183 views

ガラスの仮面・美内すずえの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 美内すずえ

美内すずえ
→ 画像検索はこちら

美内すずえ(みうち すずえ)は、日本の漫画家。

「山の月と子だぬきと」で高校生漫画家としてデビュー。
「ガラスの仮面」は大ヒットしTVアニメ化、ドラマ化、舞台化されます。

このページでは、美内すずえ(みうち すずえ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

美内すずえの誕生日占い(性格診断)

生年月日:1951年2月20日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin258です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 黄色い星 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin3
絶対反対kin kin128

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin258の誕生日占いは、どんなものにも差別しない、隠し事をしないタイプです。先を争わず控えめに。道は開かれる。

広告

美内すずえの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

大阪市出身。実家は理髪店。
中学時代に貸本屋で手塚治虫などの漫画に熱狂。母から漫画を読むことを禁止され、それならばと漫画を描き始めます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.2.20~ 16 118 1 白い鏡 白い鏡
1968.2.20~ 17 223 2 青い夜 白い風
1969.2.20~ 18 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
1967年に「山の月と子だぬきと」が集英社・別冊マーガレットで金賞を受賞し、高校生漫画家としてデビュー。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に「山の月と子だぬきと」で高校生漫画家としてデビュー。

13月の悲劇

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.2.20~ 20 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1972.2.20~ 21 123 6 青い夜 白い鏡
1973.2.20~ 22 228 7 黄色い星 白い風
1971年に「13月の悲劇」、1973年に「はるかなる風と光」など意欲作を別冊マーガレットで発表。

ウェブスペルの色が白色の半ばに「13月の悲劇」「はるかなる風と光」など意欲作を発表。

ガラスの仮面

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.2.20~ 24 178 9 白い鏡 白い犬
1976.2.20~ 25 23 10 青い夜 白い魔法使い
1977.2.20~ 26 128 11 黄色い星 白い鏡
1975年より白泉社・花とゆめで「ガラスの仮面」の連載を開始。ベストセラーとなり、後にTVアニメ化、ドラマ化、舞台化されるなど大人気となった。
書き始め当初美内すずえは2巻程度で終わらせる構想だったそうです。

ウェブスペルの色が白色の後半から「ガラスの仮面」の連載を開始。

妖鬼妃伝

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.2.20~ 30 28 2 黄色い星 青い手
1982.2.20~ 31 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1983.2.20~ 32 238 4 白い鏡 青い鷲
1981年に講談社・なかよしで「妖鬼妃伝」を発表。1982年に第6回講談社漫画賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の始めころに「妖鬼妃伝」で第6回講談社漫画賞を受賞。

ガラスの仮面の休載

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.2.20~ 44 198 3 白い鏡 黄色い戦士
1996.2.20~ 45 43 4 青い夜 黄色い太陽
1997.2.20~ 46 148 5 黄色い星 黄色の種
1995年に「ガラスの仮面」で第24回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。
同年より「ガラスの仮面」は2年の長期休載。1997年に連載351回をもって『花とゆめ』での連載は事実上終了となった。

精神世界研究団体O-ENを主宰しており、この後10年ほど漫画家としての活動は停止。

ウェブスペルの色が黄色の前半に「ガラスの仮面」で第24回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。その後「ガラスの仮面」を休載。

ガラスの仮面の連載再開と休載

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.2.20~ 53 103 12 青い夜 黄色い人
2008.2.20~ 57 3 3 青い夜 赤い竜
2018.2.20~ 67 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
2004年に「ガラスの仮面」の累計発行部数が5000万部を突破。
2008年より月刊誌・別冊花とゆめで「ガラスの仮面」のコミックス42巻からの続きの連載を開始。
しかし2018年に別冊花とゆめが休刊。コミックスの既刊は49巻。
美内は公式ツイッターで「必ず最終巻まで描き続けます。」とのコメントをおこないます。

ウェブスペルの色が赤色の前半から赤色の最後の年まで「ガラスの仮面」の連載を再開。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.2.20~ 69 223 2 青い夜 白い風
2021.2.20~ 70 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
2022.2.20~ 71 173 4 赤い空歩く人 白い犬
美内すずえの現在は、ウェブスペルの色が白色の始まり付近に当たります。
69才の時はKin223。心に落ち着きを求める年です。探究心が強い一面もあります。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

気を引き締め運気にのり、忙しさを喜ぶ。

美内すずえのまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

白色の始めの年に「山の月と子だぬきと」で高校生漫画家としてデビュー。
白色の半ばに「13月の悲劇」「はるかなる風と光」など意欲作を発表。
白色の後半から「ガラスの仮面」の連載を開始。
青色の始めころに「妖鬼妃伝」で第6回講談社漫画賞を受賞。
黄色の前半に「ガラスの仮面」で第24回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。その後「ガラスの仮面」を休載。
赤色の前半から赤色の最後の年まで「ガラスの仮面」の連載を再開。

参考文献

美内すずえ(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

ゆりやんレトリィバァ
ゆりやんレトリィバァは、日本のお笑いタレント(ピン芸人)。NHK上方漫才コンテストで女性ピン芸人初の優勝、女芸人No.1決定戦 THE Wで優勝。吉本坂46のメンバーでもあります。

続きを読む


山本美月
山本美月(やまもと みづき)は、日本の女優、ファッションモデル。夫は俳優の瀬戸康史。第1回「東京スーパーモデルコンテスト」でグランプリを獲得しモデルとしてデビュー。その後、女優としても本格的に活動。

続きを読む


吉田正
吉田正(よしだ ただし)は、日本の作曲家。亡くなった後に国民栄誉賞を受賞。生涯作曲数は2400曲を超え、戦後の日本歌謡史を代表する作曲家の一人。また、多くの歌手を育て上げた人物。

続きを読む


杉咲花
杉咲花(すぎさき はな)は、日本の女優。子役時代は「梶浦花(かじうら はな)」の芸名で活動。2020年度後期の連続テレビ小説『おちょやん』で、浪花千栄子をモデルにしたヒロイン・竹井千代役に抜擢。

続きを読む


志田未来
志田未来(しだ みらい)は、日本の女優。ドラマ『女王の教室』に出演し一躍話題の若手女優となった。ドラマ『14才の母』で初主演し第15回橋田賞新人賞を受賞。『借りぐらしのアリエッティ』で声優初挑戦。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin258)

ちばてつや
ちばてつやは、日本の漫画家。代表作に「あしたのジョー」や「あした天気になれ」があります。文星芸術大学教授、日本漫画家協会理事長

続きを読む


浅田美代子
浅田美代子(あさだ みよこ)は、日本の女優、タレント、元アイドル歌手。ドラマ『時間ですよ』でデビューし瞬く間に人気を得ます。吉田拓郎と結婚・離婚。女優として活躍する一方、バラエティでも活躍。

続きを読む


アーノルド・シュワルツェネッガー
シュワルツェネッガーは、アメリカの元ボディビルダー、映画俳優、元政治家、実業家。日本では「シュワちゃん」という愛称で親しまれています。

続きを読む


Mr.マリック
ミスターマリックは、日本のマジシャン。1989年に『木曜スペシャル』でマリック単独の特別番組の放送され、「超魔術」「ハンドパワーです」「きてます!!」と一大超魔術ブームを巻き起こします。

続きを読む


山内容堂
山内容堂(やまうち ようどう)は幕末の土佐藩15代藩主。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価。後藤象二郎から進言され徳川慶喜に大政奉還の案を建白。

続きを読む


関連記事 (漫画家)

藤子・F・不二雄
藤子・F・不二雄さんは、ドラえもんの作者。安孫子素雄(藤子不二雄A)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表しました。

続きを読む


青木雄二
青木雄二(あおき ゆうじ)は、日本の漫画家、エッセイスト。代表作に『ナニワ金融道』があります。金融ネタの漫画がブレイクするきっかけになりました。

続きを読む


さいとう・たかを
さいとう・たかをは、日本の漫画家。「ゴルゴ13」の作者。さいとう・プロダクションを設立し、分業体制により作品を制作するという方式を確立した。

続きを読む


赤塚不二夫
赤塚不二夫(あかつか ふじお)は、日本の漫画家。1967年に代表作である『天才バカボン』が爆発的ヒット。「ギャグ漫画の王様」と言われ、戦後ギャグ漫画史の礎を築きました。

続きを読む


吉田竜夫
吉田竜夫(よしだ たつお)は、昭和時代中期から後期の漫画家、アニメ原作者。アニメ製作会社竜の子プロダクション(タツノコプロ)の設立者・初代社長。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ