3,463 views

君の名は。新海誠の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 新海誠

記事公開日:2017年11月24日
最終更新日:2022年03月04日

新海誠
出典:wikipedia.org

新海誠(しんかい まこと)は、日本のアニメーション作家・映画監督、小説家。

2016年に公開した『君の名は。』で監督、脚本、原作を担当、日本のアニメーション監督としては宮崎駿に続いて2人目となる興行収入100億円の大台を突破しました。

妻は女優の三坂知絵子、娘の新津ちせは、「パプリカ」で知られる音楽ユニット「Foorin」メンバー。

このページでは、新海誠(しんかい まこと)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

新海誠(しんかい まこと)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1973年2月9日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin217です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 赤い月 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin44
絶対反対kin kin87

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin217の誕生日占いは、細かなことによく気がつくタイプです。誤解を受けやすい面もあります。勢いがつくほどに冷静沈着を心がける。

広告

新海誠(しんかい まこと)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

長野県南佐久郡小海町で生まれます。
実家は明治42年創業の建設会社を代々営む新津組。父で3代目、年商70億円の規模の大きな会社です。子供のころからSFが大好きで、当時まだ珍しかったパソコンを買い与えられ遊んでいたそうです。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.2.9~ 18 27 1 青い手 青い手
1992.2.9~ 19 132 2 黄色い人 青い猿
1993.2.9~ 20 237 3 赤い地球 青い鷲
長野の高校を卒業後に1991年に上京し中央大学に進学します。

中央大学に在学中に立川市のゲーム会社・日本ファルコムでアルバイトを始めます。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に上京し大学に進学します。日本ファルコムでアルバイトを始めます。

日本ファルコムは8ビットパソコンの時代からゲームを作っている老舗メーカー。
ドラゴンスレイヤーシリーズ、イースシリーズ、英雄伝説シリーズなどが代表作があります。

日本ファルコム時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.2.9~ 23 32 6 黄色い人 青い手
1997.2.9~ 24 137 7 赤い地球 青い猿
1998.2.9~ 25 242 8 白い風 青い鷲
1996年に中央大学を卒業。4代目として家業を継ぐための修行として都内の住宅メーカーに勤める予定でしたが、断り、日本ファルコムへ正式に入社します。

日本ファルコムでは、ゲーム開発部門を希望しますが叶わず創業者の加藤の直轄チームでパッケージ制作を担当。その傍ら自主制作アニメーションを制作します。会社員時代は夜中に帰宅したあと午前3時頃までアニメーション制作を行い、翌朝6時に起床し出社する生活が続きます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに日本ファルコムへ入社します。仕事の傍ら自主制作アニメーションを制作します。

ほしのこえ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.2.9~ 28 37 11 赤い地球 青い手
2002.2.9~ 29 142 12 白い風 青い猿
2003.2.9~ 30 247 13 青い手 青い鷲
2001年に5年ほど勤めた日本ファルコムを退社。
2002年に初の劇場公開作品となる『ほしのこえ』を発表。約25分のフルデジタルアニメーションの作品でほとんどの作業を新海一人で行います。
多数の賞を受賞をします。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に日本ファルコムを退社し、翌年に初の劇場公開作品となる『ほしのこえ』を発表します。

雲のむこう、約束の場所

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.2.9~ 31 92 1 黄色い人 黄色い人
2005.2.9~ 32 197 2 赤い地球 黄色い戦士
2006.2.9~ 33 42 3 白い風 黄色い太陽
2007.2.9~ 34 147 4 青い手 黄色の種
2008.2.9~ 35 252 5 黄色い人 黄色い星
2004年に初の長編作品(91分)となる『雲のむこう、約束の場所』を発表。この作品で第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を、宮崎駿監督の『ハウルの動く城』などを抑え受賞します。
この作品は小説版、マンガ版も作られます。

2007年に『秒速5センチメートル』(63分)を発表。単館上映ながら半年に及ぶロングランを記録。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に『雲のむこう、約束の場所』、黄色の前半に『秒速5センチメートル』を発表。

言の葉の庭

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.2.9~ 37 202 7 白い風 黄色い戦士
2011.2.9~ 38 47 8 青い手 黄色い太陽
2012.2.9~ 39 152 9 黄色い人 黄色の種
2013.2.9~ 40 257 10 赤い地球 黄色い星
2010年に長女の新津ちせが誕生します。三坂知絵子と結婚した年は不明。

2011年に『星を追う子ども』(116分)を発表。興行的には成功せず、新海作品唯一の赤字作品でした。

2013年に『言の葉の庭』(46分)を発表。全国23館で料金は1000円均一。累計12万人以上を動員します。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに長女の新津ちせが誕生します。

黄色の後半に『星を追う子ども』を発表しますが興行的に赤字作品でした。『言の葉の庭』は累計12万人以上の観客を動員します。

君の名は。

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.2.9~ 43 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2016年に『君の名は。』を発表。日本のアニメーション監督としては宮崎駿に続いて2人目となる興行収入100億円の大台を突破。
中国やタイなどのアジア圏、ヨーロッパ圏においても大人気の映画となります。
原作本として自身が執筆した『小説・君の名は。』は100万部を突破します。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に『君の名は。』を発表し大ヒットします。

天気の子

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.2.9~ 46 107 3 青い手 赤い蛇
2019年に『天気の子』を公開。前作『君の名は。』から3年ぶりとなる、7作目の劇場用アニメーション映画。
前作『君の名は。』に続いて興行収入100億円の大台を突破。

ウェブスペルの色が赤色の前半に『天気の子』は前作『君の名は。』に続いて興行収入100億円の大台を突破。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.2.9~ 48 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
2022.2.9~ 49 162 6 白い風 赤い地球
2023.2.9~ 50 7 7 青い手 赤い竜
新海誠の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
49才の時はKin162。言葉の重みを知っている年です。

  • 音6は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないです。束縛されることを嫌います。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

外に向かうより内側を安定。

新海誠のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の始めの年に上京し大学に進学します。日本ファルコムでアルバイトを始めます。
青色の半ばに日本ファルコムへ入社します。仕事の傍ら自主制作アニメーションを制作します。
青色の最期付近に日本ファルコムを退社し、翌年に初の劇場公開作品となる『ほしのこえ』を発表します。
黄色の始めの年に『雲のむこう、約束の場所』、黄色の前半に『秒速5センチメートル』を発表。
黄色の半ばに長女の新津ちせが誕生します。
黄色の後半に『星を追う子ども』を発表しますが興行的に赤字作品でした。『言の葉の庭』は累計12万人以上の観客を動員します。
黄色の最後の年に『君の名は。』を発表し大ヒットします。
赤色の前半に『天気の子』は前作『君の名は。』に続いて興行収入100億円の大台を突破。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴木浩介
鈴木浩介(すずき こうすけ)は日本の俳優。西田敏行に憧れ青年座に入団。退団後はテレビドラマを中心に活動。ドラマ『LIAR GAME』に出演し知名度UP。ドラマ『ドクターX』シリーズでは原守役で出演。

続きを読む


エフゲニー・プルシェンコ
エフゲニー・プルシェンコは、ロシアの元フィギュアスケート選手、フィギュアスケートコーチ。2006年トリノオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。ロシアフィギアスケート界の重鎮。皇帝と呼ばれます。

続きを読む


吉田類
吉田類(よしだ るい)は、日本の随筆家。居酒屋探訪家として冠番組『吉田類の酒場放浪記』がヒット。同ジャンルの番組が製作される先駆けになります。『吉田類のにっぽん百低山』がレギュラー放送。

続きを読む


奈緒
奈緒(なお)は日本の女優、タレント、元モデル。福岡の天神でスカウトを受けモデルとして芸能界入り。20才の時に上京。2018年の『半分、青い。』ではヒロインの友人役で出演し注目を集めます。2022年の『ファーストペンギン!』で地上波連続ドラマ初主演。

続きを読む


清野菜名
清野菜名(せいの なな)は、日本の女優。夫は俳優の生田斗真。映画『TOKYO TRIBE』でヒロイン役に抜擢。注目を集めます。『半分、青い。』『今日から俺は!!』等に出演し一躍有名になります。2022年の日経トレンディ「今年の顔」に選出されます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin217)

伊原剛志
伊原剛志(いはら つよし)は、日本の俳優。ジャパンアクションクラブに入団。翌年俳優デビュー。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの幼なじみ役を演じ、全国的な知名度を得ます。『トクボウ 警察庁特殊防犯課』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


藤原竜也
藤原竜也(ふじわら たつや)は、日本の俳優。蜷川幸雄演出の舞台の新人オーディションでグランプリを獲得してデビュー。舞台、映画、ドラマと多方面で活躍する実力派俳優です。

続きを読む


陳建一
陳建一(ちん けんいち)は、中華料理(四川料理)の料理人、調理師、料理研究家。テレビ番組『料理の鉄人』への出演で知られます。四川飯店グループのオーナーとして日本各地で店舗を展開。父は日本における四川料理の父といわれた陳建民。

続きを読む


大杉蓮
大杉蓮(おおすぎ れん)は、日本の俳優、タレント。様々な役柄をこなし「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得ます。2018年2月21日に急逝しました。

続きを読む


鈴木雅之
鈴木雅之(すずき まさゆき)は、日本の歌手。サングラスに口髭がトレードマーク。姉は歌手の鈴木聖美。『ラッツ&スター』(シャネルズ)のメンバー。現在は主にソロで活躍。2020年の紅白歌合戦に出場。

続きを読む


関連記事 (作家)

大江健三郎
大江健三郎(おおえ けんざぶろう)は、日本の小説家であり、日本で2人目のノーベル文学賞の受賞者です。

続きを読む


吉川英治
吉川英治(よしかわ えいじ)は、日本の小説家。『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。

続きを読む


石田衣良
石田衣良(いしだ いら)は、日本の小説家。コピーライターを経て作家に転身。『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞を受賞。他の代表作に『池袋ウエストゲートパーク』『娼年』『アキハバラ@DEEP』などあります。

続きを読む


猪瀬直樹
猪瀬直樹(いのせ なおき)は、日本の作家、元政治家。日本道路公団民営化の中心的人物の一人。石原都知事の退任に伴い後継指名を受け都知事選で圧勝。第18代東京都知事に就任。五輪招致方針を引き継ぎ、2020年オリンピックの東京招致を成功。

続きを読む


永六輔
永六輔(えい ろくすけ)は、放送作家・エッセイスト、作詞家。多彩な活躍ぶりで歴史に名を残します。作詞家としても知られ、「こんにちは赤ちゃん」「上を向いて歩こう」などの作品を残しました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ