1,583 views

女優・檀ふみの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 檀ふみ

記事公開日:2021年01月15日
最終更新日:2023年01月05日

檀ふみ
→ 画像検索はこちら

檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。

クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。
父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

このページでは、檀ふみ(だん ふみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

檀ふみ(だん ふみ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1954年6月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin158です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 赤い地球 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin103
絶対反対kin kin28

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin158の誕生日占いは、悩みと葛藤をバネに生きれるタイプです。前進したほうが良い。

広告

檀ふみ(だん ふみ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都練馬区出身。
父は作家の檀一雄(だん かずお)。私小説や歴史小説、料理の本などで知られる人物です。
この家の長女として誕生。兄・檀太郎(だんたろう)は後のエッセイスト。
子どもの頃から家や学校で良い子と見られ育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.6.5~ 15 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1971.6.5~ 17 123 6 青い夜 白い鏡
1972.6.5~ 18 228 7 黄色い星 白い風
1970年に東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)一年の15歳のときスカウトされます。
この時父がポルトガルへの長期旅行。帰国するまで待てと一時おあずけ。
1972年に父が帰国し交渉を再開。同年、映画『昭和残侠伝 破れ傘』にお雪役で女優デビュー。

ウェブスペルの色が白色の半ばに女優デビュー。

連想ゲーム

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.6.5~ 19 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1974.6.5~ 20 178 9 白い鏡 白い犬
1975.6.5~ 21 23 10 青い夜 白い魔法使い
高校を卒業し一浪後の1974年に慶應義塾大学経済学部経済学科に進学。大学は6年かけて卒業。

1973年よりNHKのクイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー解答者に抜擢。『連想ゲーム』では15年間の長期にわたって親しまれます。
女優業では清純派女優として人気を博します。1974年に映画『青春の蹉跌』で萩原健一の相手役に起用され人気急上昇。
1976年に映画『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』で柳生雅子役。同年、父の一雄が死去。

ウェブスペルの色が白色の後半にNHKのクイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー解答者に抜擢。

日本の面影

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.6.5~ 30 188 6 黄色い星 青い夜
1985.6.5~ 31 33 7 赤い空歩く人 青い手
1986.6.5~ 32 138 8 白い鏡 青い猿
1984年にドラマ『日本の面影』で小泉セツ役。檀ふみの代表作と言われます。セツは小泉八雲の妻。
1985年に『春の波涛』で大河ドラマ初出演。
1986年に父が原作の「火宅の人」が映画化。主人公・桂一雄役(緒形拳演)の母役。
1994年に『わが愛の譜・滝廉太郎物語』で第17回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。
1996年より2002年まで『N響アワー』で司会のサポート役。

ウェブスペルの色が青色の半ばにドラマ『日本の面影』で小泉セツ役。檀ふみの代表作と言われます。

ああ言えばこう食う

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.6.5~ 44 98 7 白い鏡 黄色い人
1999.6.5~ 45 203 8 青い夜 黄色い戦士
2000.6.5~ 46 48 9 黄色い星 黄色い太陽
父・一雄の影響で、自らも料理、食事に関するエッセイを執筆。
大学の先輩であり、作家の娘という繋がりのある親友の阿川佐和子と共著『ああ言えばこう食う』を1998年に出版。1999年に第15回講談社エッセイ賞を受賞。
阿川とはこの本を含め6冊の共著があります。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに阿川佐和子と共著『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞を受賞。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.6.5~ 60 218 10 白い鏡 赤い月
2015.6.5~ 61 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2019.6.5~ 65 223 2 青い夜 白い風
2015年に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演の井上真央の母役。
2019年にドラマ『初めて恋をした日に読む話』で主演の深田恭子の母役。

ウェブスペルの色が赤色の後半に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演の母役。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.6.5~ 68 18 5 白い鏡 白い魔法使い
2023.6.5~ 69 123 6 青い夜 白い鏡
2024.6.5~ 70 228 7 黄色い星 白い風
檀ふみの現在は、ウェブスペルの色が白色の前半に当たります。
68才の時はKin18。自分の考えや行動などを深くかえりみることのできる年です。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

一旦重荷をおろして再スタートすること。

檀ふみ(だん ふみ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに女優デビュー。
白色の後半にNHKのクイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー解答者に抜擢。清純派女優として人気。
青色の半ばにドラマ『日本の面影』で小泉セツ役。檀ふみの代表作と言われます。
黄色の半ばに阿川佐和子と共著『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞を受賞。
赤色の後半に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演の母役。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

坂東彌十郎
坂東彌十郎(ばんどう やじゅうろう)は、日本の歌舞伎役者。屋号は大和屋。2001年に重要無形文化財(総合認定)に認定。俳優としても活動。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では北条時政役で出演。

続きを読む


和田明日香
和田明日香(わだ あすか)は、日本のタレント、モデル、食育インストラクター、美容料理研究家。義理の母の平野レミから影響で料理への興味を開花。食育インストラクターの資格を取得。

続きを読む


美木良介
美木良介(みき りょうすけ)は、日本の俳優、歌手、フィットネスインストラクタータレント。持病の腰痛を治療するために独自にロングブレスダイエットを開発。DVD・書籍を刊行し各メディアで大きく取り上げられます。

続きを読む


清水アキラ
清水アキラ(しみず アキラ)は、日本のものまねタレント、お笑いタレント。ザ・ハンダースを結成。コントやコミックソングなどを行います。その後、コロッケ、栗田貫一、ビジーフォーと並びものまね四天王といわれ、ものまねブームを巻き起こします。

続きを読む


中山忍
中山忍(なかやま しのぶ)は、日本の女優。実姉は女優の中山美穂。スカウトをうけ芸能界入り。アイドル歌手として活動します。その後、女優1本に転身。2時間ドラマを中心に連続ドラマ、舞台、CMなどで活躍します。映画『ガメラ 大怪獣空中決戦』では数々の映画の賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin158)

桂歌丸
桂歌丸(かつら うたまる)は、日本の落語家。『笑点』の放送開始から出演、およそ50年笑点のメンバーとして活躍。2006年より10年間は『笑点』の5代目司会者を務めました。

続きを読む


ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


松本人志
松本人志(まつもと ひとし)は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。奥さんは元お天気キャスターの伊原凛。

続きを読む


なぎら健壱
なぎら健壱(なぎら けんいち)は、フォークシンガー、俳優、タレント、漫談家、エッセイスト。フォークシンガーとしてデビュー。以降、バラエティ番組にタレントとして活動。俳優としても活動し映画、テレビに出演。

続きを読む


愛川欽也
愛川欽也(あいかわ きんや)は、日本の俳優・声優・タレント・司会者。愛称はキンキン。妻はタレントのうつみ宮土理。50年以上にわたってテレビ、ラジオ、映画で活躍した人物です。

続きを読む


関連記事 (女優)

橋本愛
橋本愛(はしもと あい)は、日本の女優、元ファッションモデル。「HUAHUAオーデション」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。朝の連続テレビ小説『あまちゃん』にヒロインの親友・足立ユイ役で出演。

続きを読む


奈緒
奈緒(なお)は日本の女優、タレント、元モデル。福岡の天神でスカウトを受けモデルとして芸能界入り。20才の時に上京。2018年の『半分、青い。』ではヒロインの友人役で出演し注目を集めます。2022年の『ファーストペンギン!』で地上波連続ドラマ初主演。

続きを読む


浅丘ルリ子
日本映画全盛期の日活アクション映画における代表的なヒロイン。数多くの映画に出演し人気を博した。現在までの映画出演本数は150本以上。前夫は石坂浩二。

続きを読む


葵わかな
葵わかな(あおい わかな)は日本の女優。2017年度下半期放送の連続テレビ小説『わろてんか』のヒロイン・藤岡てん役を演じた人物です。

続きを読む


中山忍
中山忍(なかやま しのぶ)は、日本の女優。実姉は女優の中山美穂。スカウトをうけ芸能界入り。アイドル歌手として活動します。その後、女優1本に転身。2時間ドラマを中心に連続ドラマ、舞台、CMなどで活躍します。映画『ガメラ 大怪獣空中決戦』では数々の映画の賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ