410 views

俳優・内野聖陽の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 内野聖陽

内野聖陽
→ 画像検索はこちら

内野聖陽(うちの せいよう)は、日本の俳優。

大河ドラマ『風林火山』で主演の山本勘助。『臨場』シリーズで主演、『JIN-仁-』シリーズで坂本龍馬役など多くの話題作に出演。

このページでは内野聖陽(うちの せいよう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

内野聖陽の誕生日占い

生年月日:1968年9月16日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin171(絶対拡張Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 白い犬 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin90
絶対反対kin kin41

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

絶対拡張Kinですので世の中に物事を広めやすいです。

ひとことでいえばKin171の誕生日占いは、目のつけどころがユニークで優れているタイプです。現状を維持することは大きな苦闘をともなう。

広告

内野聖陽の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県横浜市出身。実家は曹洞宗の寺院。
本名は内野聖陽(うちの まさあき)。「うちの まさあき」で2013年まで芸名として活動し「うちの せいよう」に変更。

文学座研究所

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.9.16~ 24 91 13 青い猿 青い嵐
1993.9.16~ 25 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1994.9.16~ 26 41 2 赤い竜 黄色い太陽
早稲田大学に進学。
大学在学中の1992年に文学座研究所に入所。
翌年に研修科1年となり、研修中はドラマの端役などで修行を積みます。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年よりドラマの端役などで修行を積みます。

顔が知られるようになる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.9.16~ 28 251 4 青い猿 黄色い星
1997.9.16~ 29 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1998.9.16~ 30 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1996年に朝の連続ドラマ『ふたりっ子』、1997年ドラマ『ミセスシンデレラ』に出演。文学座の団員となった。
顔が知られるようになります。

ウェブスペルの色が黄色の前半に『ふたりっ子』『ミセスシンデレラ』に出演し顔が知られるようになります。

初ミュージカル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.9.16~ 32 151 8 青い猿 黄色の種
2001.9.16~ 33 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2000年に『エリザベート』で初めてミュージカル出演。
この出演が、後の内野の表現法・私生活においてターニングポイントとなった。

ウェブスペルの色が黄色の後半に初ミュージカル『エリザベート』に出演。ターニングポイントとなった。

蝉しぐれ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.9.16~ 35 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
2004.9.16~ 36 51 12 青い猿 黄色い太陽
2003年にテレビドラマ『蝉しぐれ』で主演。モンテカルロ・テレビ祭の主演男優賞を受賞。
2004年にテレビドラマ『エースをねらえ!』で宗方仁コーチを演じ、話題になります。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『エースをねらえ!』で宗方仁コーチを演じ、話題になります。

山本勘助

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.9.16~ 38 1 1 赤い竜 赤い竜
2007.9.16~ 39 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2008.9.16~ 40 211 3 青い猿 赤い月
2006年に宝塚歌劇団雪組トップスターの一路真輝(いちろ まき)と結婚。女児に恵まれます。
2007年の大河ドラマ『風林火山』で主演の山本勘助を演じます。

ウェブスペルの色が赤色に変わり一路真輝と結婚。大河ドラマ『風林火山』で主演。
3年連続で黒Kinの年の出来事でした。

臨場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.9.16~ 41 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
2010.9.16~ 42 161 5 赤い竜 赤い地球
2011.9.16~ 43 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
2009年にテレビドラマ『臨場』で主演。人気を博し2シリーズ、劇場版も公開。
同年テレビドラマ『JIN-仁-』で坂本龍馬役。こちらも2シリーズ製作されます。

2011年に離婚。この年、文学座を退団し個人事務所を設立。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに離婚。文学座を退団し個人事務所を設立。

うちの せいよう

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.9.16~ 45 216 8 黄色い戦士 赤い月
2013年に生誕45周年としてデビューから長年続いた本名の「うちの まさあき」から「うちの せいよう」にすることを発表。

ウェブスペルの色が赤色の後半に芸名を「うちの せいよう」に変更。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.9.16~ 51 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2020.9.16~ 52 171 2 青い猿 白い犬
2021.9.16~ 53 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
内野聖陽の現在は、ウェブスペルの色が白色の変わったタイミングに当たります。
51才の時はKin66。多くの人へチャンスを与えることでチャンスをもらえる年です。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

内野聖陽のまとめ

ウェブスペルの色で流れを見てみると

黄色の始めの年よりドラマの端役などで修行を積みます。
黄色の前半に『ふたりっ子』『ミセスシンデレラ』に出演し顔が知られるようになります。
黄色の後半に初ミュージカル『エリザベート』に出演。ターニングポイントとなった。
黄色の最後付近に『エースをねらえ!』で宗方仁コーチを演じ、話題になります。
赤色に変わり一路真輝と結婚。大河ドラマ『風林火山』で主演。
赤色の半ばに離婚。文学座を退団し個人事務所を設立。
赤色の後半に芸名を「うちの せいよう」に変更。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

八木亜希子
八木亜希子(やぎ あきこ)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。フジテレビ時代は様々なジャンルの番組をオールラウンドに担当。退社後はアナウンサー業はもとより、タレント、女優としても活動。

続きを読む


尾美としのり
尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。子役としてデビュー。『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


小林幸子
小林幸子(こばやし さちこ)は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。9才の時にスカウトされデビュー。しかし仕事が激減し低迷期を歩みます。その後『おもいで酒』で復活。紅白歌合戦では派手な衣装で話題。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin171)

マイケル・デル
マイケル・デルは、アメリカの実業家。デルの創設者にして会長兼最高経営責任者。コンピュータ業界初の直販制度で急成長を遂げます。

続きを読む


澤穂希
澤穂希(さわ ほまれ)は、日本の元女子サッカー選手。2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会で日本女子代表チーム「なでしこジャパン」を優勝に導いたキャプテン。この大会で得点王とMVPを獲得。

続きを読む


関連記事 (俳優)

反町隆史
反町隆史(そりまち たかし)は、日本の俳優。ドラマ『ビーチボーイズ』『GTO』など話題のドラマに立て続けに出演しブレイク。松嶋菜々子との結婚はビックカップル同士で話題となった。

続きを読む


三國連太郎
三國連太郎(みくに れんたろう)は、日本の俳優、監督。個性は俳優として日本映画界を牽引、日本を代表する俳優の一人。主演・助演を問わず幅広く出演、映画出演の本数は180本余りに及びます。

続きを読む


榎木孝明
榎木孝明(えのき たかあき)は、日本の俳優、水彩画家。NHK朝の連続小説『ロマンス』で主演でテレビデビュー。『浅見光彦シリーズ』で主役の浅見光彦役は当たり役と評されます。

続きを読む


椎名桔平と山本未來
椎名桔平と山本未來は2003年に結婚した夫婦です。2人は1995年にドラマ「BLACK OUT」の共演をきっかけに交際を開始します。2003年の結婚式の衣装のデザインは父の山本寛斎が担当。2010年1月に男児誕生。

続きを読む


志垣太郎
志垣太郎(しがき たろう)は、日本の俳優、声優。『あかんたれ』で主演し演技が認められ映画、テレビに多数出演。俳優としてキャリアを積んだ後、バラエティ番組に進出。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事