125 views

ちむどんどん・黒島結菜の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 黒島結菜

黒島結菜
→ 画像検索はこちら

黒島結菜(くろしま ゆいな)は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。

沖縄が日本に復帰50年を記念して作成される2022年前期の連続テレビ小説『ちむどんどん』のヒロイン。
ちなみに『ちむどんどん』とは沖縄の方言で胸がドキドキするって意味です。

このページでは、黒島結菜(くろしま ゆいな)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

黒島結菜の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1997年3月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin171(絶対拡張Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 白い犬 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin90
絶対反対kin kin41

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

絶対拡張Kinですので世の中に物事を広めやすいです。

ひとことでいえばKin171の誕生日占いは、目のつけどころがユニークで優れているタイプです。現状を維持することは大きな苦闘をともなう。

広告

黒島結菜の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

沖縄県糸満市出身。3人姉妹の長女。
幼いときは芸能人を目指していなかったと言います。

芸能界デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.3.15~ 14 81 3 赤い竜 青い嵐
2012.3.15~ 15 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2013.3.15~ 16 31 5 青い猿 青い手
2011年、中学3年の時に母の勧めでウィルコム沖縄のイメージガールコンテストに応募。特別賞の「沖縄美少女図鑑賞」を受賞し芸能界デビュー。
2012年より本格的に芸能活動を開始。
2013年に映画『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』で映画初出演。同年、NTTドコモのCMに出演し脚光を集めます。

ウェブスペルの色が青色の前半にウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで特別賞を受賞し芸能界デビュー。

快進撃

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.3.15~ 17 136 6 黄色い戦士 青い猿
2015.3.15~ 18 241 7 赤い竜 青い鷲
2016.3.15~ 19 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
デビューしてから沖縄の高校に通いながら東京を往復。仕事が多忙になり2014年に上京し東京の高校に転向。
2015年に高校を卒業後は日本大学に進学。

2014年にクラレ「ミラバケッソ」、2015年に「カルピスウォーター」のCMに起用。
2014年に朝の連続テレビ小説『マッサン』、『アオイホノオ』で連続ドラマ初出演。
2015年に『花燃ゆ』で高杉晋作の妻役で大河ドラマ初出演。
2016年に『時をかける少女』で連続ドラマ初主演。

ウェブスペルの色が青色の半ばに上京。CMやドラマで快進撃を続けます。

日本アカデミー賞新人俳優賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.3.15~ 20 191 9 青い猿 青い夜
2018.3.15~ 21 36 10 黄色い戦士 青い手
2019.3.15~ 22 141 11 赤い竜 青い猿
2017年にドラマ『アシガール』で主演。好評を得て翌2018年には続編スペシャルが放送。
2019年に大河ドラマ『いだてん』、朝の連続テレビ小説『スカーレット』に出演。
同年、周防正行監督の5年ぶりの新作映画『カツベン!』でヒロイン役。日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

仕事が順調な一方で、学業との両立が立たず日本大学を中退し2019年より女優業に専念。

ウェブスペルの色が青色の最後付近に『カツベン!』でヒロイン役を演じ日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

ちむどんどん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.3.15~ 23 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2021.3.15~ 24 91 13 青い猿 青い嵐
2022.3.15~ 25 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
2022年前期の連続テレビ小説『ちむどんどん』のヒロインに決定。
2021年秋ごろからクライクインし2022年の春放送予定。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に連続テレビ小説『ちむどんどん』のヒロイン役。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.3.15~ 24 91 13 青い猿 青い嵐
2022.3.15~ 25 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
2023.3.15~ 26 41 2 赤い竜 黄色い太陽
黒島結菜の現在は、ウェブスペルの色が青色の最後の年に当たります。
24才の時はKin91。自分が楽しまなければ人も楽しめないと思いがちな年です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

今必要な準備をこつこつ行うこと。

黒島結菜のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の前半にウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで特別賞を受賞し芸能界デビュー。
青色の半ばに上京。CMやドラマで快進撃を続けます。
青色の最後付近に『カツベン!』でヒロイン役を演じ日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
黄色の始めの年に連続テレビ小説『ちむどんどん』のヒロイン役。

憧れの女優は、同郷の満島ひかり
同い年の中条あやみとは大親友。杉咲花とも仲が良い。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

川平慈英
川平慈英(かびら じえい)は、日本のタレント、スポーツキャスター。別名はジェイ・カビラ。長兄はタレントのジョン・カビラ。「ムムッ!」「いいんです!」の決まり文句。楽天カードマンでも有名。熱狂的なサッカー好きで知られています。

続きを読む


船越英二
船越英二(ふなこし えいじ)は、日本の俳優。長男は俳優の船越英一郎。大映第2期ニューフェイスに合格し俳優デビュー。大映倒産まで映画で、その後は学園ドラマ・現代劇・時代劇を問わず活躍。

続きを読む


生瀬勝久
生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。

続きを読む


賀来賢人
賀来賢人(かく けんと)は、日本の俳優。叔母(父の妹)は女優の賀来千香子。妻は女優の榮倉奈々。朝の連続テレビ小説『花子とアン』、大河ドラマ『花燃ゆ』に出演し知名度UP。映画『斉木楠雄のΨ難』に出演しコメディ俳優としてもブレイク。

続きを読む


白石麻衣
白石麻衣(しらいし まい)は、日本の女優、タレント。乃木坂46の元メンバー。愛称は、まいやん。乃木坂46の1期生。卒業するまでWセンターを含め5度センターを担当。2ndソロ写真集『パスポート』は女性ソロ写真集の歴代最高記録。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin171)

スガシカオ
スガシカオは、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。SMAPが歌った「夜空ノムコウ」の作詞担当。1stアルバムから連続10回アルバムTop10入りの日本記録を達成。

続きを読む


マイケル・デル
マイケル・デルは、アメリカの実業家。デルの創設者にして会長兼最高経営責任者。コンピュータ業界初の直販制度で急成長を遂げます。

続きを読む


内野聖陽
内野聖陽(うちの せいよう)は、日本の俳優。大河ドラマ『風林火山』で主演の山本勘助。『臨場』シリーズで主演、『JIN-仁-』シリーズで坂本龍馬役など多くの話題作に出演。

続きを読む


澤穂希
澤穂希(さわ ほまれ)は、日本の元女子サッカー選手。2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会で日本女子代表チーム「なでしこジャパン」を優勝に導いたキャプテン。この大会で得点王とMVPを獲得。

続きを読む


関連記事 (女優)

篠原涼子
篠原涼子(しのはら りょうこ)は、女優、歌手。シングル『恋しさと せつなさと 心強さと』が200万枚を超える大ヒット。女優に転身したあとは『アンフェア』『ハケンの品格』などに出演し人気となります。

続きを読む


浜辺美波
浜辺美波(はまべ みなみ)は、日本の女優。第7回『東宝シンデレラオーディション』でニュージェネレーション賞を受賞。映画「アリと恋文」で主演し女優デビュー。代表作に『君の膵臓をたべたい』や『賭ケグルイ』シリーズなどあります。

続きを読む


オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーンはイギリス人でアメリカの女優で1950年代に映画で活躍しました。特に1953年の映画『ローマの休日』で主役を演じ絶賛されます。

続きを読む


伊藤つかさ
伊藤つかさ(いとう つかさ)は、日本の女優。幼少時代から子役で活動。「3年B組金八先生」ではクラスのアイドル的女子生徒で出演。翌年、アイドル歌手としてデビュー。1980年代に一世を風靡。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ