450 views

俳優・寺脇康文の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 寺脇康文

寺脇康文
→ 画像検索はこちら

寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。

三宅裕司主宰の劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、俳優として活動の場を広げます。
『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役となった。

このページでは、寺脇康文(てらわき やすふみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

寺脇康文の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1962年2月25日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin118です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 白い鏡 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin143
絶対反対kin kin248

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin118の誕生日占いは、どんな状況でも自分を突き通すことが期待できるタイプです。変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

広告

寺脇康文の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪市出身。

俳優になるのを志す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.2.25~ 20 138 8 白い鏡 青い猿
1983.2.25~ 21 243 9 青い夜 青い鷲
1984.2.25~ 22 88 10 黄色い星 青い嵐
岐阜県の高校を卒業後、大学受験に失敗。
デパートの地下食品売場でアルバイトをしながら何をしていこうと考え俳優になるのを志します。
名古屋の俳優養成所のオーデションを受け合格し入所。卒業後の1984年に三宅裕司主宰の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」へ入団。

ウェブスペルの色が青色の後半に三宅裕司主宰の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」へ入団。

コントユニットSET隊

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.2.25~ 25 143 13 青い夜 青い猿
1988.2.25~ 26 248 1 黄色い星 黄色い星
1989.2.25~ 27 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
1987年に同劇団の岸谷五朗、山田幸伸とコントユニット・SET隊(せったい)を結成。
「スーパー・エキセントリック・シアター」の公演内やラジオドラマなどでコントを披露。

ウェブスペルの色が青色の最後の年に岸谷五朗、山田幸伸とコントユニット・SET隊(せったい)を結成。

地球ゴージャス

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.2.25~ 32 98 7 白い鏡 黄色い人
1995.2.25~ 33 203 8 青い夜 黄色い戦士
1994年に岸谷五郎と共にスーパー・エキセントリック・シアターを退団し岸谷五郎と共に演劇ユニット・地球ゴージャスを結成。
舞台や映画、テレビドラマなど活動の場を広げます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにスーパー・エキセントリック・シアターを退団し地球ゴージャスを結成。

王様のブランチ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.2.25~ 34 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1997.2.25~ 35 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1998.2.25~ 36 258 11 白い鏡 黄色い星
1996年から『王様のブランチ』の司会を10年間担当。
地球ゴージャスの公演と並行し多忙を極めるスケジュールの中、番組を休むことはなかった。

>

ウェブスペルの色が黄色の後半より『王様のブランチ』の司会を10年間担当。

相棒

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.2.25~ 38 208 13 黄色い星 黄色い戦士
2001.2.25~ 39 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
2002.2.25~ 40 158 2 白い鏡 赤い地球
2000年から『相棒』に亀山薫役でシーズン1からシーズン7までレギュラー出演。
寺脇の代表作となった。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年から『相棒』に亀山薫役で出演。自身の代表作となった。

賞を受賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.2.25~ 44 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
2008.2.25~ 46 8 8 黄色い星 赤い竜
2009.2.25~ 47 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
2006年に『王様のブランチ』の司会を降板。後任は谷原章介。
『相棒』の演技が評価され2008年に水谷豊と共に第16回橋田賞俳優部門を受賞。
2009年に『相棒 劇場版』で第32回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに『王様のブランチ』の司会を降板。
赤色の後半に相棒の演技が評価され橋田賞俳優部門、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.2.25~ 58 228 7 黄色い星 白い風
2021.2.25~ 59 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
2022.2.25~ 60 178 9 白い鏡 白い犬
寺脇康文の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
58才の時はKin228。ボランティア精神が旺盛な年です。プロ意識が強く妥協しません。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

困難を克服しなければ活力と達成感は得られない。

寺脇康文のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の後半に三宅裕司主宰の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」へ入団。
青色の最後の年に岸谷五朗、山田幸伸とコントユニット・SET隊(せったい)を結成。
黄色の半ばにスーパー・エキセントリック・シアターを退団し地球ゴージャスを結成。
黄色の後半より『王様のブランチ』の司会を10年間担当。
黄色の最後の年から『相棒』に亀山薫役で出演。自身の代表作となった。
赤色の半ばに『王様のブランチ』の司会を降板。
赤色の後半に相棒の演技が評価され橋田賞俳優部門、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

秋吉久美子
秋吉久美子(あきよし くみこ)は、日本の女優。映画『赤ちょうちん』に出演し名前が知られるようになります。『異人たちとの夏』『男はつらいよ 寅次郎物語』『深い河』などが代表作。

続きを読む


伊沢拓司
伊沢拓司(いざわ たくし)、日本のクイズプレイヤー、YouTuber、起業家、タレント。クイズ番組で数々の好成績を収めます。クイズ番組『東大王』の第1シーズンでは東大王チームの大将を務めます。

続きを読む


ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin118)

末次由紀
末次由紀(すえつぐ ゆき)は、日本の漫画家。高校生漫画家としてデビュー。大学時代より本格的に活動。復帰後初の連載となった「ちはやふる」は大人気となりテレビドラマ化、映画化されます。

続きを読む


伊集院光
伊集院光(いじゅういん ひかる)は、お笑いタレント、ラジオパーソナリティ、評論家、元落語家。雑学に優れクイズ番組では「ひらめきの天才」の異名を持つ。ライフワークはラジオ

続きを読む


大江健三郎
大江健三郎(おおえ けんざぶろう)は、日本の小説家であり、日本で2人目のノーベル文学賞の受賞者です。

続きを読む


関連記事 (タレント)

鈴井貴之
鈴井貴之(すずい たかゆき)は、北海道を中心に活動するタレント、映画監督、放送作家。愛称はミスター。出演・企画・構成をした「水曜どうでしょう」は全国的な人気を獲得。

続きを読む


西川貴教
西川貴教(にしかわ たかのり)は、日本の歌手、作詞家、俳優、声優、タレント。元妻はPUFFYの吉村由美。ソロプロジェクトT.M.Revolutionで数々のミリオンセラーを記録。消臭力のCMに出演し知名度もあがりました。

続きを読む


泉ピン子
泉ピン子(いずみ ピンこ)は、女優、コメディエンヌ、漫談家、歌手。『おしん』の母親役で高く評価される。その後『渡る世間は鬼ばかり』に出演。20年以上に渡りシリーズ化

続きを読む


関連記事 (俳優)

千葉雄大
千葉雄大(ちば ゆうだい)は、日本の俳優、タレント。 Toppaモデルオーディションで選ばれモデルとして活動を開始。その後、『天装戦隊ゴセイジャー』のゴセイレッド役に抜擢。俳優としてデビュー。

続きを読む


渡哲也
渡哲也(わたり てつや)は日本の俳優・歌手。弟は俳優の渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)。西部警察などで活躍。石原裕次郎の死後、石原プロモーションの社長を務めました。

続きを読む


江口洋介
江口洋介(えぐち ようすけ)は、日本の俳優、歌手。妻は歌手の森高千里。映画『湘南爆走族』で主演しデビュー。ドラマ『ひとつ屋根の下』シリーズで主演。フジテレビドラマの歴代最高の視聴率を記録。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ