1,611 views

タレント・島崎和歌子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 島崎和歌子

記事公開日:2018年03月20日
最終更新日:2019年10月26日

島崎和歌子
出典:wikipedia.org 高知よさこい祭りのパレード

島崎和歌子(しまざき わかこ)は、日本の歌手、タレント、女優、司会者。90年代のアイドル。

『オールスター感謝祭』の司会で有名です。

このページでは島崎和歌子の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

島崎和歌子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1973年3月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin238です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 青い鷲 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin23
絶対反対kin kin108

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin238の誕生日占いは、変わらないことに憧れを見出すことのできるタイプです。動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

広告

島崎和歌子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

高知県南国市で生まれます。名は父が女優の酒井和歌子にちなんで名付けます。
自然豊かな環境で育ちます。実家は兼業農家で、母親が喫茶店経営。
小・中学生時期は大人しく、むしろ人見知りをする性格だったそうです。

芸能界入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.3.2~ 14 148 5 黄色い星 黄色の種
1988.3.2~ 15 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1987年夏に「ロッテ CMアイドルはキミだ!」に応募。
中山美穂の50/50を歌い準優勝。スカウトされます。
父は芸能界入りを猛反対、これを振り切って芸能界入りします。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに芸能界入りします。

ちゅうかないぱねま!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.3.2~ 16 98 7 白い鏡 黄色い人
1990.3.2~ 17 203 8 青い夜 黄色い戦士
1991.3.2~ 18 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1989年にアイドル歌手としてデビュー。しかしさっぱり売れません。
1989年に『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』の主演・小沢なつきが突如降板。急遽製作されることになった『魔法少女ちゅうかないぱねま!』の主役に抜擢されます。「いぱねま」役で幼年層の人気を得ます。
1991年に『オールスター感謝祭』および『クイズ!当たって25%』の司会に抜擢
以降、アイドルからバラエティに仕事をシフトしていきます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにアイドル歌手として売り出しますが売れません。そんな時に「いぱねま」役で幼年層の人気を得ます。
黄色の後半に司会に抜擢、以降アイドルから仕事をバラエティにシフトしていきます。

オールスター感謝祭の司会になったいきさつは、1990年に深夜バラエティ番組『青春!島田学校』にレギュラーで出演。
18才ながらその進行力が評価され、島田紳助と番組プロデューサの意向で抜擢されたそうです。
オールスター感謝祭は春と秋の土曜日に年2回生放送され島崎和歌子は1回目から司会を務めます。

歌手活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.3.2~ 21 103 12 青い夜 黄色い人
歌手活動も続けてきた島崎ですが、売り上げの不振で1994年のアルバム「ブルージィ・バケーション」を最後に一旦区切りをつけます。
このあと島崎和歌子名義でシングルが発売されるのは2009年、区切りをつけてから15年後になりました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に歌手活動は一旦休止します。

その後、年2回の『オールスター感謝祭』の司会をしつつ、バラエティ番組、女優、ラジオなどで活動します。

近年の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.3.2~ 34 168 12 黄色い星 赤い地球
2009.3.2~ 36 118 1 白い鏡 白い鏡
2012.3.2~ 39 173 4 赤い空歩く人 白い犬
2007年より『秘密のケンミンSHOW』で順レギュラー
2009年より『ホンマでっか!?TV』で順レギュラー
2009年に15年ぶりに島崎和歌子名義のシングル発売
2012年よりBSフジ『BOAT RACEライブ 勝利へのターン』の司会

ウェブスペルの色が白色の始めの年に15年ぶりに島崎和歌子名義のシングル発売されました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.3.2~ 45 23 10 青い夜 白い魔法使い
2019.3.2~ 46 128 11 黄色い星 白い鏡
2020.3.2~ 47 233 12 赤い空歩く人 白い風
島崎和歌子の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後付近に当たります。
46才の時はKin128。別の側面から物事をみることが出来る年です。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

依存からの一人立ちへ。

島崎和歌子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばにアイドル歌手として売り出しますが売れません。そんな時に「いぱねま」役で幼年層の人気を得ます。
黄色の後半に司会に抜擢、以降アイドルから仕事をバラエティにシフトしていきます。
黄色の最後付近に歌手活動は一旦休止します。
白色の始めの年に15年ぶりに島崎和歌子名義のシングル発売されました。

その美貌から美容関係の仕事が増えている。しかし「男のうわさ」はなくマツコデラックスから無駄に綺麗と言われてしまう。
酒豪で酒癖が悪いことでも有名。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

橋幸夫
橋幸夫(はし ゆきお)は、日本の歌手、俳優、作曲家、プロデューサー。1960年代半ばには舟木一夫、西郷輝彦とともに御三家としてアイドル的な人気を集めました。歌手の他に、俳優としても活躍。

続きを読む


三波春夫
三波春夫(みなみ はるお)は、日本の浪曲師、演歌歌手。昭和を代表する歌手。特に、東京オリンピックの「東京五輪音頭」、大阪万博の「世界の国からこんにちは」は代表曲として知られます。

続きを読む


出光佐三
出光佐三(いでみつ さぞう)は、日本の実業家。石油元売会社・出光興産の創業者。日中戦争の拡大と共に事業を拡大。日本の敗戦ですべてを失いますが、一人もクビにせず雇い続けます。宗像市に在る宗像大社の再建に貢献。

続きを読む


稲葉清右衛門
稲葉清右衛門(いなば せいえもん)は、日本の技術者、実業家。ファナックの経営者として一代で同社をNC装置、産業用ロボットのトップメーカーとして育て上げた人物。

続きを読む


坂村健
坂村健(さかむら けん)は、日本のコンピュータ科学者。自ら提唱したTRONプロジェクトのリーダー、またアーキテクトとして多種多様な仕様を策定。組み込み用OSとして広く使われています。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin238)

松たか子
月9ドラマで木村拓哉と数回も共演。高い視聴率を獲ります。紅白歌合戦の紅組司会に史上最年少で抜擢。近年は映画『アナと雪の女王』日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』がブレイクします。

続きを読む


徳川慶喜
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)は、江戸幕府の最後の将軍であり最後の征夷大将軍です。大政奉還や新政府軍への江戸開城を行ないました。

続きを読む


ミル・マスカラスはメキシコのプロレスラー。世界で最も著名な覆面レスラーの一人。日本では「千の仮面を持つ男」のニックネームを持ちます。華麗な空中殺法でアメリカおよび日本で人気を博しました。

続きを読む


関連記事 (タレント)

コサキン
コサキンは、小堺一機と関根勤によるコンビ。1981年にコンビを結成。欽ちゃんのどこまでやるの!?で全国的に知られるようになった。コサキンは小堺一機と関根勤が一緒に仕事をする時の通称だそうです。

続きを読む


立川談志
立川談志(たてかわ だんし)は落語家。落語立川流家元。「笑点」の初代司会者。その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

続きを読む


国生さゆり
国生さゆり(こくしょう さゆり)は日本の女優・タレント・歌手。おニャン子クラブ会員番号8番として芸能界デビュー。『バレンタイン・キッス』でソロデビュー。卒業後は女優に転身。その後、バラエティ番組に出演。

続きを読む


関連記事 (司会者)

タモリ
タモリは、お笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー、作詞家、作曲家、作家、実業家。1982年から2014年まで31年半「森田一義アワー 笑っていいとも!」を行った国民的タレントです。

続きを読む


堺正章
堺正章はお笑いタレント、歌手、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ。ザ・スパイダースで人気を博し、解散後に俳優としても世に知られます。司会者として20年を超える長寿番組を持つ売れっ子です。

続きを読む


中山秀征
中山秀征はABブラザーズで人気を博したあと、『DAISUKI!』や『ウチくる!?』にレギュラー出演。2004年から『ラジかる!!』のメイン司会を担当。昼の帯番組を持ちます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事