1,493 views

アタック25・谷原章介の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 谷原章介

記事公開日:2020年07月06日
最終更新日:2021年09月03日

谷原章介
出典:wikipedia.org 2008年

谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。

モデルを経て俳優としてデビュー。
『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。
三宅えみと結婚し大家族でも有名。

このページでは、谷原章介(たにはら しょうすけ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 谷原章介と三宅えみの誕生日占いと相性占い

谷原章介の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1972年7月8日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin1(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 赤い竜 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin260
絶対反対kin kin131

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin1の誕生日占いは、過ちや欠点なども含め、相手のさまざまな点を受け入れることができる心の広さのあるタイプです。初めての物事が多い。それは天からの贈り物。

広告

谷原章介の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県横浜市出身。

モデル時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.7.8~ 20 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1993.7.8~ 21 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1994.7.8~ 22 231 10 青い猿 白い風
1992年から1994年に『メンズノンノ』の専属モデルになります。
同時期にモデルとして活動していた反町隆史とも共演。

ウェブスペルの色が白色の後半に『メンズノンノ』の専属モデルとして活動。

俳優デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.7.8~ 23 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1996.7.8~ 24 181 12 赤い竜 白い犬
1997.7.8~ 25 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1995年に『花より男子』の道明寺司役で俳優としてデビュー。
同年、ドラマ『未成年』に出演。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に『花より男子』で俳優としてデビュー。

初舞台

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.7.8~ 27 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2000.7.8~ 28 81 3 赤い竜 青い嵐
2001.7.8~ 29 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1999年に『リトルショップ・オブ・ホラーズ』で初舞台。
同年、深夜ドラマ『ここで、キスして。』で連続ドラマ初主演。

ウェブスペルの色が青色の始めころに『リトルショップ・オブ・ホラーズ』で初舞台を踏みます。

バラエティ番組の司会初挑戦

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.7.8~ 32 241 7 赤い竜 青い鷲
2005.7.8~ 33 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
2006.7.8~ 34 191 9 青い猿 青い夜
2004年に『カミングダウト』でバラエティ番組の司会に初挑戦。同年、大河ドラマ『新選組!』、フジテレビ月9ドラマ『プライド』にも出演。
2006年から2007年まで『NHK中国語会話』にレギュラー出演。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『カミングダウト』でバラエティ番組の司会に初挑戦。大河ドラマ、フジテレビ月9ドラマにも出演。

『王様のブランチ』の2代目司会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.7.8~ 35 36 10 黄色い戦士 青い手
2008.7.8~ 36 141 11 赤い竜 青い猿
2009.7.8~ 37 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2007年にTBS『王様のブランチ』の2代目司会に就任。前任は寺脇康文。
同年、いしだ壱成の元妻の三宅えみと結婚し長女が誕生。三宅えみの連れ子(長男)と実子の2児の父となった。
2008年に「ベストレザーニスト2008」を男性で初めて受賞。

ウェブスペルの色が青色の後半に『王様のブランチ』の2代目司会に就任。

三宅えみとの間に、2009年に第3子、2010年に第4子、2012年に第5子、2015年に第6子が誕生。
谷原家は三男三女の親子8人の大家族となった。

パネルクイズ アタック25

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.7.8~ 43 96 5 黄色い戦士 黄色い人
2016.7.8~ 44 201 6 赤い竜 黄色い戦士
2017.7.8~ 45 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
2015年に『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者に就任。
初代司会者の児玉清が死去し2011年より朝日テレビアナウンサーの浦川泰幸の後の司会者となった。
2017年に『王様のブランチ』の司会者を退任。3代目司会者はアンジャッシュの渡部健に引き継がれた。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者に就任。『王様のブランチ』の司会者を退任。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.7.8~ 48 101 10 赤い竜 黄色い人
2021.7.8~ 49 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
2022.7.8~ 50 51 12 青い猿 黄色い太陽
谷原章介の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後付近に当たります。
49才の時はKin206。温厚な年です。新しい出会いにより自分を再出発します。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

お先真っ暗でも時が解決する。

谷原章介のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に『メンズノンノ』の専属モデルとして活動。
白色の最後付近に『花より男子』で俳優としてデビュー。
青色の始めころに『リトルショップ・オブ・ホラーズ』で初舞台を踏みます。
青色の半ばに『カミングダウト』でバラエティ番組の司会に初挑戦。大河ドラマ、フジテレビ月9ドラマにも出演。
青色の後半に『王様のブランチ』の2代目司会に就任。
黄色の半ばに『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者に就任。『王様のブランチ』の司会者を退任。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

筒井康隆
筒井康隆(つつい やすたか)は、日本の小説家、劇作家、俳優。小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される人物。代表作に『時をかける少女』『日本以外全部沈没』『虚人たち』などあります。

続きを読む


森下千里
森下千里(もりした ちさと)は、日本の政治活動家、元タレント。レースクイーンとして活動を始め人気のグラビアモデルに成長。女優、タレントなどマルチに活躍。2019年に芸能界から引退。2021年に宮城5区から自民党公認で衆院選に出馬。

続きを読む


森本毅郎
森本毅郎(もりもと たけろう)は、日本のフリーアナウンサー・司会者。30年以上の長寿番組の『噂の!東京マガジン』の総合司会や「首都圏で最も聞かれている朝の情報番組」となった『森本毅郎・スタンバイ!』のパーソナリティで知られる人物。

続きを読む


北野誠
北野誠(きたの まこと)は、日本のお笑いタレント。初期の『探偵!ナイトスクープ』に探偵として加入。高視聴率番組に成長する一端を担った。大阪を拠点に東京に進出。その後、所属事務所の松竹芸能から無期限謹慎の処分。約1年弱で解除され復帰。

続きを読む


黒川智花
黒川智花(くろかわ ともか)は、日本の女優。『りぼん』モデルグランプリに選出。その後、芸能活動を開始。『3年B組金八先生』第7シリーズに稲葉舞子役でブレイク。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍します。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin001)

筑紫哲也
筑紫哲也(ちくし てつや)は、ジャーナリスト、ニュースキャスター。朝日新聞社記者、朝日ジャーナル編集長、TBSテレビ『筑紫哲也 NEWS23』メインキャスター。2008年にガンのため亡くなった。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


渋野日向子
渋野日向子(しぶの ひなこ)は、日本の女子プロゴルファー。ニックネームはシブコ。2019年「AIG全英女子オープン」で日本人女子選手として樋口久子以来、42年ぶりのメジャー優勝を果たした人物です。

続きを読む


関連記事 (俳優)

石原良純
石原良純(いしはら よしずみ)は、日本の俳優、タレント、司会者、気象予報士。愛称は「まゆ毛」「よっちゃん」「ずみさん」。父は元東京都知事の石原慎太郎。叔父は石原裕次郎。

続きを読む


小倉久寛
小倉久寛(おぐら ひさひろ)は、日本の俳優、声優。三宅裕司が主催のスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。1980年代半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、その後『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。

続きを読む


本木雅弘
本木雅弘(もとき まさひろ)は、日本の俳優、元歌手。シブガキ隊のメンバーとして活躍。解散後に俳優に転身。代表作は『シコふんじゃった。』『徳川慶喜』『おくりびと』など。

続きを読む


関連記事 (司会者)

笑福亭仁鶴
3代目笑福亭仁鶴(しょうふくてい にかく)は、日本の上方落語を演じる落語家。「バラエティー生活笑百科」で相談室長をつとめ、「四角い仁鶴がまぁるく収めまっせ~」という台詞でもお馴染み。

続きを読む


国分太一
国分太一は、タレント、俳優、ミュージシャン、司会者、キャスターであり、バンドTOKIOのメンバーです。年間TV出演本数で2014年から3年連続で1位を獲得します。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ