5,545 views

ミキモトパール・御木本幸吉の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 御木本幸吉

記事公開日:2019年05月26日
最終更新日:2024年02月13日

御木本幸吉
出典:wikipedia.org 昭和20年代

御木本幸吉(みきもと こうきち)は、日本の実業家。

真珠の養殖とそのブランド化などで富を成した人物。御木本真珠店(現・ミキモト)創業者。

このページでは、御木本幸吉(みきもと こうきち)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

御木本幸吉(みきもと こうきち)の誕生日占い

生年月日:1858年3月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin131です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 青い猿 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin130
絶対反対kin kin1

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

ひとことでいえばKin131の誕生日占いは、多芸多才なのに自分を認めれないタイプです。

広告

御木本幸吉(みきもと こうきち)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

三重県で生まれます。実家は代々うどんの店。父は商売よりも機械類の発明・改良に関心があり、粉挽き臼の改良などで三重県から表彰を受けた人物。
祖父はうどん店を行いながら薪、炭、青物などの販売を手広く営み財をなした人物。

商才

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1872.3.10~ 14 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1876.3.10~ 18 201 6 赤い竜 黄色い戦士
早くからうどん店では財産を蓄えられないと思い、14歳でうどん店を手伝いながら青物の行商を始めます。
大きな目標を掲げ、時として大法螺吹きと言われ、イギリスの軍艦・シルバー号へ青果や卵を売り込むのに成功。
1876年の地租改正でコメに商機があるとみて、米穀商に転身。

ウェブスペルの色が黄色の始めころにうどん店を手伝いながら青物の行商を始めます。
黄色の半ばには米穀商に転身。

海産物商人

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1878.3.10~ 20 151 8 青い猿 黄色の種
1879.3.10~ 21 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1880.3.10~ 22 101 10 赤い竜 黄色い人
1881.3.10~ 23 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1878年に家督を相続。同年、志摩の海産物が有力な貿易商品になるのを確信し海産物商人に転身。
海産物商人として種々雑多な商品を扱う一方地元の産業振興に尽力。その後、志摩国海産物改良組合長、三重県勧業諮問委員、三重県商法会議員、などを務め地元の名士になっていた。
1881年にうめと結婚。

ウェブスペルの色が黄色の後半に海産物商人に転身。地元の産業振興に尽力。
黄色の最後付近に結婚。

真珠の養殖実験開始

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1888.3.10~ 30 161 5 赤い竜 赤い地球
1889.3.10~ 31 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1890.3.10~ 32 111 7 青い猿 赤い蛇
このころ世界の装飾品市場では天然の真珠が高値で取引されており全国のアコヤ貝は乱獲され絶滅の危機に瀕していました。
1888年にアコヤ貝の養殖を始めますが、真珠を生まない限り価値が低く経費倒れに終わります。
そこで「真珠の養殖」を最終目標として1890年より「真珠の養殖」の実験を開始。

ウェブスペルの色が赤色の半ばから「真珠の養殖」の実験を開始

真珠の養殖に成功

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1893.3.10~ 35 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
1896.3.10~ 38 221 13 赤い竜 赤い月
1893年に実験中のアコヤ貝の中に半円真珠が付着している貝を発見。「真珠の養殖」に成功。
1896年に半円真珠の特許を取得。同年、妻・うめが32歳で死去。
特許を取得をきっかけに幸吉の親族は積極的に真珠に関わるようになります。
また、真珠事業の独占が可能となり幸吉は他の事業を整理し、真珠事業に専念。

ウェブスペルの色が赤色の後半に「真珠の養殖」に成功。
赤色の最後の年に半円真珠の特許を取得。真珠事業に専念。

御木本真珠店

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1899.3.10~ 41 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1900.3.10~ 42 121 4 赤い竜 白い鏡
1905.3.10~ 47 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1899年に東京・銀座に御木本真珠店を開設。
1900年にパリ博覧会に真珠を出品。
1905年に真円真珠の養殖に成功。

ウェブスペルの色が白色の前半に御木本真珠店を開設。
白色の後半に真円真珠の養殖に成功。

世界進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1916.3.10~ 58 241 7 赤い竜 青い鷲
1918.3.10~ 60 191 9 青い猿 青い夜
1919.3.10~ 61 36 10 黄色い戦士 青い手
1916年に上海支店を開設。
1918年に様々な技術的実証から良質な真珠が大量に得られるようになり量産体制が整います。
1919年にロンドンの宝石市場に供給。

ウェブスペルの色が青色の後半に良質な真珠の量産体制が整い、世界へ輸出。

真珠裁判

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1921.3.10~ 63 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1927.3.10~ 69 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1929.3.10~ 71 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1921年にヨーロッパの宝石商が養殖真珠と天然真珠が見分けがつかない詐欺として訴訟に発展。
1927年に真珠裁判にて天然と養殖には全く違いが無かったという判決を受け全面勝訴。養殖真珠は世界に認められる宝石となった。一方、志摩地方のみならず全国的に真珠養殖の生産を広げていきます。
1927年にニューヨーク支店開設。
1929年にパリ支店開設。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に真珠裁判を起こされ、黄色の半ばに全面勝訴。世界各国に支店を開設。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1949.3.10~ 91 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1954.3.10~ 96 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
幸吉は真珠と真珠貝の養殖成功にとどまらず、真珠を宝石市場の中心に位置させる為のあらゆる努力を惜しまなかった。

1949年に真珠養殖事業による国際親善に対して中日文化賞受賞。
1954年9月21日に老衰のために死去。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に中日文化賞を受賞
白色の半ばに亡くなりました。

御木本幸吉(みきもと こうきち)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めころにうどん店を手伝いながら青物の行商を始めます。
黄色の半ばには米穀商に転身。
黄色の後半に海産物商人に転身。地元の産業振興に尽力。
赤色の半ばから「真珠の養殖」の実験を開始。
赤色の後半に「真珠の養殖」に成功。
赤色の最後の年に半円真珠の特許を取得。真珠事業に専念。
白色の前半に御木本真珠店を開設。
白色の後半に真円真珠の養殖に成功。
青色の後半に良質な真珠の量産体制が整い、世界へ輸出。
青色の最期付近に真珠裁判を起こされ、2度目の黄色の半ばに全面勝訴。世界各国に支店を開設。
2度目の白色の半ばに亡くなりました。

真珠を量産して輸出する事業は、当時天然の真珠を最大の事業としていたクウェートなどの中東諸国の経済を破壊。
特に天然真珠はクウェート沿岸地域で獲られていた。別の収入源の確保に必死になったクウェート王家はそれまで拒んできた外資による石油探鉱を許可。まもなく大きな油田が相次いで発見され世界のエネルギー地図が塗り替えられた。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

仲野太賀
仲野太賀(なかの たいが)は、日本の俳優。父は俳優の中野英雄。13歳の時に俳優デビュー。映画『すばらしき世界』の演技で日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を始め様々な賞を受賞。2024年の朝の連続テレビ小説『虎に翼』で佐田優三役で出演。

続きを読む


直木三十五(なおき さんじゅうご)は、日本の小説家。文学賞の直木賞は彼の名前に由来します。

続きを読む


照英
照英(しょうえい)は、日本の俳優、タレント。『星獣戦隊ギンガマン』のゴウキ役で俳優デビュー。『水戸黄門』に風の鬼若役で出演。恵まれた体躯を生かしスポーツ大会で好成績を収めます。非常に涙もろいことでも知られます。

続きを読む


膳場貴子
膳場貴子(ぜんば たかこ)は日本のフリーアナウンサー。東京大学を卒業後NHKにアナウンサーとして入局。退局後はTBSと専属契約。『NEWS23』でサブ、メインキャスター。2024年4月より『サンデーモーニング』のメインキャスター。

続きを読む


鈴木健二
鈴木健二(すずき けんじ)は日本のフリーアナウンサー、司会者。『歴史への招待』や『クイズ面白ゼミナール』などの司会者として高視聴率を叩きします。著作も多く『気くばりのすすめ』は400万部以上の大ベストセラーとなった。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin131)

松田聖子
松田聖子(まつだ せいこ)は、日本の歌手、女優、タレント。1980年代を代表するアイドル。ヘアスタイルの「聖子ちゃんカット」や、新しいアイドルとしての生き方に関しても多くの話題を集めた。

続きを読む


北尾光司
北尾光司(きたお こうじ)は、日本の元大相撲力士、元総合格闘家。60代横綱の時の四股名は双羽黒 光司(ふたはぐろ こうじ)。横綱の在位場所数は8場所。大相撲では1度も幕内優勝することなく引退。その後、プロレスで北尾として活動。

続きを読む


堀田茜
堀田茜(ほった あかね)は、日本のモデル、女優、タレント。第12回全日本国民的美少女コンテストの本選出場をきっかけに芸能事務所に所属。『世界の果てまでイッテQ!』に「出川ガール」として不定期に出演。元CanCam専属モデル。

続きを読む


木村安兵衛
木村安兵衛(きむら やすべえ)は、日本の実業家。木村屋總本店の創業者。「あんパン(酒種あんぱん)」を開発。木村屋のあんパンを茶菓子として明治天皇に献上。特に明治天皇の皇后から気に入られ、宮中御用達になります。

続きを読む


宇野康秀
宇野康秀(うの やすひで)は、実業家。USENの取締役会長。U-NEXTの代表取締役社長。父はUSEN創業者の宇野元忠。人材派遣会社インテリジェンスの設立。インテリジェンス、USEN、U-NEXTと3社を上場。

続きを読む


関連記事 (実業家)

齋藤憲三
齋藤憲三(さいとう けんぞう)は、日本の実業家・政治家。TDKの創業者。大学卒業後に事業を行うものの失敗の連続。その後、フェライトの工業化を行うために東京電気化学工業株式会社(現TDK株式会社)を設立。

続きを読む


大河内正敏
大河内正敏(おおこうち まさとし)は、日本の物理学者、実業家。理化学研究所の3代目所長となり、理研の特許発明の企業化を進め理化学興業を創業。その後も理化学研究所の研究成果を企業化。

続きを読む


御手洗毅
御手洗毅(みたらい たけし)は、日本の実業家。キヤノン創業者・初代社長。実業家になる前は東京で産婦人科医として御手洗産婦人科病院を開業していた。

続きを読む


栗原はるみ
栗原はるみ(くりはら はるみ)は、日本の料理研究家、実業家。日本人で初めてグルマン世界料理本賞の受賞者。多くの料理本を発表する一方、料理番組でも活躍。

続きを読む


笠原健治
笠原健治(かさはら けんじ)は、日本の実業家。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS) を運営するmixi(ミクシィ)の創業者であり、現在は会長。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ