4,399 views

バイプレーヤー・渡辺いっけいの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 渡辺いっけい

記事公開日:2021年10月26日
最終更新日:2023年11月25日

渡辺いっけい
→ 画像検索はこちら

渡辺いっけい(わたなべ いっけい)は、日本の俳優。

大阪芸術大学在学中に劇団☆新感線に参加。大学を卒業し上京。状況劇場に入団し舞台に多数出演。
朝の連続ドラマ『ひらり』に出演し人気を博します。以降も数々の作品に出演。

このページでは、渡辺いっけい(わたなべ いっけい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

渡辺いっけいの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1962年10月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin102です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 黄色い人 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin159
絶対反対kin kin232

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin102の誕生日占いは、機転が利き、回転の早いタイプです。体が弱い面もあります。過度な欲望を持つな。苦労性。

広告

渡辺いっけいの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

愛知県豊川市出身。本名は渡辺一惠(わたなべ かずよし)。

劇団☆新感線

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.10.27~ 19 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1982.10.27~ 20 122 5 白い風 白い鏡
1983.10.27~ 21 227 6 青い手 白い風
地元の高校を卒業し大阪芸術大学に進学。
大学在学中の1983年に当時学生劇団だった劇団☆新感線に参加。
漫画家志望の時期もあり雑誌『ビックリハウス』の常連投稿者。ペンネームの「渡辺 いっけい」は後に芸名となった。

ウェブスペルの色が白色の半ばに大阪芸術大学在学中に劇団☆新感線に参加。

状況劇場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.10.27~ 22 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
1985.10.27~ 23 177 8 赤い地球 白い犬
1986.10.27~ 24 22 9 白い風 白い魔法使い
大阪芸術大学を卒業し上京。
1985年に状況劇場に入団。状況劇場の舞台に多数出演。
1988年に退団。

ウェブスペルの色が白色の半ばに大学を卒業し上京。状況劇場に入団し舞台に多数出演。

ひらり

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.10.27~ 30 132 2 黄色い人 青い猿
1993.10.27~ 31 237 3 赤い地球 青い鷲
1994.10.27~ 32 82 4 白い風 青い嵐
状況劇場を退団後も舞台を中心にテレビドラマに出演し活動の場を広げます。
1990年に大河ドラマ『翔ぶが如く』に中原尚雄役で出演。
1991年に所属事務所はイイジマルームとなった。

1993年に朝の連続ドラマ『ひらり』に医師・安藤竜太役。人気を博します。
以降、数々の作品に出演。各局連続ドラマの常連バイプレーヤーに成長します。

ウェブスペルの色が青色の始めころに朝の連続ドラマ『ひらり』に出演し人気を博します。以降も数々の作品に出演。

青年座映画放送

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.10.27~ 52 102 11 白い風 黄色い人
2015.10.27~ 53 207 12 青い手 黄色い戦士
2016.10.27~ 54 52 13 黄色い人 黄色い太陽
所属事務所のイイジマルームには2015年まで所属。2016年から青年座映画放送に所属となった。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に青年座映画放送に移籍。

映画初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.10.27~ 57 107 3 青い手 赤い蛇
2020.10.27~ 58 212 4 黄色い人 赤い月
2020年に映画『いつくしみふかき』で主演。渡辺いっけいの映画初主演作となった。

ウェブスペルの色が赤色の前半に映画『いつくしみふかき』で映画初主演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.10.27~ 60 162 6 白い風 赤い地球
2023.10.27~ 61 7 7 青い手 赤い竜
2024.10.27~ 62 112 8 黄色い人 赤い蛇
渡辺いっけいの現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
61才の時はKin7。感動しやすくノリのよい年です。素直さがとりえです。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

一歩退いて周囲を見ましょう。

渡辺いっけいのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに大阪芸術大学在学中に劇団☆新感線に参加。大学を卒業し上京。状況劇場に入団し舞台に多数出演。
青色の始めころに朝の連続ドラマ『ひらり』に出演し人気を博します。以降も数々の作品に出演。
黄色の最後付近に青年座映画放送に移籍。
赤色の前半に映画『いつくしみふかき』で映画初主演。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

隂山英男
隂山英男(かげやま ひでお)は日本の教育者。反復学習で基礎学力向上を目指す「陰山メソッド」確立。岸本裕史が提唱した「百ます計算」を広めたことでも有名。

続きを読む


藤原美樹
藤原美樹(ふじわら みき)、日本の料理研究家。愛称は「みきママ」。著書を出版。テレビや雑誌でも活躍。YouTube「みきママChannel」は総再生回数1.1億回超え。実弟はNEWSの小山慶一郎。

続きを読む


池内万作
池内万作(いけうち まんさく)は、日本の俳優。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。大江健三郎は叔父。ロンドンで演技と作劇を学んだあと日本で俳優デビュー。『こちら本池上署』では刑事二課巡査部長役でレギュラー出演。

続きを読む


竹内海南江
竹内海南江(たけうち かなえ)は、日本のタレント・リポーター。「日立 世界・ふしぎ発見!」では30年余りにわたりミステリーハンターを担当。訪れた国は100を超える。

続きを読む


浜田幸一
浜田幸一(はまだ こういち)は、日本の政治家、タレント。「ハマコー」の愛称で知られ、「国会(政界)の暴れん坊」の異名を持ちます。衆議院議員を7期務めました。政界引退後はタレントとして活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin102)

朝乃山
朝乃山英樹(あさのやま ひでき)は、富山県出身の大相撲力士。2019年5月場所に平幕ながら幕内初優勝。最高位は大関(2020年3月場所後に昇進)。不祥事で三段目まで降格。

続きを読む


長谷川町子
長谷川町子さんは、日本初の女性プロ漫画家として知られています。代表作のサザエさんは1969年から放送されたアニメ長寿番組で平均視聴率が20%前後と非常に高い国民的な番組です。

続きを読む


柴田錬三郎
柴田錬三郎(しばた れんざぶろう)は、日本の小説家。歴史小説に新風を送った人物。戦国・幕末を扱った作品が多く、剣客ブームを巻き起こした。亡くなった後に業績をたたえ柴田錬三郎賞が創設。

続きを読む


GACKT
GACKT(ガクト)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。「芸能人格付けチェック!」で一流芸能人に分類されるほどの正解率を誇ります。

続きを読む


高橋洋一
高橋洋一(たかはし よういち)は、日本の経済評論家。数学科出身の異色の元大蔵・財務官僚。学位は博士(政策研究)。小泉内閣で竹中平蔵の補佐官。第1次安倍晋三内閣で経済政策のブレーン、大阪維新の会のブレーン。

続きを読む


関連記事 (俳優)

中尾彬
中尾彬(なかお あきら)は、日本の俳優・声優・タレント。妻は池波志乃。日活ニューフェイス(第5期)に合格し映画デビュー。『暴れん坊将軍』では徳川宗春役(初代)を演じ当たり役となった。

続きを読む


渡辺謙
渡辺謙(わたなべ けん)は、俳優。大河ドラマ『独眼竜政宗』で主演、一躍有名俳優となります。しかし白血病を発病し闘病と復帰を繰り返します。その後映画『ラストサムライ』に出演し高い評価を得ます。

続きを読む


近藤正臣
近藤正臣(こんどう まさおみ)は、日本の俳優。『柔道一直線』に出演しブレイク。立て続けにドラマに出演し人気を決定づけます。関西弁を話す愛嬌のある性格からバラエティ番組にも多く出演。

続きを読む


トータス松本
トータス松本(トータス まつもと)は、日本のシンガーソングライター、俳優。ウルフルズのボーカルを担当。俳優としても活動。映画「UDON」や朝の連続テレビ小説「おちょやん」など代表作。ソロとしても活動。わいもくんの原作者。

続きを読む


林遣都
林遣都(はやし けんと)は、日本の俳優。妻は元AKB48の大島優子。映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。スポーツ青春映画で立て続けに主演。『荒川アンダー ザ ブリッジ』で連続ドラマ初主演。『おっさんずラブ』に出演し人気を博します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ