813 views

次世代バラエティークイーン・ファーストサマーウイカの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → ファーストサマーウイカ

記事公開日:2021年08月30日
最終更新日:2023年01月07日

ファーストサマーウイカ
→ 画像検索はこちら

ファーストサマーウイカは、日本のタレント、歌手。旧芸名は初夏(ういか)。

バラエティ番組で一気に人気となり「次世代バラエティークイーン」として脚光を浴びます。
舞台、映画、ドラマ、ラジオ、CMなど活動の場を広げます。

このページでは、ファーストサマーウイカの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

ファーストサマーウイカの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1990年6月4日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin37です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 青い手 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い地球
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin224
絶対反対kin kin167

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin37の誕生日占いは、臨機応変で活発、どんな場所や人にも溶け込んでいけるタイプです。自分の実力が発揮される機会をゆっくり待て。

広告

ファーストサマーウイカの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪市の京橋出身。
小学校時代の夢は声優でした。
中学時代は吹奏楽部で打楽器を担当。
高校時代はロックバンドを組んで活動。

劇団レトルト内閣

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.6.4~ 18 107 3 青い手 赤い蛇
2009.6.4~ 19 212 4 黄色い人 赤い月
2010.6.4~ 20 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
高校を卒業し声優になるのを志し専門学校に通うが1年で退学。
その後、劇団に入りたいとオーディションに応募を繰り返し2009年に劇団レトルト内閣に入団。
劇団レトルト内閣は関西の小劇場ではトップクラスの劇団。
ここで初夏(ういか)の芸名で舞台を踏みます。

ウェブスペルの色が赤色の前半に劇団レトルト内閣に入団し初舞台を踏みます。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.6.4~ 22 7 7 青い手 赤い竜
2013.6.4~ 23 112 8 黄色い人 赤い蛇
2014.6.4~ 24 217 9 赤い地球 赤い月
関西を中心に東京へ遠征するなど小劇場の舞台で経験します。
2012年に音楽劇『ファンファーレ』へ出演。公演先の東京で友達ができ2013年に上京。
2013年に女性アイドルグループBiSのオーディションに合格。「ファーストサマーウイカ」の芸名で活動。2014年にBiS解散後。
2014年に映画『月震のかずみ』で主演。

ウェブスペルの色が赤色の後半に上京。

ファーストサマーウイカ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.6.4~ 25 62 10 白い風 赤い空歩く人
2016.6.4~ 26 167 11 青い手 赤い地球
2017.6.4~ 27 12 12 黄色い人 赤い竜
2015年に一般男性と入籍。公表したのは2020年。
2015年に元BiSのメンバーらと音楽グループBILLIE IDLE(R)を結成。2019年末に解散。
2016年より音楽活動と並行し「ファーストサマーウイカ」の芸名で舞台や映像作品で活動。
2017年4月から芸能事務所キューブに所属となった。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近より音楽活動と並行しファーストサマーウイカの芸名で女優としても活動。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.6.4~ 28 117 13 赤い地球 赤い蛇
2019.6.4~ 29 222 1 白い風 白い風
2020.6.4~ 30 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
2019年に日本テレビのバラエティ番組『女が女に怒る夜』にオーディションを経て出演。
「宝塚ヘア」「コテコテ関西弁」「毒舌」のミスマッチキャラクターでバラエティ番組で一気に人気となり「次世代バラエティークイーン」として脚光を浴びます。

同年、連続ドラマ『凪のお暇』に出演。ファミリーマート「お母さん食堂」のCMで香取慎吾と共演。
『オールナイトニッポン0(ZERO)』で念願の単独パーソナリティを担当。
2021年の朝の連続テレビ小説『おちょやん』にミカ本田役で出演。

ウェブスペルの色が白色に変わりバラエティ番組に出演しブレイク。活動の場を広げます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.6.4~ 31 172 3 黄色い人 白い犬
2022.6.4~ 32 17 4 赤い地球 白い魔法使い
2023.6.4~ 33 122 5 白い風 白い鏡
ファーストサマーウイカの現在は、ウェブスペルの色が白色の前半に当たります。
32才の時はKin17。他人との共感をきっかけに行動することで運が開ける年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

一旦重荷をおろして再スタートすること。

ファーストサマーウイカのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に劇団レトルト内閣に入団し初舞台を踏みます。
赤色の後半に上京。
赤色の最後付近より音楽活動と並行しファーストサマーウイカの芸名で女優としても活動。
白色に変わりバラエティ番組に出演しブレイク。活動の場を広げます。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

坂東彌十郎
坂東彌十郎(ばんどう やじゅうろう)は、日本の歌舞伎役者。屋号は大和屋。2001年に重要無形文化財(総合認定)に認定。俳優としても活動。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では北条時政役で出演。

続きを読む


和田明日香
和田明日香(わだ あすか)は、日本のタレント、モデル、食育インストラクター、美容料理研究家。義理の母の平野レミから影響で料理への興味を開花。食育インストラクターの資格を取得。

続きを読む


美木良介
美木良介(みき りょうすけ)は、日本の俳優、歌手、フィットネスインストラクタータレント。持病の腰痛を治療するために独自にロングブレスダイエットを開発。DVD・書籍を刊行し各メディアで大きく取り上げられます。

続きを読む


清水アキラ
清水アキラ(しみず アキラ)は、日本のものまねタレント、お笑いタレント。ザ・ハンダースを結成。コントやコミックソングなどを行います。その後、コロッケ、栗田貫一、ビジーフォーと並びものまね四天王といわれ、ものまねブームを巻き起こします。

続きを読む


中山忍
中山忍(なかやま しのぶ)は、日本の女優。実姉は女優の中山美穂。スカウトをうけ芸能界入り。アイドル歌手として活動します。その後、女優1本に転身。2時間ドラマを中心に連続ドラマ、舞台、CMなどで活躍します。映画『ガメラ 大怪獣空中決戦』では数々の映画の賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin037)

堀内孝雄
堀内孝雄(ほりうち たかお)は、日本の歌手。愛称は「ベーヤン」。アリスのメンバーとして活躍。愛称は「ベーヤン」。解散後は演歌・歌謡曲路線に転向。「愛しき日々」「恋唄綴り」など数々のヒット曲を出します。

続きを読む


チェ・ゲバラ
チェ・ゲバラは、アルゼンチン生まれの政治家、革命家で、キューバのゲリラ指導者。フィデル・カストロとともにキューバ革命を成功させます。

続きを読む


原由子
原由子(はら ゆうこ)は、日本の女性歌手。愛称は、原坊(ハラボー)。サザンオールスターズのメンバー。夫は桑田佳祐。ソロとしても活動。単独で紅白歌合戦に出場したこともあります。楽曲提供、エッセイの出版、CM・ラジオの出演など幅広く活躍。

続きを読む


渡部篤郎
渡部篤郎(わたべ あつろう)は、日本の俳優。デビュー当初は『丹波道場』に所属し日活ロマンポルノにも出演。ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』に出演を機に以降数々のドラマに出演。元妻はRICAKO。

続きを読む


新浪剛史
新浪剛史(にいなみ たけし)は、日本の実業家。ローソンの社長を長年勤め、テレビ番組などでローソンの顔として多く出演しました。

続きを読む


関連記事 (タレント)

江守徹
江守徹(えもり とおる)は、日本の俳優、タレント。文学座代表。大河ドラマに2021年現在19作に出演。歴代最多を誇ります。1990年代からはバラエティ番組に出演が多くなり中尾彬とのコンビで有名になった。

続きを読む


YOU
YOU(ゆう)は、日本の女優、歌手、タレント、モデル、エッセイスト。モデル、音楽(バンド)活動を経て、女優やバラエティタレントとしてテレビや映画、CM出演、雑誌のエッセイ連載など幅広く活躍。

続きを読む


桜塚やっくん
桜塚やっくん(さくらづか やっくん)は、日本の男性お笑いタレント。お笑いコンビ「あばれヌンチャク」で活動後にピン芸人に転身。「スケバン恐子」のネタで『エンタの神様』に出演し人気に火がつきます。37才の時に交通事故で亡くなりました。

続きを読む


山田隆夫
山田隆夫(やまだ たかお)は、日本のタレント、俳優、ミュージシャン。「ずうとるび」を結成しレコードデビュー。高い人気を誇り紅白歌合戦に出場。脱退後は俳優に主軸を置いて活動。その後、『笑点』の「座布団運び」にとして長く担当。

続きを読む


村雨辰剛
村雨辰剛(むらさめ たつまさ)は日本の男性庭師、タレント。スウェーデン出身。日本に興味を持ち移住。造園業の世界に飛び込み庭師の徒弟となった。その後、日本に帰化、庭師の仕事と併行しタレントとして活動。『みんなで筋肉体操』や『カムカムエヴリバディ』に出演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ