9,900 views

マツコ・デラックスの誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → マツコ・デラックス

記事公開日:2017年03月25日
最終更新日:2020年11月23日

マツコ・デラックス
出典:wikipedia.org

マツコ・デラックスは、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者。

2010年ころからレギュラー番組が続々と開始され、マツコ・デラックスはほぼ毎日テレビでみられるようになりました。

このページでは、マツコ・デラックスの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 有吉弘行とマツコDXの誕生日占いと相性占いを診断

マツコ・デラックスの誕生日占い

生年月日:1972年10月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin111(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 赤い蛇 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin150
絶対反対kin kin241

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin111の誕生日占いは、なにごとにもオールマイティーなタイプです。1つのことでは物足りないと感じるかもしれません。失うことは与えること。マイナスをプラスに。

広告

マツコ・デラックスの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

千葉県千葉市生まれます。
小さなころから男性同性愛者(ゲイ)である事を自覚していたそうです。

高校ではSMAPの木村拓哉と同級生だったが、お互いに面識ありませんでした。

ゲイ雑誌の記者・編集者時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.10.26~ 18 181 12 赤い竜 白い犬
1991.10.26~ 19 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1992.10.26~ 20 131 1 青い猿 青い猿
1997.10.26~ 25 136 6 黄色い戦士 青い猿
1998.10.26~ 26 241 7 赤い竜 青い鷲
高校卒業後は美容専門学校に通い、美容師の資格を得て働いていたが「何か違う」と思い、ゲイ雑誌『Badi』の編集部に転職し記者・編集者などを務めた。
しかし20歳代後半に退職し、実家で引き篭もり生活を送る。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に美容師の資格を得て働きます。
青色の始め付近から、ゲイ雑誌『Badi』の編集部に転職します。しかし青色の半ばに転職し実家で引き篭もり生活を送ります。

タレント・コラムの執筆活動を開始

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.10.26~ 27 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
2000.10.26~ 28 191 9 青い猿 青い夜
2001.10.26~ 29 36 10 黄色い戦士 青い手
2000年に小説家・中村うさぎの対談集の「人生張ってます」にゲストとして抜擢。
『マツコ・デラックス』の芸名と個性的なビジュアルやトークスキルが注目され世に出るきっかけとなった。

2000年頃からタレント活動とコラムなどの執筆活動を開始した。

2002年にソニー・マガジンズ社から『アタシがマツコ・デラックス』を発表、以降も定期的に著作を発表しています。

ウェブスペルの色が青色の後半に「人生張ってます」にゲストとして抜擢され世に出るきっかけとなります。
青色の後半からタレント活動とコラムなどの執筆活動を開始します。

初の冠番組

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.10.26~ 32 91 13 青い猿 青い嵐
2005.10.26~ 33 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
2008.10.26~ 36 251 4 青い猿 黄色い星
2009.10.26~ 37 96 5 黄色い戦士 黄色い人
2005年にTOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』のコメンテーターで登場し、2017年現在、月曜レギュラー出演中

2009年に初の冠番組の『マツコの部屋』が開始される。2011年まで
2009年に「ホンマでっか!?TV」に出演開始


これまで一人でタレント活動およびマネージメントを行っていましたが、徳光和夫に助言されてナチュラルエイトに所属します。
これ以降、『マツコ&有吉の怒り新党』、『月曜から夜ふかし』、『アウト×デラックス』などレギュラー番組が次々とスタート。

ウェブスペルの色が青色の最後の年に『5時に夢中!』のコメンテーターとして登場します。
黄色の前半に初の冠番組が開始されます。この頃にタレント事務所に所属します。

続々とレギュラー出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.10.26~ 38 201 6 赤い竜 黄色い戦士
2011.10.26~ 39 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
2012.10.26~ 40 151 8 青い猿 黄色の種
2013.10.26~ 41 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2014.10.26~ 42 101 10 赤い竜 黄色い人
2015.10.26~ 43 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士

2011年に「マツコ&有吉の怒り新党」「マツコの知らない世界」開始
2012年に「月曜から夜ふかし」開始
2013年に「アウト×デラックス」開始
2015年に「夜の巷を徘徊する」「マツコ会議」開始
2017年に「マツコ&有吉 かりそめ天国」開始

2017年現在、日曜日以外どこかの時間帯で毎日マツコがみられるようになった。

ウェブスペルの色が黄色の半ばから現在も続くレギュラー番組が続々と開始され、マツコDXはほぼ毎日みられるようになりました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.10.26~ 46 1 1 赤い竜 赤い竜
2019.10.26~ 47 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2020.10.26~ 48 211 3 青い猿 赤い月
マツコ・デラックスの現在は、ウェブスペルの色が赤色の始まり付近に当たります。
3年連続で黒Kinの3年目。
48才の時はKin211。魔術の素質を持つ年です。無から有を生めます。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

初心忘れず誠意と努力で最後までやり遂げる。

マツコ・デラックスのまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

白色の最後付近に美容師の資格を得て働きます。
青色の始め付近から、ゲイ雑誌『Badi』の編集部に転職します。しかし青色の半ばに転職し実家で引き篭もり生活を送ります。
青色の後半に「人生張ってます」にゲストとして抜擢され世に出るきっかけとなります。
青色の後半からタレント活動とコラムなどの執筆活動を開始します。
青色の最後の年に『5時に夢中!』のコメンテーターとして登場します。

黄色の前半に初の冠番組が開始されます。この頃にタレント事務所に所属します。
黄色の半ばから現在も続くレギュラー番組が続々と開始され、マツコDXはほぼ毎日みられるようになりました。

マツコ・デラックスのイケるプロ野球選手、不動の1位として元プロ野球選手の高橋慶彦をあげており、大ファンだそうです。
高橋慶彦は2016年にオリックス・バファローズの一軍打撃コーチに就任したが同年退団しました。

参考文献

マツコ・デラックス(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

伊藤健太郎
伊藤健太郎(いとう けんたろう)は、日本の俳優。雑誌、広告を中心にモデルとして活動後に俳優に転身。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』に出演し高評価。

続きを読む


平山あや
平山あや(ひらやま あや)は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。夫は俳優の速水もこみち。第23回ホリプロタレントスカウトキャラバンで約38000人の応募者の中からグランプリを獲得し芸能界入り。

続きを読む


本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカ(もとかりや ユイカ)は、日本の女優。2005年の朝の連続テレビ小説『ファイト』ではヒロイン役を1154人の中のオーディションから勝ち抜きます。『王様のブランチ』の4代目女性総合司会を担当。

続きを読む


優香
優香(ゆうか)は、日本のタレント・女優。夫は俳優の青木崇高。ホリプロからスカウトされデビュー。ジョージアのCMに飯島直子と共演しブレイク。志村けんとはデビュー当初より共演。バカ殿様の優香姫で有名。長く『Qさま!!』の司会を担当。

続きを読む


川平慈英
川平慈英(かびら じえい)は、日本のタレント、スポーツキャスター。別名はジェイ・カビラ。長兄はタレントのジョン・カビラ。「ムムッ!」「いいんです!」の決まり文句。楽天カードマンでも有名。熱狂的なサッカー好きで知られています。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin111)

濱田岳
濱田岳(はまだ がく)は、日本の俳優。テレビドラマ『釣りバカ日誌』の浜ちゃんや、au三太郎の金太郎などで知られます。

続きを読む


はいだしょうこ
はいだしょうこは、日本の歌手、女優、タレント、声優。元宝塚歌劇団出身。旧芸名は、千琴ひめか。その後、『おかあさんといっしょ』第19代目うたのおねえさんを担当。

続きを読む


安田善次郎
安田善次郎(やすだ ぜんじろう)は、富山県富山市出身の実業家。安田財閥の祖です。

続きを読む


関連記事 (タレント)

高田文夫
高田文夫(たかだ ふみお)は、日本の放送作家、タレント、演芸評論家。ビートたけしと数多くの作品を手掛る盟友です。落語家の立川談志の弟子で真打に昇進後は精力的に高座を務めます。

続きを読む


寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


立川談志
立川談志(たてかわ だんし)は落語家。落語立川流家元。「笑点」の初代司会者。その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

続きを読む


関連記事 (司会者)

林修
林 修(はやし おさむ)は、東進予備校の講師。担当は現代文。「いつやるか? 今でしょ!」は2013年に「新語・流行語大賞」の年間大賞と2013年度ネット流行語大賞金賞を受賞した。

続きを読む


黒柳徹子
黒柳徹子(くろやなぎ てつこ)は、日本でのテレビ誕生と同時に生まれたテレビタレントの先駆けとして、長年に亘り第一線で活躍している人物です。現在、同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者として、記録更新中です。

続きを読む


夏目三久
夏目三久(なつめ みく)は、日本のフリーアナウンサー。元日本テレビアナウンサー。2013年より『真相報道 バンキシャ!』、2014年より朝の情報番組「あさチャン!」のMCを務めています。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ