5,372 views

女優・檀ふみの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 檀ふみ

記事公開日:2021年01月15日
最終更新日:2024年06月01日

檀ふみ
→ 画像検索はこちら

檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。

クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。
父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

このページでは、檀ふみ(だん ふみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

檀ふみ(だん ふみ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1954年6月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin158です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 赤い地球 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin103
絶対反対kin kin28

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin158の誕生日占いは、悩みと葛藤をバネに生きれるタイプです。前進したほうが良い。

広告

檀ふみ(だん ふみ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都練馬区出身。
父は作家の檀一雄(だん かずお)。私小説や歴史小説、料理の本などで知られる人物です。
この家の長女として誕生。兄・檀太郎(だんたろう)は後のエッセイスト。
子どもの頃から家や学校で良い子と見られ育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.6.5~ 15 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1971.6.5~ 17 123 6 青い夜 白い鏡
1972.6.5~ 18 228 7 黄色い星 白い風
1970年に東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)一年の15歳のときスカウトされます。
この時父がポルトガルへの長期旅行。帰国するまで待てと一時おあずけ。
1972年に父が帰国し交渉を再開。同年、映画『昭和残侠伝 破れ傘』にお雪役で女優デビュー。

ウェブスペルの色が白色の半ばに女優デビュー。

連想ゲーム

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.6.5~ 19 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1974.6.5~ 20 178 9 白い鏡 白い犬
1975.6.5~ 21 23 10 青い夜 白い魔法使い
高校を卒業し一浪後の1974年に慶應義塾大学経済学部経済学科に進学。大学は6年かけて卒業。

1973年よりNHKのクイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー解答者に抜擢。『連想ゲーム』では15年間の長期にわたって親しまれます。
女優業では清純派女優として人気を博します。1974年に映画『青春の蹉跌』で萩原健一の相手役に起用され人気急上昇。
1976年に映画『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』で柳生雅子役。同年、父の一雄が死去。

ウェブスペルの色が白色の後半にNHKのクイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー解答者に抜擢。

日本の面影

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.6.5~ 30 188 6 黄色い星 青い夜
1985.6.5~ 31 33 7 赤い空歩く人 青い手
1986.6.5~ 32 138 8 白い鏡 青い猿
1984年にドラマ『日本の面影』で小泉セツ役。檀ふみの代表作と言われます。セツは小泉八雲の妻。
1985年に『春の波涛』で大河ドラマ初出演。
1986年に父が原作の「火宅の人」が映画化。主人公・桂一雄役(緒形拳演)の母役。
1994年に『わが愛の譜・滝廉太郎物語』で第17回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。
1996年より2002年まで『N響アワー』で司会のサポート役。

ウェブスペルの色が青色の半ばにドラマ『日本の面影』で小泉セツ役。檀ふみの代表作と言われます。

ああ言えばこう食う

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.6.5~ 44 98 7 白い鏡 黄色い人
1999.6.5~ 45 203 8 青い夜 黄色い戦士
2000.6.5~ 46 48 9 黄色い星 黄色い太陽
父・一雄の影響で、自らも料理、食事に関するエッセイを執筆。
大学の先輩であり、作家の娘という繋がりのある親友の阿川佐和子と共著『ああ言えばこう食う』を1998年に出版。1999年に第15回講談社エッセイ賞を受賞。
阿川とはこの本を含め6冊の共著があります。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに阿川佐和子と共著『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞を受賞。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.6.5~ 60 218 10 白い鏡 赤い月
2015.6.5~ 61 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2019.6.5~ 65 223 2 青い夜 白い風
2015年に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演の井上真央の母役。
2019年にドラマ『初めて恋をした日に読む話』で主演の深田恭子の母役。

ウェブスペルの色が赤色の後半に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演の母役。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.6.5~ 68 18 5 白い鏡 白い魔法使い
2023.6.5~ 69 123 6 青い夜 白い鏡
2024.6.5~ 70 228 7 黄色い星 白い風
檀ふみの現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
70才の時はKin228。ボランティア精神が旺盛な年です。プロ意識が強く妥協しません。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

困難を克服しなければ活力と達成感は得られない。

檀ふみ(だん ふみ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに女優デビュー。
白色の後半にNHKのクイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー解答者に抜擢。清純派女優として人気。
青色の半ばにドラマ『日本の面影』で小泉セツ役。檀ふみの代表作と言われます。
黄色の半ばに阿川佐和子と共著『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞を受賞。
赤色の後半に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演の母役。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

斉藤こず恵
斉藤こず恵(さいとう こずえ)は、日本の女優、声優、ブルース歌手。1974年の朝ドラ『鳩子の海』で主人公・鳩子の子供時代を演じ天才子役として一躍有名となった。シングル「山口さんちのツトム君」が大ヒット。

続きを読む


隂山英男
隂山英男(かげやま ひでお)は日本の教育者。反復学習で基礎学力向上を目指す「陰山メソッド」確立。岸本裕史が提唱した「百ます計算」を広めたことでも有名。

続きを読む


藤原美樹
藤原美樹(ふじわら みき)、日本の料理研究家。愛称は「みきママ」。著書を出版。テレビや雑誌でも活躍。YouTube「みきママChannel」は総再生回数1.1億回超え。実弟はNEWSの小山慶一郎。

続きを読む


池内万作
池内万作(いけうち まんさく)は、日本の俳優。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。大江健三郎は叔父。ロンドンで演技と作劇を学んだあと日本で俳優デビュー。『こちら本池上署』では刑事二課巡査部長役でレギュラー出演。

続きを読む


竹内海南江
竹内海南江(たけうち かなえ)は、日本のタレント・リポーター。「日立 世界・ふしぎ発見!」では30年余りにわたりミステリーハンターを担当。訪れた国は100を超える。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin158)

谷川浩司
谷川浩司(たにがわ こうじ)は、現役の将棋棋士。十七世名人。羽生善治とは現役棋士同士最多となる150局を超える戦い。タイトル通算獲得数(27期)は歴代5位。藤井聡太に更新されるまで最年少名人の記録保持者。

続きを読む


松本人志
松本人志(まつもと ひとし)は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。奥さんは元お天気キャスターの伊原凛。

続きを読む


桂歌丸
桂歌丸(かつら うたまる)は、日本の落語家。『笑点』の放送開始から出演、およそ50年笑点のメンバーとして活躍。2006年より10年間は『笑点』の5代目司会者を務めました。

続きを読む


池内万作
池内万作(いけうち まんさく)は、日本の俳優。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。大江健三郎は叔父。ロンドンで演技と作劇を学んだあと日本で俳優デビュー。『こちら本池上署』では刑事二課巡査部長役でレギュラー出演。

続きを読む


永瀬正敏
永瀬正敏(ながせ まさとし)は、日本の俳優。元妻は歌手の小泉今日子。出演作の大半は映画作品。『私立探偵 濱マイク』はテレビドラマ化され人気になります。

続きを読む


関連記事 (女優)

釈由美子
釈由美子(しゃく ゆみこ)は日本の女優、元グラビアアイドル。漫画雑誌『週刊ヤングマガジン』の「Missキャンパスグランプリ」に選出され芸能界入り。グラビアアイドルで活動後女優に転身。代表作に『スカイハイ』『7人の女弁護士』など。

続きを読む


中江有里
中江有里(なかえ ゆり)は、日本の女優、脚本家、文筆家、歌手。美少女コンテストで優勝し芸能界入り。その後、ラジオドラマ脚本が入選。以降、脚本家としても活動。近年は、女優業よりも文筆家やテレビ番組のコメンテーターとして活動。

続きを読む


富司純子
富司純子(ふじ すみこ)は、日本の女優・司会者。映画『緋牡丹博徒』の主演に抜擢。瞬く間に東映を代表するスターとなった。歌舞伎俳優の七代目尾上菊五郎と結婚し芸能界から引退。その後『3時のあなた』の司会に就任し芸能界に復帰。

続きを読む


宮本信子
宮本信子(みやもと のぶこ)は、日本の女優、歌手。夫の伊丹十三監督の映画『お葬式』でブレイク、続く『マルサの女』で大ブレイク。長男は俳優の池内万作。

続きを読む


葵わかな
葵わかな(あおい わかな)は日本の女優。2017年度下半期放送の連続テレビ小説『わろてんか』のヒロイン・藤岡てん役を演じた人物です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ