4,529 views

三宅裕司の盟友・小倉久寛の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 小倉久寛

記事公開日:2021年09月14日
最終更新日:2024年06月19日

小倉久寛
→ 画像検索はこちら

小倉久寛(おぐら ひさひろ)は、日本の俳優、声優、ナレーター。

三宅裕司が主催のスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。
1980年代半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、その後『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。
『夢見通りの人々』で映画初主演。

このページでは、小倉久寛(おぐら ひさひろ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

小倉久寛(おぐら ひさひろ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1954年10月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin41です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 黄色い太陽 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin220
絶対反対kin kin171

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin41の誕生日占いは、一つの事をやり続けると成功するタイプです。浮き沈みの激しい面もあります。時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。

広告

小倉久寛(おぐら ひさひろ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

三重県出身。
幼少期は力道山に憧れトレーニングに励み腹筋が割れるほどになります。

スーパー・エキセントリック・シアター

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1977.10.26~ 23 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
1978.10.26~ 24 221 13 赤い竜 赤い月
1979.10.26~ 25 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
地元の高校を卒業し学習院大学に進学。
大学在学中に中村雅俊主演のテレビドラマ『俺たちの祭』に影響され役者を志します。
三宅裕司と知り合い1979年に『スーパー・エキセントリック・シアター』(SET)の旗揚げに参加。

ウェブスペルの色が白色の始めの年にスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。

日の目をみる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.10.26~ 30 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1985.10.26~ 31 176 7 黄色い戦士 白い犬
1986.10.26~ 32 21 8 赤い竜 白い魔法使い
大学を卒業し就職するものの2カ月で退職。役者に専念します。
スーパー・エキセントリック・シアターの草創期に貧乏暮らしを経験。
しかし1980年代中盤からバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、1986年に『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。
1987年から1989年まで『笑っていいとも』の木曜日レギュラー。

ウェブスペルの色が白色の半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。

映画初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.10.26~ 34 231 10 青い猿 白い風
1989.10.26~ 35 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1990.10.26~ 36 181 12 赤い竜 白い犬
1980年代の半ばからテレビドラマや映画の俳優としても活躍。
1989年に『夢見通りの人々』で映画初主演。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に『夢見通りの人々』で映画初主演。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.10.26~ 39 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1994.10.26~ 40 81 3 赤い竜 青い嵐
1995.10.26~ 41 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1994年に12歳年下の宝塚歌劇団の卒業生・速水渓と結婚。
初デート時から小倉から「結婚してください」と求婚し続け100回以上の末に結婚に至った。

ウェブスペルの色が青色の始めころに12歳年下の宝塚歌劇団の卒業生・速水渓と結婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.10.26~ 68 161 5 赤い竜 赤い地球
2023.10.26~ 69 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
2024.10.26~ 70 111 7 青い猿 赤い蛇
小倉久寛の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
70才の時はKin111。なにごとにもオールマイティーな年です。1つのことでは物足りないと感じるかもしれません。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

失うことは与えること。マイナスをプラスに。

小倉久寛(おぐら ひさひろ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の始めの年にスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。
白色の半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。
白色の最後付近に『夢見通りの人々』で映画初主演。
青色の始めころに12歳年下の宝塚歌劇団の卒業生・速水渓と結婚。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

段田安則
段田安則(だんた やすのり)は、日本の俳優。野田秀樹主宰の「夢の遊眠社」では解散まで主力俳優として活動。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの父・野田光一役を好演。以降も名バイプレイヤーとして活躍。

続きを読む


栗田貫一
栗田貫一(くりた かんいち)は、日本のタレント。ものまねタレントとして「ものまね四天王」の一人として活躍。1995年より山田康雄の後任の「ルパン三世」の声優を担当。

続きを読む


高橋洋子
高橋洋子(たかはし ようこ)は、日本の歌手。エヴァのOP曲「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」が大ヒット。エヴァ放映終了後も高い人気と知名度を保ちます。

続きを読む


見上愛
見上愛(みかみ あい)は、日本の女優。学生時代に舞台にはまりワタナベエンターテイメントのスクールに通ったことがきっかけで女優デビュー。2024年の映画『不死身ラヴァーズ』で映画単独初主演。

続きを読む


木戸大聖
木戸大聖(きど たいせい)は、日本の俳優、タレント。子供向け教育番組『おとうさんといっしょ』にレギュラー出演し卒業。『世界・ふしぎ発見!』の企画でテレビ史上初めて北極点へ到達。『僕たちの校内放送』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin041)

南こうせつ
南こうせつ(みなみ こうせつ)は、日本のフォークシンガー・元かぐや姫のリーダー。『かぐや姫』時代に「神田川」が大ヒット。しかしわずか5年ほどで解散。その後、ソロとして活動。ヒット曲を世に送り出します。

続きを読む


第二代・野村徳七
第二代・野村徳七(のむら とくしち)は、日本の実業家。金融を中心とした野村證券など野村財閥を築いた人物です。

続きを読む


橋本真也
橋本真也(はしもと しんや)は、日本のプロレスラー。新日本プロレス時代はIWGPヘビー級王者を通算20回防衛。小川直也との抗争で一時引退。プロレスリングZERO-ONEを旗揚げし他団体にも参加。

続きを読む


泉ピン子
泉ピン子(いずみ ピンこ)は、女優、コメディエンヌ、漫談家、歌手。『おしん』の母親役で高く評価される。その後『渡る世間は鬼ばかり』に出演。20年以上に渡りシリーズ化

続きを読む


佐藤B作
佐藤B作(さとう ビーさく)は、日本の俳優。劇団東京ヴォードヴィルショーを結成。その後、萩本欽一の「週刊欽曜日」にレギュラー出演。コントを繰り広げ、全国的な人気を得ます。

続きを読む


関連記事 (俳優)

西田敏行
西田敏行は、俳優、歌手、タレント、司会者。主演の映画『釣りバカ日誌』は2009年まで22作続いた自身の代表作。探偵!ナイトスクープの2代目局長に起用され司会者としての顔もあります。

続きを読む


GACKT
GACKT(ガクト)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。「芸能人格付けチェック!」で一流芸能人に分類されるほどの正解率を誇ります。

続きを読む


船越英一郎
船越英一郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。船越英一郎(ふなこし えいいちろう)は、日本の俳優、タレント、司会者。元妻は松井一代。2時間ドラマ、サスペンスドラマに多く出演し、「2時間ドラマの帝王」の異名を持ちます。

続きを読む


山田純大
山田純大(やまだ じゅんだい)は、日本の俳優。父は俳優・歌手の杉良太郎。朝の連続テレビ小説『あぐり』で俳優デビュー。ドラマ『水戸黄門』では4代目渥美格之進役に抜擢。ノンフィクション作家としてもデビュー。

続きを読む


伊原剛志
伊原剛志(いはら つよし)は、日本の俳優。ジャパンアクションクラブに入団。翌年俳優デビュー。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの幼なじみ役を演じ、全国的な知名度を得ます。『トクボウ 警察庁特殊防犯課』で連続ドラマ初主演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ