924 views

アタック25・児玉清の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 児玉清

最終更新日:2019年01月26日
最終更新日:2020年09月03日

児玉清
→ 画像検索はこちら

児玉清(こだま きよし)は、日本の俳優、タレント、司会者、作家。

俳優として活動後に「パネルクイズ アタック25」の初代司会者として有名。

このページでは、児玉清(こだま きよし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

児玉清の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1933年12月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin237です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 青い鷲 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin24
絶対反対kin kin107

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin237の誕生日占いは、実績で物事を評価するタイプです。実績を持つと人生が変わります。動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

広告

児玉清の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京で生まれ育ちます。出生名は小玉清(こだま きよし)。
小学生の頃、群馬県・四万温泉に集団疎開した経験を持ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.12.26~ 24 157 1 赤い地球 赤い地球
1958.12.26~ 25 2 2 白い風 赤い竜
1959.12.26~ 26 107 3 青い手 赤い蛇
一浪して学習院大学に進学。
大学卒禦後に学者を目指し大学院に行く予定でしたが母が急死。就職しなければいけなくなり1958年に東宝ニューフェイス第13期に合格し芸能界入りします。
同年、映画『隠し砦の三悪人』で芸能界デビュー。しかしセリフのない役がしばらく続きます。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に東宝の所属となり芸能界デビュー。

頭角を現す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.12.26~ 26 107 3 青い手 赤い蛇
1960.12.26~ 27 212 4 黄色い人 赤い月
1963.12.26~ 30 7 7 青い手 赤い竜
1960年、黒澤明監督作『悪い奴ほどよく眠る』で必要以上の大げさな演技やフレームインを繰り返し黒澤が激怒。黒澤に苛め抜かれます。
1961年に『別れて生きるときも』で司葉子の初恋の相手役に抜擢されたことをきっかけに、頭角を現していきます。
1964年に東宝所属の中堅女優の北川町子と結婚。婿入りし小玉から北川性となります。2人の間には一男一女に恵まれます。

ウェブスペルの色が赤色の前半より俳優として頭角を現していきます。
赤色の半ばに女優の北川町子と結婚。

ありがとう

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.12.26~ 33 62 10 白い風 赤い空歩く人
1969.12.26~ 36 117 13 赤い地球 赤い蛇
1970.12.26~ 37 222 1 白い風 白い風
1967年に東宝を辞めフリーとなり、テレビドラマに活動の場を移します。
1970年より水前寺清子主演のドラマ「ありがとう」に出演。一躍人気を得て以降ホームドラマで活躍します。

ウェブスペルの色が赤色の後半にフリーとなります。
白色の始めの年より「ありがとう」に出演し一躍人気を得ます。

アタック25

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.12.26~ 41 122 5 白い風 白い鏡
1975.12.26~ 42 227 6 青い手 白い風
1976.12.26~ 43 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
ホームドラマで活躍していた児玉ですが通し演技の減少から徐々に俳優業をセーブしていきます。
1975年よりクイズ番組『パネルクイズ アタック25』の司会者となり、36年にわたり司会を行います。

ウェブスペルの色が白色の半ばより『パネルクイズ アタック25』の司会者になります。

俳優業へ復活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.12.26~ 67 252 5 黄色い人 黄色い星
2001.12.26~ 68 97 6 赤い地球 黄色い人
2002.12.26~ 69 202 7 白い風 黄色い戦士
2001年に木村拓哉主演「HERO」の出演を断った際にマネージャーより説得され出演。
2002年に児玉の娘が4才の孫を残しガンのために他界。この頃より俳優として出演が増え若い世代からも人気を得ます。
2003年よりラジオ「テレフォン人生相談」のパーソナリティを務めます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに娘が亡くなります。この頃よりセーブしていた俳優業を再開

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.12.26~ 76 157 1 赤い地球 赤い地球
2010.12.26~ 77 2 2 白い風 赤い竜
2010年に福山雅治主演の大河ドラマ「龍馬伝」で龍馬の父・八平を演じ、これが遺作となります。
2011年4月、肝機能障害により緊急入院、テレビ・ラジオ全番組の出演を全て休業。
2011年5月16日に胃がんのために亡くなりました。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに亡くなりました。

児玉清のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の始めの年に東宝の所属となり芸能界デビュー。
赤色の前半より俳優として頭角を現していきます。
赤色の半ばに女優の北川町子と結婚。
赤色の後半にフリーとなります。
白色の始めの年より「ありがとう」に出演し一躍人気を得ます。
白色の半ばより『パネルクイズ アタック25』の司会者になります。
黄色の半ばに娘が亡くなります。この頃よりセーブしていた俳優業を再開
2度目の赤色の始めころに亡くなりました。

お笑い芸人の博多華丸は福岡で活動していたころから児玉清のモノマネを得意としていた。
博多華丸・大吉が全国区となり児玉と共演したのは2006年の「アタック25芸能人大会」でした。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

JUJU
JUJU(ジュジュ)は、日本の歌手。単身渡米しニューヨークで様々な音楽を吸収し独自性を確立。3rdシングル「奇跡を望むなら・・・」がUSEN総合チャートに22週連続チャートインというロングヒットを記録。

続きを読む


駿河太郎
駿河太郎(するが たろう)は、日本の俳優、ミュージシャン。父は落語家の笑福亭鶴瓶。『taro』名義で歌手としてメジャーデビュー。その後、30才を機に俳優に転向し映画やテレビドラマなどに出演。

続きを読む


安田美沙子
安田美沙子(やすだ みさこ)は、日本のタレント。スカウトされ芸能界デビュー。ミスヤングマガジンに選出され知名度がUP。ドラマ「熟年離婚」で女優デビュー。タレントとしてバラエティ番組に多数出演。

続きを読む


坂下千里子
坂下千里子(さかした ちりこ)は、日本のタレント、女優。愛称は千里ちゃん。アルペンのオーディションでグランプリを獲得し芸能界デビュー。『王様のブランチ』に出演し注目を集めます。

続きを読む


安めぐみ
安めぐみ(やす めぐみ)は、日本のタレント。夫はタレントの東貴博。少年誌主催のオーディションで準グランプリを受賞しデビュー。結婚したい女性タレントランキングで1位を獲得。その後、映画、連続ドラマで初主演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin237)

田中将大
田中将大(たなか まさひろ)はプロ野球投手。2007年東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。2013年には勝率24勝0敗でNPB歴代最高記録。2014年にニューヨークヤンキースへ移籍。妻はタレントの里田まい。

続きを読む


車田正美
車田正美(くるまだ まさみ)は、日本の漫画家、作詞家。黄金期ジャンプの看板漫画家の一人として活躍します。代表作に『聖闘士星矢』『リングにかけろ』などあります。

続きを読む


永六輔
永六輔(えい ろくすけ)は、放送作家・エッセイスト、作詞家。多彩な活躍ぶりで歴史に名を残します。作詞家としても知られ、「こんにちは赤ちゃん」「上を向いて歩こう」などの作品を残しました。

続きを読む


福原愛
福原愛(ふくはら あい)は、1990年代から2010年代にかけて活躍した日本の卓球選手。幼少期からテレビに登場し「泣き虫・愛ちゃん」などと呼ばれ親しまれます。その後、オリンピック2大会連続でメダルを獲得。

続きを読む


谷村新司
谷村新司(たにむら しんじ)は、日本のシンガーソングライター、タレント。堀内孝雄、矢沢透とアリスとして活動。解散後にはソロ活動。代表曲に、「昴 -すばる-」、「三都物語」など。

続きを読む


関連記事 (司会者)

中山秀征
中山秀征はABブラザーズで人気を博したあと、『DAISUKI!』や『ウチくる!?』にレギュラー出演。2004年から『ラジかる!!』のメイン司会を担当。昼の帯番組を持ちます。

続きを読む


羽鳥慎一
羽鳥慎一(はとり しんいち)は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者。日本テレビに入社後はズームインの司会を担当。退社後はフリーに転身。2015年からは「羽鳥慎一モーニングショー」で司会を担当。

続きを読む


伊東四朗
伊東四朗(いとう しろう)は、コメディアン、俳優、タレント、司会者。てんぷくトリオとして人気を得ます。その後、小松政夫との共演でブームを起こします。

続きを読む


筑紫哲也
筑紫哲也(ちくし てつや)は、ジャーナリスト、ニュースキャスター。朝日新聞社記者、朝日ジャーナル編集長、TBSテレビ『筑紫哲也 NEWS23』メインキャスター。2008年にガンのため亡くなった。

続きを読む


岡江久美子
岡江久美子(おかえ くみこ)は女優、タレント、司会者。夫は大和田獏。娘は大和田美帆。義兄は大和田伸也。1996年から17年半「はなまるマーケット」の司会者を薬丸裕英と務めたので有名です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ