721 views

麒麟がくるで織田信長役・染谷将太の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 染谷将太

記事公開日:2021年09月13日
最終更新日:2023年01月21日

染谷将太
→ 画像検索はこちら

染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。

7才から子役として活動。
2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。
2012年に映画『ヒミズ』『悪の教典』で日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。
2020年に大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長を演じました。

このページでは、染谷将太(そめたに しょうた)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

染谷将太(そめたに しょうた)の基本情報

生年月日:1992年9月3日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin78です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 白い世界の橋渡し 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin183
絶対反対kin kin208

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin78の誕生日占いは、精神的なつながりの強いところで能力を発揮できるタイプです。まとまりの欠けるところに運動と興味が集中する。

広告

染谷将太(そめたに しょうた)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。

子役時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.9.3~ 7 33 7 赤い空歩く人 青い手
2000.9.3~ 8 138 8 白い鏡 青い猿
2001.9.3~ 9 243 9 青い夜 青い鷲
7才から子役として活動を始めます。
9才の時に『STACY』で映画初出演。

ウェブスペルの色が青色の半ばより子役として活動を始めます。

長編映画初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.9.3~ 15 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
2008.9.3~ 16 198 3 白い鏡 黄色い戦士
2009.9.3~ 17 43 4 青い夜 黄色い太陽
日出高等学校に進学。同級生に足立梨花がいます。
2009年に長編映画『パンドラの匣』で主演。長編映画初主演となった。

ウェブスペルの色が黄色の前半に『パンドラの匣』で長編映画初主演。

新人賞を受賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.9.3~ 19 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
2012.9.3~ 20 98 7 白い鏡 黄色い人
2013.9.3~ 21 203 8 青い夜 黄色い戦士
2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共に第68回ヴェネツィア国際映画祭・マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。
2012年に『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』で、第66回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。
2013年に映画『ヒミズ』『悪の教典』で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
2014年、2015年に映画『寄生獣』で主演の泉新一役。

ウェブスペルの色が黄色の後半に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

結婚・父になる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.9.3~ 23 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2016.9.3~ 24 258 11 白い鏡 黄色い星
2017.9.3~ 25 103 12 青い夜 黄色い人
2015年に女優の菊地凛子と結婚。2016年に第一子、2019年に第二子に恵まれます。

2015年に『さよなら歌舞伎町』で第14回ニューヨーク・アジア映画祭ライジングスター賞を受賞。
2016年に日中合作の映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』(2017年中国、2018年日本で公開)で主演。中国語を習得。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に女優の菊地凛子と結婚。

麒麟がくる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.9.3~ 27 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
2020.9.3~ 28 158 2 白い鏡 赤い地球
2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長役。主演の明智光秀役は長谷川博己

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長役。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.9.3~ 29 3 3 青い夜 赤い竜
2022.9.3~ 30 108 4 黄色い星 赤い蛇
2023.9.3~ 31 213 5 赤い空歩く人 赤い月
染谷将太の現在は、ウェブスペルの色が赤色の始まり付近に当たります。
29才の時はKin3。想像力豊かな年です。マイペースな面もあります。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

初めての物事が多い。それは天からの贈り物。

染谷将太(そめたに しょうた)のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

青色の半ばより子役として活動を始めます。
黄色の前半に『パンドラの匣』で長編映画初主演。
黄色の後半に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
黄色の最後付近に女優の菊地凛子と結婚。
赤色の始めの年に大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長役。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

坂東彌十郎
坂東彌十郎(ばんどう やじゅうろう)は、日本の歌舞伎役者。屋号は大和屋。2001年に重要無形文化財(総合認定)に認定。俳優としても活動。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では北条時政役で出演。

続きを読む


和田明日香
和田明日香(わだ あすか)は、日本のタレント、モデル、食育インストラクター、美容料理研究家。義理の母の平野レミから影響で料理への興味を開花。食育インストラクターの資格を取得。

続きを読む


美木良介
美木良介(みき りょうすけ)は、日本の俳優、歌手、フィットネスインストラクタータレント。持病の腰痛を治療するために独自にロングブレスダイエットを開発。DVD・書籍を刊行し各メディアで大きく取り上げられます。

続きを読む


清水アキラ
清水アキラ(しみず アキラ)は、日本のものまねタレント、お笑いタレント。ザ・ハンダースを結成。コントやコミックソングなどを行います。その後、コロッケ、栗田貫一、ビジーフォーと並びものまね四天王といわれ、ものまねブームを巻き起こします。

続きを読む


中山忍
中山忍(なかやま しのぶ)は、日本の女優。実姉は女優の中山美穂。スカウトをうけ芸能界入り。アイドル歌手として活動します。その後、女優1本に転身。2時間ドラマを中心に連続ドラマ、舞台、CMなどで活躍します。映画『ガメラ 大怪獣空中決戦』では数々の映画の賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin078)

駿河太郎
駿河太郎(するが たろう)は、日本の俳優、ミュージシャン。父は落語家の笑福亭鶴瓶。『taro』名義で歌手としてメジャーデビュー。その後、30才を機に俳優に転向し映画やテレビドラマなどに出演。

続きを読む


板垣退助
板垣退助は日本の武士(土佐藩士)、政治家。自由民権運動の主導者として知られ、「庶民派」の政治家として国民から圧倒的な支持を受けていた。

続きを読む


渡部建
渡部建(わたべ けん)は、日本のお笑いタレント、司会者。妻は女優の佐々木希。お笑いコンビ・アンジャッシュのツッコミ担当。ソロでMCやグルメリポーターとしても活躍。不祥事で芸能活動を自粛していたが2022年2月に再開。

続きを読む


やくみつる
やくみつるは、日本の漫画家。相撲好きとしても知られる人物。プロ野球4コマ漫画家として活動し知られる存在となった。時事ネタを扱うようになってからはテレビ番組のコメンテーターなどのタレント活動を行う。

続きを読む


舟木一夫
舟木一夫(ふなき かずお)は、日本の歌手、タレント。『高校3年生』でデビュー。大ヒットし瞬く間にスターとなった。1970年代に入り人気が低迷。しかしデビュー30周年プレ公演を機に人気が再燃。

続きを読む


関連記事 (俳優)

前野朋哉
前野朋哉(まえの ともや)は日本の俳優、映画監督。大阪芸術大学で映画制作に携わります。役者業を勧められ続けます。2016年にCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在になります。

続きを読む


西村まさ彦
西村まさ彦(にしむら まさひこ)は、日本の俳優、司会者。東京サンシャインボーイズに入団し多くの三谷脚本作品に出演。『古畑任三郎』シリーズの今泉慎太郎役は当たり役となった。

続きを読む


高橋英樹
高橋英樹(たかはし ひでき)は、俳優・タレント・司会者。日活に入社し若手俳優として映画に出演。その後テレビへ活躍の場を移し時代劇俳優として活躍します。

続きを読む


丹波哲郎
丹波哲郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。丹波哲郎(たんば てつろう)は、日本の俳優・芸能プロモーター・心霊研究家。俳優活動は50年以上で出演した映画は外国映画10本を含んだ300本以上に及ぶ名優。『丹波哲郎の大霊界』はベストセラーになった。

続きを読む


宮川一朗太
宮川一朗太(みやかわ いちろうた)は、日本の俳優、声優、ナレーター。映画『家族ゲーム』で主演の沼田茂之役でデビュー。ドラマ、映画でバイプレーヤーとして活躍。ドラマ『半沢直樹』で再ブレイク。クイズ番組『東大王』で活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ