925 views

とんねるずの誕生日占いと相性占いを診断

 TOP有名人の相性 → とんねるず

最終更新日:2016年11月28日

とんねるず

とんねるずは、石橋貴明と木梨憲武の2人からなる日本のお笑いコンビ。
1980年に高校の同級生の2人がお笑いコンビを結成。1982年に「お笑いスター誕生」でグランプリを獲得し、「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」などの出演によって人気を獲得しました。
このページでは「とんねるず」のメンバーの生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。
また直近の個人Kin年表ついても鑑定します。

関連記事
→ ナインティナインの誕生日占いと相性占いを診断
→ よゐこの誕生日占いと相性占いを診断
→ ココリコの誕生日占いと相性占いを診断

とんねるずのメンバーの誕生日占い

石橋貴明(いしばし たかあき)の誕生日占い

石橋貴明
  • 1961年10月22日生まれ
  • 「とんねるず」の大柄な方でリーダー
  • 妻は女優の鈴木保奈美
  • 最近はテニスに力を入れている
  • 貧乏でも終生誇りを捨てなかった父・武夫を尊敬している

石橋貴明の誕生日占いの結果

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin252です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 黄色い星 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin9
絶対反対kin kin122

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin252の誕生日占いは、運が強く、思ったことが叶いやすいタイプです。こだわりが強いです。繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

木梨憲武(きなし のりたけ)の誕生日占い

木梨憲武
  • 1962年3月9日生まれ
  • 「とんねるず」の小柄な方
  • サッカーが得意で元祖サッカー芸能人とも言われる
  • 妻は女優の安田成美。3児の父

木梨憲武の誕生日占いの結果

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin130です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い犬 白い鏡 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い太陽
互いに秘かれあう 神秘kin 青い猿
以てるもの同士の類似kin 赤い月
鏡の向こうのもう一人の自分 kin131
絶対反対kin kin260

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

ひとことでいえばKin130の誕生日占いは、考え込むことが多いタイプです。考え込まないように。

広告

とんねるずのメンバーの相性占い

とんねるずの2人の相性占いの関係性は見られませんでした。

相性占いの関係Kinではないのですが、

木梨憲武の銀河の音は13です。長期的な視点で取り込むのが得意です。
一方、石橋貴明の銀河の音は5です。「目的意識」をしっかり持っていればおのずと中心的な役割を担っていきます。
リーダーが石橋貴明で、長期的な実践者が木梨憲武という感じでしょうか。

また、木梨憲武の持っている「白い鏡」「白い犬」は不誠実な人に対してストレートで厳しい印象を与えます。
一方、石橋貴明の持っている「黄色い星」「黄色い人」は、自由を求め自分の道を貫き、プロ意識を持って完璧に行おうとします。
この2人が解散せずにやっているということは相手との関係は誠実で自分の道を貫いているってことですかね。

個人Kin年表で調べてみる

石橋貴明の個人Kin年表

デビュー期(石橋貴明)

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.10.22~ 18 62 10 白い風 赤い空歩く人
1981.10.22~ 20 12 12 黄色い人 赤い竜
1983.10.22~ 22 222 1 白い風 白い風
1986.10.22~ 25 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1987.10.22~ 26 122 5 白い風 白い鏡

共に東京都出身で帝京高等学校。石橋は野球部、木梨はサッカー部に所属。
卒業後、石橋はホテルセンチュリーハイアット、木梨はダイハツに就職。
お笑いスター誕生へのチャレンジを機に再会。会社を退職しプロデビューへと意志を固める

1980年に高校の同級生同士である2人でとんねるずを結成。
1982年に「お笑いスター誕生」でグランプリを獲得。

彼らの楽曲の作詞を行っている秋元康との出会いもこの時期である

1984年に「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」に出演

夕やけニャンニャンでは片岡鶴太郎、吉田照美を脇役に追い立てメインで活躍した。その後、レギュラー番組を増やしていく。

安定期
1987年に「ねるとん紅鯨団」がヒット。確かな安定となる。
1988年に「とんねるずのみなさんのおかげです」のレギュラー放送が開始。

レギュラー番組をこなしながら、並行して音楽活動にも行い、「情けねえ」「ガラガラヘビがやってくる」をはじめとする曲がヒット。

デビューした頃はウェブスペルの色が赤色の後半でした。
レギュラー番組を増やし始めた時にウェブスペルの色が白色に変わります。

転換期(石橋貴明)

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.10.22~ 34 182 13 白い風 白い犬
1996.10.22~ 35 27 1 青い手 青い手
1997.10.22~ 36 132 2 黄色い人 青い猿
1998.10.22~ 37 237 3 赤い地球 青い鷲
1999.10.22~ 38 82 4 白い風 青い嵐

1996年頃からピンでの活動が活発になり始める。
石橋は1996年10月に初の単独司会によるレギュラー音楽番組「うたばん」が始まり、2010年3月までの13年半続いた。
また1997年2月に工藤静香とのユニット「Little Kiss」がヒット。
1998年7月には三谷幸喜脚本のドラマ「今夜、宇宙の片隅で」に主演した。

ピン活動が活発になった付近にウェブスペルの色が青色に変わりました。

そして現在(石橋貴明)

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.10.22~ 55 47 8 青い手 黄色い太陽
2017.10.22~ 56 152 9 黄色い人 黄色の種
2018.10.22~ 57 257 10 赤い地球 黄色い星
石橋貴明の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
55才の時はKin47。手先が器用で明るく、責任感が強い年です。自分の力を過信しないで。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

十分に力を蓄えよ。

木梨憲武の個人Kin年表

デビュー期(木梨憲武)

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.3.9~ 18 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
1982.3.9~ 20 150 7 白い犬 黄色の種
1984.3.9~ 22 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1987.3.9~ 25 155 12 青い鷲 黄色の種
1988.3.9~ 26 260 13 黄色い太陽 黄色い星

共に東京都出身で帝京高等学校。石橋は野球部、木梨はサッカー部に所属。
卒業後、石橋はホテルセンチュリーハイアット、木梨はダイハツに就職。
お笑いスター誕生へのチャレンジを機に再会。会社を退職しプロデビューへと意志を固める

1980年に高校の同級生同士である2人でとんねるずを結成。
1982年に「お笑いスター誕生」でグランプリを獲得。

彼らの楽曲の作詞を行っている秋元康との出会いもこの時期である

1984年に「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」に出演

夕やけニャンニャンでは片岡鶴太郎、吉田照美を脇役に追い立てメインで活躍した。その後、レギュラー番組を増やしていく。

安定期
1987年に「ねるとん紅鯨団」がヒット。確かな安定となる。
1988年に「とんねるずのみなさんのおかげです」のレギュラー放送が開始。

レギュラー番組をこなしながら、並行して音楽活動にも行い、「情けねえ」「ガラガラヘビがやってくる」をはじめとする曲がヒット。

デビューした頃はウェブスペルの色が黄色の半ばでした。
安定期になった付近に黒Kinが連発で表れています。

転換期(木梨憲武)

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.3.9~ 34 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
1997.3.9~ 35 165 9 赤い蛇 赤い地球
1998.3.9~ 36 10 10 白い犬 赤い竜
1999.3.9~ 37 115 11 青い鷲 赤い蛇
2000.3.9~ 38 220 12 黄色い太陽 赤い月

1996年頃からピンでの活動が活発になり始める。
木梨は1996年5月に「憲三郎&ジョージ山本」という演歌ユニットでヒットし、同年のNHK紅白歌合戦出場を果たしている。
また1998年1月にはドラマ「甘い結婚」で個人初主演を果たした。

ウェブスペルの色が赤色の半ばのことでした。
5年で2度の黒Kinが表れています。激しい期間だったはずです。

そして現在(木梨憲武)

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.3.9~ 54 80 2 黄色い太陽 青い嵐
2017.3.9~ 55 185 3 赤い蛇 青い夜
2018.3.9~ 56 30 4 白い犬 青い手
木梨憲武の現在は、ウェブスペルの色が青色の始まり付近に当たります。
54才の時はKin80。問題にぶつかればぶつかるほど、やる気の出る年の年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

まとまりの欠けるところに運動と興味が集中する。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

お友達

相性診断を生年月日から占う

最大4名までの相性診断が占えます。生年月日を入力してください。名前は任意ですが、入力すれば結果ページに反映されます。

続きを読む


個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(有名芸能人の投稿順)

山崎育三郎と安倍なつみ
俳優の山崎育三郎と元モーニング娘。の初期メンバーの安倍なつみは、2011年7月に舞台で共演をきっかけに交際開始。2015年12月に結婚します。2016年7月に長男が誕生しました。

続きを読む


早乙女友貴と島袋寛子
早乙女友貴と島袋寛子は2017年2月に結婚した夫婦です。俳優の早乙女友貴と元SPEED(スピード)の島袋寛子は、2016年2月の舞台での共演をきっかけに交際を開始します。

続きを読む


松岡修造と田口恵美子
松岡修造と田口恵美子は1998年2月に結婚した夫婦です。1995年にウェンブルドンに出場したころ松岡修造が田口恵美子にアタックし交際を開始。その後3人の女の子に恵まれます。

続きを読む


林家三平と国分佐智子
林家三平と国分佐智子は2011年3月に結婚した夫婦です。2人はドラマ「水戸黄門」で共演で知り合い、交際期間わずか2カ月で結婚します。2016年11月に長男が誕生しました。

続きを読む


松井大輔と加藤ローサ
松井大輔と加藤ローサは2011年6月に結婚した夫婦です。サッカー選手の松井大輔と女優の加藤ローサは、2010年秋に共通の知人を通じて知り合い交際を開始。出来ちゃった婚でした。

続きを読む


有名人の相性の一覧はこちら

関連記事 (お笑いグループ)

X-GUN(バツグン)
X-GUN(バツグン)は、「西尾季隆」と「さがね正裕」によるお笑いコンビ。1990年に結成。1990年代後半、「タモリのボキャブラ天国」などで人気を博す。

続きを読む


パンクブーブー
パンクブーブーは、佐藤哲夫と黒瀬純 によるお笑いコンビ。2人は福岡吉本の出身。それぞれ別々でコンビを組んでいたが2001年4月にコンビ結成。2009年M-1グランプリで優勝、THE MANZAI 2011で優勝。

続きを読む


バナナマン
バナナマンは、設楽統、日村勇紀 からなるお笑いコンビ。1993年に結成。2005年にコンビ解散ドッキリで注目され、2008年にキングオブコント準優勝。2015年にはテレビ番組出演本数は芸人でトップの売れっ子です。

続きを読む


いつもここから
いつもここからは山田一成と菊地秀規によるお笑いコンビ。1996年7月に結成。人間観察を基にした「あるあるネタ」が基本でシュールなネタが多く「悲しいとき」や「ツッコミ暴走族」が有名です。

続きを読む


ウーマンラッシュアワー
ウーマンラッシュアワーは、村本大輔と中川パラダイスによるお笑いコンビ。2人は大阪NSCの出身。それぞれ別々でコンビを組んでいたが2008年9月にコンビ結成。THE MANZAI 2013優勝者。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事