5,245 views

俳優・窪田正孝の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 窪田正孝

記事公開日:2020年03月18日
最終更新日:2024年02月29日

窪田正孝
→ 画像検索はこちら

窪田正孝(くぼた まさたか)は、日本の俳優。妻は女優の水川あさみ。

2020年前期のNHK連続テレビ小説『エール』で作曲家の古関裕而をモデルにした主人公を務めます。男性が主演なのは『マッサン』以来6年ぶり。

このページでは、窪田正孝(くぼた まさたか)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 窪田正孝と水川あさみの誕生日占いと相性占い

窪田正孝(くぼた まさたか)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1988年8月6日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin150(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い犬 黄色い種 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い太陽
互いに秘かれあう 神秘kin 青い猿
以てるもの同士の類似kin 赤い月
鏡の向こうのもう一人の自分 kin111
絶対反対kin kin20

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin150の誕生日占いは、共感こそ心の支え、自分から行動できるタイプです。勘を大切にすることで自然にまとまるようになる。

広告

窪田正孝(くぼた まさたか)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県出身。3人兄弟の末っ子として生まれます。
中学生のころは「SLAM DUNK」の影響でバスケットボールをやっていました。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.8.6~ 16 10 10 白い犬 赤い竜
2005.8.6~ 17 115 11 青い鷲 赤い蛇
2006.8.6~ 18 220 12 黄色い太陽 赤い月
高校は自動車整備士を目指し工業高校に通います。
芸能界には興味がなかったが母の勧めでスターダストプロモーションのオーディションへ応募し、事務所に入所。
2006年4月に深夜ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』で主演。俳優デビュー。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に俳優デビュー。

三池監督

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.8.6~ 20 170 1 白い犬 白い犬
2009.8.6~ 21 15 2 青い鷲 白い魔法使い
2010.8.6~ 22 120 3 黄色い太陽 白い鏡
2008年に『ケータイ捜査官7』で主演。
このドラマは三池崇史を初めとし、金子修介、湯山邦彦、押井守などが監督陣を務め、放送が1年間続く隠れた人気ドラマ。
窪田正孝は三池崇史に出会ったことが俳優としての転機だったと語ります。

2009年に『浪花の華 緒方洪庵事件帳』で主演。時代劇ドラマ初挑戦。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に『ケータイ捜査官7』で主演。三池崇史と出会い、俳優として転機を迎えます。

花子とアン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.8.6~ 24 70 5 白い犬 白い世界の橋渡し
2014.8.6~ 26 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
2015.8.6~ 27 125 8 赤い蛇 白い鏡
2012年に大河ドラマ『平清盛』に清盛の子・重盛役で出演。
2014年に朝の連続テレビ小説『花子とアン』でヒロイン役・吉高由里子の幼なじみの木場朝市を演じ知名度を上げます。
その後、2014年に『Nのために』、2015年に『アルジャーノンに花束を』『デスノート』に出演。「2015ブレイク俳優」で一位を獲得。

ウェブスペルの色が白色の半ばに『花子とアン』に出演し知名度を上げ、その後も話題作に出演しブレイク。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.8.6~ 29 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
2018.8.6~ 30 180 11 黄色い太陽 白い犬
2019.8.6~ 31 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
2017年に共演を機に交際していた女優の水川あさみと2019年9月に結婚。
2019年にドラマ『ラジエーションハウス』で月9ドラマ初主演。
2020年の前期のNHK連続テレビ小説『エール』で主演。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に水川あさみと結婚。NHK連続テレビ小説『エール』で主演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.8.6~ 35 185 3 赤い蛇 青い夜
2024.8.6~ 36 30 4 白い犬 青い手
2025.8.6~ 37 135 5 青い鷲 青い猿
窪田正孝の現在は、ウェブスペルの色が青色の始まり付近に当たります。
35才の時はKin185。ロマンを求めている年です。人々に夢を与える存在です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。

先が見えないときは気持ちにゆとりをもって。

窪田正孝(くぼた まさたか)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の最後付近に俳優デビュー。
白色の始めの年に『ケータイ捜査官7』で主演。三池崇史と出会い、俳優として転機を迎えます。
白色の半ばに『花子とアン』に出演し知名度を上げ、その後も話題作に出演しブレイク。
白色の最後付近に水川あさみと結婚。NHK連続テレビ小説『エール』で主演。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

池脇千鶴
池脇千鶴の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。池脇千鶴(いけわき ちづる)は、日本の女優。第8代リハウスガールに選出され芸能界デビュー。2001年に朝の連続テレビ小説『ほんまもん』でヒロインに選出。30代になってからは生活感のある母親の役を演じることが増えます。

続きを読む


小西博之
小西博之(こにし ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。愛称はコニタン。『欽ちゃんの週刊欽曜日』のレギュラーとして抜擢。「欽ちゃんファミリー」の一員として人気を博します。『ザ・ベストテン』の2代目男性司会者。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin150)

野口健
野口健(のぐち けん)は、アメリカ出身の日本人登山家。ヒマラヤ、富士山での清掃活動といった環境保護活動、ヒマラヤでの学校建設・森林づくり、第二次世界大戦の戦没者の遺骨収集などの社会貢献活動を行っています。

続きを読む


土光敏夫
土光敏夫(どこう としお)は、日本のエンジニア、実業家。石川島重工業・石川島播磨重工業 社長、東芝 社長・会長を歴任、経済団体連合会第4代会長に就任。橘学苑の理事長、校長を創設者の母から引き継ぎ。「メザシの土光さん」と親しまれます。

続きを読む


浅田真央
浅田真央(あさだ まお)は、2000年代から2010年代にかけて活躍した日本のフィギュアスケート選手。バンクーバーオリンピックで銀メダリスト。アマチュア引退後は、プロスケーター・タレントとして活動。

続きを読む


稲森いずみ
稲森いずみ(いなもり いずみ)は、日本の女優。フジテレビドラマ『上を向いて歩こう!』で女優デビュー。以降毎年連続ドラマに出演。ドラマ『ハッピー・マニア』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


田臥勇太
田臥勇太(たぶせ ゆうた)は、日本のプロバスケットボール選手。NBAフェニックス・サンズで開幕メンバーに登録され日本人初のNBAプレーヤーとなった。日本復帰後リンク栃木で活躍。能代工業高校時代は3年連続で高校総体、国体、全国高校選抜を制覇。史上初の9冠達成。

続きを読む


関連記事 (俳優)

寺島進
寺島進(てらじま すすむ)は、日本の俳優。その強面のキャラクターでヤクザ映画に欠かせない俳優としての地位を確立。その後、テレビドラマに進出。人気が出て個性派俳優として知られるようになります。

続きを読む


千葉真一
千葉真一(ちば しんいち)は、日本の俳優。日本を代表する映画スター。海外では「サニーちば」の名で知られています。スタントマン育成のため作ったジャパンアクションクラブの創設者でもあります。

続きを読む


藤山寛美
藤山寛美(ふじやま かんび)は、日本の喜劇役者。戦後昭和の上方喜劇界を代表する喜劇役者。永年にわたり松竹新喜劇の大スターとして活躍。「あほの寛ちゃん」として人気を博した。

続きを読む


松平健
松平健(まつだいら けん)は、俳優、歌手。『暴れん坊将軍』の主役徳川吉宗に抜擢され時代劇スターとして認知されます。大河ドラマでは常連俳優のひとりとなります。

続きを読む


工藤阿須加
工藤阿須加(くどう あすか)は、日本の俳優、タレント、キャスター。ドラマ『ルーズベルト・ゲーム』では約100名の中からオーディションを勝ち抜き、父と同じピッチャーを演じます。初の冠番組『工藤阿須加が行く 農業始めちゃいました』がスタート。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ