7,076 views

君の名は。新海誠の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 新海誠

記事公開日:2017年11月24日
最終更新日:2024年05月16日

新海誠
出典:wikipedia.org

新海誠(しんかい まこと)は、日本のアニメーション作家・映画監督、小説家。

2016年に公開した『君の名は。』で監督、脚本、原作を担当、日本のアニメーション監督としては宮崎駿に続いて2人目となる興行収入100億円の大台を突破しました。

妻は女優の三坂知絵子、娘の新津ちせは、「パプリカ」で知られる音楽ユニット「Foorin」メンバー。

このページでは、新海誠(しんかい まこと)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

新海誠(しんかい まこと)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1973年2月9日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin217です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 赤い月 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin44
絶対反対kin kin87

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin217の誕生日占いは、細かなことによく気がつくタイプです。誤解を受けやすい面もあります。勢いがつくほどに冷静沈着を心がける。

広告

新海誠(しんかい まこと)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

長野県南佐久郡小海町で生まれます。
実家は明治42年創業の建設会社を代々営む新津組。父で3代目、年商70億円の規模の大きな会社です。子供のころからSFが大好きで、当時まだ珍しかったパソコンを買い与えられ遊んでいたそうです。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.2.9~ 18 27 1 青い手 青い手
1992.2.9~ 19 132 2 黄色い人 青い猿
1993.2.9~ 20 237 3 赤い地球 青い鷲
長野の高校を卒業後に1991年に上京し中央大学に進学します。

中央大学に在学中に立川市のゲーム会社・日本ファルコムでアルバイトを始めます。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に上京し大学に進学します。日本ファルコムでアルバイトを始めます。

日本ファルコムは8ビットパソコンの時代からゲームを作っている老舗メーカー。
ドラゴンスレイヤーシリーズ、イースシリーズ、英雄伝説シリーズなどが代表作があります。

日本ファルコム時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.2.9~ 23 32 6 黄色い人 青い手
1997.2.9~ 24 137 7 赤い地球 青い猿
1998.2.9~ 25 242 8 白い風 青い鷲
1996年に中央大学を卒業。4代目として家業を継ぐための修行として都内の住宅メーカーに勤める予定でしたが、断り、日本ファルコムへ正式に入社します。

日本ファルコムでは、ゲーム開発部門を希望しますが叶わず創業者の加藤の直轄チームでパッケージ制作を担当。その傍ら自主制作アニメーションを制作します。会社員時代は夜中に帰宅したあと午前3時頃までアニメーション制作を行い、翌朝6時に起床し出社する生活が続きます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに日本ファルコムへ入社します。仕事の傍ら自主制作アニメーションを制作します。

ほしのこえ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.2.9~ 28 37 11 赤い地球 青い手
2002.2.9~ 29 142 12 白い風 青い猿
2003.2.9~ 30 247 13 青い手 青い鷲
2001年に5年ほど勤めた日本ファルコムを退社。
2002年に初の劇場公開作品となる『ほしのこえ』を発表。約25分のフルデジタルアニメーションの作品でほとんどの作業を新海一人で行います。
多数の賞を受賞をします。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に日本ファルコムを退社し、翌年に初の劇場公開作品となる『ほしのこえ』を発表します。

雲のむこう、約束の場所

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.2.9~ 31 92 1 黄色い人 黄色い人
2005.2.9~ 32 197 2 赤い地球 黄色い戦士
2006.2.9~ 33 42 3 白い風 黄色い太陽
2007.2.9~ 34 147 4 青い手 黄色の種
2008.2.9~ 35 252 5 黄色い人 黄色い星
2004年に初の長編作品(91分)となる『雲のむこう、約束の場所』を発表。この作品で第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を、宮崎駿監督の『ハウルの動く城』などを抑え受賞します。
この作品は小説版、マンガ版も作られます。

2007年に『秒速5センチメートル』(63分)を発表。単館上映ながら半年に及ぶロングランを記録。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に『雲のむこう、約束の場所』、黄色の前半に『秒速5センチメートル』を発表。

言の葉の庭

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.2.9~ 37 202 7 白い風 黄色い戦士
2011.2.9~ 38 47 8 青い手 黄色い太陽
2012.2.9~ 39 152 9 黄色い人 黄色の種
2013.2.9~ 40 257 10 赤い地球 黄色い星
2010年に長女の新津ちせが誕生します。三坂知絵子と結婚した年は不明。

2011年に『星を追う子ども』(116分)を発表。興行的には成功せず、新海作品唯一の赤字作品でした。

2013年に『言の葉の庭』(46分)を発表。全国23館で料金は1000円均一。累計12万人以上を動員します。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに長女の新津ちせが誕生します。

黄色の後半に『星を追う子ども』を発表しますが興行的に赤字作品でした。『言の葉の庭』は累計12万人以上の観客を動員します。

君の名は。

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.2.9~ 43 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2016年に『君の名は。』を発表。日本のアニメーション監督としては宮崎駿に続いて2人目となる興行収入100億円の大台を突破。
中国やタイなどのアジア圏、ヨーロッパ圏においても大人気の映画となります。
原作本として自身が執筆した『小説・君の名は。』は100万部を突破します。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に『君の名は。』を発表し大ヒットします。

天気の子

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.2.9~ 46 107 3 青い手 赤い蛇
2019年に『天気の子』を公開。前作『君の名は。』から3年ぶりとなる、7作目の劇場用アニメーション映画。
前作『君の名は。』に続いて興行収入100億円の大台を突破。

ウェブスペルの色が赤色の前半に『天気の子』は前作『君の名は。』に続いて興行収入100億円の大台を突破。

すずめの戸締まり

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.2.9~ 49 162 6 白い風 赤い地球
2022年に『すずめの戸締まり』を公開。前作『天気の子』から3年ぶりとなる、8作目の劇場用アニメーション映画。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに『すずめの戸締まり』を公開。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.2.9~ 50 7 7 青い手 赤い竜
2024.2.9~ 51 112 8 黄色い人 赤い蛇
2025.2.9~ 52 217 9 赤い地球 赤い月
新海誠の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
50才の時はKin7。感動しやすくノリのよい年です。素直さがとりえです。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

一歩退いて周囲を見ましょう。

新海誠(しんかい まこと)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の始めの年に上京し大学に進学します。日本ファルコムでアルバイトを始めます。
青色の半ばに日本ファルコムへ入社します。仕事の傍ら自主制作アニメーションを制作します。
青色の最期付近に日本ファルコムを退社し、翌年に初の劇場公開作品となる『ほしのこえ』を発表します。
黄色の始めの年に『雲のむこう、約束の場所』、黄色の前半に『秒速5センチメートル』を発表。
黄色の半ばに長女の新津ちせが誕生します。
黄色の後半に『星を追う子ども』を発表しますが興行的に赤字作品でした。『言の葉の庭』は累計12万人以上の観客を動員します。
黄色の最後の年に『君の名は。』を発表し大ヒットします。
赤色の前半に『天気の子』は前作『君の名は。』に続いて興行収入100億円の大台を突破。
赤色の半ばに『すずめの戸締まり』を公開。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小西博之
小西博之(こにし ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。愛称はコニタン。『欽ちゃんの週刊欽曜日』のレギュラーとして抜擢。「欽ちゃんファミリー」の一員として人気を博します。『ザ・ベストテン』の2代目男性司会者。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin217)

ASKA
ASKA(アスカ)は、日本の男性ミュージシャン、シンガーソングライター。元CHAGE and ASKAのメンバー。多くの楽曲のボーカル・作詞・作曲を担当。CHAGE and ASKAで「SAY YES」「YAH YAH YAH」がダブルミリオン。ソロで「はじまりはいつも雨」がミリオンセラー。

続きを読む


大杉蓮
大杉蓮(おおすぎ れん)は、日本の俳優、タレント。様々な役柄をこなし「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得ます。2018年2月21日に急逝しました。

続きを読む


陳建一
陳建一(ちん けんいち)は、中華料理(四川料理)の料理人、調理師、料理研究家。テレビ番組『料理の鉄人』への出演で知られます。四川飯店グループのオーナーとして日本各地で店舗を展開。父は日本における四川料理の父といわれた陳建民。

続きを読む


坂田利夫
坂田利夫(さかた としお)は日本のお笑い芸人。「アホの坂田」で知られる人物。上方を代表する芸人。以前はコメディNo.1という漫才コンビを行っていました。

続きを読む


カズレーザー
カズレーザーは、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・メイプル超合金のボケ担当。クイズが得意で、多くのテレビ番組に出場。同じくクイズを得意とする芸人のロザン・宇治原史規とは良きライバル。

続きを読む


関連記事 (作家)

浅田次郎
浅田次郎(あさだ じろう)は、日本の小説家。日本ペンクラブ元会長。『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員』で直木賞を受賞。映画化、テレビ化された作品も多い。2011年-2017年日本ペンクラブ会長。

続きを読む


柴田錬三郎
柴田錬三郎(しばた れんざぶろう)は、日本の小説家。歴史小説に新風を送った人物。戦国・幕末を扱った作品が多く、剣客ブームを巻き起こした。亡くなった後に業績をたたえ柴田錬三郎賞が創設。

続きを読む


村上春樹
村上春樹は、日本の小説家。1987年にノルウェイの森が上下430万部を販売し村上春樹ブームが起きます。日本国外でも人気が高くノーベル文学賞の最有力候補として名があげられます。

続きを読む


北原白秋
北原白秋(きたはら はくしゅう)は、日本の詩人、童謡作家、歌人。児童雑誌『赤い鳥』で童謡作品を次々と発表。作曲家・山田耕筰と共に数々の童謡の傑作を世に送り出します。

続きを読む


又吉直樹
又吉直樹(またよし なおき)は、日本のお笑いタレント、小説家、俳優。お笑いコンビ・線香花火で活動、解散後にお笑いコンビ・ピースのボケ担当。2015年に小説『火花』で芥川賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ