮。クイズ番組で驚異的な正解率を出し1990年代に「芸能界のクイズ王」と呼ばれます。

続きを読む


関連記事 (俳優)

成田凌
成田凌(なりた りょう)は、日本の俳優、ファッションモデル。『MEN'S NON-NO』のモデルオーディションに合格し専属モデルとして活動。その後俳優デビュー。朝の連続テレビ小説『おちょやん』に天海一平役で出演。

続きを読む


伊吹吾郎
伊吹吾郎(いぶき ごろう)は、日本の俳優、タレント、司会者。『水戸黄門』で17年間にわたり渥美格之進役を演じます。降板後はバラエティ番組にも進出。

続きを読む


東出昌大
東出昌大(ひがしで まさひろ)は、日本の俳優、ファッションモデル。妻は女優の杏。モデルオーディションでグランプリを獲得しデビュー。その後、俳優に転身。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でブレイク。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ