1,134 views

政治評論家・三宅久之の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 三宅久之

三宅久之
→ 画像検索はこちら

三宅久之(みやけ ひさゆき)は、日本の政治評論家。元毎日新聞記者。

毎日新聞社を退社後はフリーランスの政治評論家に転身。
テレビでキャスターやコメンテーターとして出演。
『ビートたけしのTVタックル』に長く出演し知られる存在となった。

このページでは、三宅久之(みやけ ひさゆき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

三宅久之(みやけ ひさゆき)の誕生日占い

生年月日:1930年1月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin92です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 黄色い人 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin169
絶対反対kin kin222

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin92の誕生日占いは、どんな状況でもそのときに必要なことを的確にこなせるタイプです。今必要な準備をこつこつ行うこと。

広告

三宅久之(みやけ ひさゆき)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。男4人兄弟の末っ子。

大学時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1949.1.10~ 19 7 7 青い手 赤い竜
1950.1.10~ 20 112 8 黄色い人 赤い蛇
1951.1.10~ 21 217 9 赤い地球 赤い月
1949年に早稲田大学に入学。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに早稲田大学に入学。

毎日新聞社時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1953.1.10~ 23 167 11 青い手 赤い地球
1954.1.10~ 24 12 12 黄色い人 赤い竜
1976.1.10~ 46 242 8 白い風 青い鷲
大学を卒業後の1953年に毎日新聞社に入社。
毎日新聞社では政治部記者から始まり、吉田茂の番記者などを経て、政治部副部長、静岡支局長、特別報道部長を歴任。
読売新聞の渡邉恒雄は新聞記者時代からの友人。
1976年に退社し、フリーランスの政治評論家となった。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に毎日新聞社に入社。
青色の後半にフリーランスの政治評論家となった。

TV出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.1.10~ 48 192 10 黄色い人 青い夜
1979.1.10~ 49 37 11 赤い地球 青い手
1980.1.10~ 50 142 12 白い風 青い猿
1978年から『ANNニュースレーダー』のキャスターを担当。1982年まで。
その後、『やじうまワイド』や『新・アフタヌーンショー』などにコメンテーターとして出演。

ウェブスペルの色が青色の最後付近よりテレビでキャスターやコメンテーターとして出演。

ビートたけしのTVタックル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.1.10~ 71 7 7 青い手 赤い竜
2002.1.10~ 72 112 8 黄色い人 赤い蛇
2003.1.10~ 73 217 9 赤い地球 赤い月
2001年より『ビートたけしのTVタックル』に出演。知られる存在となった。
『たかじんのそこまで言って委員会』などの討論系バラエティ番組にレギュラー出演。

ウェブスペルの色が赤色の半ばより『ビートたけしのTVタックル』に出演。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.1.10~ 80 172 3 黄色い人 白い犬
2011.1.10~ 81 17 4 赤い地球 白い魔法使い
2012.1.10~ 82 122 5 白い風 白い鏡
2012年にテレビ出演など評論活動から引退。
2012年9月5日に三宅やすぎやまこういちなど保守系の著名人28人が「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」を発足。代表発起人は三宅が務めます。
2012年11月15日に亡くなります。

ウェブスペルの色が白色の半ばに評論活動から引退、同年亡くなりました。

三宅久之(みやけ ひさゆき)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに早稲田大学に入学。
赤色の最後付近に毎日新聞社に入社。
青色の後半にフリーランスの政治評論家となった。
青色の最後付近よりテレビでキャスターやコメンテーターとして出演。
赤色の半ばより『ビートたけしのTVタックル』に出演。知られる存在となった。
白色の半ばに評論活動から引退、同年亡くなりました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

木戸大聖
木戸大聖(きど たいせい)は、日本の俳優、タレント。子供向け教育番組『おとうさんといっしょ』にレギュラー出演し卒業。『世界・ふしぎ発見!』の企画でテレビ史上初めて北極点へ到達。『僕たちの校内放送』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


仲野太賀
仲野太賀(なかの たいが)は、日本の俳優。父は俳優の中野英雄。13歳の時に俳優デビュー。映画『すばらしき世界』の演技で日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を始め様々な賞を受賞。2024年の朝の連続テレビ小説『虎に翼』で佐田優三役で出演。

続きを読む


直木三十五(なおき さんじゅうご)は、日本の小説家。文学賞の直木賞は彼の名前に由来します。

続きを読む


照英
照英(しょうえい)は、日本の俳優、タレント。『星獣戦隊ギンガマン』のゴウキ役で俳優デビュー。『水戸黄門』に風の鬼若役で出演。恵まれた体躯を生かしスポーツ大会で好成績を収めます。非常に涙もろいことでも知られます。

続きを読む


膳場貴子
膳場貴子(ぜんば たかこ)は日本のフリーアナウンサー。東京大学を卒業後NHKにアナウンサーとして入局。退局後はTBSと専属契約。『NEWS23』でサブ、メインキャスター。2024年4月より『サンデーモーニング』のメインキャスター。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin092)

久本雅美
久本雅美(ひさもと まさみ) は、日本のお笑いタレント、コメディエンヌ、司会者、女優。笑っていいとも!では17年半レギュラーを務めました。

続きを読む


小出義雄
小出義雄(こいで よしお)は、日本のマラソン・中長距離選手の指導者。有森裕子や高橋尚子などのコーチ。「ほめて育てる」という選手育成方法が知られています。また、豪快な性格で酒好き。酒にまつわる話に事欠かない人物でした。

続きを読む


中田敦彦
中田敦彦(なかた あつひこ)は、日本のタレント。オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。妻はタレントの福田萌。オリエンタルラジオとしてデビュー。ピンでインテリ・オタク芸人で活動。その後教育系YouTuberとして活動。

続きを読む


石破茂
石破茂(いしば しげる)は、日本の政治家。自民党に所属し、防衛大臣、農林水産大臣、地方創生・国家戦略特別区域担当大臣などを歴任。

続きを読む


チャールズ・M・シュルツ
チャールズ・M・シュルツは、アメリカ合衆国の漫画家。代表作である『ピーナッツ』でよく知られています。『ピーナッツ』を1950年10月2日から2000年2月13日まで50年にわたり連載。

続きを読む


関連記事 (タレント)

林輝幸
林輝幸(はやし てるゆき)は、日本のクイズプレイヤー、タレント。東京大学在学中にクイズ研究会に所属。『東大王』に伊沢拓司の後任で出演。タレントとしても活動を開始。『東大王』を卒業後にクイズ制作集団・Q星群の代表に就任。

続きを読む


森下千里
森下千里(もりした ちさと)は、日本の政治活動家、元タレント。レースクイーンとして活動を始め人気のグラビアモデルに成長。女優、タレントなどマルチに活躍。2019年に芸能界から引退。2021年に宮城5区から自民党公認で衆院選に出馬。

続きを読む


平野ノラ
平野ノラ(ひらの ノラ)は日本の女性お笑いタレント。大きめの肩パッド付きスーツ、髪型はロングソバージュ、大きな携帯電話のバブリーキャラでブレイクした人物です。

続きを読む


マツコ・デラックス
マツコ・デラックスは、女装タレント、司会者。2010年ころからレギュラー番組が続々と開始され、ほぼ毎日テレビでみられるようになりました。

続きを読む


山城新伍
山城新伍(やましろ しんご)は、日本の俳優、司会者、タレント。東映ニューフェイスとなりデビュー。テレビ時代劇『白馬童子』で主演し人気を博します。その後、バラエティにも進出。「チョメチョメ」は流行語となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ