5,273 views

俳優・蟹江敬三の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 蟹江敬三

記事公開日:2020年05月13日
最終更新日:2024年05月10日

蟹江敬三
→ 画像検索はこちら

蟹江敬三(かにえ けいぞう)は、日本の俳優、ナレーター。

悪役などアクの強い役での存在感で個性派俳優としての現在の地位を確立。
渋い声を活かし『ガイアの夜明け』などのナレーターとしても活躍していました。

このページでは、蟹江敬三(かにえ けいぞう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

蟹江敬三(かにえ けいぞう)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1944年10月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin33です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 青い手 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin228
絶対反対kin kin163

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin33の誕生日占いは、生きていくことに真剣で人から信頼されるタイプです。着実に進もう。

広告

蟹江敬三(かにえ けいぞう)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。

劇団青俳

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.10.28~ 18 103 12 青い夜 黄色い人
1963.10.28~ 19 208 13 黄色い星 黄色い戦士
1964.10.28~ 20 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
引っ込み思案でしたが高校在学中に舞台に立ったのをきっかけに俳優の道を志します。
高校を卒業し劇団青俳に入団。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に高校を卒業し劇団青俳に入団。

現代人劇場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.10.28~ 23 108 4 黄色い星 赤い蛇
1968.10.28~ 24 213 5 赤い空歩く人 赤い月
1969.10.28~ 25 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
劇団青俳を経て、演出家の蜷川幸雄らと1968年に「現代人劇場」へ移籍。
現代人劇場は青俳を脱退した岡田英次らが立ち上げた劇団。

ウェブスペルの色が赤色の前半に蜷川幸男らと現代人劇場に移籍。

櫻社

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.10.28~ 28 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1973.10.28~ 29 218 10 白い鏡 赤い月
1974.10.28~ 30 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1972年に蜷川や石橋蓮司らと「櫻社」を旗揚げします。
演劇活動を行う一方、映画やテレビの時代劇・刑事ドラマにも数多く出演。
1970年代は、その野性的な魅力は、日活ロマンポルノにおいて「強姦の美学」とまで讃えられた。
「櫻社」は1974年に解散。

長女の栗田桃子は1973年、長男の蟹江一平は1976年に誕生。後に父と同じ道を進みます。

ウェブスペルの色が赤色の後半に蜷川や石橋蓮司らと「櫻社」を旗揚げ。演劇活動以外に映画やテレビの時代劇・刑事ドラマにも数多く出演。

Gメン’75

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.10.28~ 31 168 12 黄色い星 赤い地球
1976.10.28~ 32 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1977.10.28~ 33 118 1 白い鏡 白い鏡
1975年より刑事ドラマ『Gメン’75』に時々出演。
特に犯人役の望月源治役は凶悪な役柄で蟹江の代表作となった。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近より刑事ドラマ『Gメン’75』に時々出演。

個性派俳優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.10.28~ 36 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1981.10.28~ 37 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1982.10.28~ 38 123 6 青い夜 白い鏡
1980年代前半は悪役として出演することが多く、当時小学生だった息子の蟹江一平はいじめをうけたこともあった。

しかし1980年に『熱中時代』第2シリーズに近所の派出所の警察官・佐藤忠信役で出演。
ここから悪人役から善人役への転身に成功。個性派俳優としてのポジションを確立。
日本人俳優屈指のバイプレーヤーと称されるようになります。

ウェブスペルの色が白色の前半に『熱中時代』で派出所の警察官役を演じてから善人役への転身に成功。個性派俳優としてのポジションを確立。

ガイアの夜明け

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.10.28~ 58 143 13 青い夜 青い猿
2003.10.28~ 59 248 1 黄色い星 黄色い星
2004.10.28~ 60 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
渋い声を活かしたナレーションでも有名、特に2002年から『ガイアの夜明け』のナレーションを担当。

ウェブスペルの色が青色の最後の年より『ガイアの夜明け』のナレーションを担当。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.10.28~ 67 48 9 黄色い星 黄色い太陽
2012.10.28~ 68 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2013.10.28~ 69 258 11 白い鏡 黄色い星
2013年12月末に末期の胃がんと診断を受けます。
入退院を繰り返し、2014年3月30日に亡くなりました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に胃がんで亡くなりました。

蟹江敬三(かにえ けいぞう)のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

黄色の最後付近に高校を卒業し劇団青俳に入団。
赤色の前半に蜷川幸男らと現代人劇場に移籍。
赤色の後半に蜷川や石橋蓮司らと「櫻社」を旗揚げ。演劇活動以外に映画やテレビの時代劇・刑事ドラマにも数多く出演。
赤色の最後付近より刑事ドラマ『Gメン’75』に時々出演。凶悪な役柄で蟹江の代表作となった。
白色の前半に『熱中時代』で派出所の警察官役を演じてから善人役への転身に成功。個性派俳優としてのポジションを確立。
青色の最後の年より『ガイアの夜明け』のナレーションを担当。
2度目の黄色の最後付近に胃がんで亡くなりました。

2014年5月13日に青山葬儀所でお別れ会が行われ700人が参列し別れを惜しみました。

参考文献
蟹江敬三(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

浜田幸一
浜田幸一(はまだ こういち)は、日本の政治家、タレント。「ハマコー」の愛称で知られ、「国会(政界)の暴れん坊」の異名を持ちます。衆議院議員を7期務めました。政界引退後はタレントとして活動。

続きを読む


竹島宏
竹島宏(たけしま ひろし)は、日本の演歌、ムード歌謡の歌手。作詞家の久仁京介よりスカウトされデビュー。北川大介、山内惠介とともにイケメン演歌歌手トリオ「イケメン3」を結成。26thのシングルは最高順位が初の10位以内となる5位を獲得。

続きを読む


山下美月
山下美月(やました みづき)は、日本のアイドル、女優。乃木坂46の3期生オーディションに合格しデビュー。アイドル活動はもとよりモデル、女優としても活動。朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』にレギュラー出演。2024年に乃木坂46を卒業。

続きを読む


つのだじろう
つのだじろうは日本の漫画家・心霊研究家。『空手バカ一代』の作画で大ヒット。『うしろの百太郎』『恐怖新聞』など怪奇漫画で大ブームを起こしオカルト漫画の第一人者となった。

続きを読む


千堂あきほ
千堂あきほ(せんどう あきほ)は、日本の女優、タレント、元歌手。『オールナイトフジ』の司会を担当し人気に火がつきます。歌手として活動後は女優・タレントに専念。バブル時代を象徴する女性として活躍。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin033)

風間トオル
風間トオル(かざま トオル)は、日本の俳優。モデルとして活動後にドラマ『ハートに火をつけて!』で俳優デビュー。代表作に『はみだし刑事情熱系』や『科捜研の女』などあります。

続きを読む


北の湖
北の湖 敏満(きたのうみ としみつ)さんは、第55代横綱。横綱昇進の最年少記録などを持ち、現役時代は「憎らしいほど強い」といわれた横綱です。

続きを読む


石田ゆり子
石田ゆり子(いしだ ゆりこ)は、俳優・歌手。高校生の時にスカウトされキャンペーンガールとして活躍。その後、女優と活躍。またアニメのアフレコにも挑戦します。『もののけ姫』サン役は有名です。

続きを読む


高橋英樹
高橋英樹(たかはし ひでき)は、俳優・タレント・司会者。日活に入社し若手俳優として映画に出演。その後テレビへ活躍の場を移し時代劇俳優として活躍します。

続きを読む


グレース・ケリー
グレース・ケリーはモナコ大公レーニエ3世妃、アメリカの女優。気品に満ちたクール・ビューティーと賛美された。人気絶頂の中、モナコの王様と結婚し女優から引退。

続きを読む


関連記事 (俳優)

新納慎也
新納慎也(にいろ しんや)は、日本の俳優。その個性的な存在感に「ミュージカル界の異端児」と称されます。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では源頼朝の弟で僧侶の阿野全成役で出演。

続きを読む


椎名桔平
椎名桔平(しいな きっぺい)は、日本の俳優。元妻は女優の山本未來。映画『ヌードの夜』に同性愛者役で出演し注目を集めます。1990年代半ばよりテレビドラマに出演し知られる存在となった。

続きを読む


渡瀬恒彦
渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)は日本の俳優・歌手。兄は俳優の渡哲也。映画で活躍後にテレビで多く見られるようになります。特に、多数の刑事ドラマシリーズで主演を行いました。2017年にガンで亡くなります。

続きを読む


岡田将生
岡田将生(おかだ まさき)は、日本の俳優。俳優としてデビューしてまもなく映画5本に主役級で出演し映画の新人賞を総なめ。大河ドラマ『平清盛』で源頼朝役。同ドラマの語り部を担当し大河ドラマ史上最年少の語り担当となった。

続きを読む


城田優
城田優(しろた ゆう)は、日本の俳優、タレント、歌手。ミュージカル・美少女戦士セーラームーンで俳優デビュー。以降は、ドラマ、映画、舞台など幅広く活躍。山崎育三郎、尾上松也とユニット『IMY(あいまい)』を結成。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ