8,730 views

演歌歌手「都はるみ」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 都はるみ

記事公開日:2016年10月03日
最終更新日:2022年10月27日

都はるみ
→ 画像検索はこちら

都はるみ(みやこ はるみ)は、女性演歌歌手。

昭和40年代から50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、名実ともに日本を代表する女性演歌歌手です。
代表曲は「アンコ椿は恋の花」「北の宿から」など。

このページでは、都はるみ(みやこ はるみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

都はるみ(みやこ はるみ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1948年2月22日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin205です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い蛇 黄色い戦士 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い鷲
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い戦士
以てるもの同士の類似kin 白い魔法使い
鏡の向こうのもう一人の自分 kin56
絶対反対kin kin75

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

ひとことでいえばKin205の誕生日占いは、最大限に意欲を高めることができるタイプです。お先真っ暗でも時が解決する。

広告

都はるみ(みやこ はるみ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都府京都市で生まれます。
芸能好きの母親が、はるみが5歳の時から日本舞踊とバレエを習わせ、6歳の6月6日から母親自ら浪曲と民謡を教え始める。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.2.22~ 16 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1965.2.22~ 17 170 1 白い犬 白い犬
1966.2.22~ 18 15 2 青い鷲 白い魔法使い

1964年 「困るのことヨ」で、デビュー。
1964年 「アンコ椿は恋の花」がミリオンセラーになる大ヒット、第6回日本レコード大賞・新人賞を獲得する。
1965年 「涙の連絡船」が累計売上は155万枚になる大ヒット。紅白歌合戦初出場。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年にデビューします。デビューした年から「アンコ椿は恋の花」が大ヒット。
白色の始めの年に「涙の連絡船」が大ヒット。紅白歌合戦初出場。

人気歌手

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.2.22~ 28 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1980.2.22~ 32 185 3 赤い蛇 青い夜
1983.2.22~ 35 240 6 黄色い太陽 青い鷲
1984.2.22~ 36 85 7 赤い蛇 青い嵐

1976年 「北の宿から」で第18回日本レコード大賞・FNS歌謡祭最優秀グランプリなど数々の音楽大賞を受賞する
1980年 「大阪しぐれ」で第22回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞
1983年 「浪花恋しぐれ」がミリオンセラーになる大ヒット
1984年 3月、人気・実力ともに絶頂だった36歳において「普通のおばさんになりたい」と突然の歌手引退を宣言
1984年に出場した紅白歌合戦が20回目の出場

ウェブスペルの色が白色の最後付近に「北の宿から」が大ヒット。
青色の始め付近に「大阪しぐれ」が大ヒット。
青色の半ばに「浪花恋しぐれ」が大ヒット。突如、歌手引退宣言。
引退した年には黒Kinが表れています。

復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.2.22~ 39 140 10 黄色い太陽 青い猿
1988.2.22~ 40 245 11 赤い蛇 青い鷲
1989.2.22~ 41 90 12 白い犬 青い嵐
1997.2.22~ 49 150 7 白い犬 黄色の種

1987年 音楽プロデューサーとして活動再開。
1989年 『サンデープロジェクト』に「普通のおばさん代表」として登場。美空ひばりが亡くなり歌手に復帰宣言。
1989年 紅白歌合戦に21回目の出場。
1997年 紅白歌合戦に29回目の出場。これが現在のところ最後の出場。

ウェブスペルの色が青色の後半から活動を再開
青色の最期付近から歌手に復帰
黄色の半ばに紅白歌合戦に最後の出場

いろいろな賞を受賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.2.22~ 57 210 2 白い犬 赤い月
2008.2.22~ 60 5 5 赤い蛇 赤い竜
2010.2.22~ 62 215 7 青い鷲 赤い月

2005年 芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
2008年 デビュー45年目を迎え、「3大劇場座長公演」を行った。
2010年 紫綬褒章を受章。

ウェブスペルの色が赤色の始め頃からいろいろな賞を受賞

完全休止状態

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.2.22~ 67 220 12 黄色い太陽 赤い月
2016.2.22~ 68 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
2017.2.22~ 69 170 1 白い犬 白い犬

2015年の全国ツアーを最後に芸能活動は歌手業も含めて休止状態。
2021年に元俳優の矢崎滋と共に東北地方でホテル暮らしをしていることが『フライデー』が報道。

ウェブスペルの色が赤色の最期付近より芸能活動は歌手業も含めて休止状態。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.2.22~ 74 175 6 青い鷲 白い犬
2023.2.22~ 75 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
2024.2.22~ 76 125 8 赤い蛇 白い鏡
都はるみの現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
76才の時はKin125。不機嫌さをあわせ持っている年です。自己コントロールがキーワードです。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

依存からの一人立ちへ。

都はるみ(みやこ はるみ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の最後の年にデビューします。デビューした年から「アンコ椿は恋の花」が大ヒット。
白色の始めの年に「涙の連絡船」が大ヒット。紅白歌合戦初出場。
白色の最後付近に「北の宿から」が大ヒット。
青色の始め付近に「大阪しぐれ」が大ヒット。
青色の半ばに「浪花恋しぐれ」が大ヒット。突如、歌手引退宣言。
青色の後半から活動を再開。
青色の最期付近から歌手に復帰。
黄色の半ばに紅白歌合戦に最後の出場。
赤色の始め頃からいろいろな賞を受賞。
赤色の最期付近より芸能活動は歌手業も含めて休止状態。

「はるみ節」と呼ばれる、うなり声のような力強いこぶし回しや、波打つような深いビブラートが独特で、昭和40年代から50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、名実ともに日本を代表する女性演歌歌手となった。
2016年2月から歌手業も含めて芸能活動は完全休止の状態となっている。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

竹内海南江
竹内海南江(たけうち かなえ)は、日本のタレント・リポーター。「日立 世界・ふしぎ発見!」では30年余りにわたりミステリーハンターを担当。訪れた国は100を超える。

続きを読む


浜田幸一
浜田幸一(はまだ こういち)は、日本の政治家、タレント。「ハマコー」の愛称で知られ、「国会(政界)の暴れん坊」の異名を持ちます。衆議院議員を7期務めました。政界引退後はタレントとして活動。

続きを読む


竹島宏
竹島宏(たけしま ひろし)は、日本の演歌、ムード歌謡の歌手。作詞家の久仁京介よりスカウトされデビュー。北川大介、山内惠介とともにイケメン演歌歌手トリオ「イケメン3」を結成。26thのシングルは最高順位が初の10位以内となる5位を獲得。

続きを読む


山下美月
山下美月(やました みづき)は、日本のアイドル、女優。乃木坂46の3期生オーディションに合格しデビュー。アイドル活動はもとよりモデル、女優としても活動。朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』にレギュラー出演。2024年に乃木坂46を卒業。

続きを読む


つのだじろう
つのだじろうは日本の漫画家・心霊研究家。『空手バカ一代』の作画で大ヒット。『うしろの百太郎』『恐怖新聞』など怪奇漫画で大ブームを起こしオカルト漫画の第一人者となった。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin205)

杉山清貴
杉山清貴(すぎやま きよたか)は、日本の歌手・シンガーソングライター。杉山清貴&オメガトライブを経てソロとしてもデビュー。様々なサマーソングのヒット曲で知られています。

続きを読む


青木崇高
青木崇高(あおき むねたか)は、日本の俳優。妻はタレントの優香。映画『マッスルヒート』で俳優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』で落語家・徒然亭草々役を演じ知名度UP。

続きを読む


ビビアン・スー
ビビアン・スーは、台湾出身のマルチタレント。台湾のテレビ番組「台湾美少女芸能コンテスト」でグランプリを獲得しデビュー。日本の『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』にレギュラー出演。その後、活動拠点を台湾に戻します。

続きを読む


見城徹
見城徹(けんじょう とおる)は、日本の編集者、実業家。廣済堂、角川書店の社員を経て幻冬舎を設立。五木寛之「大河の一滴」、石原慎太郎「弟」など数々のミリオンセラーを送り出します。

続きを読む


関連記事 (歌手)

松田優作
松田優作さんは、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」で人気を獲得。1970年代後半からアクションスターとして人気を博し、1980年代からは演技派としても認められるようになりました。

続きを読む


舟木一夫
舟木一夫(ふなき かずお)は、日本の歌手、タレント。『高校3年生』でデビュー。大ヒットし瞬く間にスターとなった。1970年代に入り人気が低迷。しかしデビュー30周年プレ公演を機に人気が再燃。

続きを読む


レイ・チャールズ
レイ・チャールズは、アメリカの歌手。「ソウルミュージックの神様」と称された伝説的な人物。目が見えないというハンディを背負いながら活動。「我が心のジョージア」はミリオンセラーを記録。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


夏川りみ
夏川りみ(なつかわ りみ)は、日本の歌手。星美里としてデビューするがヒット曲に恵まれず引退。その後、夏川りみで再デビュー。BEGINのカバー曲「涙そうそう」は累計売上は120万枚突破し一躍有名になります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ