1,295 views

演技派俳優・林泰文の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 林泰文

林泰文
→ 画像検索はこちら

林泰文(はやし やすふみ)は、日本の俳優。

子役としてデビュー。その後、大林宣彦監督作の映画に常連で出演。
『青春デンデケデケデケ』で主演を務め日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。
以降は活動と演技の幅を広げ、演技派俳優としての地位を確立。

このページでは、林泰文(はやし やすふみ)の生年月日から求めた占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

林泰文(はやし やすふみ)の誕生日占い

生年月日:1971年12月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin48です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 黄色い太陽 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin213
絶対反対kin kin178

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin48の誕生日占いは、表現力豊かで明るく忍耐強いタイプです。おしゃれな面もあります。十分に力を蓄えよ。家庭的に苦労しやすい。

広告

林泰文(はやし やすふみ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.12.7~ 5 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1977.12.7~ 6 158 2 白い鏡 赤い地球
1978.12.7~ 7 3 3 青い夜 赤い竜
1976年に子役としてデビュー。

ウェブスペルの色が赤色の初めの年に子役としてデビュー。

大林宣彦監督

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.12.7~ 15 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1987.12.7~ 16 168 12 黄色い星 赤い地球
1988.12.7~ 17 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1986年に『野ゆき山ゆき海べゆき』、1987年に『漂流教室』、1988年に『異人たちとの夏 』、1989年に『北京的西瓜』など大林宣彦監督作の常連となった。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近より大林宣彦監督作の映画に常連で出演。

青春デンデケデケデケ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.12.7~ 21 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1993.12.7~ 22 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1994.12.7~ 23 123 6 青い夜 白い鏡
1992年に映画『青春デンデケデケデケ』で主演を務め日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。
1993年に朝の連続テレビ小説『かりん』に出演。

以降は活動と演技の幅を広げ、演技派俳優としての地位を確立。

ウェブスペルの色が白色の前半に『青春デンデケデケデケ』で主演を務め日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。

特撮作品

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.12.7~ 24 228 7 黄色い星 白い風
1996.12.7~ 25 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1997.12.7~ 26 178 9 白い鏡 白い犬
特撮作品を愛好。
先輩俳優から好きなシリーズに出ると良い思い出になるとのことから、ゴジラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、ウルトラシリーズへ出演。
1995年に映画『ゴジラvsデストロイア』に出演。

ウェブスペルの色が白色の半ばより大好きな特撮作品に出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.12.7~ 51 203 8 青い夜 黄色い戦士
2023.12.7~ 52 48 9 黄色い星 黄色い太陽
2024.12.7~ 53 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
林泰文の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
51才の時はKin203。現実の生活を理想に近づけようと努力する年です。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

機運にのり、機運に従う。時に従う。

林泰文(はやし やすふみ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の初めの年に子役としてデビュー。
赤色の最後付近より大林宣彦監督作の映画に常連で出演。
白色の前半に『青春デンデケデケデケ』で主演を務め日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。
白色の半ばより大好きな特撮作品に出演。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小西博之
小西博之(こにし ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。愛称はコニタン。『欽ちゃんの週刊欽曜日』のレギュラーとして抜擢。「欽ちゃんファミリー」の一員として人気を博します。『ザ・ベストテン』の2代目男性司会者。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin048)

高橋克実
高橋克実(たかはし かつみ)は、日本の俳優、マルチタレント、司会者。愛称は「カッツミー」。ドラマ『ショムニ』に出演しブレイク。バラエティ番組『トリビアの泉』の司会を務め全国区の認知度を獲得。

続きを読む


油屋熊八
油屋熊八(あぶらや くまはち)は、日本の実業家。明治から昭和初期の別府温泉で活躍し由布院を開発。その行動力と独創力に敬意をこめ別府観光の父・別府の恩人と呼ばれます。

続きを読む


吉行和子
吉行和子(よしゆき かずこ)は、日本の女優、エッセイスト、俳人。劇団民藝に所属し舞台『アンネの日記』で主役デビュー。日活と契約し日活映画で活躍。大島渚監督の映画『愛の亡霊』で主演し日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。

続きを読む


江利チエミ
江利チエミ(えり チエミ)は、昭和期に活躍した日本の歌手・女優・タレント。天才少女と呼ばれ一躍スターダムに上がった。美空ひばり,雪村いづみとともに「3人娘」と呼ばれ大衆的に大人気を得た。

続きを読む


相武紗季
相武紗季(あいぶ さき)は、日本の女優。スカウトされ芸能界デビュー。テレビ、映画、舞台、声優など幅広く活躍。『ミスタードーナツ』など多数のCMに出演し、CM女王としても有名。

続きを読む


関連記事 (俳優)

和田正人
和田正人(わだ まさと)は、日本の俳優、タレント。妻はタレントの吉木りさ。『第1回D-BOYSオーディョン』に出場し特別賞で芸能界入り。学生時代から行っていた陸上競技の経験を生かし2018年からラジオ「箱根駅伝」でゲスト解説。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


河相我聞
河相我聞(かあい がもん)は、日本の俳優、ナレーター、タレント。昼ドラ『天までとどけ』にレギュラー出演。1990年代は人気を博します。その後、『ラーメン我聞』をオープンさせますが不祥事で廃業。

続きを読む


小林稔侍
小林稔侍(こばやし ねんじ)は、日本の俳優。第10期東映ニューフェイス。長く芽が出ず脇役・悪役を行っていましたが、朝の連続テレビ小説『はね駒』でヒロインの父役で出演したのが転機になりました。

続きを読む


田村正和
田村正和(たむら まさかず)は、日本の俳優です。1970年代はTV時代劇、1980年代はホームドラマ、1990年代は刑事ドラマ『古畑任三郎』と幅広い役柄で主演した人物です。

続きを読む


https://maya.az8.biz/nenpyou/?_yy=1971&_mm=12&_dd=7



sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ