3,440 views

パタリロで当たり役・加藤諒の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 加藤諒

記事公開日:2021年09月24日
最終更新日:2023年10月25日

加藤諒
出典:wikipedia.org 2018年

加藤諒(かとう りょう)は、日本のタレント、モデル。

10才の時に『あっぱれさんま大先生』に出演し芸能界デビュー。
その後、『パタリロ』の舞台や映画で主演。加藤の当たり役となった。

このページでは、加藤諒(かとう りょう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

加藤諒(かとう りょう)の誕生日占い

生年月日:1990年2月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin186です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 青い夜 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin75
絶対反対kin kin56

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin186の誕生日占いは、他人には正確な判断ができても、自分を見つめるのは苦手なタイプです。先が見えないときは気持ちにゆとりをもって。

広告

加藤諒(かとう りょう)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

静岡県静岡市出身。3人姉弟の末っ子。

あっぱれさんま大先生

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.2.13~ 10 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
2001.2.13~ 11 41 2 赤い竜 黄色い太陽
2002.2.13~ 12 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
10才の時に『あっぱれさんま大先生』に出演し芸能界デビュー。
2000年に映画『金髪の草原』、2001年にドラマ『ガッコの先生』に出演し俳優デビュー。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に『あっぱれさんま大先生』に出演し芸能界デビュー。

卒業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.2.13~ 13 251 4 青い猿 黄色い星
2004.2.13~ 14 96 5 黄色い戦士 黄色い人
2005.2.13~ 15 201 6 赤い竜 黄色い戦士
2003年に『あっぱれさんま大先生』を卒業。
2003年の朝の連続テレビ小説『こころ』に出演。

ウェブスペルの色が黄色の前半に朝の連続テレビ小説『こころ』に出演。

大学時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.2.13~ 18 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2009.2.13~ 19 101 10 赤い竜 黄色い人
2010.2.13~ 20 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
高校を卒業するまで静岡県内の学校に通学。大学は多摩美術大学に進学。
大学在学中には、舞台のセットを作ったり、役者として出演。

2008年に映画『デトロイト・メタル・シティ』に出演。
2010年に舞台『NODA・MAP ザ・キャラクター』に出演し初舞台。

ウェブスペルの色が黄色の後半に多摩美術大学に進学。大学で舞台のセットを作ったり、役者として出演。

知名度UP

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.2.13~ 22 156 13 黄色い戦士 黄色の種
2014.2.13~ 24 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2015.2.13~ 25 211 3 青い猿 赤い月
ドラマ『主に泣いてます』(2012年)や『学校のカイダン』(2015年)などわき役で出演し知名度を上げます。

ウェブスペルの色が赤色の前半にテレビドラマに脇役で出演し知名度UP。

パタリロ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.2.13~ 26 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
2018.2.13~ 28 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
2019.2.13~ 29 111 7 青い猿 赤い蛇
2016年に舞台『パタリロ』で主演。2018年、2021年にもパタリロで舞台。
2019年に映画『パタリロ』で主演。加藤の当たり役となり代表作のひとつとなった。
2019年に映画『翔んで埼玉』に出演。同年、アニメ『さらざんまい』に出演。

ウェブスペルの色が赤色の半ばにに映画『パタリロ』で主演。当たり役となり代表作のひとつとなった。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.2.13~ 33 11 11 青い猿 赤い竜
2024.2.13~ 34 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
2025.2.13~ 35 221 13 赤い竜 赤い月
加藤諒の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後付近に当たります。
34才の時はKin116。体験を大切にし前進する年です。チャレンジするテーマを見つけましょう。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。

先が見えなくてもあせってはいけない。

加藤諒(かとう りょう)のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で流れを見てみると

黄色の始めの年に『あっぱれさんま大先生』に出演し芸能界デビュー。
黄色の前半に朝の連続テレビ小説『こころ』に出演。
黄色の後半に多摩美術大学に進学。大学で舞台のセットを作ったり、役者として出演。
赤色の前半にテレビドラマに脇役で出演し知名度UP。
赤色の半ばにに映画『パタリロ』で主演。当たり役となり代表作のひとつとなった。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

五輪真弓
五輪真弓(いつわ まゆみ)は、日本のシンガーソングライター。1972年に「少女」でデビュー。1980年に「恋人よ」が大ヒット。第22回日本レコード大賞金賞を受賞。2022年にデビュー50周年を迎えました。

続きを読む


河合奈保子
河合奈保子(かわい なおこ)は、日本の元アイドル歌手。西城秀樹の妹募集と銘打たれたオーディションで優勝しアイドル歌手としてデビュー。代表曲は『エスカレーション』『スマイル・フォー・ミー』。結婚、出産を機に芸能活動を停止。

続きを読む


柏原芳恵
柏原芳恵(かしわばら よしえ)は、日本の歌手、女優。『スター誕生!』でグランドチャンピオンを獲得しデビュー。7枚目のシングル「ハロー・グッバイ」は彼女をトップアイドルへと押し上げた。代表曲に「春なのに」「最愛」など。

続きを読む


岩崎良美
岩崎良美(いわさき よしみ)は、日本の歌手、女優。歌手の岩崎宏美は実姉。「タッチ」は自身最大のヒット曲。『日本レコード大賞』金賞など多数の賞を受賞。女優として舞台やドラマでも活動。

続きを読む


山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin186)

山本美月
山本美月(やまもと みづき)は、日本の女優、ファッションモデル。夫は俳優の瀬戸康史。第1回「東京スーパーモデルコンテスト」でグランプリを獲得しモデルとしてデビュー。その後、女優としても本格的に活動。

続きを読む


伊藤美誠
伊藤美誠(いとう みま)は、日本の女子卓球選手。2016年のリオデジャナイロオリンピックでは福原愛、石川佳純と共に女子団体に出場し銅メダルを獲得。彼女達2000年前後生まれは女子卓球黄金世代とも呼ばれています。

続きを読む


鄧小平
鄧小平(とう しょうへい)は、中華人民共和国の政治家。1978年12月から1989年11月まで中国の最高指導者。中国を社会主義経済から資本主義経済へ転換。現代の路線を築いた人物。

続きを読む


竹内まりや
デビュー当時はアイドル歌手のように活動。山下達郎と結婚後はシンガーソングライターとして多数のヒット曲を送り出します。

続きを読む


中村仁美
中村仁美(なかむら ひとみ)は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビ所属。夫はさまぁ〜ずの大竹一樹。フジテレビ時代に地上デジタル放送推進大使を担当。『すぽると!』『クイズ!ヘキサゴンII』などに出演。フジテレビを退社後はフリーアナウンサーとして活動。

続きを読む


関連記事 (俳優)

渥美清
渥美清は、コメディアン、俳優。山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズにおいて、主演の車寅次郎役を27年間48作に渡って演じた。亡くなった後に国民栄誉賞を授与された。

続きを読む


高見のっぽ
高見のっぽ(たかみ のっぽ)は、俳優、作家。1966年から1990年にNHK教育で放送された『できるかな』で一切喋らないキャラクター「ノッポさん」を務め上げ国民的な知名度を得た人物です。

続きを読む


山崎育三郎
山崎育三郎(やまざき いくさぶろう)は、日本のミュージカル俳優、歌手。妻は元モーニング娘。の安倍なつみ。ミュージカルファンから『プリンス』の愛称で親しまれる人物。テレビドラマにも進出。

続きを読む


萩原健一
萩原健一(はぎわら けんいち)は、日本の俳優・歌手。ニックネームは「ショーケン」。グルーブサウンズ全盛期にボーカルとして人気を得ます。その後、俳優に転身。テレビドラマ、映画で数々の主演を行いました。

続きを読む


中条きよし
中条きよし(なかじょう きよし)は、日本の歌手、俳優。演歌「うそ」が150万枚を超える大ヒット。『必殺仕事人』シリーズに三味線屋の勇次役でレギュラー出演。俳優としても名を上げます。2022年の参院選に出馬し当選。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ