4,841 views

童話作家・アンデルセンの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → アンデルセン

記事公開日:2019年06月02日
最終更新日:2024年02月25日

アンデルセン
出典:wikipedia.org 1869年

ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、デンマークの代表的な童話作家、詩人。

代表作に『マッチ売りの少女』『みにくいアヒルの子』『裸の王様』『人魚姫』など。

このページではハンス・クリスチャン・アンデルセンの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

アンデルセンの誕生日占い

生年月日:1805年4月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin49です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い月 黄色い太陽 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い地球
互いに学びあう 反対kin 青い嵐
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い人
以てるもの同士の類似kin 白い犬
鏡の向こうのもう一人の自分 kin212
絶対反対kin kin179

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

ひとことでいえばKin49の誕生日占いは、相手の本音を見抜けるタイプです。アイデアマンの面もあります。人に対する奉仕を心がけなさい。家庭的に苦労しやすい。

広告

アンデルセンの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

デンマークで貧しい靴屋の家に生まれます。
両親の愛と母親の盲信によって育てられ、若い頃から想像力を発揮します。

挫折

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1816.04.02~ 11 164 8 黄色の種 赤い地球
1819.04.02~ 14 219 11 青い嵐 赤い月
1820.04.02~ 15 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1816年に父が病気で亡くなり学校を中退。
1819年にオペラ歌手になろうとコペンハーゲンに行きますがオペラ歌手になれませんでした。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にオペラ歌手になろうとしますが挫折。

光明

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1828.04.02~ 23 124 7 黄色の種 白い鏡
1829.04.02~ 24 229 8 赤い月 白い風
1830.04.02~ 25 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
その後、挫折を繰り返し、デンマーク王や政治家のヨナス・コリンの助力で教育を受けさせてもらえることになり大学まで進学。
1828年に大学に入学し、文献学と哲学を学びます。しかし大学は卒業できませんでした。
1829年に『ホルメン運河からアマゲル島東端までの徒歩旅行』を自費出版。

ウェブスペルの色が白色の半ばに大学へ進学。翌年『ホルメン運河からアマゲル島東端までの徒歩旅行』を自費出版。

即興詩人

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1835.04.02~ 30 79 1 青い嵐 青い嵐
1836.04.02~ 31 184 2 黄色の種 青い夜
1837.04.02~ 32 29 3 赤い月 青い手
1835年に恋愛小説『即興詩人』を出版。ヨーロッパ各国で翻訳出版されアンデルセンの出世作となった。現在では森鴎外訳の日本語版以外ではほとんど見られない。
同年、最初の童話集(子どものための童話集1835-1837)を出版。『人魚姫』や『裸の王様』が含まれています。高評価が得られなかったものの童話作家の道を歩みだします。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に恋愛小説『即興詩人』を出版。出世作となった。同年より童話集を出版。

マッチ売りの少女

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1843.04.02~ 38 139 9 青い嵐 青い猿
1844.04.02~ 39 244 10 黄色の種 青い鷲
1845.04.02~ 40 89 11 赤い月 青い嵐
アンデルセンの童話作品はグリム兄弟のような民俗説話からの影響は少なく創作童話が多い。
初期の作品では死ぬ以外に幸せになる術を持たない貧困層への嘆きが反映されておるものも多い。

新童話集 (1843-1848)を出版 。こちらには『みにくいアヒルの子』や『マッチ売りの少女』が含まれます。

ウェブスペルの色が青色の後半に『みにくいアヒルの子』や『マッチ売りの少女』を発表。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1874.04.02~ 69 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
1875.04.02~ 70 119 2 青い嵐 白い鏡
大学を卒業しなかったアンデルセンは生涯、旅行を自分の学校として、多くの旅行記を書いています。
また、死去するまでの間に多くの童話を発表しつづけます。生涯独身でした。

1875年8月4日に亡くなります。
アンデルセンの葬式には、フレゼリク王太子や各国の大使、子供から年配者、浮浪者に至るまで並び大騒ぎになったそうです。

ウェブスペルの色が白色の始めころに亡くなりました。

アンデルセンのまとめ

ウェブスペルの色で流れを見てみると

赤色の最後付近にオペラ歌手になろうとしますが挫折。
白色の半ばに大学へ進学。翌年『ホルメン運河からアマゲル島東端までの徒歩旅行』を自費出版。
青色の始めの年に恋愛小説『即興詩人』を出版。出世作となった。同年より童話集を出版。
青色の後半に『みにくいアヒルの子』や『マッチ売りの少女』を発表。
2度目の白色の始めころに亡くなりました。

アンデルセンが亡くなった後、1956年に『国際アンデルセン賞』が創設され1年おきに授与が行われています。
この賞は「児童文学のノーベル賞」とも呼ばれ、高い評価を得ています。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小西博之
小西博之(こにし ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。愛称はコニタン。『欽ちゃんの週刊欽曜日』のレギュラーとして抜擢。「欽ちゃんファミリー」の一員として人気を博します。『ザ・ベストテン』の2代目男性司会者。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin049)

萩原健一
萩原健一(はぎわら けんいち)は、日本の俳優・歌手。ニックネームは「ショーケン」。グルーブサウンズ全盛期にボーカルとして人気を得ます。その後、俳優に転身。テレビドラマ、映画で数々の主演を行いました。

続きを読む


沢村栄治
沢村栄治(さわむら えいじ)は、戦前に活躍したプロ野球選手(投手)。日本プロ野球史上に残る伝説の選手の一人。戦後、沢村の功績と栄誉を称えて「沢村栄治賞」が設立。プロ野球のその年度の最優秀投手に贈られる。

続きを読む


山中伸弥
山中伸弥(やまなか しんや)は、日本の医学者です。2012年にiPS細胞の開発でノーベル生理学・医学賞をジョン・ガードンと共同受賞しました。

続きを読む


向田邦子
向田邦子(むこうだ くにこ)は、テレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家。第83回直木賞を受賞。代表作に『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』など。取材旅行中に台湾の飛行機事故で死去。

続きを読む


中松義郎
中松義郎(なかまつ よしろう)は日本の発明家、実業家。通称、ドクター中松で知られる人物。東京都知事選挙、参院選、衆院選に繰り返し出馬。パフォーマンスで注目を集め、タレントとしてテレビに出演。

続きを読む


関連記事 (作家)

小松左京
小松左京(こまつ さきょう)は、日本の小説家。筒井康隆、星新一と並んで「SF御三家」とも称される人物。代表作に『復活の日』『日本沈没』『果しなき流れの果に』などあります。

続きを読む


ルイス・キャロル
ルイス・キャロルは、イギリスの数学者、論理学者、写真家、作家、詩人。『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の作者として知られています。

続きを読む


三島由紀夫
三島由紀夫(みしま ゆきお)は日本の作家。戦後の日本文学界を代表する人物。ノーベル文学賞候補にあがるなど海外でも定評が高い。晩年は自衛隊市ヶ谷駐屯地に仲間4人と乗り込み割腹自殺した。

続きを読む


吉田正
吉田正(よしだ ただし)は、日本の作曲家。亡くなった後に国民栄誉賞を受賞。生涯作曲数は2400曲を超え、戦後の日本歌謡史を代表する作曲家の一人。また、多くの歌手を育て上げた人物。

続きを読む


瀬戸内寂聴
瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう)は、小説家、天台宗の尼僧。結婚、出産、不倫、離婚、人気作家となり、その後出家。出家した後も精力的に作家活動は続けています。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ