3,761 views

映画『ゴジラ』で初主演・宝田明の誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 宝田明

記事公開日:2022年05月10日
最終更新日:2023年09月22日

宝田明
出典:wikipedia.org 1956年

宝田明(たからだ あきら)は、日本の映画俳優、タレント、声優、司会者。

東宝ニューフェイス第6期生。映画『ゴジラ』で初主演。
東宝と香港の会社との合作映画に出演しアジア地域で絶大な人気。
その後、ミュージカル俳優として活躍。

このページでは、宝田明(たからだ あきら)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

宝田明(たからだ あきら)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1934年4月29日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin101です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 黄色い人 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い月
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin160
絶対反対kin kin231

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin101の誕生日占いは、感受性豊かな面と我の強さの両方を持っているタイプです。過度な欲望を持つな。苦労性。

広告

宝田明(たからだ あきら)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

父は技師で朝鮮総督府鉄道に勤務。6人兄弟の5番目として日本統治下の朝鮮で誕生。
2才の頃に父は満州鉄道勤務になり家族で満州に移ります。12才の時に終戦を迎え引き揚げ。その後、新潟県で育ちます。

東宝ニューフェイス

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1952.4.29~ 18 171 2 青い猿 白い犬
1953.4.29~ 19 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1954.4.29~ 20 121 4 赤い竜 白い鏡
1953年に東宝ニューフェイス第6期生になります。研修期間中に『ゴジラ』の主演へ抜擢され研修仲間に自慢したといいます。
1954年に映画『ゴジラ』で初主演。東宝映画の若手トップスターになり、数多くの映画で主演。

ウェブスペルの色が白色の始めころに東宝ニューフェイス第6期生。映画『ゴジラ』で初主演。

アジア地域での人気

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.4.29~ 26 231 10 青い猿 白い風
1961.4.29~ 27 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1962.4.29~ 28 181 12 赤い竜 白い犬
1960年代に東宝と香港のフィルム会社と合作映画で香港、台湾などアジア地域で絶大な人気となった。
1964年に映画『ゴジラ対モスラ』で主演。以降も特撮映画に幅広く出演。日本の特撮映画の代表的なスターとなった。
1964年に文部省芸術祭奨励賞。

ウェブスペルの色が白色の後半には香港の会社との合作映画でアジア地域で絶大な人気。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.4.29~ 32 81 3 赤い竜 青い嵐
1967.4.29~ 33 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1968.4.29~ 34 31 5 青い猿 青い手
1966年に日本人初のミス・ユニバースの児島明子と結婚。その後、二男一女に恵まれます。

ウェブスペルの色が青色の前半に日本人初のミス・ユニバースの児島明子と結婚。

離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.4.29~ 46 251 4 青い猿 黄色い星
1983.4.29~ 49 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1984.4.29~ 50 151 8 青い猿 黄色の種
1960年代後半に映画業界は斜陽期を迎えます。宝田はテレビドラマに進出する一方、ミュージカル俳優として活躍。日本におけるミュージカル俳優の草分け的存在となった。
1972年にゴールデン・アロー賞を受賞。
1980年に日本初のミュージカル俳優養成学校「宝田芸術学園」を開校しますが1983年に閉鎖。
1984年に児島明子と離婚。3人の子は児島が引き取った。

ウェブスペルの色が黄色の前半に日本初のミュージカル俳優養成学校を開校しますが3年で閉鎖。
黄色の後半に離婚。

それからの活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.4.29~ 56 1 1 赤い竜 赤い竜
1991.4.29~ 57 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1992.4.29~ 58 211 3 青い猿 赤い月
俳優業以外ではミス・ユニバース日本代表選出大会で1991年まで司会を担当。
1990年代以降はバラエティー番組への出演や金長の入浴剤のCMでコミカルな演技を披露。
2012年に文化庁芸術祭大衆芸能部門大賞を受賞。
2016年の参院選では政治団体「国民怒りの声」の比例区から立候補を公表されたが取りやめとなった。

ウェブスペルの色が赤色になりバラエティー番組やCMでコミカルな演技を披露。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.4.29~ 87 136 6 黄色い戦士 青い猿
晩年は入退院を繰り返します。
2022年3月10日に映画『世の中にたえて桜のなかりせば』の舞台挨拶が最期の公の場となった。
2022年3月14日に東京都内の病院で亡くなります。

ウェブスペルの色が青色の半ばに亡くなりました。

宝田明(たからだ あきら)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の始めころに東宝ニューフェイス第6期生。映画『ゴジラ』で初主演。
白色の後半には香港の会社との合作映画でアジア地域で絶大な人気。
青色の前半に日本人初のミス・ユニバースの児島明子と結婚。
黄色の前半に日本初のミュージカル俳優養成学校を開校しますが3年で閉鎖。
黄色の後半に離婚。
赤色になりバラエティー番組やCMでコミカルな演技を披露。
2度目の青色の半ばに亡くなりました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin101)

大江千里
大江千里(おおえ せんり)は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー。2008年以降はニューヨークに在住。楽曲提供などの活動を継続。

続きを読む


哀川翔
哀川翔(あいかわ しょう)は、日本の俳優、タレント。一世風靡セピアのメンバーとしてレコードデビュー。その後、本格的に俳優業へシフト。映画で主演作品が100本以上を超え「Vシネマの帝王」と呼ばれます。

続きを読む


大瀧詠一
大瀧詠一(おおたき えいいち)は、日本のミュージシャン。「はっぴいえんど」を結成し和製ポップス史に大きな影響を与えます。解散後は自身のレーベル「ナイアガラ・レーベル」を設立。通算14作目のシングル「幸せな結末」は大ヒット。

続きを読む


関連記事 (タレント)

伊集院光
伊集院光(いじゅういん ひかる)は、お笑いタレント、ラジオパーソナリティ、評論家、元落語家。雑学に優れクイズ番組では「ひらめきの天才」の異名を持つ。ライフワークはラジオ

続きを読む


おばたのお兄さん
おばたのお兄さんは、日本のお笑いタレント。妻はアナウンサーの山﨑夕貴。NSC東京校18期生。2013年にお笑いコンビ『ひので』を結成し活動。2016年にコンビを解散。ピン芸人として活動。SNSでバズらせる方法に詳しく活動の場を広げている。

続きを読む


キンタロー。
キンタロー。は、日本の女性お笑いタレント、ものまねタレント。AKB48の前田敦子のモノマネでネット炎上を経てAKB48公認を勝ち取ります。「金スマ社交ダンス」では日本代表として世界大会に出場。

続きを読む


関連記事 (俳優)

石黒賢
石黒賢(いしぐろ けん)は、日本の俳優、タレント。代表作に『振り返れば奴がいる』、『ショムニ』シリーズ、『新選組!』など。父は戦後日本人初のプロテニス選手の石黒修。

続きを読む


柳葉敏郎
柳葉敏郎(やなぎば としろう)は、日本の俳優、歌手、タレント。一世風靡セピアのメンバー。解散後は俳優としてトレンディドラマに多く出演。『踊る大捜査線』シリーズに室井慎次役で出演し当たり役となった。

続きを読む


渥美清
渥美清は、コメディアン、俳優。山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズにおいて、主演の車寅次郎役を27年間48作に渡って演じた。亡くなった後に国民栄誉賞を授与された。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ