5,749 views

俳優・尾美としのりの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 尾美としのり

記事公開日:2020年01月21日
最終更新日:2023年11月26日

尾美としのり
→ 画像検索はこちら

尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。

子役としてデビュー。
『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。
宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

このページでは、尾美としのり(おみ としのり)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

尾美としのりの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1965年12月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin198です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 黄色い戦士 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin63
絶対反対kin kin68

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin198の誕生日占いは、いつも精一杯いきているタイプです。表現が下手です。中身が充実していれば謙虚になれる。言葉より行動を。

広告

尾美としのり(おみ としのり)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都目黒区出身。出生名は尾美利徳(おみ としのり)。
幼稚園生の時に劇団に入りたいと言いだし「劇団ひまわり」に入団。

子役時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.12.7~ 13 3 3 青い夜 赤い竜
1979.12.7~ 14 108 4 黄色い星 赤い蛇
1980.12.7~ 15 213 5 赤い空歩く人 赤い月
7才の頃にテレビドラマにゲスト出演。
1978年、13才の時に市川崑の監督映画「火の鳥」で子役デビュー。
1979年に大河ドラマ「草燃える」に北条泰時役で出演。

10代の頃はプロレスラーに憧れ、筋トレに励んでいたが身長が足りずに挫折。

ウェブスペルの色が赤色の前半に子役としてデビュー。

大林宣彦監督

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.12.7~ 17 163 7 青い夜 赤い地球
1983.12.7~ 18 8 8 黄色い星 赤い竜
1984.12.7~ 19 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1982年、17才の時に大林宣彦監督の映画「転校生」で小林聡美とW主演。注目を集めます。
以後、大林宣彦作品には旧尾道三部作を含め、計14作品に出演。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに映画「転校生」で主演。注目を集めます。

鬼平犯科帳

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.12.7~ 23 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1989.12.7~ 24 118 1 白い鏡 白い鏡
1990.12.7~ 25 223 2 青い夜 白い風
1989年からテレビドラマ『鬼平犯科帳』に同心の木村忠吾(うさ忠)役でレギュラー出演。尾美としのりの代表作となった。

ウェブスペルの色が白色に変わりテレビドラマ『鬼平犯科帳』にレギュラー出演。

宮藤官九郎脚本

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.12.7~ 37 183 1 青い夜 青い夜
2003.12.7~ 38 28 2 黄色い星 青い手
2004.12.7~ 39 133 3 赤い空歩く人 青い猿
2003年に『マンハッタンラブストーリー』に出演。この作品が契機となり宮藤官九郎脚本作品に数多く出演。

ウェブスペルの色が青色に変わり宮藤官九郎脚本の作品に多く出演。

あまちゃん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.12.7~ 44 138 8 白い鏡 青い猿
2012.12.7~ 47 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2013.12.7~ 48 38 12 白い鏡 青い手
2010年に朝の連続テレビ小説『てっぱん』に尾道の住職役で出演。
2013年の朝の連続テレビ小説『あまちゃん』ではヒロインの父親、黒川正宗役で出演。
同年末の紅白歌合戦では自らが運転するタクシーで足立ユイを乗せての会場入り。あまちゃんキャスト総出演で歌った「地元に帰ろう」でマラカスを振って盛り上げます。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に『あまちゃん』に出演。紅白歌合戦で「地元に帰ろう」を歌いマラカスを振って盛り上げた。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.12.7~ 56 98 7 白い鏡 黄色い人
2022.12.7~ 57 203 8 青い夜 黄色い戦士
2023.12.7~ 58 48 9 黄色い星 黄色い太陽
尾美としのりの現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
58才の時はKin48。表現力豊かで明るく忍耐強い年です。おしゃれな面もあります。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

十分に力を蓄えよ。家庭的に苦労しやすい。

尾美としのりのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に子役としてデビュー。
赤色の半ばに映画「転校生」で主演。注目を集めます。
白色に変わりテレビドラマ『鬼平犯科帳』にレギュラー出演。
青色に変わり宮藤官九郎脚本の作品に多く出演。
青色の最期付近に『あまちゃん』に出演。紅白歌合戦で「地元に帰ろう」を歌いマラカスを振って盛り上げた。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

斉藤こず恵
斉藤こず恵(さいとう こずえ)は、日本の女優、声優、ブルース歌手。1974年の朝ドラ『鳩子の海』で主人公・鳩子の子供時代を演じ天才子役として一躍有名となった。シングル「山口さんちのツトム君」が大ヒット。

続きを読む


隂山英男
隂山英男(かげやま ひでお)は日本の教育者。反復学習で基礎学力向上を目指す「陰山メソッド」確立。岸本裕史が提唱した「百ます計算」を広めたことでも有名。

続きを読む


藤原美樹
藤原美樹(ふじわら みき)、日本の料理研究家。愛称は「みきママ」。著書を出版。テレビや雑誌でも活躍。YouTube「みきママChannel」は総再生回数1.1億回超え。実弟はNEWSの小山慶一郎。

続きを読む


池内万作
池内万作(いけうち まんさく)は、日本の俳優。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。大江健三郎は叔父。ロンドンで演技と作劇を学んだあと日本で俳優デビュー。『こちら本池上署』では刑事二課巡査部長役でレギュラー出演。

続きを読む


竹内海南江
竹内海南江(たけうち かなえ)は、日本のタレント・リポーター。「日立 世界・ふしぎ発見!」では30年余りにわたりミステリーハンターを担当。訪れた国は100を超える。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin198)

吉行あぐり
吉行あぐり(よしゆき あぐり)は、日本の美容師。師である山野千枝子と同じように日本における美容師の草分け的存在。1997年上期の連続テレビ小説『あぐり』のヒロインのモデル。田中美里が演じました。

続きを読む


アントニオ猪木
アントニオ猪木の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。アントニオ猪木は、元プロレスラー、実業家、政治家。ジャイアント馬場らと共に、日本のプロレス黄金時代を築いたレスラーの一人。キャッチフレーズは『燃える闘魂』。国政にも進出しました。

続きを読む


間寛平
間寛平(はざま かんぺい)は、日本のお笑いタレント、歌手。吉本新喜劇のスターとして関西を中心に絶大な人気を得ます。「アヘアヘアヘアヘ…」「アーメマ!」「かいーの」などのギャグで有名。

続きを読む


香川照之
香川照之(かがわ てるゆき) は俳優、歌舞伎役者。俳優としてデビューしてから認知度を上げ2011年に歌舞伎俳優としても活躍します。

続きを読む


鈴木梨央
鈴木梨央(すずき りお)は、日本の女優、声優。芦田愛菜に憧れ同じ事務所に入り5歳の時から芸能活動を開始。大河ドラマ『八重の桜』や朝ドラ『あさが来た』ではヒロインの幼少期を演じます。

続きを読む


関連記事 (俳優)

寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


団時朗
団時朗(だん じろう)は、日本の俳優。『帰ってきたウルトラマン』で主人公・郷秀樹を演じて人気となります。その後、俳優として低迷期を迎えた時期がありましたが舞台に活路を見出した時期もあります。

続きを読む


奥田瑛二
奥田瑛二(おくだ えいじ)は、日本の俳優、映画監督、画家。業界屈指の色気を持つ俳優。映画監督としてモントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の3冠を受賞。

続きを読む


岸部一徳
岸部一徳(きしべ いっとく)は、日本の俳優、ミュージシャン。「相棒」の小野寺官房長役や、「ドクターX」の神原晶役など俳優で活躍していますが、俳優になる前はベーシストとして活躍していました。

続きを読む


中川大志
中川大志(なかがわ たいし)は、日本の俳優。スカウトを受け子役としてデビュー。ドラマ『家政婦のミタ』で一家の長男を演じて注目を集めます。『坂道のアポロン』と『覚悟はいいかそこの女子。』の演技で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ