1,198 views

アタック25・児玉清の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 児玉清

最終更新日:2019年01月26日
最終更新日:2021年04月13日

児玉清
→ 画像検索はこちら

児玉清(こだま きよし)は、日本の俳優、タレント、司会者、作家。

俳優として活動後に「パネルクイズ アタック25」の初代司会者として有名。

このページでは、児玉清(こだま きよし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

児玉清の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1933年12月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin237です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 青い鷲 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin24
絶対反対kin kin107

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin237の誕生日占いは、実績で物事を評価するタイプです。実績を持つと人生が変わります。動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

広告

児玉清の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京で生まれ育ちます。出生名は小玉清(こだま きよし)。
小学生の頃、群馬県・四万温泉に集団疎開した経験を持ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.12.26~ 24 157 1 赤い地球 赤い地球
1958.12.26~ 25 2 2 白い風 赤い竜
1959.12.26~ 26 107 3 青い手 赤い蛇
一浪して学習院大学に進学。
大学卒禦後に学者を目指し大学院に行く予定でしたが母が急死。就職しなければいけなくなり1958年に東宝ニューフェイス第13期に合格し芸能界入りします。
同年、映画『隠し砦の三悪人』で芸能界デビュー。しかしセリフのない役がしばらく続きます。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に東宝の所属となり芸能界デビュー。

頭角を現す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.12.26~ 26 107 3 青い手 赤い蛇
1960.12.26~ 27 212 4 黄色い人 赤い月
1963.12.26~ 30 7 7 青い手 赤い竜
1960年、黒澤明監督作『悪い奴ほどよく眠る』で必要以上の大げさな演技やフレームインを繰り返し黒澤が激怒。黒澤に苛め抜かれます。
1961年に『別れて生きるときも』で司葉子の初恋の相手役に抜擢されたことをきっかけに、頭角を現していきます。
1964年に東宝所属の中堅女優の北川町子と結婚。婿入りし小玉から北川性となります。2人の間には一男一女に恵まれます。

ウェブスペルの色が赤色の前半より俳優として頭角を現していきます。
赤色の半ばに女優の北川町子と結婚。

ありがとう

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.12.26~ 33 62 10 白い風 赤い空歩く人
1969.12.26~ 36 117 13 赤い地球 赤い蛇
1970.12.26~ 37 222 1 白い風 白い風
1967年に東宝を辞めフリーとなり、テレビドラマに活動の場を移します。
1970年より水前寺清子主演のドラマ「ありがとう」に出演。一躍人気を得て以降ホームドラマで活躍します。

ウェブスペルの色が赤色の後半にフリーとなります。
白色の始めの年より「ありがとう」に出演し一躍人気を得ます。

アタック25

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.12.26~ 41 122 5 白い風 白い鏡
1975.12.26~ 42 227 6 青い手 白い風
1976.12.26~ 43 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
ホームドラマで活躍していた児玉ですが通し演技の減少から徐々に俳優業をセーブしていきます。
1975年よりクイズ番組『パネルクイズ アタック25』の司会者となり、36年にわたり司会を行います。

ウェブスペルの色が白色の半ばより『パネルクイズ アタック25』の司会者になります。

俳優業へ復活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.12.26~ 67 252 5 黄色い人 黄色い星
2001.12.26~ 68 97 6 赤い地球 黄色い人
2002.12.26~ 69 202 7 白い風 黄色い戦士
2001年に木村拓哉主演「HERO」の出演を断った際にマネージャーより説得され出演。
2002年に児玉の娘が4才の孫を残しガンのために他界。この頃より俳優として出演が増え若い世代からも人気を得ます。
2003年よりラジオ「テレフォン人生相談」のパーソナリティを務めます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに娘が亡くなります。この頃よりセーブしていた俳優業を再開

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.12.26~ 76 157 1 赤い地球 赤い地球
2010.12.26~ 77 2 2 白い風 赤い竜
2010年に福山雅治主演の大河ドラマ「龍馬伝」で龍馬の父・八平を演じ、これが遺作となります。
2011年4月、肝機能障害により緊急入院、テレビ・ラジオ全番組の出演を全て休業。
2011年5月16日に胃がんのために亡くなりました。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに亡くなりました。

児玉清のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の始めの年に東宝の所属となり芸能界デビュー。
赤色の前半より俳優として頭角を現していきます。
赤色の半ばに女優の北川町子と結婚。
赤色の後半にフリーとなります。
白色の始めの年より「ありがとう」に出演し一躍人気を得ます。
白色の半ばより『パネルクイズ アタック25』の司会者になります。
黄色の半ばに娘が亡くなります。この頃よりセーブしていた俳優業を再開
2度目の赤色の始めころに亡くなりました。

お笑い芸人の博多華丸は福岡で活動していたころから児玉清のモノマネを得意としていた。
博多華丸・大吉が全国区となり児玉と共演したのは2006年の「アタック25芸能人大会」でした。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

北野誠
北野誠(きたの まこと)は、日本のお笑いタレント。初期の『探偵!ナイトスクープ』に探偵として加入。高視聴率番組に成長する一端を担った。大阪を拠点に東京に進出。その後、所属事務所の松竹芸能から無期限謹慎の処分。約1年弱で解除され復帰。

続きを読む


黒川智花
黒川智花(くろかわ ともか)は、日本の女優。『りぼん』モデルグランプリに選出。その後、芸能活動を開始。『3年B組金八先生』第7シリーズに稲葉舞子役でブレイク。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍します。

続きを読む


羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


鈴木保奈美
鈴木保奈美(すずき ほなみ)は、日本の女優。ホリプロのオーディションで審査員特別賞を獲得。『東京ラブストーリー』で主演し大ヒット。一躍人気女優となった。石橋貴明と再婚を機に芸能界を引退したがその後復帰。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin237)

六角精児
六角精児(ろっかく せいじ)は、日本の俳優・タレント。『相棒』シリーズで米沢監察医役で出演。『電車男』に出演したころから注目され多くのレギュラーを持つようになります。

続きを読む


城田優
城田優(しろた ゆう)は、日本の俳優、タレント、歌手。ミュージカル・美少女戦士セーラームーンで俳優デビュー。以降は、ドラマ、映画、舞台など幅広く活躍。山崎育三郎、尾上松也とユニット『IMY(あいまい)』を結成。

続きを読む


車田正美
車田正美(くるまだ まさみ)は、日本の漫画家、作詞家。黄金期ジャンプの看板漫画家の一人として活躍します。代表作に『聖闘士星矢』『リングにかけろ』などあります。

続きを読む


亀井静香
亀井静香(かめい しずか)は、日本の政治家、元警察官僚。警察官僚を退官し政治家に転身。自民党に所属していたが郵政民営化法案に反対し離党。国民新党の結党に参画。2017年に政界から引退。

続きを読む


谷村新司
谷村新司(たにむら しんじ)は、日本のシンガーソングライター、タレント。堀内孝雄、矢沢透とアリスとして活動。解散後にはソロ活動。代表曲に、「昴 -すばる-」、「三都物語」など。

続きを読む


関連記事 (司会者)

久米宏
久米宏(くめ ひろし)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。「ザ・ベストテン」の司会を務め人気を博します。フリーになり「ニュースステーション」のメイン司会を18年に渡り担当。

続きを読む


笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は落語家(6代目笑福亭松鶴門下)、タレント、俳優、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ。『笑っていいとも!』や『鶴瓶の家族に乾杯』で誰もが知る存在となりました。

続きを読む


小林麻耶
小林麻耶(こばやし まや)は、フリーアナウンサー、キャスター。『恋のから騒ぎ』に出演後にTBSにアナウンサーとして入社。その後退社しフリーとなります。

続きを読む


加藤綾子
加藤綾子(かとう あやこ)は日本のフリーアナウンサー、女優。元フジテレビアナウンサー。『ホンマでっか!?TV』『めざましテレビ』のMCを務めます。近年には女優業にも本格的に進出。

続きを読む


島崎和歌子
島崎和歌子(しまざき わかこ)は、日本の歌手、タレント、女優、司会者。90年代のアイドル。『オールスター感謝祭』の司会で有名です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ